演劇

ナノスクエア

シアターグリーン BIG TREE THEATER(東京都)

2010/05/25 (火) ~ 2010/05/30 (日) 公演終了

上演時間:

昭和二十二年夏、東南アジア某刑務所。
その一画には、戦犯死刑囚を収容するPunishment Hall、通称Pホールがあった。
死刑囚達は、このPホールに隔離され、刑執行を前に比較的穏やかな日々を送っていた。
しかし、その胸には、囚人(Prisoner)を表すPの縫取り。
そん...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/05/25 (火) ~ 2010/05/30 (日)
劇場 シアターグリーン BIG TREE THEATER
出演 高杉瑞穂、早田剛、郷本直也、仲原裕之(StudioLife)、桑野晃輔、曽世海司(StudioLife)
脚本 合馬百香(劇団め組)
演出 合馬百香(劇団め組)
料金(1枚あたり) 5,300円 ~ 5,300円
【発売日】2010/03/13
前売・当日共 ¥5,300(税込)
サイト

http://www.theater-green.com/system/perform_detail.php?cd=904

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 昭和二十二年夏、東南アジア某刑務所。
その一画には、戦犯死刑囚を収容するPunishment Hall、通称Pホールがあった。
死刑囚達は、このPホールに隔離され、刑執行を前に比較的穏やかな日々を送っていた。
しかし、その胸には、囚人(Prisoner)を表すPの縫取り。
そんな中、彼らの世話をする教誨師は禁止されている死刑囚の遺書を日本に持ち帰る事を決意する。
遺書をしたためながら、死刑囚たちの心も少しずつ命の意味を見出し始める。
PホールにとじこめられたPrisonerとしてではなく、胸のPにはきっと別の美しい意味があるのだと・・・・。
その他注意事項
スタッフ 音楽 濱田 貴司
照明 鈴村 淳
音響 井出“PON”三知夫(La Sens)
舞台監督 久保 年末(株式会社アートシーン)
舞台・宣伝美術 ebc
衣装 摩耶
企画・製作 ナノスクエア

[情報提供] 2010/04/28 09:21 by CoRich案内人

[最終更新] 2010/06/21 00:35 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大