※CoRich運営事務局はテーマの真偽について調査を行っておりません。募集情報に応募する前に、投稿者のプロフィールや公式ウェブサイト等をよくご確認ください。

★★★単発ご参加・ご見学も大歓迎!【シアターゲームを使った俳優訓練の会】(基礎編)★★★

Bbs 41777
単発ご参加・ご見学も大歓迎!お気軽にどうぞ♪2回目参加の際には《呼吸・発声》についても資料をお渡ししながら指導致します★GAME詳細は劇団HPをご覧下さい♪http://www.geki-sun.net
▼▼▼下記概要▼▼▼

●シアターゲームとは――
インプロ(即興エンターテイメント)よりもさらに基本的で原初的な技術をゲームの中に収め、ゲームの課題をクリアすることにより、俳優に必要なスキルを習得していく訓練方法です。環境との関わりに重きを置くこのゲームは、新人俳優の多くが陥りやすい「筋書」を排除します。また、ゲームの課題をクリアする為に求められる【知的スキル】【身体的スキル】【直観力】を養うことで、従来の訓練法(メソッド演技、マイズナーテクニック)で嵌りがちな「環境との分離」「身体的表現の欠如」からの脱却を図る良い機会になると思います。

【稽古】毎週、日曜。19:00~22:00。
【場所】高円寺駅。フェニックススタジオ(東京都杉並区高円寺南2-53-1)
【料金】ご参加→1回2,500円。定期参加メンバー※は5週月、第5週目に限り2,000円。ご見学→無料。
※定期参加メンバー…毎週参加していただける方が対象。ご自身の演劇活動によるお休みは相談可。
【講師】劇団SUN代表、篠山俊。
〜略歴〜
脚本家・演出家・俳優。1990年2月20日生まれ。2014年劇団SUNを旗揚げ。同年4月、下北沢「楽園」にて「OKAMA.Bar『おひげちゃん』」を上演。2014〜2017年、映像制作及び執筆に没頭。2017年3月、ART THEATERかもめ座にて「問題作・湿った町の少年」を上演。2017年4月よりWS講師を務める。第1弾のWSでは「具体的で分かりやすい」と好評を博し、8回の開催で計約40名が参加した。

◆◆◆劇団SUNとは◆◆◆
代表・篠山俊、制作・上村愛、映像・横内喬、「なんでもやる」KUROKOの4人から成る劇団。
舞台のみならず映像作品も積極的に制作している。旗揚げは2014年。下北沢の小劇場「楽園」にて「OKAMA.Bar 『おひげちゃん』」を上演。歌やダンスも交えたポップなヒューマンドラマでリピーターも多く、大盛況のうちに幕を下ろした。2作目となる「問題作・湿った町の少年」(2017年@ART THEATERかもめ座)では、タイトルに負けない鬼気迫る作品を発表。実在の人物を題材に薬物に溺れていく少年の姿をリアルに描き出した。劇場は連日満員となり、最終日には急遽追加公演が決定した。脚本・演出を手がける篠山は「ちょいブラックコメディ・希望的バッドエンド」の物語を得意とし、演劇だからこそ出来る新しい表現を日夜追求中。制作・上村は俳優として外部公演にも多数参加。近作は累計発行部数50万部突破、本屋大賞2017ノミネートで話題となった小説「コーヒーが冷めないうちに」の舞台で主演。映像担当・横内は各局テレビドラマや映画の助監督も務めている。近作「福家堂本舗」(Amazonプライムにて配信中)、「日曜ワイド 司法教官 穂高美子」(テレビ朝日)他。

【お申込】劇団SUN公式HPのお申込フォームより。http://www.geki-sun.net

【お問合せ】info@geki-sun.net
※必ず受信できる設定をお願い致します。通常24時間以内に返信しておりますが、万が一届かなかった場合はround_rab@yahoo.co.jpまでご一報ください。

真剣に、かつ、楽しみながら基礎力をつけましょう♪お申込お待ちしております!!!下記、シアターゲーム詳細です!▼ご参考までに☆彡


●シアターゲーム詳細――
シアターゲームの生みの親、ヴァイオラ・スポーリンは演劇における「才能」を、【体験】する事に対する、「より多くの需要能力」であると考え、個々人の需要能力を高める事で、秘められた潜在能力を発揮できるとの結論に至った。
【体験】するとは、環境に入り込むこと。全身全霊で環境と関わることを指します。【知的】に【身体的】に【直感的】に関わり続けなければならないのです。このうち【直観】に対して、「天賦の才能」だと、おっしゃる方が多いように思いますが、誰もが【直観】を持ち合わせています。アイディアを閃く瞬間や、考えなしに身体が動いてしまった経験を誰しもが持っているはずです。【直観】の力は絶大です。未知の領域に足を踏み入れ、【体験】に対して【直感的】な反応が起きた時、人は制限の多い「理性」から飛び出し、知性が解き放たれるのです。また、ヴァイオラ・スポーリンは【自発性(意識的に行うのではなく、自然に生まれてくる行為や行動)】は【直観】の瞬間にもたらされると考え、移ろい続ける環境、世界と、関わり続けなければならないとしています。つまり、【古い事実や思考、感情の再現を用いてしまう】と【直観】は生まれず、【体験】することもできないのです。【舞台は生物】である。という表現をよく耳にします。その通りです。役者は【体験】と【直観】なくして役の人生をリアルに、流動的に感じる事はできないのです。シアターゲームをクリアする為には、役者としての技術が必要です。次々に出題される課題をクリアしていく中で、俳優として必要な【知的スキル】【身体的スキル】【直観力】を養いましょう。
  • Res 41777

    今週!10月22日の内容は以下です♪※進捗により異なる可能性あり 
    「前回参加者」▼
    ・表情筋の筋トレ及びアップ(表情筋、肩、胸、背中、股関節)
    ・呼吸初歩。
    「初参加の方」▼
    ・シアターゲーム誕生の歴史と特徴の説明。
    ・フォーカスの詳細及びゲームの注意事項説明。

    ★GAME★【ジブリッシュ】
    「外国語のジブリッシュB」
    ミッション:違う言葉を話す相手とコミュニケーションをとる事。
    概要:2人で「どこで、誰が、何を」を合意で決め、お互いの言葉が理解できない事にして、ジブリッシュで話しながらシーンを展開する。
    ◆◆◆こんな人にオススメ!◆◆◆ジブリッシュAの準備運動。豊かな表現力を身につけるきっかけに。

    「外国語のジブリッシュA」
    ミッション:違う言葉を話すチーム同士でコミュニケーションをとる事。
    概要:複数のチームをサブチームAとBに分けて行う。各サブチームのプレイヤー同士は同じ言葉を話すが、別のチームは違う言葉を話す事とする。また、それぞれのチームは相手チームの言葉を理解できない事にする。全員で「どこで、何が、誰を」を合意で決めてプレイする。例えば外国に行った学生2人が町で道を尋ねるなど。
    ◆◆◆こんな人にオススメ!◆◆◆表現豊かなコミュニケーションを身につけるきっかけに。

    「ジブリッシュによるギブアンドテイクA」
    ミッション:ギブアンドテイクのタイミングを掴む為にパートナーと一緒に聴き、そして聞く事。
    概要:複数のチームをサブチームAとBに分けて行う。ステージにテーブルを2つ置いて、サブチーム同士で座る。各チームでお互いの関係と会話のテーマを決める(例:サブチームAは別れ話をする夫婦。サブチームBは契約に合意しようとしている2人のビジネスマンなど)。ゲーム中はどんな時でも相手チームといっさい関わりを持たず、各サブチームは個別のシーンとして作業する。
     2つのサブチームが同時にシーンを始める。シーンが始まったらサイドコーチが割って入ってサブチームAに「取って!」と声をかける。この合図でサブチームBはフレームからフェイドアウトし、観客の目線をサブチームAに譲らなければならない。サブチームBは声や観客の目に映るあらゆる作業をやめなければなりませんが、フリーズしているわけではなく、フレームから抜けた後も2人の関係と問題を保っていなければならない。逆もまたしかり。
     例えばサブチームAが呼ばれたらサブチームB(契約に合意しようとするサラリーマン)は会話や目に映る作業を全てやめるが、契約書を読み直したり、考え事をするように頬杖をついたりお互いを探るように見合ったりしながら関係を維持する。サブチームBが呼ばれたらサブチームAは(夫婦が別れることを決めて)怒りで互いに背を向けたり、涙を流してふさぎこんだり抱き合ったりするかもしれない。

    「ジブリッシュによるギブアンドテイクB:譲る練習」
    ミッション:相手のサブチームにフレームを譲る事。
    概要:サイドコーチが合図を出す代わりに、サブチームが自分達でフレームを譲る。いつどのように譲るかは2人で決める。

    「ジブリッシュによるギブアンドテイクC:取る練習」
    ミッション:相手のサブチームからフレームをとる事。
    概要:今度はサブチーム同士が相手からフレームを取り合わなければならない。

    「ジブリッシュによるギブアンドテイクD:コーチなしで行う」
    ミッション:細かいサイドコーチ無しで譲り合い、取り合う事。
    概要:サイドコーチの助けなしで、サブチームが状況に応じて互いにフレームを譲り合い、取り合う。
    ◆◆◆こんな人にオススメ!(A,B,C,D)◆◆◆ジブリッシュ(非言語体)で伝える事に没頭しつつ、意識をステージ上に張り続ける為の訓練です。

    お申込お待ちしております(#^.^#)

    2017/10/19 11:44

このページのQRコードです。

拡大