演劇 大学生公演

玉川大学芸術学部パフォーミング・アーツ学科2017年度春学期演劇公演

ムーランルージュ

0 お気に入りチラシにする

演劇 大学生公演

玉川大学芸術学部パフォーミング・アーツ学科2017年度春学期演劇公演

ムーランルージュ

玉川大学芸術学部パフォーミング・アーツ学科

玉川大学 大学3号館 演劇スタジオ(東京都)

2017/05/18 (木) ~ 2017/05/21 (日) 公演終了

上演時間: 約2時間20分(休憩含む)を予定

休憩時間:10分

玉川大学芸術学部パフォーミング・アーツ学科2017年度春学期演劇公演は、庶民の生活を描き続けた劇作家、斎藤憐の『ムーランルージュ』に挑戦します。敗戦直後の物は足りなくとも、自由を謳歌できるようになった時代。そこに生きる人々を、若さ溢れるエネルギーで表現します。

《あらすじ》
空襲によっ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2017/05/18 (木) ~ 2017/05/21 (日)
劇場 玉川大学 大学3号館 演劇スタジオ
出演
脚本
演出
料金(1枚あたり) 0円 ~ 0円
【発売日】2017/04/24
無料 全席自由席<要予約>
サイト

https://moulinrouge2017-tmgw.jimdo.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 5月18日(木)19:00ツキ
5月19日(金)19:00ホシ
5月20日(土)12:00ホシ/17:00ツキ
5月21日(日)12:00ツキ/17:00ホシ

本公演はダブルキャスト公演です。
説明 玉川大学芸術学部パフォーミング・アーツ学科2017年度春学期演劇公演は、庶民の生活を描き続けた劇作家、斎藤憐の『ムーランルージュ』に挑戦します。敗戦直後の物は足りなくとも、自由を謳歌できるようになった時代。そこに生きる人々を、若さ溢れるエネルギーで表現します。

《あらすじ》
空襲によって焼け野原となった新宿に、ポツンと立っている赤い風車が目印のレヴュー劇場「ムーランルージュ新宿座」。
戦後の日本は生きることで必死だった。満足に食べるものも、着るものもない。そんな時代でも、舞台の上には、笑顔で明るい役者たちが立ち、客席には多くの人が集まってくる。
「どんなに辛いことがあっても舞台に出ればニッコリ笑って歌うの。」
戦争を生き延びた人々が劇場に集まる理由は…何のために舞台に立つのか…。
小さな芝居小屋を取り巻く人々を描いた群像劇。
その他注意事項 未就学のお子様の入場はご遠慮いただいております。
スタッフ

[情報提供] 2017/04/22 20:04 by 玉川大学パフォーミング・アーツ学科

[最終更新] 2017/04/22 21:09 by 玉川大学パフォーミング・アーツ学科

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大