中屋敷リーディングドラマ

本多劇場(東京都)

2017/03/16 (木) ~ 2017/03/20 (月) 公演終了

上演時間:

中屋敷法仁が「今」に届けたい戯曲を上演する朗読劇“中屋敷法仁リーディングドラマ”。
第2弾となる今回は、1974年に第18回岸田國士戯曲賞を受賞した清水邦夫の傑作戯曲『ぼくらが非情の大河をくだる時-新宿薔薇戦争-』に挑みます。
「若者たちの孤独や無力感を救い出す、混沌とした時代を生き抜く為...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2017/03/16 (木) ~ 2017/03/20 (月)
劇場 本多劇場
出演 神永圭佑、多和田秀弥、古谷大和、安里勇哉、永島敬三、唐橋充、高橋里恩、田中穂先
脚本 清水邦夫
演出 中屋敷法仁
料金(1枚あたり) 4,200円 ~ 4,200円
【発売日】2017/03/04
通常料金:4,200円(全席指定・税込)
サイト

http://bokuraga.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 3月
16日(木)19時 A
17日(金)19時 B
18日(土)14時 A/18時 A
19日(日)14時 B/18時 B
20日(月・祝)13時 A/17時 B

Aチーム:神永圭佑・古谷大和・永島敬三・髙橋里恩
Bチーム:多和田秀弥・安里勇哉・唐橋 充・田中穂先

説明 中屋敷法仁が「今」に届けたい戯曲を上演する朗読劇“中屋敷法仁リーディングドラマ”。
第2弾となる今回は、1974年に第18回岸田國士戯曲賞を受賞した清水邦夫の傑作戯曲『ぼくらが非情の大河をくだる時-新宿薔薇戦争-』に挑みます。
「若者たちの孤独や無力感を救い出す、混沌とした時代を生き抜く為のエネルギーを湧き上がらせたい」
そんな中屋敷法仁の切実なる思いに、魅力的な若手俳優たちが応えます。



戯曲「僕らが非情の大河をくだる時―新宿薔薇戦争―」とは?
劇作家・演出家である清水邦夫が執筆した戯曲で、1974年第18回岸田戯曲賞(のちの岸田国士戯曲賞)をつかこうへいの「熱海殺人事件」とともに受賞。初演は1972年、演出は蜷川幸雄が務めた。
深夜の公衆便所を舞台に、虚空の幻想を抱く詩人と、白木の棺桶を持って彼を追うその父と兄の姿が、幻想と残酷の狭間で、圧倒的熱量を持つ言葉とリズムで描かれる。


その他注意事項
スタッフ 美術:原田 愛/照明:阿部将之(LICHT-ER)/音響:佐藤こうじ(Sugar Sound)/衣裳:西本朋子/ヘアメイク:大宝みゆき/演出助手:入倉麻美/舞台監督:川除 学
照明操作:阿久津未歩(LICHT-ER)/音響操作 牧野宏美
宣伝美術:山下浩介/Web:伊藤 彩
宣伝:和田谷洋子(PPB)

主催:ゴーチ・ブラザーズ

[情報提供] 2017/03/05 01:55 by きたざわ

[最終更新] 2017/03/15 06:24 by きたざわ

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー1

きたざわ

きたざわ(1)

よろしくお願いいたします!

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大