ミュージカル

宙組 バウ・ポピュリスト・コメディ

記者と皇帝

宝塚歌劇団

宝塚バウホール(兵庫県)

他劇場あり:

2011/03/17 (木) ~ 2011/03/27 (日) 公演終了

上演時間:

バウ・ポピュリスト・コメディ
『記者と皇帝』
[解 説]
 19世紀後半のサンフランシスコ。破産を契機に、自分が「皇帝」であるという妄想にとりつかれ、その言動が市民の人気を集めた、「初代合衆国皇帝にしてメキシコの守護者」こと「ノートンI世」と、その人気を当て込み、虚実入り混じる記事で部数...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/03/17 (木) ~ 2011/03/27 (日)
劇場 宝塚バウホール
出演 北翔海莉
作曲
脚本 大野拓史
演出 大野拓史
料金(1枚あたり) 5,000円 ~ 5,000円
【発売日】2011/02/12
全席 5,000円(税込)
サイト

http://kageki.hankyu.co.jp/revue/216/index.shtml

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 バウ・ポピュリスト・コメディ
『記者と皇帝』
[解 説]
 19世紀後半のサンフランシスコ。破産を契機に、自分が「皇帝」であるという妄想にとりつかれ、その言動が市民の人気を集めた、「初代合衆国皇帝にしてメキシコの守護者」こと「ノートンI世」と、その人気を当て込み、虚実入り混じる記事で部数を競い合う新聞記者達の、奮闘と恋を描く、ポピュリスト・コメディ(人民喜劇)。
 巷間噂される「皇帝の恋」の裏を取る為、お相手と目される人気歌姫が出演する劇場の、楽屋口に群がる各社の新聞記者。部数を伸ばす為、どうにか歌姫のコメントを得ようと必死な面々の中、その夜、色男ぶりを発揮して他社を出し抜いたのは、モーニング・コール紙の自称「敏腕記者」キングだった。
 翌朝、意気揚々と出社するキング。だが、待っていたのは称賛の言葉ではなく、デスクからの叱責であった。ライバル社のブレディン紙が、「皇帝」が送った歌姫へのラブレターを掲載していたのである。スクープした記者の名は、ブライ。有る事無い事を書かれる身の上に嫌気が差し、書く側に転身した元踊り子、という変り種の記者だった。
 その日から、キングとブライは、ライバルとして取材を競い合う様になるのだったが、競争心が昂じ過ぎて、とある事件に巻き込まれる事になる。
 ある春の夕刻。何と、市当局に「皇帝」が逮捕されたのだ……。
その他注意事項 ※宝塚歌劇では、出演者一同お花のお届け物を辞退させていただいております。
スタッフ

[情報提供] 2011/02/02 23:47 by CoRich案内人

[最終更新] 2011/05/02 15:33 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大