演劇

劇団ヒラガナ(浮)第35回公演

水面の空にノアの箱舟

デザイン:team ME

0 お気に入りチラシにする

演劇

劇団ヒラガナ(浮)第35回公演

水面の空にノアの箱舟

劇団ヒラガナ( )

テアトルBONBON(東京都)

2014/09/19 (金) ~ 2014/09/21 (日) 公演終了

上演時間:

Y県とN県の県境の山間に、
渓谷に挟まれた盆地状の小さな町がありまして、
名前と「水神町」と言いました。
立地的な条件から、そこは数年前よりダムの建設予定地とされ、
東京の新たな水がめとして大きな期待が寄せられています。
しかし、住人の立ち退き交渉は言うにもれず難航を極め、
都と県...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2014/09/19 (金) ~ 2014/09/21 (日)
劇場 テアトルBONBON
出演 meta、楠木多悶、具志堅静香、松谷ゆうみ、戸簾一成、高崎みのり、ヒロシハジメ、斉藤大生、高野めぐ美、小林睦、坂本夏海、舞音、陣間仁
脚本 矢代順
演出 矢代順
料金(1枚あたり) 1,800円 ~ 2,800円
【発売日】2014/08/01
前売  2500円
当日  2800円
初回割 1800円(9月19日(金)14:00)
学割   2000円(小・中・高校生)

※割引枚数には限りがあります。
無くなり次第終了となりますのでご了承ください。(先着順) 
サイト

http://www.kilt-inc.jp/hiragana/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 9月19日(金)14:00 / 19:00
9月20日(土)14:00 / 19:00
9月21日(日)14:00

※受付、開場は開演の30分前です。
説明 Y県とN県の県境の山間に、
渓谷に挟まれた盆地状の小さな町がありまして、
名前と「水神町」と言いました。
立地的な条件から、そこは数年前よりダムの建設予定地とされ、
東京の新たな水がめとして大きな期待が寄せられています。
しかし、住人の立ち退き交渉は言うにもれず難航を極め、
都と県の方針とは裏腹に、地元住民の感情は激しく牙をむき、
計画開始から15年を過ぎた今でも、
政府による予定区画の完全掌握には至っていません。
とはいえ、時間の浪費と大金の魔力は徐々に功を奏し、
やがて一人、また一人と、この地を離れだし、
町と呼べる人口を割り込んだ頃から、ダム建設も着工し、
今では村にさえ劣る衰退激しい集落の体をなしています。

町長、大工、町医者と、コックに絵描きにスナックのママ、
あげくは鳥の声を聞きながら空想家を気取る女など…
このほんの数人にして何ともやっかいなマイノリティたちが、
要するに、1200万人の生活水を脅かす迷惑な人物な訳です。

さて・・・Y県の公務員「田中 君子」は、
今日も健気に、住人に対して立ち退きのメリットを伝えています。
そして、聞く耳の居ない説明会が膠着状態なのも、いつも通り。
そんなある日、この小さくて大きな可能性を秘めた町に、
東京から二人の男がやってきました。
一人は、立ち退きの交渉を一任された凄腕の弁護士。
もう一人は、大金抱えて式場から逃げ出してきた結婚詐欺師。
「波江 憲三」と「芝 秋助」。
かくして、水神町の命運は、彼らによって激しく揺さぶられます。
大波に飲み込まれるのか?はたまた上手に波乗りを楽しむのか?

小さな町の浮かれた住人が織り成す、沈まぬ物語をご覧あれ。
その他注意事項 ●小学生以下のお子様が鑑賞の場合は、一度お問合せ下さい。
スタッフ 【舞台監督】内山 美樹
【作曲】堀木 康太郎 渡部 裕美
【音響】響 栄司 木下 慎慈
【照明】明星 照美
【大道具】野中 大輔 杉谷 貴之
【小道具】遠山 芽衣
【広報】村上 正浩
【制作】高野 真実 池澤 恵美子
【プロデューサー】櫻井 祐子

【主催】劇団ヒラガナ( )
【共催】株式会社キルト
【協力】HYP39Div. JDC・日本洞窟クラブ

[情報提供] 2014/07/20 16:17 by いけち

[最終更新] 2014/09/22 12:09 by いけち

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー2

やん

やん(1)

初の全面制作参加です!がんばります!!(> <)

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大