※CoRich運営事務局はテーマの真偽について調査を行っておりません。募集情報に応募する前に、投稿者のプロフィールや公式ウェブサイト等をよくご確認ください。

少女都市 第4回本公演 「光の祭典」 出演者・スタッフ募集!(アイ・ホール)

  • 少女都市 少女都市(0)

    カテゴリ:出演者募集 返信(1) 閲覧(1111) 2018/02/12 21:56

Bbs 46415
2018年6月、アイ・ホールにて上演する少女都市【光の祭典】
オーディション開催!

出演者(メインキャスト)と、スタッフをオーディションいたします。
沢山のご応募をお待ちしております。

◆ご挨拶
私たち「少女都市」は、女優の肉体と言語を通し、若い女性の苦悩と変化を描く、女性のための演劇集団です。
このたび、アイ・ホールが主催する「平成30年度 次世代応援企画 break a leg」に選出され、2017年に上演した『光の祭典』を再演する運びとなりました。
本作は「暴力からの克服」がテーマとなっています。
他者から与えられた暴力を、また他の他者に還元することなく克服することはできるのか。
映画に青春をかける若者たちが、悩み傷つけあいながら、成長していく物語です。その概要と意図に共感・同感して頂ける方と上演を通して創作をしたいと考えております。

◆再演にあたって
2017年に大阪で初演した作品の再演になります。
初演では、肉体と言語イメージが一致した神秘的な演出によって好評を博し、神戸新聞、毎日新聞、産経新聞等、多数メディアに取材・掲載されました。 今回の再演では、《神秘性》と《エンターテイメント性》、 そのどちらをも両立させた新しい『光の祭典』を創作したいと考えております。

◆少女都市とは?
2016年旗揚げ、2017年劇団化。兵庫を中心とした関西圏と、関東の2大都市で活動。テーマは【血と暴力と救い】。女優の肉体と言語を通し、若い女性の苦悩と変化を描く、女性による女性のための演劇集団です。

◆主宰
葭本未織 よしもとみおり
1993年1月生まれ・兵庫県出身
文学座附属演劇研究所本科・研修科を経て、立教大学で松田正隆に師事。
処女作『聖女』で第60回岸田國士戯曲賞に推薦。
その作風は
「古典的な構成から展開される、
 単純なカタルシスに陥らない人間ドラマ」
「緻密な円環構造と、多重性の織りなす群像劇。」
と評され、多数メディアから取材を受けている。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆オーディションについて
※アンサンブルオーディションではありません。
※全てのキャストがメインキャストです。


◆「光の祭典」 あらすじ
天才「女子大生監督」と言われながらも、
プロデューサーによるレイプが原因で
映画を撮れなくなった≪まこと≫
父親の死をトラウマに持つ映画監督志望の≪江上≫

大学時代に一夜をともにしながらも
交際に至らなかった二人は、
自主製作映画を撮るなかで心をかよわせていく。

ところが突然、部屋の中に
大量の監視カメラを残して、
江上は姿を消した。

数か月後、まことが目にしたものは、
監督としてデビューした江上だった…。

繰り返し流される血。
愛という名の暴力装置。

映画に魅せられた若者たちの、愛と葛藤を描いた、青春群像劇。

◆劇評
若い集団ではあるが、場面の運びや登場人物の設定、台詞に至るまでよく計算されている。舞台の成立度において、頭ひとつ抜きん出ていると感じた。おそらく作者の実際に見たこと、感じたことが基盤となって劇世界が構成されている。しかしそこには客観が存在し、観念に埋没していかないリアルに力量を感じさせられた。努力では得られない瑞々しい感受性が確かで豊かだ。このような感性が、演劇という煩わしく厄介なジャンルの高みに挑むことを後押ししたい。(岩崎正裕)

自分語りをする演劇や表現はよく見ますが、彼女のそれは無自覚な部分がありつつも、決定的に確信犯であるように感じました。狂っている姿を冷静にサービスとして提供している、という潜在的な意識が、特に脚本から感じられ、その技術や発想を高く評価しました。旗揚げ公演から東京大阪2都市公演を行うなど行動力を伴った野心にも好感を持ち、次世代応援企画と言うレギュレーションの上で、潜在能力を高く感じるこの団体を推すべきだと考えました。(泉 寛介)

◆本番日時
6月上旬

◆会場
アイ・ホール(兵庫県伊丹市)

◆オーディション日時
3月25日(日)
13時30分
14時30分
15時30分
16時30分
18時30分
19時30分
20時30分
の全7回

◆応募期間について
2月12日から3月23日まで

◆オーディション会場
大阪市内の区民センター

◆応募資格
出演者・スタッフ共に、
18歳以上で心身ともに健康な方。

出演者の方は
演劇経験不問、プロ・アマ不問。

スタッフの方は、
音響・照明・美術・舞台監督・制作・演出助手の
いずれかを希望する方。
今作の概要と意図に共感・同感して頂ける方。
上演を通して共に創作をしていただける方。

◆選考方法
出演者:実技(本読み)、自己PR、簡単な質疑応答
スタッフ:事前に台本の一部をお送りしますので、それを元にプランを制作していただきます。オーディション中にそのプランを拝見させていただき、お話をさせていただければと思います。

◆応募方法
メールアドレス girlsmetropolis@gmail.com
に、
・出演希望かスタッフ希望か、
・顔写真一枚、全身写真一枚、
・名前
・性別
・住所
・年齢
・芸歴
を書いてお送りください。
 
◆オーディション料
2000円
(スタッフは500円)

◆参加費 チケットノルマ
参加費 3万円
チケットノルマ 25枚
(スタッフは参加費なし・ノルマ10枚)


たくさんのご応募お待ちしております。

少女都市制作部
ホームページ:http://girlsmetropolis.com/
インスタグラム:https://www.instagram.com/girlsmetropolis/
  • オーディション内容変更のお知らせ

    ◆参加費 チケットノルマ
    参加費 3万円
    チケットノルマ 25枚
    (スタッフは参加費なし・ノルマ10枚)

    と記述がありましたところが、
    以下に改めました。

    ◆参加費 チケットノルマ
    なし
    チケットバック有
    チケットの販売にご協力ください。

    現在ご応募いただいている皆様も、同様の条件にさせていただきます。
    追ってご連絡させていただきます。

    また、内容を変更しました理由は、下記URLにてご説明がございます。
    どうぞご覧ください。
    http://ysmt30.hatenablog.com/entry/2018/03/22/050728

    2018/03/22 05:42

このページのQRコードです。

拡大