演劇

夏目漱石 原作

こころ

デザイン:高橋裕樹

0 お気に入りチラシにする

演劇

夏目漱石 原作

こころ

726

OFF OFFシアター(東京都)

2009/06/05 (金) ~ 2009/06/09 (火) 公演終了

上演時間:

【あらすじ】

時は明治末期。
夏休み中に鎌倉に旅行に行った際、「私」は「先生」と出会った。
「私」は世捨て人のような生活を送る先生の事に興味を抱き、
親密な交際をすることになる。
そんな折、 「私」は父の容態の急変により
実家から離れる事が出来なくなる。
父親が危篤という状況...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/06/05 (金) ~ 2009/06/09 (火)
劇場 OFF OFFシアター
出演 西地修哉、鬼塚俊秀、杉山薫(ナイロン100℃)、照屋実、高原コマキ、ほりすみこ、大西玲子
脚本 吉田小夏(青☆組/青年団演出部)
演出 北澤秀人
料金(1枚あたり) 2,500円 ~ 3,000円
【発売日】2009/04/01
前売 2,800円 当日 3,000円 学生 2,500円
チケット予約はこちら↓
https://ticket.corich.jp/apply/13100/
サイト

http://www.act726.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 【あらすじ】

時は明治末期。
夏休み中に鎌倉に旅行に行った際、「私」は「先生」と出会った。
「私」は世捨て人のような生活を送る先生の事に興味を抱き、
親密な交際をすることになる。
そんな折、 「私」は父の容態の急変により
実家から離れる事が出来なくなる。
父親が危篤という状況になって、先生からの手紙が届く。
手紙には、衝撃的な先生の過去が綴られていた…。

【コメント】

劇作:吉田小夏(青☆組)より

「こころ」を原作に戯曲を、という話を最初に聞いたとき、
この芳醇な書きコトバに溢れた小説をモチーフに、
俳優の「カラダ」を重視した作品を模索したいと思った。
名作小説からあえて演劇という答えを出すという作業は、
繊細な挑戦だと思う。原作のエッセンスをかりながらも、
舞台に解き放たれた彼らのカラダが、コトバ以上に鮮やかに匂いたつ・・。
そんな脈打つ舞台を願っている。
726の最初の一歩と、その答えを、皆様に見届けていただければ幸いです。
「こころ」とかけて「カラダ」ととく、さて、そのこころは?

演出:北澤秀人より

いまさらながら、たいへんな作品を選んでしまったと思う。
国民的人気作家の大作で、高校の国語教科書にもとりあげられる
名作を舞台化しようという暴挙にでてしまったのだから。
しかし、いまさら後悔してもはじまらない。
腹を括って、劇作の吉田小夏さんをはじめスタッフや出演者、
これら素敵な共犯者とともに、この犯罪行為を遂行しようと思う。
現代社会にいきる私たちが、95年前に書かれたこの名作と向
き合って、はたして如何なる答えが導き出せるのか。

小夏さんの言葉を借りるなら、
「こころ」とかけて「カラダ」ととく、そのこころは?

言葉、言葉、言葉。
―あとは、沈黙。
その他注意事項 終演後にゲストと726のアフタートークあり!!
    
★ 6/6(土)14:00----北澤秀人(演出)×吉田小夏(劇作)×726
★ 6/7(日)19:00----シークレットゲスト×726
スタッフ 【演出】 北澤 秀人
【劇作】 吉田 小夏
【美術】 野村 真紀
【照明】 高山 晴彦
【音響】 天野 高志
【衣裳】 大井 崇嗣
【宣伝美術】 高橋 裕樹
【制作】 高市由香里
【企画・製作】 726

[情報提供] 2009/03/25 17:17 by TY

[最終更新] 2010/02/01 01:11 by フリット

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー7

大西玲子

大西玲子(0)

出演させていただいています。 是非いらして下さい☆

ほりすみこ

ほりすみこ(0)

出演させていただいております。 どうぞよろしくお願い...

mai

mai(0)

制作のお手伝いをしています。

このページのQRコードです。

拡大