演劇

「僕たちの好きだった革命」

デザイン:小関歩

0 お気に入りチラシにする

演劇

SENDAI座☆プロジェクト

エル・パーク仙台 スタジオホール(宮城県)

他劇場あり:

2013/04/04 (木) ~ 2013/04/06 (土) 公演終了

上演時間:

日比野篤志は、母校「拓明高校」の国語教師に赴任して数年、教師という職業にやりがいを見出せないでいる。文芸部の顧問を押し付けられた彼は、部室でボツになった原稿を見つけた。筆者は、10年前に熱い時間を共に過ごした小野未来(ミク)だった。
タイトルは「僕たちの好きだった革命」。
1999年、日比...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/04/04 (木) ~ 2013/04/06 (土)
劇場 エル・パーク仙台 スタジオホール
出演 樋渡宏嗣、渡部ギュウ、戸石みつる、野々下孝、永澤真美、SHUN
脚本 鴻上尚史
演出 渡部ギュウ
料金(1枚あたり) 1,500円 ~ 2,800円
【発売日】2013/03/01
「一般前売り2.500円、当日2.800円」
「学生前売り1.500円、当日1.800円」
サイト

http://www.sendaiza.jp

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 4月4日(木)19:00
4月5日(金)19:00
4月6日(土)15:00
説明 日比野篤志は、母校「拓明高校」の国語教師に赴任して数年、教師という職業にやりがいを見出せないでいる。文芸部の顧問を押し付けられた彼は、部室でボツになった原稿を見つけた。筆者は、10年前に熱い時間を共に過ごした小野未来(ミク)だった。
タイトルは「僕たちの好きだった革命」。
1999年、日比野と小野未来のクラスに1人の中年男性が復学してきた。山崎義孝47歳。1969年の学園紛争で機動隊と乱闘中、意識不明に陥ったが、30年ぶりに意識を取り戻した彼は、母校に戻ってきた。
そして、いつしか高校生たちは、革命に向かって走り出していた! 
その他注意事項 気仙沼本吉町はまなすホール公演は、地元住民割きチケットがあります。詳しくは、SENDAI座☆オフィスに問い合わせください。
スタッフ □舞台製作・監督/今野芳明(ファクトリーK) □情宣美術/小関歩  
□情宣写真/松橋隆樹   □照明/松崎太郎  柴成美  □音響/本儀拓 
□制作/SENDAI座☆オフィス

[情報提供] 2013/02/18 21:22 by Gyu

[最終更新] 2013/11/12 20:44 by Gyu

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー29

野々下孝

野々下孝(0)

出演します!

モトギ

モトギ(14)

音響効果を担当させて頂きます。

かな

かな(0)

Cチームの佐藤良美を演じます(^^♪ よろしくお願い...

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大