演劇

二兎社30周年記念

シングルマザーズ

0 お気に入りチラシにする

演劇

二兎社30周年記念

シングルマザーズ

ニ兎社

東京芸術劇場 シアターイースト(東京都)

他劇場あり:

2011/02/20 (日) ~ 2011/03/27 (日) 公演終了

休演日:2/28, 3/7,14,15,22

上演時間:

ちょっと前のことですが、新聞をひろげて驚きました。「声」欄に、うちの制作の安藤が投書しているではありませんか。母子加算の復活を求める、なかなかいい文章で、トップ掲載されているではありませんか。
母子加算とは、生活保護を受けているひとり親家庭に出る手当ですが、「もっと貧乏な人がいる」という、お...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/02/20 (日) ~ 2011/03/27 (日)
劇場 東京芸術劇場 シアターイースト
出演 沢口靖子、根岸季衣、枝元萌、玄覺悠子、吉田栄作
脚本 永井愛
演出 永井愛
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 5,000円
【発売日】2011/01/15
(全席指定・消費税込)

一般: 5,000円 (2月20日のみ4,000円)
学生: 3,000円(要学生証提示。二兎社、チケットぴあ店舗にて取扱)
高校生割引: 1,000円(要学生証提示。二兎社にて取扱。枚数限定)

☆ 当日券=開演の60分前より販売 
☆ シングルマザー無料招待!(要児童扶養手当証書提示。二兎社にて取扱。枚数限定)
サイト

http://www.nitosha.net/sm/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 ちょっと前のことですが、新聞をひろげて驚きました。「声」欄に、うちの制作の安藤が投書しているではありませんか。母子加算の復活を求める、なかなかいい文章で、トップ掲載されているではありませんか。
母子加算とは、生活保護を受けているひとり親家庭に出る手当ですが、「もっと貧乏な人がいる」という、おかしな貧乏比べによって、当時は全廃されていました。
その支給対象者ではなかった安藤が、同じシングルマザーという立場から、仲間たちのために声をあげている。お気楽なおひとり様の私は、何やら衝撃を受けたのでした。
しばらくたって、テレビのニュースに驚きました。何と、安藤が突然アップになったではありませんか。あの聞き慣れた声が、院内集会で、児童扶養手当の削減方針を撤回するよう求めているではありませんか。
児童扶養手当は、収入の少ない母子家庭の命綱として機能してきました。ところがチビチビと減額され、5年間支給後は半額にされてしまう可能性もあるのだそうです。
「安藤、やるじゃないか」と思いつつ、感心ばかりもしていられません。彼女を安月給に甘んじさせているのは、他ならぬ社長の私ですから。
そして、思い出したことがありました。知人とワーキングプアの話をしていたとき、ある人がこう言ったのです。
「男の貧乏人が増えてから騒ぐなんて馬鹿げてる。シングルマザーは、ずうっとずうっとワーキングプアだった」
それやこれやの出来事が、私に「書け」とささやきました。
もちろん、貧乏だけの話ではありません。誰かが「もうくじけそう」と弱音をはけば、たちまち共感や応援のメールが届く。シングルマザーたちには、打てば響く支え合いのネットワークもあるのです。
貧乏にも友情にも「超」がつく。そんなシングルマザーたちの世界に挑んでみたいと思います。


あらすじ
直(なお)(沢口靖子)は12歳の男の子を育てるシングルマザー。派遣社員として働くかたわら、シングルマザーの支援団体、“ひとりママ・ネット”の新米事務局長としても忙しい。
時は2002年の秋―――事務所はオンボロアパートの一角だが、代表の燈子(とうこ)(根岸季衣)と直の目標は大きい。児童扶養手当の削減を阻止するため、国会を動かそうというのだ。
ロビー活動や、ネットワークづくりに追われる日々。シングルマザーたちからは、ひっきりなしに悩みごとの相談が寄せられる。水枝(みずえ)(玄覺悠子)も初音(はつね)(枝元萌)も、そんな中で出会った仲間だ。彼女たちがつまずきながらも、それなりに自立していく様子は、直の励みになっている。
ある夜、見知らぬ男(吉田栄作)が事務所に現れた。妻子が突然消えてしまったという。話を聞くうち、直にはひらめくものがあった。この男には、DV(ドメスティックバイオレンス)の傾向があるのでは?
この夜から、直と男の奇妙な交流が始まった。
そして、2007年。国会へのロビー活動は、いよいよ正念場を迎えて―――
その他注意事項 未就学児童入場不可。
スタッフ 美術=大田創
照明=中川隆一
音響=市来邦比古
衣裳=竹原典子
ヘアメイク=清水美穂
演出助手=鈴木修
舞台監督=澁谷壽久
宣伝美術=マッチアンドカンパニー
宣伝写真=元田敬三
宣伝ヘアメイク=三上宏幸(沢口靖子)
植村タケヒサ
制作=本郷みつ子 安藤ゆか

[情報提供] 2010/10/25 09:22 by CoRich案内人

[最終更新] 2012/01/11 21:54 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!