※CoRich運営事務局はテーマの真偽について調査を行っておりません。募集情報に応募する前に、投稿者のプロフィールや公式ウェブサイト等をよくご確認ください。

【オーディション開催日10月7日、14~16日】2017年12月feblabo「ホテル・ミラクル5」出演者募集オーディション開催【開催日前日締切】

  • ふぇぶ ふぇぶ(8)

    カテゴリ:オーディション告知 返信(0) 閲覧(1779) 2017/09/29 23:39

feblaboプロデュース「ホテル・ミラクル5」の出演者を募集するに当たり、オーディションを開催します。
現在「ホテル・ミラクル5」という公演のキャスティングを進めておりまして、少しでも多くの可能性を探りたく、緊急開催いたします。

【募集対象公演】
feblabo×シアター・ミラクルプロデュース
「ホテル・ミラクル5」
2017年12月1日(金)~10日(日)@シアター・ミラクル

脚本:
河西裕介(Straw&Berry)
坂本鈴(劇団だるめしあん)
藤原佳奈(mizhen)
屋代秀樹(日本のラジオ)

構成・演出:池田智哉(feblabo)

ラブホテルを舞台にした少人数の短編会話劇になります。
短い募集期間ではありますが、たくさんの応募をお待ちしております。

【オーディション開催日時】
2017年
10月7日(土)13:00~17:00・・・A
10月14日(土)13:00~17:00・・・B
10月15日(日)13:00~17:00・・・C
10月16日(月)13:00~17:00・・・D

※いずれか一回のみの参加で大丈夫です。
※多少の遅入り・早抜け相談ください。
※なお、上記日程では参加が難しい場合でもご連絡をいただければ機会を設ける可能性があります。その場合は参加希望回を「X」として、お申し込みください。
なお、X回の申し込みの最終締切日は10月15日(日)とさせていただきます。

【応募要項】
■場所 都内某所 ※参加者にのみお知らせいたします。

■参加資格
・健康な18歳以上の日本語の通じる方。
・演技経験の有無は問いません。
・身体的な接触などがある、アダルトな演技に抵抗のない方。
・2017年11月中旬~の稽古と本番期間のスケジュールが調整可能な方。

■参加費 無料
■募集締切 開催日前日24:00までにご連絡ください。 
■内容 ワークショップではなく、オーディションになります。
テキストを読んでいただいたり、エチュードをしていただく可能性があります。

■応募先メールアドレス:
ws@t-miracle.jp
※件名は「オーディション参加希望」として送信下さい。
※送信後、丸一日を過ぎても返信がない場合はお手数ですが、
feblabo@gmail.comまたは090-8560-3381までご連絡ください。

■募集要項
1.希望回(A/B/C/D/X)※可能であれば第2希望までお書きください。
2.名前(ふりかな)
3.性別
4.生年月日/年齢
5.身長/体重
6.出身地
7.所属(あれば)
8.過去2~3年の出演作品
(舞台以外もあれば、多い方は代表的なものを5作品程度)
9.自分が思う俳優としての自分の武器・魅力
10.志望動機
11.電話番号(緊急時連絡用)/メールアドレス
加えて、写真を2枚添付してください。
(全身/バストアップ各一枚ずつ。スナップ写真可。)

■お問い合わせ先
090-8560-3381 ws@t-miracle.jp feblabo@gmail.com

■「ホテル・ミラクル」とは
歌舞伎町にある新宿シアター・ミラクルを同じ立地にあるラブホテル「ホテル・ミラクル」に見立て、短編作品を上演する企画です。
R15指定の少々アダルトなテイストに加え、深夜公演など実験的な試みも行う。今回は1年ぶりの5作品目となります。

過去の公演の詳細や感想などは以下となります。
feblaboプロデュースの公演履歴は http://stage.corich.jp/troupe/3514/stages
「ホテル・ミラクル」http://stage.corich.jp/stage/63185
「ホテル・ミラクル2」http://stage.corich.jp/stage/68138
「ホテル・ミラクル3」http://stage.corich.jp/stage/71950
「ホテル・ミラクル4」http://stage.corich.jp/stage/77274

■feblaboとは
2006年より東京の小劇場で活動する池田智哉による企画・プロデュースユニット。
これまでに30本以上の作品をプロデュースしている。池田自身は脚本は書かず、毎回脚本家を招き、池田が演出するスタイルをとる。再演も多い。
何よりも脚本を重視し、深く読み込み、空間とそこに存在する俳優と役割を掘り下げていくことで「嘘のなさ」を引き出す演出が特徴的である。
代表作として、「僕の偉大なるアイザック・ニュートン」於:駅前劇場・2014年・脚本:佐々木瞳(第27班)
「ダイアナ、その他短編」於:シアター・ミラクル・2014年・脚本:ブラジリィー・アン・山田(ブラジル)
「捨てる。」於:エビス駅前バー&中崎町common cafe(東京大阪ツアー)・2011年・脚本:米内山陽子(チタキヨ)など。
他に小劇場アイドルユニット38mmなぐりーずもプロデュースしている。
2013年よりシアター・ミラクルを拠点に活動中。

このページのQRコードです。

拡大