演劇

職人坂口修一と日替わり女房

風当り、宵の葉擦れ。

ライトアイ

壱坪シアタースワン(京都府)

他劇場あり:

2014/07/26 (土) ~ 2014/07/27 (日) 公演終了

上演時間:

関西小劇場界のダイナモ・坂口修一が今度は女優との二人芝居を仕掛ける。
しかも公演会場ごとに女房役を交換。今後、一体どれだけの女優と夫婦を演じるのか。横山拓也(iaku)の旧作を下敷きにリライトした不条理劇で、2014年夏、京都、大阪、名古屋の3都市からスタート。

【あらすじ】
扇風機...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2014/07/26 (土) ~ 2014/07/27 (日)
劇場 壱坪シアタースワン
出演 坂口修一、紙本明子(京都公演)、中村真利亜(大阪公演)、田中みな(名古屋公演)
脚本 横山拓也(iaku)
演出 横山拓也(iaku)
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 2,500円
【発売日】2014/06/21
予約2000円/当日2500円
サイト

http://blog.livedoor.jp/syokunin_sakaguchi/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 26日(土)15:00/19:00
27日(日)17:00
説明 関西小劇場界のダイナモ・坂口修一が今度は女優との二人芝居を仕掛ける。
しかも公演会場ごとに女房役を交換。今後、一体どれだけの女優と夫婦を演じるのか。横山拓也(iaku)の旧作を下敷きにリライトした不条理劇で、2014年夏、京都、大阪、名古屋の3都市からスタート。

【あらすじ】
扇風機修理師の名匠であった先代から業と名を受け継いだ扇屋鈴太郎は苦しんでいた。高速回転する羽による指の切断事故、風に長時間あたることによる体温の急激な低下、および呼吸困難といった命にかかわる重大事故。そんな危険な扇風機に対し、世間の風当りは強くなっていた(扇風機だけに)。修理を専門としてきた職人たちが次々と扇風機から離れていく中、鈴太郎は先代の意志を貫くために、最後の扇風機職人として逆風に立ち向かうのであった(扇風機だけに)。
その他注意事項 未就学児入場不可
各会場、お席に限りがございます。お早目のご予約をオススメいたします。
スタッフ チラシ写真:福井麻衣子
チラシデザイン:岡田ゆうや(㈱cursor)
プロデューサー:笠原希(ライトアイ)

[情報提供] 2014/05/28 19:17 by ライトアイ

[最終更新] 2014/10/02 02:51 by ライトアイ

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー2

ぐっち

ぐっち(0)

出演者です。 色んな場所で、色んな女優さんと共演...

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大