リチャード三世 公演情報 リチャード三世」の観てきた!クチコミ一覧

満足度の平均 4.5
1-6件 / 6件中
  • 満足度★★★★★

    鑑賞日2018/04/21 (土) 14:00

     夏の陽射しのような土曜日の昼下がり、3年前に出来た高円寺アトリエファンファーレの扉を開け、劇場の中へと入る。


     3年前(2015年)と言えば、奇しくも芸術集団れんこんきすたの『リチャードⅢ世』の初演も、3年前の4月だった。


     昼の回は、最前列の真中の席に座り、ふと正面を見ると、すぐ目の前には、長方形の舞台、舞台奥の天井から吊り下げられたシャンデリアがひとつ、その下に白木の飾りひとつないベンチが2台。

     舞台装置と言っては、それしかない。

     その舞台の片隅に、影のように蹲り座る黒いマントを身に纏い顔さえも黒い布に覆われた人影。時に舞台の周囲をゆっくり巡ったり、隅の暗さに隠れるように蹲ったりする内に、開演時間少し前にもう一人、黒いマントに身を包んだ人影が現れ、舞台の周りをゆっくりと歩く。

     3年前、シアターノルンで初めて観た芸術集団れんこんきすたの『リチャードⅢ世』を思い出す。

     初演時、この人影は両側を椅子で囲まれた正方形の舞台の下で、蠢いていた。

     開場から開演までの30分近く、最初の黒い人影が、途中からは2人の黒い人影が、舞台の周りを巡り、佇み、蹲る。まるで、影のように。

     開演数分前、後から現れた黒マント(中川朝子さん)の人影が、舞台の中央に倒れるようにうつ伏せる。その周りをもう一人の黒い人影(濱野和貴さん)が舞台の片隅に蹲る。それはまるで、舞台の上でうつ伏せる黒いマントの人影から抜け出した魂のように....。

     やがて、時が満ち、ザワザワと言葉を交わしながら、この物語のリチャード三世を除いた人々が現れ、ベンチへと座り、『リチャードⅢ世』の物語の扉が開かれる。

     ベンチから立ち上がったの内、手に白い薔薇を持った5人の男女が、舞台に歩み寄り、続いて残りの6人男女が歩み寄り、11人の男女が黒マントの人影のうつ伏せる舞台を取り囲み、その名を囁くようにくぐもった声でよぶ“リチャード”と。

     その男“リチャード”を取り囲むのは、“リチャード”こと、グロスター公リチャード後に悪名高きイングランド国王リチャード三世の陰謀術数により、命を奪われた者達とリチャード三世に寄って全てを奪われた者達。

     憎んでも憎み足りない、殺しても飽きたりないその者達が、イーリー司教の手を借りて、既に死んだリチャード三世の軆にもう一度その邪悪でおぞましい魂を戻し、神の裁きが下り永遠の地獄に落ちるまで、弾劾しその手で復讐する為にその名を叫ぶ。

     “リチャード起きろ!リチャード!!”と軆の底から憎しみのマグマ吹き出すように激しく強くその名を叫び、陰謀術数、奸計渦巻く、おぞましくも残虐で胸えぐる悲しみに彩られた『リチャードⅢ世』の幕が開いた。

     歴史は、その時の為政者、権力者、統治者、勝者にによって、都合の良いように書き換えられ、歪められる事があるというのは、よく言われる事である。

     そしてまた、リチャード三世も実像を歪められ流布され続けた一人と言えるのではないだろうか。

     初演から3年の時を経て、更に深く濃く、熟成され、自分の中の奥深くに埋まっている醜さの種を抉られ目の前に突き付けられるような、胸に鋭く突き刺さる『リチャードⅢ世』になっていた。

     息を潜め、息を殺し、2時間40分という時間さえ感じずに魅入った舞台だった。


                    文:麻美 雪

  • 満足度★★★★★

    前日はシス・カンパニーのイプセン作「ヘッダ・ガブラー」を観て、この日はシェイクスピアの「リチャード三世」…本格的な海外戯曲が連続する形となった。

    地下の劇場に続く階段のところに、チラシと合わせて“直近の駅へのダイヤが15分以上遅れない限り、定刻に開演”する旨の掲示がされている。5分程度の開演遅れは当たり前のような顔をしている小劇団が多い中で、こういう姿勢は実に好感が持てる。

    チラシは血に塗れた白いバラ…白薔薇はヨーク家の象徴であり、それをリチャード三世が血で汚したということが巧みに表現されている。幻想芸術集団Les Miroirs主宰である朝霞ルイによるデザインだが、感覚が素晴らしい。
    シェイクスピアはリチャード三世を狡猾で残忍なせむし男として描いている(この“せむし”という点については疑問も呈されていたが、2012年に発掘されたリチャード三世の遺骨に脊柱後湾症の痕跡が見られたことから、あながち誇張ではなかったことが証明された)。が、れんこんきすたの座付作家であり演出でもある奥村千里は、このシェイクスピアの「リチャード三世」に新たな光を当てている。 

    開場されて中に入ると、客席最後列の椅子には頭からすっぽりと黒衣を纏った6人の人物が俯いて座っている。舞台には四角くむき出しのステージが組まれ、その後ろでも黒衣の人物がゆっくりと動いている。開場時から何やら不気味な空気感が客席全体を覆っている。 

    (以下、ネタバレBOXにて…)

    ネタバレBOX

    開演間際に客席奥から黒衣の人物がステージに上がり、うつぶせに横たわる。トイレ待ちの客のために実際の開演は2分遅れたが、既に開演していたと言うこともできる(上演時間2時間40分弱)。
    やがて客席最後列に座っていた6人をはじめとした黒衣の11人がステージを取り囲み、客電が消える。一瞬の後に舞台に照明が当たるや、ステージを取り囲んだ11人は黒衣を剥ぎ取り、中世イングランドの男女と化す。彼らは“戦で死んだ最後の王”リチャード三世により汚名を着せられ、あるいは殺された人間たちで、横たわるリチャード三世の死を喜ぶ一方で、彼を生き返らせ、自分たちの恨みを骨の髄まで思い知らせようと話し合う。前王・エドワード四世の相談役であり、その歴史を記していたイーリー司教は「最後の審判が下されるまでは何度でも歴史を書き換えることができる」と言い放ち、やがて彼らは横たわるリチャード三世に近づき、「生き返れ」と強く唱える。と、リチャードが身体を起こす。開演直前に横たわったのは中川朝子であったのが、開演時の一瞬の暗転の内に濱野和貴と入れ替わっている。実はこの部分さえ、終盤で意味を持ってくるのだが、ここらの奥村の構成の見事さが光っている。 

    ここから本来の「リチャード三世」が始まる。エドワード四世の弟であるグロスター公リチャードは王位をものにしようと企み、巧みな話術と策略で政敵を次々と亡き者にし、その女性たちを籠絡して見事王位に就くものの、その栄光もつかの間、ランカスター家の血筋を引くリッチモンド伯ヘンリー・テューダー(後のヘンリー七世)が兵を挙げ、ついにはボズワースの戦いで討たれる。
    ここで冒頭の場面に戻り、リチャードを取り囲んだ男女は、それぞれに「絶望して死ね!」と叫びながらリチャードを刺していく(この場面、私はアガサ・クリスティの「オリエント急行殺人事件」が一瞬頭を掠めた。「オリエント」の方は刺し傷が12ヶ所だったが、このれんこん版「リチャード三世」でもあわや刺し傷が12になろうとする…)。
    が、息絶えたリチャードを見ながら、彼らは「これではまだもの足りぬ」と言い、イーリー司教の「何度でも書き直しましょう」という言葉に力を得て、再度リチャードを生き返らせようとする…。 

    さて、この終盤で“時の娘”という言葉が2度登場する。“真実は時の娘”というフレーズの一部であり、“時の娘”とは真実や真理を意味し、“真実は、今日は隠されているかもしれないが、時間の経過によって明らかにされる”という意味だとされているが、それと共に思い出されるのは歴史ミステリの名作として、またベッド・ディテクティヴの嚆矢的作品として知られるジョセフィン・テイ作の長編推理小説「時の娘」だ。骨折して入院した警部が退屈を紛らわすために史料を集め、せむし男というイメージや甥の殺害をはじめとした様々な悪行により英国史上“稀代の悪王”というリチャード三世の悪名は、彼を打倒したチューダー朝によって不当に着せられたものであることを証明する作品だ。実際に最近では、リチャード三世の統治下、英国の商工業の発展は著しく、貿易も盛んとなり、国内政治は安定していたこともあり、実際は残忍な王ではなかったとされるようになってきている。
    この“時の娘”という言葉が残忍な悪行を繰り返す(と、恨みを持った人間たちの感覚で描かれる劇中劇のような形での終盤の)リチャードの口から出るところこそ、奥村の真骨頂ともいえるのではないか。 
    歴史は常に書き換えられる。戦勝国である米国のG.H.Q.によって戦前の日本がいかにも暗黒時代であったかのような教育がなされたのと同様に…。一方、現在の日本に言論の自由があるのはそうした米国のおかげでもあるのだが、その恩恵に浴すばかりで「日本は米国の植民地」だの「日本人は米国の家畜」だのと上から目線で言い募る自称文化人がはびこっているのは悲しいことだ。そうした輩はさっさと理想とする他の国に行けばいい。中国や北朝鮮だったらどういう目にあうか…。 

    劇中を通してステージ後方には王族たちが一列で座り、リチャードの所業(と彼らが思い込む事件の数々)を見つめているのだが、中川朝子はほとんどの場面で彼らの後ろに隠れており、たまに登場するとリチャードの影の人間として動き回る。終盤で彼こそが実はリチャード本人であることが明らかになるのだが、そうすることで、一般に信じられている面は歴史を書き換えた者の思惑であり、真実の姿はその裏に隠されて別にあるといった両面性が巧みに表現されている。
    その他の役者陣も皆が熱演だが、殊にヘンリー六世の妃・マーガレット役の高橋仙恵が素晴らしい。佇まいが王妃然とした威厳を感じさせる。 

    惜しむらくは台詞を噛む場面(殊にリチャード役の濱野和貴)が頻発したこと。初日といえども完璧に仕上がっていないのなら客に失礼だ。 

    あと、こういった歴史劇(殊に西洋モノ)では登場人物の相関関係がわかりづらい。明治大学が毎年、全学を挙げて取り組む「明治大学シェイクスピアプロジェクト」の公演パンフには必ず相関図が付されているが、そうした工夫も必要だろう。 

    ともあれ、これは観るべき価値のある舞台だ。
  • 満足度★★★★

    先日、久しぶりに読んだ漱石の『倫敦塔』に「帝王の歴史は悲惨の歴史」云々とか、沙翁(シェイクスピア)の『リチャード三世』の描写に触れているくだりがあったりして、そういえば『リチャード三世』は、30年ほど前に斜め読みしたことがある程度だったなあ、しかし何故自分はこれを手にしたのだろうとしばらく考えていましたが、藤木孝さんが80年代半ばに『ロッキー・ホラー・ショー』のフランクを演じた際のインタビューで、今後演じたい役は?の質問に、いつかリチャード三世を演りたいと答えていたのがきっかけだったと、ようやく思い出しました。何れにしても、内容はおぼろげにしか覚えておらず、今回の舞台、休憩なしの2時間半と聞いて不安もありましたが、非常に面白く感じました。特に女優さんがみな素晴らしかった。

    ネタバレBOX

    他の方のコメントにもあったように、私が観た回でもセリフの噛みが、やや気になる頻度で出ていたのは残念。あと、会場のステージ横にトイレ(男女兼用で1つ)があり、開演20分前ほどから黒マントの男が薄暗いステージ周りを徘徊する趣向だったのですが、トイレ待ちのお客さんと黒マントがたまに相対することになり、そこにトイレのドアが開いて、中の明かりが場内を照らすという光景が。上演した舞台そのものとは関係ないこととはいえ、客が会場に入ってから出るまでを1つの回と考えるのなら、こうした会場の構造も、演出プランと照らし合わせて検討すべきではないかと。
  • 満足度★★★★★

     今作、最大の特徴は、「時の娘」を埋め込んでいることだろう。(追記2018.4.27 01:32)華5つ☆

    ネタバレBOX

    「時の娘」と言われてピンとくる方はそう多くあるまいが、シャイクスピアが、今作を書くに当たって資料とした文献は、勝者ヘンリー7世を正当化する史家のものしたものである。つまりチューダー家のプロパガンダとして書かれた史書をベースにしているとして、これに反した解釈を述べた本のタイトルが「時の娘」なのである。
     残っている歴史というのは、勝者の歴史に過ぎない、との歴史見解があるが、それを地で行った書物ということが出来よう。
     脚本家の奥村氏は「時の娘」のエッセンスを要約すると同時に自分自身の批評を込めてラストの科白を創作しているが、この科白によってシェイクスピアの傑作、「リチャード3世」という大作をひっくり返してもいる。詳細は追記するが、流石というしかあるまい。
     役者で気に入ったのは主宰の中川さんの、死神のようなイメージから「時の娘」に描かれたもう一人のリチャードの荘厳な佇まいに至る演技は無論のこと、リチャードの妻・アンを演じた木村さん(受け身で緊張を強いられる難しい立場を見事に演じた)、王女のエリザベス役を演じた佐瀬さんは、作品としての「時の娘」を体現してみせた。更に爽やかで聡明なエドワード王子を演じた中村さんも聡明故に己の位置を正確に知る王子の覚悟を演じて見事であった。

     多くの方が指摘しているように、噛む役者さんが複数いたことは事実で、残念ではある。然し、経済的基盤のしっかりした劇団の公演や、ヨーロッパの演劇環境と日本のそれとは大いに異なる。民衆の文化に対する感覚が異なるし、人間的なレベルでアートに対する考え方の基本も大きく異なる。こんなこともあってか、役人の文化政策自体、ヨーロッパ先進国に比べてお話にならないレベルである。標準語なる言葉が恰も存在しているような文部行政の言葉感覚も全く肯んじ得ない。少なくともヨーロッパの先進国は、標準的な言葉を定める為にその国のトップクラスの国語学者がチームを作って世紀を跨いで辞書を作る。だから、語源や初出から、時代を追って変遷してゆく意味から現代使われている言語表現をどのように位置づけるか等々を延々とやり続けている。そして例えばアカデミーフランセーズのような機関が国語全般に亘って侃々諤々の議論をして正しい言葉、用法を示して基準としているのである。日本でこのような基礎作業もせずに標準語などと言っているから、僅か数十年の間に送り方などが変わって混乱を来したりするのだ。全く何をやっているのだか、国民の貴重な税金を使って、監視社会を作ろうなどと馬鹿なことをしている。おっと、話が逸れ過ぎた。
     何れにせよ、人間社会の根底を為す言語に対する「国家」の態度がこの程度のものであるから、文化行政などあって無きが如きお寒い状況であるのは、芝居好きなら誰でも知っている事。こんな状況があって、小劇場演劇に携わる人々の多くが、生活の為に何らかのアルバイトをしつつ芝居をやっているという事情がある。シェイクスピアは、天才中の天才、その彼の天才ぶりは何処に発揮されているかというと、その科白によって登場人物の全体を活き活きと描いていることにある。その分、一つ一つの科白が長くなり、どうしても練習時間の少なくなりがちな小劇場出演俳優には負担が掛かる。無論、それでも噛むこと自体は避けられればそれに越したことはないし、噛むことの無いよう努力する必要がある。だが、このような状況を斟酌することも必要なのではあるまいか? 無論、脚本を書いた感受能力の高い奥村さん自身、これだけ密度の高いシャイクスピアの科白を刈り込むことには、大変な苦労をしたに違いない。感受能力が高ければ高いほど、その困難は増し当に死闘であったろう。同時にこのような脚本家は、今自分が生きている地域、時代、世界情勢についてもヴィヴィッドで高い感受性を具えてもいるものだ。そして更に優れた批評意識も。即ち今回脚本化としての原作を刈り込む作業は、感受性と批評意識との壮絶な戦いであったと考えられる。この作業が、高い精度で為されたが故に、ラスト部分で、この傑作を全く古びさせず、而も現代における差別史への視座、力関係やプロパガンダによって歪み得る我らの認識とこの事に対する批判及び反批判を通じての客体化、フェイクとファクト、それらを見極める知恵としての総てのメディアに対するリテラシー、これら諸問題に対するにあたり己の立ち位置と批評眼を如何にバイアスから解放し、メディアリテラシーを根拠づけ、世界に解放してゆくかに賭けたハズである。お疲れ様。一言ねぎらいたい。

  • 満足度★★★★

    書きたいことはほとんど GREAT CHIBA さんが書いてくださいました。追記も同感です(微笑)

    舞台の形式も物語の展開法も素晴らしく、俳優さんの演技もダイナミックで星5つです。その一方で20日14:00の公演でもセリフの噛みは伝染病のように連鎖します。これでは星1つ減点です。長ゼリフ頻発の休憩なし2時間半だということは分かりますが…。

    昨年、東京芸術劇場で行われたシルヴィウ・プルカレーテ(演出)、佐々木蔵之介(主演)の「リチャード三世」はとにかく場面毎のビジュアルが命でした。上級者が対象だったのでしょう、私には断片的なストーリーの視覚イメージ以外何も残りませんでした。今回の舞台のおかげでようやく物語の全貌のイメージが取得できました。対面の登場人物控え場所と(ここには分不相応なほど)豪華な衣装の力が大きいと思います。

    *座席はいくら何でも詰めすぎでしょう(怒)

    ネタバレBOX


    原作では殺し屋はよくしゃべる二人組で、プルカレーテ版ではビジュアル的にもかなり重要な役割を負っていましたが、この公演では殺し屋に別の設定を置いています。今回の演出との整合性を考えると原作の設定は捨てざるを得ず、この解は確かにありだと少しだけ演出の意図が分かった気がしました。
  • 満足度★★★★

    鑑賞日2018/04/19 (木) 19:00

    座席1階1列


    「リチャード三世」こんな構成、演出もあったのですね。
    殺された者、恨みを持つ者の怨念によって、殺されるリチャード三世。
    その怨念たちの回想によって綴られる物語、という展開には感心しきりです。
    物語の進行も、ともすると終始、陰鬱に流れ一本調子になるところを(これも突きつめると、高い緊張感を保ててすごい舞台になるのですが)、適度にユーモアを混ぜ、緩急をつけてながらテンポよく展開する演出は、2時間半の舞台をけして飽きさせません。
    役者さんの芝居も、その個性に合わせて過不足なく緊張感を持たせていますし、何と言っても、皆さん全体的にうまい。ツボを得ていると思います。

    さてそこで注文です。
    台詞の間違いや噛み、滞っている場面が多すぎです。進行のリズムが崩れるようなことはないのですが、どうしても観客としてはどうしても舞台への集中力を削がれます。
    ちょっと、悪連鎖になっているような感じさえしました。

    それと、前回の本作公演では、舞台が円形だったとのこと(前回公演の「観てきた」を読みました)。役者さんの席は舞台左右。
    今回、役者さんの席が舞台後方になったことで、回想を眺める怨念の主たちの反応や表情が見やすくなったことは正解だったと思います。ただ一方、舞台を長方形にしたことで、役者の立ち位置がバランスよくなっているように推測しているのですが、舞台の周りを役者さんが回るときはちょっとぎくしゃくしませんか。(角を回るときにどうしても大きく方向転換をするので)。最前列の観客とすると、舞台正面の役者さんの導線の幅が狭く、役者さんが舞台下を前面に移動してきたとき、正面を回るのか否かが判りづらく、緊張を強いられます。(観客として足元が邪魔にならないか)

    長方形の舞台はけして悪いとは思われないので、それであれば、舞台正面のスペースをもっとゆったりさせた方がよいと思います。今回であれば最前列1列をなくすというような。おそらく、役者さんも正面を回るときに、観客席を気にするでしょうし、(特に、女性は衣裳が宮廷調で大きいので)観客も安心して観ていられますので。

    しかし、それでも面白かったですよ。ブラボーです。「リチャード三世」という作品が一層好きになりましたことに感謝します。

    追記:また、熊坂理恵子さんを拝見しました。「白蟻の巣」「やとわれ仕事」そして先日「人形の家」本当に印象が変わるなあ。だから、アクターなんでしょうけれど。役の安定度が高い、と感心しきりでした。また、お会いしたいです。

    ネタバレBOX

    ラストの件がちょっと判りにくかったです。あの金髪は「ヨーク」であり「リチャード」ということは、あの傀儡というか死神というかの役は、分裂したリチャード三世の生霊みたいなものなのでしょうか。

この公演に関するtwitter

初日1週間前から「団体名」と「公演タイトル」を含むツイートを自動表示します。
(ツイート取得対象にするテキストは公演情報編集ページで設定できます。)

  1. 【人生を一変させる最高の言葉】 『うわべになにか「徳」のしるしをつけないような素直な「悪」はない。』 by シェイクスピア #名言 #格言 #シェイクスピア

    3ヶ月前

  2. 【人生を一変させる最高の言葉】 『うわべになにか「徳」のしるしをつけないような素直な「悪」はない。』 by シェイクスピア #名言 #格言 #シェイクスピア

    3ヶ月前

  3. 新宿初見時からず〜〜〜っと今も尚変わらずの最高ネタなので何度でも言うけど、新茶さんに召喚されたシェイクスピアが現状を把握するよりも先に楔を打ち込まれて混乱してるなか有無を言わさず強制的に反転させられる衝撃的な初対面シーンを妄想するととっても胸熱

    3ヶ月前

  4. [愛の名言] ほどほどに愛しなさい。長続きする恋はそういう恋だよ。(シェイクスピア)

    3ヶ月前

  5. [人生を変える言葉] 『うわべになにか「徳」のしるしをつけないような素直な「悪」はない。』 by シェイクスピア #名言 #格言 #シェイクスピア

    3ヶ月前

  6. [愛の名言] ほどほどに愛しなさい。長続きする恋はそういう恋だよ。(シェイクスピア)

    3ヶ月前

  7. <愛の名言> ほどほどに愛しなさい。長続きする恋はそういう恋だよ。(シェイクスピア)

    3ヶ月前

  8. <人生をかえる偉人の言葉> 『貴方の遊びに言い訳はいらない。言い訳を決して言うな。』 by シェイクスピア #名言 #格言 #シェイクスピア

    3ヶ月前

  9. <<恋の名言>> 真の恋の道は、茨の道である。(シェイクスピア)

    3ヶ月前

  10. 「シェイクスピア嘆きの王冠」見てるけど… 相変わらず、シェイクスピアは詩的で美しいセイフの言い回しが好き

    3ヶ月前

  11. 【恋の名言】 真の恋の道は、茨の道である。(シェイクスピア)

    3ヶ月前

  12. <<恋の名言>> 真の恋の道は、茨の道である。(シェイクスピア)

    3ヶ月前

  13. <<恋の名言>> 真の恋の道は、茨の道である。(シェイクスピア)

    3ヶ月前

  14. (愛の名言)  ほどほどに愛しなさい。長続きする恋はそういう恋だよ。(シェイクスピア)

    3ヶ月前

  15. (恋の名言)  真の恋の道は、茨の道である。(シェイクスピア)

    3ヶ月前

  16. <恋の名言> 真の恋の道は、茨の道である。(シェイクスピア) #名言 #格言 #恋愛 #結婚 #恋 #愛

    3ヶ月前

  17. [人生を一変させる伝説の格言]  『貴方がたとえ氷のように潔癖で雪のように潔白であろうとも、世の悪口はまぬがれまい。』 by シェイクスピア #名言 #格言 #シェイクスピア

    3ヶ月前

  18. {恋の名言}  真の恋の道は、茨の道である。(シェイクスピア) #名言 #格言 #恋愛 #結婚 #恋 #愛

    3ヶ月前

  19. にう「頭良さそうなしりとりしようよ」 ジョニ「しりとり」 にう「リトマス紙」 ジョニ「シェイクピアス」(←シェイクスピアって言いたい) にう「スマヒリ語」(←スワヒリ語って言いたい) こののん(なんて頭の悪いしりとりだろう...)

    3ヶ月前

  20. シェイクスピア牛魔王とイスカンダルとか絶対楽しい事できる どのクエストで使えるかって問われるとあれやが

    3ヶ月前

  21. <愛の名言> ほどほどに愛しなさい。長続きする恋はそういう恋だよ。(シェイクスピア)

    3ヶ月前

  22. 貴方がたとえ氷のように潔癖で雪のように潔白であろうとも、世の悪口はまぬがれまい。 byシェイクスピア

    3ヶ月前

  23. <人生を変える言葉> 『お前は熊から、のがれようとしている。しかし、その途中で荒れ狂う大海に出会って、もう一度、獣の口のほうへ引きかえすのか?』 by シェイクスピア #名言 #格言 #シェイクスピア

    3ヶ月前

  24. こいつの一噛みは不老不死です。そしてこいつにやられて死んだもんはめったに、あるいは絶対、生き返りません。(道化『アントニーとクレオパトラ』) #シェイクスピア

    3ヶ月前

  25. 【英国】イベント情報:演劇「シェイクスピア・グローブ座のサマー・シアター・シーズン」- テムズ川南岸にある屋根のない円形劇場グローブ座「サマー・シアター・シーズン」がオープン。今年はシェイクスピアの「ハムレット」で幕を開ける。 4… https://t.co/QfPj7P1pK8

    3ヶ月前

  26. <恋の名言> 真の恋の道は、茨の道である。(シェイクスピア) #名言 #格言 #恋愛 #結婚 #恋 #愛

    3ヶ月前

  27. <恋の名言> 真の恋の道は、茨の道である。(シェイクスピア) #名言 #格言 #恋愛 #結婚 #恋 #愛

    3ヶ月前

  28. @astRo_0426 竹内涼真と一緒と思えばいいのでは? 俺は、シェイクスピアと一緒だと思ってハタチを迎える

    3ヶ月前

  29. 悪口を言われて 我が身を正すことの出来る人間は 幸せと言うべきだ。 【シェイクスピア】

    3ヶ月前

  30. <人生を変える言葉> 『お前は、他人のなかにある自分と同じ欠点をむち打とうとするのか。』 by シェイクスピア #名言 #格言 #シェイクスピア

    3ヶ月前

  31. <人生を変える言葉> 『貴方がたとえ氷のように潔癖で雪のように潔白であろうとも、世の悪口はまぬがれまい。』 by シェイクスピア #名言 #格言 #シェイクスピア

    3ヶ月前

  32. <人生を変える言葉> 『しかし、所詮は人間、いかに優れた者でも時には我を忘れます。』 by シェイクスピア #名言 #格言 #シェイクスピア

    3ヶ月前

  33. 例えばさ、最初から世界まるごと全てが嘘なら嘘が本当で本当が嘘かも知れないよねえ? ……シェイクスピアの剽窃だよ。あれ、乱歩だっけ? まあいいやお肉とカリカリ買いに行かないと

    3ヶ月前

  34. 喜怒哀楽の激しさは、 その感情とともに実力までも滅ぼす。 - シェイクスピア -

    3ヶ月前

  35. ほどほどに愛しなさい。長続きする恋はそういう恋だよ。by ウィリアム・シェイクスピア

    3ヶ月前

  36. [恋愛力アップの秘訣 恋の格言]  真の恋の道は、茨の道である。(シェイクスピア) #格言 #恋愛 #結婚 #恋 #愛

    3ヶ月前

  37. <人生をかえる偉人の言葉> 『しかし、所詮は人間、いかに優れた者でも時には我を忘れます。』 by シェイクスピア #名言 #格言 #シェイクスピア

    3ヶ月前

  38. 【人生をかえる言葉】 『お前は熊から、のがれようとしている。しかし、その途中で荒れ狂う大海に出会って、もう一度、獣の口のほうへ引きかえすのか?』 by シェイクスピア #名言 #格言 #シェイクスピア

    3ヶ月前

  39. [人生を一変させる伝説の格言]  『貴方の遊びに言い訳はいらない。言い訳を決して言うな。』 by シェイクスピア #名言 #格言 #シェイクスピア

    3ヶ月前

  40. 【人生をかえる言葉】 『貴方の遊びに言い訳はいらない。言い訳を決して言うな。』 by シェイクスピア #名言 #格言 #シェイクスピア

    3ヶ月前

  41. 【人生をかえる言葉】 『お前は、他人のなかにある自分と同じ欠点をむち打とうとするのか。』 by シェイクスピア #名言 #格言 #シェイクスピア

    3ヶ月前

  42. <恋の名言> 真の恋の道は、茨の道である。(シェイクスピア) #名言 #格言 #恋愛 #結婚 #恋 #愛

    3ヶ月前

  43. 誰かわしの代わりに天草四郎時貞のこと「シロぴ」って呼ぶシェイクスピア描いてくれ イベントが始まるまでの寿命なんだ

    3ヶ月前

  44. シェイクスピアのモーション回収ずっと待ってる

    3ヶ月前

  45. fgoの2章で貰える聖杯は7個かな? シェイクスピアを80にしようと思ってるからあと4個、誰に使おうかな

    3ヶ月前

  46. 最近立て続けに現国の評論にシェイクスピアが出てくるもんだから心臓に悪い

    3ヶ月前

  47. セミ様がシェイクスピアはやらかすぞって言ってる https://t.co/vmF1AdfpoM

    Dboq bku8am p 3

    3ヶ月前

  48. フレポでシェイクスピア引くから待ってね

    3ヶ月前

  49. 期待はあらゆる苦悩のもと。 - シェイクスピア -

    3ヶ月前

このページのQRコードです。

拡大