※CoRich運営事務局はテーマの真偽について調査を行っておりません。募集情報に応募する前に、投稿者のプロフィールや公式ウェブサイト等をよくご確認ください。

【参加費無料】松澤くれは作品WSオーディション・2018年

  • 松澤くれは 松澤くれは(1)

    カテゴリ:オーディション告知 返信(0) 閲覧(2001) 2017/09/13 20:03

Bbs 43367
脚本家・演出家の松澤くれはと申します。
火遊びという演劇ユニットやプロデュース公演などで、演劇活動をしています。

この度、来年以降にご一緒できる役者さんと出会いたいため、ざっくりしたオーディションを開催します。参加費無料です。特定の公演に関するものではありませんので、お気軽にお越しください。

身体を大きく動かしたり、シアターゲームをやったりはしません。体力的に疲れることは一切やりませんが、精神的に疲れるくらいの状態で台詞を言ってくださる方を求めています。
ぼそぼそとした小声の会話劇がメインです。台詞は聞き取れなくてもいいです。嘘がない役者さんが好きです。参加者同士でペアを組んで、過去戯曲の台詞を読んでいただきます。

松澤くれはの演劇作りに興味のある方、奮ってご参加ください!

***** 募集要項 *****
■応募条件
2018年以降の松澤くれは作品に出演希望、または興味がある方。
経験不問。出演に際しては、改めてご相談させていただきます。

■日時
10/11 18:00~21:00

■参加費
無料

■会場
23区某所。参加が確定された方にご連絡します。

■定員
約20名。応募者多数の場合は書類選考あり。

■応募方法
件名を「WS応募」とし、以下の情報を明記の上、new.project908@gmail.comまでご連絡下さい。
①名前、フリガナ
②所属先(所属プロダクション、劇団がある方)
③性別
④年齢
⑤観劇された松澤くれは作品名
⑥連絡先(メールアドレス、携帯電話番号)
⑦バストアップ写真
⑧簡単な過去の出演履歴
⑨400字程度の意気込み

【応募締め切り】
2017年9月30日(土)23時59分。
※ご応募から3日以内に、new.project908@gmail.comから詳細をご連絡致します。受信許可の設定をお願いします。


***** 松澤くれはプロフィール *****
脚本家・演出家。1986年、富山県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。
演劇ユニット<火遊び>代表。
芥川賞作家・中村文則氏『掏摸[スリ]』の舞台化にはじまり、『殺人鬼フジコの衝動』『天帝のはしたなき果実』『くるぐる使い』『私を知らないで』など、人気小説の舞台版を手がける。
オリジナル作品では「あなたとわたしが[We]に近づく物語」をテーマに、言葉で分かり合おうとしながらも分かり合えないことを受け入れる、人間の生き方を一貫して描く。現実のような生々しい会話劇で、観客の日常につながるラストシーンを目指している。
演劇作品のほか、PV・映画シナリオ、エッセー、演技指導講師、DJ、モデル、水中モデルなど、幅の広い活動を行っている。

***** お問い合わせ先 *****
mail new.project908@gmail.com
HP http://kureha.main.jp/
Twitter @suama_sweetnam

このページのQRコードです。

拡大