最新の観てきた!クチコミ一覧

61-80件 / 163423件中
七人のエムザムライ

七人のエムザムライ

レティクル座

上野ストアハウス(東京都)

2020/01/29 (水) ~ 2020/02/02 (日)公演終了

満足度★★★★★

最初から笑いっぱなしであっという間に終わった‼️
大人が全力で面白いことに力を入れているのが最高だった‼️

ネタバレBOX

初めの斬られた時の効果音でまず笑ってしまった。「気持ちいい〜」妙にささやき風がまたいい。。
メル・リルルの花火

メル・リルルの花火

おぼんろ

新宿FACE(東京都)

2020/04/17 (金) ~ 2020/04/26 (日)公演終了

満足度★★★

鑑賞日2020/04/20 (月) 19:00

良くも悪くもラジオドラマですねえ。本公演と本公演の合間にこういう作品を楽しみたい。
世の中が落ち着いたら、ぜひ完全なかたちで上演してください。
どの業界もこの状況で何が出来るか四苦八苦。普段の実力を発揮できないのが歯がゆい。

マクベスの悲劇【3/20(金)~4/3(金)に公演延期】

マクベスの悲劇【3/20(金)~4/3(金)に公演延期】

劇団俳優座

劇団俳優座5F稽古場(東京都)

2020/03/15 (日) ~ 2020/04/03 (金)公演終了

増田あかねという女優さんは、顔も声も名前も小田茜に似ているから、もしや同一人物?と思ったけれど、全くの別人だったんですね。
っていうかまだ若い。こりゃあ失礼しました。

共骨

共骨

オフィス上の空

彩の国さいたま芸術劇場 小ホール(埼玉県)

2020/03/07 (土) ~ 2020/03/15 (日)公演終了

良い内容だったのに客の入りが少なかったのは何とも残念。
しかしそのおかげでで、客席は間隔を開けての観劇。
それが更に非日常感を増幅させる効果を出していました。

1カ月前はそう思っていたのに。
今はそれどころじゃない非日常の日々になってしまった。
これは2011年以上。世界規模だものなあ。

共骨

共骨

オフィス上の空

彩の国さいたま芸術劇場 小ホール(埼玉県)

2020/03/07 (土) ~ 2020/03/15 (日)公演終了

観劇の楽しみには、
劇場へ行く。劇場のある街を訪れる。
ということも含まれると思うのです。
そういう意味では、彩の国さいたま芸術劇場や与野はとても良かったですよ。

笑う、夜の果てにて

笑う、夜の果てにて

オフィス上の空

Corus 赤坂(東京都)

2019/12/14 (土) ~ 2020/06/01 (月)公演終了

満足度★★★★★

現在視聴中。視聴終了。

実際上演された場面みると、周りに観客配した上演形式だったみたい。こうゆうのは自分が対面の観客見てるのと同じで、対面観客も自分を見てて舞台の一部になるから緊張する。

鼻くそほじったり、あくびは我慢できるんだけど、生理現象はどうにもならない。
緊張しすぎて腹がギューーとかって鳴ったりするのが嫌なんだ。

これもネット鑑賞が正解のお芝居だったと思いました。

NET“網”が切れたら、終わり?

NET“網”が切れたら、終わり?

劇団 枕返し

遊空間がざびぃ(東京都)

2020/01/24 (金) ~ 2020/01/26 (日)公演終了

満足度★★★

そのタイトルから想像していたものと、合っていたような無いような。
舞台に張られた網がなかなか面白かったです。NETは網ですが、土蜘蛛のそれは網じゃ無いのでは?とツチグモと混同してしまった私には謎でした。
いろんな登場人物のせいで、面白くはありつつも印象散漫になってしまった気がします。
ポチ袋投票はいいアイディアかと思いました。

メル・リルルの花火

メル・リルルの花火

おぼんろ

新宿FACE(東京都)

2020/04/17 (金) ~ 2020/04/26 (日)公演終了

満足度★★★★

途中で上演形態を変えることが発表されて、マルチアングルのカメラを自分で切り替えるなんて私にできるかしらなんて心配していたのが、とうとうノーアングル上演になってしまいました。
いつかきっとまた舞台で彼らに出会えることを楽しみに、今回の上演を楽しみたいと思います。

ネタバレBOX

ノーアングル上演とは、まあ、ラジオドラマ状態です。初めは観客なしでの上演予定でしたが、キャスト・スタッフが集まることも危険だろうし、劇場にも自粛要請があるしでこう言うことになったようです。ドラマの最後のムーブメントアクターさんのシーンは映像で見られます。
滲む、万華鏡【公演中止】

滲む、万華鏡【公演中止】

ぽんこつチョップ

OVAL THEATER & GALLERY (旧・ロクソドンタブラック)(大阪府)

2020/04/17 (金) ~ 2020/04/19 (日)公演終了

延期は残念ですが今の時期は致し方ない事だと思うので劇団の英断に敬意を表します☆改めて公演が開催される日を楽しみにしてます\(^o^)/

Leo of hearT 〜怪盗レグルスからの予告状〜

Leo of hearT 〜怪盗レグルスからの予告状〜

天華楽喜

新宿スターフィールド(東京都)

2020/03/18 (水) ~ 2020/03/24 (火)公演終了

満足度★★★

鑑賞日2020/03/22 (日) 13:00

旗揚げ公演。ダブルキャストをシャッフルしての4チーム公演のうちの上新月チームを観劇。 

舞台中央にカーペットが敷かれ、赤と金の布で覆われた高い台の上にガラスケースに入れられたティアラが置かれている。舞台正面奥と上手側の壁に沿って会議机が並べられ、いろいろな物が置かれている。このセットを見た瞬間、あれっこれどこかで見たような…との思いが頭をよぎる。ただ、旗揚げ公演なのだから観ている訳はないよな、と打ち消して開演を待つ。 

開演5分前に「開演まであと10分となりましたので」と言って前説が始まる。開演時間を守るという心掛けはさらさらないらしい。
で、5分遅れで開演、上演時間1時間50分。 

開演して出演者が勢揃いした場面を観て、この作品絶対観ているとの確信に変わる。帰宅後調べてみたら、5年前の7月にウッディシアター中目黒でBIG MOUTH CHICKENという団体によって初演されたのを観ていたのだ。その時と今回で、天華楽喜主宰の冨澤十万喜をはじめ、何人かの役者が重複している(初演時もダブルキャストだった)。 

(以下、ネタバレBOXにて…)

ネタバレBOX

舞台となるのは「夢追い人の笑顔」という芝居が上演真っ最中の楽屋。終幕でヒロインが使用するティアラ―それには時価数億円といわれる宝石“神の雫”が使われている―が盗まれ、代わりに寝巻き姿で眠り込んでいるオカマが忽然と現れたのだ。警視庁から派遣された自称敏腕刑事の向坂一と、劇場のオーナーの依頼を受けた名探偵椿睦郎は(劇中の)舞台で芝居が続く中で、役者たちの事情聴取を始めるのだが…。 

ストーリーとしてはそこそこ面白いのだが、ともかくリアリティがなさすぎる。
シチュエーションサスペンスコメディと銘打ってあり、当日パンフでの冨澤の挨拶にも“おもちゃ箱のような作品”と書いてあるのだからあまり細かいことは言いたくないが、全身タイツの男やどうみてもちぐはぐな登場人物ばかりが出るような芝居で時価数億円のティアラを使うこと自体おかし過ぎるし、そうする必然性の説明もない。それにしてもティアラは毎朝(誰もいない時に)オーナーが一人で地下の金庫室からこの楽屋の中にある鍵のかかる部屋に持ってきて納めておくのだなんて、危険度の高いことをしているのも設定としてひどすぎる。
シチュエーションコメディというのは設定や背景がしっかりしていてこそ、その制約の中で突拍子もないことが立て続けに起こるから面白いのだ。設定が甘すぎると、バカバカしいだけで、コメディとしての質は格段に落ちる。とはいえ、結構楽しめたことも事実…。
晴天のミモザ~蒲田行進曲より~

晴天のミモザ~蒲田行進曲より~

劇団ThreeQuarter

吉祥寺櫂スタジオ(東京都)

2020/03/21 (土) ~ 2020/03/22 (日)公演終了

満足度★★★

鑑賞日2020/03/22 (日) 18:00

この日、3本目の観劇となり、多少疲れを感じつつも吉祥寺駅から距離のあるスタジオ櫂へ。 

過酷な役者選考を経て選ばれた13名が鶏・雛・卵チームに分かれて一つの演目を競い合うバトルロイヤル公演の内の雛チームを観劇。 

今回とりあげられた「蒲田行進曲」はといえば、「熱海殺人事件」と並ぶつかこうへい(今年は没後10年だという)の代表作の双璧をなす傑作。蒲田(松竹)ではなく、京都・太秦撮影所(東映)を舞台にして、花形スターと大部屋俳優との友情を超えた強い絆そしてこの二人の間で揺れ動く落ち目の女優という3人の人間模様が戯画化して描かれている。
初演時は加藤健一・柄本明・根岸季衣が演じたらしいが、私が強く記憶に残っているのは83年6月に前・後編の2週連続で放送されたTVドラマ版だ。沖雅也・柄本明・大原麗子の3人が主演していたが、後編放送の前日に沖雅也が新宿・京王プラザホテルで「おやじ 涅槃で 待ってる」という遺書を残して飛び降り自殺したことで、大きな話題となった。因みにこの時、沖はつか名義で宿泊していたという(遺書の「おやじ」というのは所属事務所の社長・日景忠男氏のことで、沖の同性愛の相手とされている)。 

開演15分前に受付開始(=開場)し、ほぼ定刻に開演、上演時間100分。 

(以下、ネタバレBOXにて…)

ネタバレBOX

下手に布製のディレクターチェアがあり、そこに“ヤスさんへ”という手紙を添えたミモザの花束が置かれている。
が、まず気づくのは階段のセットがないこと。ラストの見せ場である階段落ちをどう描くのかと思っていたが、何の工夫もなく、盛り上がりに欠けるのは否めない。 

銀四郎役の斉名高志はプロレスラーの三沢光晴にちょっと似た感じだが、映画の人気スターには見えない。とはいえ、その暑苦しい演技がつか芝居らしさを醸し出す。
小夏役の望月友理は綺麗ではあるものの、人気女優だったという華がまるで感じられない。が、ヤスと結婚してからも銀ちゃんに惚れ込んでいた小夏の心が子供の父親として頑張るヤスへと次第に移って行く辺りや、小夏を忘れきれない銀ちゃんに対する女としての誇りなどはよく描かれていた。脚色・演出が女性(清水みき枝)だということも関係しているのかもしれない。
ヤス役の竹原ぽんずは大部屋役者らしさを好演。 

この劇団は過去何回か観ているものの特段いい劇団だという感じがなかったのだが、今回の舞台はこれまでで一番良かった。
ただ、監督自身がカチンコを打ったり、銀四郎が刀を抜く時にまず鯉口を切るという動作をしていなかったり(そんなことは太秦で作られた時代劇ではありえないことだ)、気になる点が散見された。
メル・リルルの花火

メル・リルルの花火

おぼんろ

新宿FACE(東京都)

2020/04/17 (金) ~ 2020/04/26 (日)公演終了

満足度

こんな物を演ろうとしていた訳じゃないだろうに・・・♪
上演出来なくてテントの前で泣いていたタクマを思い出した・・・♪
中止する延期する勇気も必要なのだよ♪
また明日・・・これってオヤジがいつもみんなに言っていた言葉・・・虚しい♪

新雪之丞変化

新雪之丞変化

Project Nyx

ザ・スズナリ(東京都)

2020/03/19 (木) ~ 2020/03/29 (日)公演終了

満足度★★★★★

と言うわけでまだ3月の「観てきた!」
受付に上る階段が混んでいたのは、登りきったところで非接触型の体温計で検温していたからでした。階段の登り口や受付に消毒液があったので、トイレにもおそらく置いてあっただろうと思われますが、スズナリのトイレは狭いので使いたくないので確認はしていません。座席はほぼ満席でした。平時ならとてもめでたいことですが、このご時世なのでいささか不安になったのは否めません。
女歌舞伎と言う形態のお芝居は初めて見ましたが、女性なのに男性設定でさらに女性を演じると言うなんとも不思議な世界でした。原作も全然知りませんでしたが、おもしろく見ることができました。岡っ引きの親分の頭はせめて引っ詰めて欲しかったかな。幼い頃の雪之丞を演じた女の子のダンスが素晴らしい。終演後の舞台美術観覧ツアーに参加できたので、宇野さんの美術をまじかに見ることができました。

未開の議場-オンライン版-

未開の議場-オンライン版-

未開の議場-オンライン版-

YouTubeLive(東京都)

2020/04/17 (金) ~ 2020/04/19 (日)公演終了

満足度★★★★★

ユーチューブライブでの無料カンパ制。公開ゲネ拝見。これはかなりのお勧め。
18日19日ぜひ観てカンパしてあげて下さい。

ネット媒体が正解のお芝居。生で観劇してたら、机に座る登場人物の半分の人数の表情が見ずらかったと思う。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
外がだんだん明るくなってって。日本時間5時版も生でやってたんだ。録画をみるだけじゃ味わえない。生配信か・・おつかれさま。

マクベスの悲劇【3/20(金)~4/3(金)に公演延期】

マクベスの悲劇【3/20(金)~4/3(金)に公演延期】

劇団俳優座

劇団俳優座5F稽古場(東京都)

2020/03/15 (日) ~ 2020/04/03 (金)公演終了

満足度★★★★

というわけで、ちょっと前の「観てきた!」
まずは入り口で消毒液を手にかけてもらい、通過するところにはサーモスカメラが置いてありました。これで体温が高いと入れてもらえないのだと思いますが、聞いてみれば良かったなと後で思いました。次に希望者は飴など頂いてエレベーターで会場へ。受付をすませると外は寒いからということで、待機用の部屋へ案内されました。ここにもトイレにもあちこちに消毒液。会場に入ると指定席は結構詰まっていましたが、自由席は間をとってあるし、開演まで、また休憩時間は窓が解放されていて、対策は十分と思えました。
「マクベス」はいくつか見ていますが、セリフなど一番スタンダードだったかと思います。ただマクベスがスキンヘッドだったのは意外でした。
水を使っているということで楽しみにしていましたが、うーん、なんで?
「女から生まれたものは・・・」のセリフはやはり「女の股から生まれたものは・・・」の方が説得力があるのではと思ったのでした。

エール!

エール!

劇団チーム・ユニコン

テアトルBONBON(東京都)

2020/03/11 (水) ~ 2020/03/22 (日)公演終了

満足度★★★★★

3月からポツポツ始まっていましたが、4月に入ってほとんどの公演が中止、延期になりました。もう2週間近く劇場に行けない悲しい状況です。そこで今年になってから観に行ったのに「観てきた!」を書いていない舞台がいくつもあり、申し訳なさと、反省と、演劇への応援の気持ちも込めて、遅ればせながらの「観てきた!」です。
「エール」は田舎の友人が不要不急云々のお触れが出て観に来れなくなり、代わりに行くことになりました。友人はチケット代は寄付と思っても良いのだけれど、やはり座席を埋めるのが応援になるだろうと東京在住の私にチケットを2枚託し、そう言うことなら座席を埋めに行ってやろうと夫が共感、めったに私の観劇の誘いに乗らない夫と二人で出かけました。事前に、観劇の日は体温を測って来てくださいとメールが来ていたのですが、入り口には忘れた人のために体温計があり、問診もされました。その後テーブルに用意されたイソジン(多分)の泡の消毒液で手を洗いましたが、これには色がついているので洗い残しがありません。タンクに汲んだ水で泡を洗い流してもらい、当パンを受け取ってやっと入場という流れでした。会場に入ると移動可能な席は間をとって並べてあり、固定の座席は一人おきに座ることになっていました。終演後はすぐに開放部が開かれて、まだ冷たい3月の風が入って来ました。この後いろんな舞台を観に行きましたが、ここが1番厳密に対策していたのではないかと思われ、観たらすぐに「観てきた!」を書くのだったと後悔したのでしたが、この後バタバタしていたので書けずじまいで、近江谷さんごめんなさい。
さて、舞台ははっきりとどういう災害にあったのかということは言っていませんでした。災害にあって避難所で暮らすことになった人たちの交流とか、ありがちな揉め事とか決して暗くならずに描きます。本当ならもっと笑い声も響いたと思うのですが、観客はみんなマスクをしているし、座席数が少なく設定されているせいもあって静かな観劇となってしまいました。またいつか再演があったら観に行きたいものです。避難所の責任者が公務員らしからぬ柔軟な方で、こんな人がいたらいいのだろうなと思わせられました。

即興インプロ鍋

即興インプロ鍋

シアターX(カイ)

シアターX(カイ)(東京都)

2020/01/04 (土) ~ 2020/01/05 (日)公演終了

満足度★★★★

「ケイタ・ケイパフォーマンス」2020 1月 シアターX
 NYでダンス修行をしたケイタ・ケイさんによるワークショップ。基本的に参加者は舞台に上がり、講師の指導の下、様々なものになってみたり、様々な挙措を実践してみたりしながら、身体性に気付き、その可能性や表現に向けて己独自の動き、用い方などを編み出してゆく。自分は当日、熱があり、咳や鼻水も酷く風邪を皆さんにうつしてもいけないので観客席から拝見させて頂いただけであったが、有意義な時間を過ごさせていただいた。

Game of Laplace ~パノラマ島の怪人~

Game of Laplace ~パノラマ島の怪人~

合同会社シザーブリッツ

シアターサンモール(東京都)

2018/04/13 (金) ~ 2018/04/22 (日)公演終了

満足度★★★★★

前作に引き続きの観劇。

シンプルにエグかった…
富田翔さんが抜群なんてモンじゃなかった。咆哮、叫び…
その声が脳裏に焼き付きました。

乱歩奇譚 Game of Laplace

乱歩奇譚 Game of Laplace

合同会社シザーブリッツ

シアターサンモール(東京都)

2017/04/12 (水) ~ 2017/04/16 (日)公演終了

満足度★★★★

原作を知らずとも楽しめる作品でした。
世界観が完成されていて独特で、深淵な闇も深く広がっていました。

個人的には福地教光さんの在り方が凄く良かったです。飄々としているのに強かで。
また、コバヤシ役の高橋李依さんも近しい演技をする人が思い付かないくらい独特でした。

原作を知らないと書いたのに変な話ですが、
恐らく原作に忠実な世界観なんだろうなと観ていて感じました。
出演者の皆様、そして脚本、演出、音楽から照明まで全てにプロフェッショナルを感じました。

『イリクラ』-2019-

『イリクラ』-2019-

カガミ想馬プロデュース

シアターグリーン BIG TREE THEATER(東京都)

2019/07/18 (木) ~ 2019/07/22 (月)公演終了

満足度★★★★

2019年バージョン。

恐らく2018年バージョンよりも上演時間が長かった気がしたが、
作品としての纏まりや起承転結、場面転換やテンポ感は大きく改善されて、
俄然観易くなった印象でした。

役者さん達の歌唱力でも全体的に聴き易くなっていたのと、
遊びの部分もしっかりと遊んでいて、その空気感も好きでした。
物語もスッキリとクリアになっていた気がします。

上演時間の長さは相変わらずと思うしかありませんが、
2019年バージョンの長さは熱意と感じられる気がしました。
結局、単純な上演時間の長いや短いの比較ではなく、
観客が時間の長さをどう感じるかというものなのでしょうね。

このページのQRコードです。

拡大