リチャード三世 公演情報 リチャード三世」の観てきた!クチコミ一覧

満足度の平均 4.5
1-5件 / 5件中
  • 満足度★★★★★

    前日はシス・カンパニーのイプセン作「ヘッダ・ガブラー」を観て、この日はシェイクスピアの「リチャード三世」…本格的な海外戯曲が連続する形となった。

    地下の劇場に続く階段のところに、チラシと合わせて“直近の駅へのダイヤが15分以上遅れない限り、定刻に開演”する旨の掲示がされている。5分程度の開演遅れは当たり前のような顔をしている小劇団が多い中で、こういう姿勢は実に好感が持てる。

    チラシは血に塗れた白いバラ…白薔薇はヨーク家の象徴であり、それをリチャード三世が血で汚したということが巧みに表現されている。幻想芸術集団Les Miroirs主宰である朝霞ルイによるデザインだが、感覚が素晴らしい。
    シェイクスピアはリチャード三世を狡猾で残忍なせむし男として描いている(この“せむし”という点については疑問も呈されていたが、2012年に発掘されたリチャード三世の遺骨に脊柱後湾症の痕跡が見られたことから、あながち誇張ではなかったことが証明された)。が、れんこんきすたの座付作家であり演出でもある奥村千里は、このシェイクスピアの「リチャード三世」に新たな光を当てている。 

    開場されて中に入ると、客席最後列の椅子には頭からすっぽりと黒衣を纏った6人の人物が俯いて座っている。舞台には四角くむき出しのステージが組まれ、その後ろでも黒衣の人物がゆっくりと動いている。開場時から何やら不気味な空気感が客席全体を覆っている。 

    (以下、ネタバレBOXにて…)

    ネタバレBOX

    開演間際に客席奥から黒衣の人物がステージに上がり、うつぶせに横たわる。トイレ待ちの客のために実際の開演は2分遅れたが、既に開演していたと言うこともできる(上演時間2時間40分弱)。
    やがて客席最後列に座っていた6人をはじめとした黒衣の11人がステージを取り囲み、客電が消える。一瞬の後に舞台に照明が当たるや、ステージを取り囲んだ11人は黒衣を剥ぎ取り、中世イングランドの男女と化す。彼らは“戦で死んだ最後の王”リチャード三世により汚名を着せられ、あるいは殺された人間たちで、横たわるリチャード三世の死を喜ぶ一方で、彼を生き返らせ、自分たちの恨みを骨の髄まで思い知らせようと話し合う。前王・エドワード四世の相談役であり、その歴史を記していたイーリー司教は「最後の審判が下されるまでは何度でも歴史を書き換えることができる」と言い放ち、やがて彼らは横たわるリチャード三世に近づき、「生き返れ」と強く唱える。と、リチャードが身体を起こす。開演直前に横たわったのは中川朝子であったのが、開演時の一瞬の暗転の内に濱野和貴と入れ替わっている。実はこの部分さえ、終盤で意味を持ってくるのだが、ここらの奥村の構成の見事さが光っている。 

    ここから本来の「リチャード三世」が始まる。エドワード四世の弟であるグロスター公リチャードは王位をものにしようと企み、巧みな話術と策略で政敵を次々と亡き者にし、その女性たちを籠絡して見事王位に就くものの、その栄光もつかの間、ランカスター家の血筋を引くリッチモンド伯ヘンリー・テューダー(後のヘンリー七世)が兵を挙げ、ついにはボズワースの戦いで討たれる。
    ここで冒頭の場面に戻り、リチャードを取り囲んだ男女は、それぞれに「絶望して死ね!」と叫びながらリチャードを刺していく(この場面、私はアガサ・クリスティの「オリエント急行殺人事件」が一瞬頭を掠めた。「オリエント」の方は刺し傷が12ヶ所だったが、このれんこん版「リチャード三世」でもあわや刺し傷が12になろうとする…)。
    が、息絶えたリチャードを見ながら、彼らは「これではまだもの足りぬ」と言い、イーリー司教の「何度でも書き直しましょう」という言葉に力を得て、再度リチャードを生き返らせようとする…。 

    さて、この終盤で“時の娘”という言葉が2度登場する。“真実は時の娘”というフレーズの一部であり、“時の娘”とは真実や真理を意味し、“真実は、今日は隠されているかもしれないが、時間の経過によって明らかにされる”という意味だとされているが、それと共に思い出されるのは歴史ミステリの名作として、またベッド・ディテクティヴの嚆矢的作品として知られるジョセフィン・テイ作の長編推理小説「時の娘」だ。骨折して入院した警部が退屈を紛らわすために史料を集め、せむし男というイメージや甥の殺害をはじめとした様々な悪行により英国史上“稀代の悪王”というリチャード三世の悪名は、彼を打倒したチューダー朝によって不当に着せられたものであることを証明する作品だ。実際に最近では、リチャード三世の統治下、英国の商工業の発展は著しく、貿易も盛んとなり、国内政治は安定していたこともあり、実際は残忍な王ではなかったとされるようになってきている。
    この“時の娘”という言葉が残忍な悪行を繰り返す(と、恨みを持った人間たちの感覚で描かれる劇中劇のような形での終盤の)リチャードの口から出るところこそ、奥村の真骨頂ともいえるのではないか。 
    歴史は常に書き換えられる。戦勝国である米国のG.H.Q.によって戦前の日本がいかにも暗黒時代であったかのような教育がなされたのと同様に…。一方、現在の日本に言論の自由があるのはそうした米国のおかげでもあるのだが、その恩恵に浴すばかりで「日本は米国の植民地」だの「日本人は米国の家畜」だのと上から目線で言い募る自称文化人がはびこっているのは悲しいことだ。そうした輩はさっさと理想とする他の国に行けばいい。中国や北朝鮮だったらどういう目にあうか…。 

    劇中を通してステージ後方には王族たちが一列で座り、リチャードの所業(と彼らが思い込む事件の数々)を見つめているのだが、中川朝子はほとんどの場面で彼らの後ろに隠れており、たまに登場するとリチャードの影の人間として動き回る。終盤で彼こそが実はリチャード本人であることが明らかになるのだが、そうすることで、一般に信じられている面とその裏に隠された歴史を書き換えた者の思惑といった両面性が巧みに表現されている。
    その他の役者陣も皆が熱演だが、殊にヘンリー六世の妃・マーガレット役の高橋仙恵が素晴らしい。佇まいが王妃然とした威厳を感じさせる。 

    惜しむらくは台詞を噛む場面(殊にリチャード役の濱野和貴)が頻発したこと。初日といえども完璧に仕上がっていないのなら客に失礼だ。 

    あと、こういった歴史劇(殊に西洋モノ)では登場人物の相関関係がわかりづらい。明治大学が毎年、全学を挙げて取り組む「明治大学シェイクスピアプロジェクト」の公演パンフには必ず相関図が付されているが、そうした工夫も必要だろう。 

    ともあれ、これは観るべき価値のある舞台だ。
  • 満足度★★★★

    先日、久しぶりに読んだ漱石の『倫敦塔』に「帝王の歴史は悲惨の歴史」云々とか、沙翁(シェイクスピア)の『リチャード三世』の描写に触れているくだりがあったりして、そういえば『リチャード三世』は、30年ほど前に斜め読みしたことがある程度だったなあ、しかし何故自分はこれを手にしたのだろうとしばらく考えていましたが、藤木孝さんが80年代半ばに『ロッキー・ホラー・ショー』のフランクを演じた際に、インタビューで演じたい役は?の質問に、リチャード三世を演りたいと答えていたのがきっかけだったと、ようやく思い出しました。何れにしても、内容はおぼろげにしか覚えておらず、今回の舞台、休憩なしの2時間半と聞いて不安もありましたが、非常に面白く感じました。特に女優さんがみな素晴らしかった。

    ネタバレBOX

    他の方のコメントにもあったように、私が観た回でもセリフの噛みが、やや気になる頻度で出ていたのは残念。あと、会場のステージ横にトイレ(男女兼用で1つ)があり、開演20分前ほどから黒マントの男が薄暗いステージ周りを徘徊する趣向だったのですが、トイレ待ちのお客さんと黒マントがたまに相対することになり、そこにトイレのドアが開いて、中の明かりが場内を照らすという光景が。上演した舞台そのものとは関係ないこととはいえ、客が会場に入ってから出るまでを1つの回と考えるのなら、こうした会場の構造も、演出プランと照らし合わせて検討すべきではないかと。
  • 満足度★★★★★

     今作、最大の特徴は、「時の娘」を埋め込んでいることだろう。(追記後送)華5つ☆

    ネタバレBOX

    「時の娘」と言われてピンとくる方はそう多くあるまいが、シャイクスピアが、今作を書くに当たって資料とした文献は、勝者ヘンリー7世を正当化する史家のものしたものである。つまりチューダー家のプロパガンダとして書かれた史書をベースにしているとして、これに反した解釈を述べた本のタイトルが「時の娘」なのである。
     残っている歴史というのは、勝者の歴史に過ぎない、との歴史見解があるが、それを地で行った書物ということが出来よう。
     脚本家の奥村氏は「時の娘」のエッセンスを要約すると同時に自分自身の批評を込めてラストの科白を創作しているが、この科白によってシェイクスピアの傑作、「リチャード3世」という大作をひっくり返してもいる。詳細は追記するが、流石というしかあるまい。
     役者で気に入ったのは主宰の中川さんの、死神のようなイメージから「時の娘」に描かれたもう一人のリチャードの荘厳な佇まいに至る演技は無論のこと、リチャードの妻・アンを演じた木村さん(受け身で緊張を強いられる難しい立場を見事に演じた)、王女のエリザベス役を演じた佐瀬さんは、作品としての「時の娘」を体現してみせた。更に爽やかで聡明なエドワード王子を演じた中村さんも聡明故に己の位置を正確に知る王子の覚悟を演じて見事であった。
  • 満足度★★★★

    書きたいことはほとんど GREAT CHIBA さんが書いてくださいました。追記も同感です(微笑)

    舞台の形式も物語の展開法も素晴らしく、俳優さんの演技もダイナミックで星5つです。その一方で20日14:00の公演でもセリフの噛みは伝染病のように連鎖します。これでは星1つ減点です。長ゼリフ頻発の休憩なし2時間半だということは分かりますが…。

    昨年、東京芸術劇場で行われたシルヴィウ・プルカレーテ(演出)、佐々木蔵之介(主演)の「リチャード三世」はとにかく場面毎のビジュアルが命でした。上級者が対象だったのでしょう、私には断片的なストーリーの視覚イメージ以外何も残りませんでした。今回の舞台のおかげでようやく物語の全貌のイメージが取得できました。対面の登場人物控え場所と(ここには分不相応なほど)豪華な衣装の力が大きいと思います。

    *座席はいくら何でも詰めすぎでしょう(怒)

    ネタバレBOX


    原作では殺し屋はよくしゃべる二人組で、プルカレーテ版ではビジュアル的にもかなり重要な役割を負っていましたが、この公演では殺し屋に別の設定を置いています。今回の演出との整合性を考えると原作の設定は捨てざるを得ず、この解は確かにありだと少しだけ演出の意図が分かった気がしました。
  • 鑑賞日2018/04/19 (木) 19:00

    座席1階1列


    「リチャード三世」こんな構成、演出もあったのですね。
    殺された者、恨みを持つ者の怨念によって、殺されるリチャード三世。
    その怨念たちの回想によって綴られる物語、という展開には感心しきりです。
    物語の進行も、ともすると終始、陰鬱に流れ一本調子になるところを(これも突きつめると、高い緊張感を保ててすごい舞台になるのですが)、適度にユーモアを混ぜ、緩急をつけてながらテンポよく展開する演出は、2時間半の舞台をけして飽きさせません。
    役者さんの芝居も、その個性に合わせて過不足なく緊張感を持たせていますし、何と言っても、皆さん全体的にうまい。ツボを得ていると思います。

    さてそこで注文です。
    台詞の間違いや噛み、滞っている場面が多すぎです。進行のリズムが崩れるようなことはないのですが、どうしても観客としてはどうしても舞台への集中力を削がれます。
    ちょっと、悪連鎖になっているような感じさえしました。

    それと、前回の本作公演では、舞台が円形だったとのこと(前回公演の「観てきた」を読みました)。役者さんの席は舞台左右。
    今回、役者さんの席が舞台後方になったことで、回想を眺める怨念の主たちの反応や表情が見やすくなったことは正解だったと思います。ただ一方、舞台を長方形にしたことで、役者の立ち位置がバランスよくなっているように推測しているのですが、舞台の周りを役者さんが回るときはちょっとぎくしゃくしませんか。(角を回るときにどうしても大きく方向転換をするので)。最前列の観客とすると、舞台正面の役者さんの導線の幅が狭く、役者さんが舞台下を前面に移動してきたとき、正面を回るのか否かが判りづらく、緊張を強いられます。(観客として足元が邪魔にならないか)

    長方形の舞台はけして悪いとは思われないので、それであれば、舞台正面のスペースをもっとゆったりさせた方がよいと思います。今回であれば最前列1列をなくすというような。おそらく、役者さんも正面を回るときに、観客席を気にするでしょうし、(特に、女性は衣裳が宮廷調で大きいので)観客も安心して観ていられますので。

    しかし、それでも面白かったですよ。ブラボーです。「リチャード三世」という作品が一層好きになりましたことに感謝します。

    追記:また、熊坂理恵子さんを拝見しました。「白蟻の巣」「やとわれ仕事」そして先日「人形の家」本当に印象が変わるなあ。だから、アクターなんでしょうけれど。役の安定度が高い、と感心しきりでした。また、お会いしたいです。

    ネタバレBOX

    ラストの件がちょっと判りにくかったです。あの金髪は「ヨーク」であり「リチャード」ということは、あの傀儡というか死神というかの役は、分裂したリチャード三世の生霊みたいなものなのでしょうか。

この公演に関するtwitter

初日1週間前から「団体名」と「公演タイトル」を含むツイートを自動表示します。
(ツイート取得対象にするテキストは公演情報編集ページで設定できます。)

  1. <人生をかえる偉人の言葉> 『お前は、他人のなかにある自分と同じ欠点をむち打とうとするのか。』 by シェイクスピア #名言 #格言 #シェイクスピア

    12分前

  2. 「お前は、他人のなかにある自分と同じ欠点をむち打とうとするのか。」-シェイクスピア

    13分前

  3. 本を読んでも、物語や歴史に聞くところからでも、 真実の恋は滑らかに運んだためしがない。 byウィリアム・シェイクスピア[詳細] tag恋愛

    14分前

  4. 「恋は目で見ず、心で見るのだわ。」 シェイクスピアの名言だけど・・私も心で男の人を見よう(*'ω'*)

    14分前

  5. 敵陣営でシェイクスピアが出てきたときの恐怖やばそう。何気に今までストーリー内でシェイクスピアとは敵対してないからね…

    15分前

  6. 過失の弁解をすると、その過失を目立たせる。 ~シェイクスピア~

    16分前

  7. シェイクスピア……なんてえぐい宝具を持ってるんだ……

    16分前

  8. まことの恋が平穏無事に進んだためしはない。【ウィリアム・シェイクスピア】

    16分前

  9. ……そうか、シェイクスピア出せば……

    17分前

  10. 貴方がたとえ氷のように潔癖で雪のように潔白であろうとも、世の悪口はまぬがれまい。 シェイクスピア

    17分前

  11. 天竺級はアーラシュ、小太郎、モードレッド、孔明、シェイクスピアで回ってます

    18分前

  12. 言葉が役に立たないときには、純粋に真摯な沈黙がしばしば人を説得する。 シェイクスピア

    19分前

  13. 雨の休日である昨日はカフェで読書の日。 シェイクスピアの『ハムレット』に触れる。 舞台設定が好みに合う中世なのと、王子の純粋な心の動きに共感し物語に没頭。 しかしベイグラントストーリーの登場人物、ローゼンクランツとギルデンスターンが王子の学友の名から取られていたとは・・・!

    19分前

  14. [人生を変える言葉] 『ことごとくの雲が嵐をなすというわけではない。』 by シェイクスピア #名言 #格言 #シェイクスピア

    19分前

  15. [恋愛力向上委員会 恋の格言]  真の恋の道は、茨の道である。(シェイクスピア) #格言 #恋愛 #結婚 #恋 #愛

    20分前

  16. [愛の名言] ほどほどに愛しなさい。長続きする恋はそういう恋だよ。(シェイクスピア)

    20分前

  17. 【人生を一変させる最高の言葉】 『お前は熊から、のがれようとしている。しかし、その途中で荒れ狂う大海に出会って、もう一度、獣の口のほうへ引きかえすのか?』 by シェイクスピア #名言 #格言 #シェイクスピア

    20分前

  18. 【人生を一変させる最高の言葉】 『うわべになにか「徳」のしるしをつけないような素直な「悪」はない。』 by シェイクスピア #名言 #格言 #シェイクスピア

    20分前

  19. <愛の名言> ほどほどに愛しなさい。長続きする恋はそういう恋だよ。(シェイクスピア)

    21分前

  20. [人生を変える言葉] 『お前は、他人のなかにある自分と同じ欠点をむち打とうとするのか。』 by シェイクスピア #名言 #格言 #シェイクスピア

    21分前

  21. [人生を変える言葉] 『うわべになにか「徳」のしるしをつけないような素直な「悪」はない。』 by シェイクスピア #名言 #格言 #シェイクスピア

    21分前

  22. 男というものはいつでもそうだが、我が家から離れている時が一番陽気なものだ。(ウィリアム・シェイクスピア)

    22分前

  23. [人生を一変させる伝説の格言]  『お前は、他人のなかにある自分と同じ欠点をむち打とうとするのか。』 by シェイクスピア #名言 #格言 #シェイクスピア

    23分前

  24. <恋の名言> 真の恋の道は、茨の道である。(シェイクスピア) #名言 #格言 #恋愛 #結婚 #恋 #愛

    23分前

  25. <恋の名言> 真の恋の道は、茨の道である。(シェイクスピア) #名言 #格言 #恋愛 #結婚 #恋 #愛

    23分前

  26. 【恋の格言】真の恋の道は、茨の道である。(シェイクスピア) #名言 #格言 #恋愛 #結婚 #恋 #愛

    23分前

  27. 時間ある方は是非ともオセローというシェイクスピアのお話を読んでほしい

    23分前

  28. [恋愛力アップの秘訣 愛の格言]  ほどほどに愛しなさい。長続きする恋はそういう恋だよ。(シェイクスピア)

    24分前

  29. リア王【りあおう】 シェイクスピアの悲劇。ブリテンの王「リア」が、長女と次女に裏切られ、誤解して追放してしまった末娘コーディリアからの助けも間に合わず、あげく苦悩の末に狂死してしまう話。リア充の最期。(大辞泉より)

    24分前

  30. <人生を変える言葉> 『お前は、他人のなかにある自分と同じ欠点をむち打とうとするのか。』 by シェイクスピア #名言 #格言 #シェイクスピア

    24分前

  31. 【恋の格言】真の恋の道は、茨の道である。(シェイクスピア) #名言 #格言 #恋愛 #結婚 #恋 #愛

    24分前

  32. 舟や家を作る大工よりもっと頑丈なものを作るやつ、だれだか? 「墓堀り」が作る家は最後の審判の日までもつだろうが。(墓堀『ハムレット』) #シェイクスピア

    25分前

  33. <人生を変える言葉> 『貴方の遊びに言い訳はいらない。言い訳を決して言うな。』 by シェイクスピア #名言 #格言 #シェイクスピア

    25分前

  34. <愛の名言> ほどほどに愛しなさい。長続きする恋はそういう恋だよ。(シェイクスピア) #名言 #格言 #恋愛 #結婚 #恋 #愛

    25分前

  35. <人生を変える言葉> 『しかし、所詮は人間、いかに優れた者でも時には我を忘れます。』 by シェイクスピア #名言 #格言 #シェイクスピア

    26分前

  36. <人生を変える言葉> 『うわべになにか「徳」のしるしをつけないような素直な「悪」はない。』 by シェイクスピア #名言 #格言 #シェイクスピア

    26分前

  37. <人生を変える言葉> 『ことごとくの雲が嵐をなすというわけではない。』 by シェイクスピア #名言 #格言 #シェイクスピア

    26分前

  38. 共感は全世界の人間を親族にする。 ─シェイクスピア

    27分前

  39. 「慢心は人間の最大の敵だ。」シェイクスピア ブログ https://t.co/6Cao6VmKZI

    27分前

  40. <<愛の名言>> ほどほどに愛しなさい。長続きする恋はそういう恋だよ。(シェイクスピア)

    27分前

  41. 【人生をかえる言葉】 『貴方がたとえ氷のように潔癖で雪のように潔白であろうとも、世の悪口はまぬがれまい。』 by シェイクスピア #名言 #格言 #シェイクスピア

    27分前

  42. 【人生をかえる言葉】 『うわべになにか「徳」のしるしをつけないような素直な「悪」はない。』 by シェイクスピア #名言 #格言 #シェイクスピア

    28分前

  43. 【人生をかえる言葉】 『貴方がたとえ氷のように潔癖で雪のように潔白であろうとも、世の悪口はまぬがれまい。』 by シェイクスピア #名言 #格言 #シェイクスピア

    28分前

  44. 【人生をかえる言葉】 『お前は熊から、のがれようとしている。しかし、その途中で荒れ狂う大海に出会って、もう一度、獣の口のほうへ引きかえすのか?』 by シェイクスピア #名言 #格言 #シェイクスピア

    28分前

  45. 【人生をかえる言葉】 『貴方がたとえ氷のように潔癖で雪のように潔白であろうとも、世の悪口はまぬがれまい。』 by シェイクスピア #名言 #格言 #シェイクスピア

    32分前

  46. 悲しみは慰めによって酬いられる。 @シェイクスピア

    32分前

  47. @ZawemonK @EaAotzclbAHPriS 実際に欧米のインテリはシェイクスピアとかゲーテの文章を引用してきますよ ラテン語も学ぶし 現代語訳で読めばいいと言うけれど現代語訳した古典のどこが面白いですか? 実際にはほとん… https://t.co/eoBahtiM7X

    38分前

  48. 人間一度しか死ぬことはできない。 (ウィリアム・シェイクスピア)

    39分前

  49. <人生をかえる偉人の言葉> 『お前は、他人のなかにある自分と同じ欠点をむち打とうとするのか。』 by シェイクスピア #名言 #格言 #シェイクスピア

    42分前

  50. {愛の名言}  ほどほどに愛しなさい。長続きする恋はそういう恋だよ。(シェイクスピア)

    43分前

このページのQRコードです。

拡大