袴垂れはどこだ 公演情報 袴垂れはどこだ」の観てきた!クチコミ一覧

満足度の平均 4.0
1-6件 / 6件中
  • 袴垂れ吉彦

    すまぬ。内容と全然関係ないです。
    思いついてしまったのです、この駄洒落。
    そして発表を我慢できなかったのです。

  • 私にゃあ、神格化された教祖、偶像と信者、原理主義者の話に見えましたよ。
    その視点で見ると、これはけっして昔の話ではなく、現代にも通じる話に見えてくるのです。

  • 満足度★★★★★

     俳小は歴史も実力もある劇団だが、どうも型が決まっていて、自分にはイマイチしっくりこない部分があったのだが、今回の演出がシライケイタ氏だったことで、役者陣の布陣が先ず変わった。キャスティングされた役に見合った役者が演じ、理論で組み固めた演技より自然な演技になっていたように思う。
    内容的には民衆の民衆による革命譚と言っても良いような群像劇であるが、戦略・戦術を心得たプロの厳しく、時に非人道的な戦略・戦術にはついてゆけない限界をも提示して見事に民衆反乱の一揆的性格を描いている。絶対お勧めの舞台だ!(追記後送)
    花5つ☆

  • 満足度★★★

    演出が変わるとこうも変わるのか・・・♪
    若い演出家なのでこうなってしまったのか・・・♪
    じい様は足袋も草鞋もちゃんと汚れていたが、他の若い者は手足や顔は汚していたが草鞋は綺麗なまま・・・こう言う所もちゃんと演出しなければ・・・♪

  • 満足度★★★★

    2時間夢中で観ました。説明文を読んだときにはもっと難しい話で自分に理解できるかと心配でしたが十分に楽しめました。俳小さんのお芝居はいくつかみせていただいていますが1番良かったように思います。袴垂れ役の声が少し聴き取りずらく残念でした。

  • 満足度★★★★

    よく考えられたというかよく作られた衣装でなかなかよかったです。
    媒体による太鼓だけでなく、生の太鼓の演奏もありとても迫力が感じられてよかったです。
    ただ1名(一番体の大きい男性)を除いては、しっかりとした演技、とくに老人と袴垂れの役の演技はとてもしっかりした演技で安心して観ることができました。
    すっとお芝居に入りこむこともでき、あっという間の2時間20分でした。

    ネタバレBOX

    夢を語るシーンで食べ物の名前でその当時にはありえない食べ物の名前を語るのはいかがなものか。

このページのQRコードです。

拡大