最新の観てきた!クチコミ一覧

61-80件 / 171958件中
人生ゲーム

人生ゲーム

劇団未来計画TOP

一心寺シアター倶楽(大阪府)

2022/07/02 (土) ~ 2022/07/03 (日)公演終了

実演鑑賞

満足度★★★★

千秋楽観劇。
色んな仕掛けや小道具が満載で、笑顔になる。
人生を勉強するボードゲーム、愉しすぎ!
それでいて、人生の教訓も満載で、お祖父さんお祖母さん夫婦の関係が羨ましすぎ。
あんな老夫婦になりたい!
愉しかった。面白かった。
次回も楽しみ!

ほどらひの夢

ほどらひの夢

あみゅーず・とらいあんぐる

Therter Cafe 信天翁(大阪府)

2022/07/01 (金) ~ 2022/07/03 (日)公演終了

実演鑑賞

満足度★★★★

楽日観劇。
幸せな気持ちに包まれるリーディング、1年半ぶりの #あみゅーず・とらいあんぐる さん拝見できて良かった!
■妻が椎茸だったころ
急逝の妻のレシピ&雑記帳に…
■島崎
長寿な世界で、ご先祖様と…
■ちょっと変わった守護天使
男性不信キャリウーマンと2次元オタクが⛺️に…

first train 1987

first train 1987

TAMA企画

AI・HALL(兵庫県)

2022/07/01 (金) ~ 2022/07/03 (日)公演終了

実演鑑賞

満足度★★★★

「我孫子検車場を彷徨う男達と女がたどり着く場所は?
『わたしがなくしたもの…』」

不思議な空間だった。
出演者もユニークで、少しお年をめされた俳優さん達の素人っぽさに、川本さん等の芸達者の役者さんがご脇を固め、現実と非現実との境目があやふやになって面白かった。

東京スーブニール

東京スーブニール

ミモザ

STAGE+PLUS(大阪府)

2022/07/01 (金) ~ 2022/07/03 (日)公演終了

実演鑑賞

満足度★★★★

小劇場のイケメン俳優と飲めるバーを舞台に、
女優と男優のカップルと、カップルを別れさせようとする女優の母と、観光客·滋賀県民が繰り広げる恋愛ドタバタ劇団あるあるコメディ!
1,2回公演とガラリと雰囲気の異なるコメディ、笑った笑った。
エレクトリカル舞台も愉しかった!

第4回公演「Love in Smoke」

第4回公演「Love in Smoke」

スラステslatstick

ABCホール (大阪府)

2022/07/01 (金) ~ 2022/07/03 (日)公演終了

実演鑑賞

満足度★★★★★

とてもお洒落で上質な、大人のなんちゃってミュージカル。
笑って、ホッコリして、スマートな歌やダンスを堪能。
3組の夫婦と恋人、恋人未満の男女のちょっとコミカルで、キュートで、一途な恋の駆け引き。
お値段以上にお値打ちな公演、幸せな2時間20分でした!

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・バルコニー!!

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・バルコニー!!

東京にこにこちゃん

シアター711(東京都)

2022/07/21 (木) ~ 2022/07/24 (日)公演終了

実演鑑賞

満足度★★★★

鑑賞日2022/07/22 (金) 14:00

「もしもロミオとジュリエットがあの時……」な状況で描くその後の世界。
漫画原作の某人気長寿アニメのようなホームコメディが展開されて所々に元ネタ引用の部分もありつつ、もう少し元ネタ関連が欲しいと思っていたら、終盤の「解毒剤」という言葉でうっすら察した後に「あーそういうことか!」となる怒涛の展開、前作に続いて「それまでの楽しい世界」が崩壊するとは萩田さんってばイジワル!(笑)
がしかし今回はそれによってジュリエットの悲嘆が伝わるし、ある意味でまたハッピーに転ずるのが救い?
また、「胡蝶之夢」が好きな身にとってその変奏とも受け取れる構造も好み。
あと、オープニング映像も良かった。最初に表示される「アレ」の通りで「ソレ」を知っていると見事なまでのオマージュなのがワカって頬が弛みっ放し。

ネタバレBOX

伏せたものは
・サザエさん
・連続テレビ小説
・カムカムエヴリバディ
舞台「the Selected World」

舞台「the Selected World」

CRUSH KITCHEN ENTERTAINMENT

シアターグリーン BIG TREE THEATER(東京都)

2022/08/03 (水) ~ 2022/08/08 (月)公演終了

実演鑑賞

満足度★★★★★

覚えのない場所に集められた12人の男女。どうなるの?はらはらドキドキで引き込まれとても集中して楽しめました。衣装も素敵で、良い効果が出ていたように思いました。オススメです。

ダイバシティーファミリー

ダイバシティーファミリー

A.R.P

小劇場B1(東京都)

2022/08/03 (水) ~ 2022/08/07 (日)公演終了

実演鑑賞

面白かったです。

『二人で狂う……好きなだけ』

『二人で狂う……好きなだけ』

髭亀鶴

スタジオ空洞(東京都)

2022/07/21 (木) ~ 2022/07/24 (日)公演終了

実演鑑賞

満足度★★★★

イヨネスコ、男女二人の芝居、と見て「授業」の翻案かと勝手に予測していたが、 翻案でなく別物だと開幕後暫くして気づいた。タイトルは原作仏語「Délire à deux… (à tant qu’on veut)」のほぼ直訳らしい。
演出者の名前に覚えがあり、思い出せば少し前配信で観たユニークなリーディング公演「教育」(田中千禾夫作)の演出であった(若い美形で今回前説をやっていた)。舞監を「見える裏方」として立ち回らせ、部屋を区切る三方の壁に風船をこれでもかと吊るし、破壊を表す象徴として舞監に割らせる。そして窓から見下ろす「外」が何やら騒がしく、一体何が起きているのか・・と、舞監が正面奥でどうやら音オペしてる。
登場人物は、鏡の前でメイクをしながら「十数年前、夫を捨てて貴方の元に走ったが間違いだった」と愚痴が止まらない妻(中村早香<アマヤドリ)と、それを持て余す髭を湛えた夫(山森信太郎=髭亀鶴)の二人。「犀」や「授業」のように徐々にエスカレートして行く戯曲だが、時間の区切れ目が到来する予感はせず、延々と続くボレロのようでもある。不条理演劇の「狂気」に対応する破壊の装置を盛り込んだ演出は面白かったが、不条理演劇の狂気はやはり役者が体現するのが本道である。(本作を利賀でやって受賞した西悟志氏が同じイヨネスコの「授業」をSPACで演出した舞台では、台詞を身体運動と連動させる演出で「狂気」=思考が過剰言語でヒートアップする様を表現した。)
いずれにしても演出家志向の若い女性演出の今後、少し楽しみ。

蝶々結び

蝶々結び

株式会社LUCKUP

上野ストアハウス(東京都)

2022/08/03 (水) ~ 2022/08/14 (日)上演中

予約受付中

実演鑑賞

満足度★★★★★

演者も美術もスタッフもいい!良い時間が過ごせました。ありがとうございました。

ネタバレBOX

お芝居は、なんとなく不自然な感じで進んでいくうちに、あーそーゆー事!って、スッキリつながって、お見事です!
迷想タクシー、行き先はどっちだ?

迷想タクシー、行き先はどっちだ?

ONE AND ONLY

cafe&bar 木星劇場(東京都)

2022/07/29 (金) ~ 2022/07/31 (日)公演終了

実演鑑賞

満足度★★★

朗読ライブを中心に活動をしている、お気に入りの劇団ONE AND ONLYの24回公演『迷想タクシー、行き先はどっちだ?』の千穐楽を観てきた。劇場は、池袋の木星劇場。

タクシー運転手のシンジは、出産間近の妻アヤカと2人暮らし。そんなシンジが仕事中に衝突事故。本当は死んでいるのに、シンジ本人は事故は駐車中に見た夢だと思い仕事に復帰。ところが、拾う客がみんはシンジの知り合いで既に亡くなっている人ばかり。ようやく、シンジは自分が死んでしまっていることを自覚する。が、アヤカの産んだ子が霊感が強く、子供を介してシンジとアヤカの夫婦はその後も仲良く過ごしていく?
フルートとギターの生演奏あり、出演者全員でのダンスありと、しんみりする場面もあるが基本はコメディー。笑える箇所は大いに笑った。
作品の原案と演出、音楽監督はOAO代表の松永潤。
脚本は森山大輔。
役者陣で目立っていたのは、当然のことながら主人公シンジを演じた神成健太郎。そして、妻役の掛布彩衣。いつもは主演的な位置にいる中野聡や松木里江、上野梨佳子、山崎はん菜が助演的な役柄で脇を固めていたのが成功のポイントの一つ。石川順や可知将雄の存在感も光っていた。
生演奏の音楽も、場面にあった選曲で感心。

次回は11月だとか。楽しみにしている。
なお、松木里江は今回が劇団の卒業公演だとか。今後の活躍に期待したい。

ダイバシティーファミリー

ダイバシティーファミリー

A.R.P

小劇場B1(東京都)

2022/08/03 (水) ~ 2022/08/07 (日)公演終了

実演鑑賞

満足度★★★★

鑑賞日2022/08/03 (水) 19:00

初めに誤解を解いておきたい。「観たい!」への書き込みを拝見していると幾人かの人が青木ヶ原の樹海を迷い込んだら二度と出てこれない場所と思っておられるようだが、現在では青木ヶ原は観光スポットなのだ。遊歩道があり、遊歩道から外れない限りは一度入ったら出られないような恐ろしい場所ではないし、樹海の中でキャンプする人たちさえいる。近年はそうした観光者によるゴミのポイ捨てに加え、外部から持ち込まれた粗大ゴミや産業廃棄物の不法投棄も多く、これらのゴミは地元住民が定期的に始末しているのだという。従ってそういう際に遺書が発見されることもあるし、遊歩道の傍で自殺する人さえいるそうだ。しかも後述するが、この作品の中では遺書がどうして発見されたかの説明もなされている。

開場して奇異に感じたのは、この劇場だと通常はL字形に客席が設置されているのだが、入口側の客席がなかったこと。が、開演時間になって遅れてきた客の席がなく、慌てて入口側にも客席を作り始め、かと思えば客が着席した後で最前列を外すために移動してもらったりとバタバタ。入口側に新設した客席もほとんど埋まってしまったのだが、予約数と客席数のチェックもしていなかったとは制作スタッフの不手際が甚だしい。で、開演時間に5分遅れで長男・カズヤ役のタカギマコトの前説が始まるが、これまた(場を和ませるためであろうが)不必要なことまで喋るので、結局10分以上遅れて開演。

【ネタバレBOXに続く】

ネタバレBOX

冒頭は激しい雨の中で戸惑う男女の短い場面から暗転し、住職の読経へとつながる。ギャンブルにはまっての借金を苦に失踪し、青木ヶ原で遺言書が見つかったものの(携帯電話のGPSデータをもとに捜したのだという)遺体は発見されず終いの父親・拓郎の七回忌ということで、自宅に家族全員が集まっているのだ。この場面で、三女・みかの恋人・滋に対する多少の怒気を含んだまま住職が帰るのだが、お布施を渡す気配さえないのはちょっと演出上の手抜かりだろう。この前後に集まっている家族たちの状況が手際よく説明されることで、その後の展開がわかりやすい。母親・さちこがこの七回忌を機に新しい人生を始めたいとマッチングアプリで出会った小浜を紹介したところで、親類のかえでから当の父親が生きているようだとの電話が入る。
探偵を使って探してみれば、その父親らしき男はショーパブで郷ひろみのモノマネをして人気のレッツゴーひろみであり、口数が少なく寡黙だった拓郎とは全く別人格のような男だった。

この拓郎を演じるHiBiKiはこれが初舞台だそうだが、ショーの場面ではだんだん郷ひろみに見えてくるから大したものだ。そこと家族と対する場面での無表情さのギャップも上手い。

笑いとしんみりさとのバランスが良く、楽しめる一作となっている。上演時間1時間45分。

余談ながら、開場4時間前から稼働させていたとのことで、前説やカーテンコールで度々触れられていたマッハガードという安定化二酸化塩素を噴霧して除菌する70万円の機械がヤケに気になった(笑)。
岸田國士戦争劇集

岸田國士戦争劇集

DULL-COLORED POP

アトリエ春風舎(東京都)

2022/07/05 (火) ~ 2022/07/19 (火)公演終了

映像鑑賞

満足度★★★★

「動員挿話」
戦前の戯曲なのに、これって分かる~というあるあるが岸田國士の芝居の面白さだ。
大概の男はたとえ最愛の妻がどう言おうと、世間体や仲間内の見栄からは逃れられないものらしい。
死んで見せたところで、無駄なのだ。

「かへらじと」
地区の原爆慰霊式で献花をしてきた。
国家のためだろうと、友情のためであろうと、戦争は人殺しに行くことだ。その先に何の仕合せがあるだろうか。
手柄を認めた将校役と息子の求婚に出向いた父親を同じ役者に演じさせた。そこに批判的な意図を感じる。

鎌塚氏、羽を伸ばす

鎌塚氏、羽を伸ばす

森崎事務所M&Oplays

本多劇場(東京都)

2022/07/17 (日) ~ 2022/08/07 (日)公演終了

実演鑑賞

満足度★★★★

鑑賞日2022/08/02 (火) 18:00

鎌塚氏シリーズの第6弾。やはりとても面白い。115分。
 貴族社会が残り執事という職業がある、という世界観が面白いんだが、完璧な執事とは何かということの設定がすごくて、三宅のキャラクター作りが本作も成功してる。ある意味「お約束」の面白さだが、爆笑というより苦笑という感じになっていた。本作では玉置孝匡の役割が重要な気がした。それと二階堂ふみも見事だし、初登場の西田尚美が○○○というのがハマった。シリーズ全作を観ているのだが、本作は過去の作品の余韻を活かしているので、観てない人がどれだけ理解できるのか、ちょっと気になってしまった。

ネタバレBOX

○○○=鉄ヲタ
ダイバシティーファミリー

ダイバシティーファミリー

A.R.P

小劇場B1(東京都)

2022/08/03 (水) ~ 2022/08/07 (日)公演終了

実演鑑賞

満足度★★★★★

「ダイバシティーファミリー」家族ひとりひとりの生き様、なるほどこういう意味が込められていたのですね!
家族や人間関係のちょっとほろ苦いところも丁寧に描きながら、同時にしっかり笑えるドラマ&コメディーのミックスバージョン。

誰もがそれぞれに悩みを抱えていたり、道の途中だったり
シーンひとつひとつが楽しく積み重なって、登場人物達のいろんな側面や悲喜こもごもが見えてきて
観終わった後にはこちらの活力にも繋がる充電タイプの作品でもありました。
復活公演…実は生きていたお父さんの謎や、実は逞しいお母さんの生き様…コロナのせいでお蔵入り なんて事にならなくて本当に良かった。
沢山の役者さん達のエンタメ魂が丸々ギュッと詰まっていて、演劇初心者にも優しく こちらにもお勧め。

ネタバレBOX

ざっくり大きく分けると、親近感ある色んな流れを持った「残された家族サイド」と「実は生きていたお父さん」サイド
「実は生きていたお父さん」サイドは何やら後ろめたさ感タップリだけれど、何故か惹かれるのでした(笑)
合流シーンも最高です!
蝶々結び

蝶々結び

株式会社LUCKUP

上野ストアハウス(東京都)

2022/08/03 (水) ~ 2022/08/14 (日)上演中

予約受付中

実演鑑賞

満足度★★★★

肉声で届く声、何気ない楽しい会話に潜む真実。観る者に想像の余地を与えてくれるお芝居だった。
膨大なセリフから心に触れる言葉が繰り出され、青年の気持ちと共に動かされていった。
ふらっと旅に出て、帰ってきた、そんな気分にさせてくれる。

ネタバレBOX

軽妙にやり取りをかわす楽しげな日常の風景の中、駅に降りたった青年と陽気な人たちとの関わりに、つきまとう異質な感覚。そこから一転ミステリーの様相を呈し…。最後に一つに繋がったときには雨上がりの空を見上げるような清々しい解放感を味わえた。
事故のことと母とのわだかまり。青年の中で2つの関係がぼやけていたのだけが残念だったかな。
『Q』:A Night At The Kabuki【7月29日~31日公演中止】

『Q』:A Night At The Kabuki【7月29日~31日公演中止】

NODA・MAP

東京芸術劇場 プレイハウス(東京都)

2022/07/29 (金) ~ 2022/09/11 (日)上演中

実演鑑賞

満足度★★★★

ネタバレ

ネタバレBOX

野田マップの『Q : A Night At The Kabuki』を観劇。

ロミオとジュリエットを下敷きに、音楽はクィーンを使用し、英国尽くしの内容になっている。
再演。

12世紀の源平合戦の平の瑯壬生(ろうみお)と源の愁里愛(じゅりえ)の愛の物語で、もし彼らが若くして死なずに生き延びていたなら?という過程で展開していく。
第一幕はろうみおとじゅりえの出会いと死までが描かれているが、隣で30年後のろうみおとじゅりえが「何処で我々は間違いを犯してしまったのか?」と記憶をだどりながら若い時分の自分たちを見ている。
第二幕は生き延びて苦労しているろうみおとじゅりえを30年前の若いふたりがそれを見守っている。
時間と場所、過去や未来が瞬時に逆転したり、若いろうみおとじゅりえと30年後のろうみおとじゅりえが出会ってしまったりと大胆な発想と展開、見立て、言葉遊び、クィーン、歴史観ともう野田秀樹満載で十分面白い!と思ってしまいがちだが、ここ数十年の野田秀樹にはそんなに生やさしい演劇観はない。ここで描かれるのは戦争と政治だ。
独裁者がどのようにして民衆を足蹴にするのか?
戦争を戦っている名もなき兵士たちは?
それに苦しむ市民たちは?
まるでロシアとウクライナの戦争が始まったのでそれを機に再演をしたわけではないが、あまりにもタイムリーな内容だ。
シェイクスピアのロミオとジュリエットは究極の愛の物語として語られ、そこを軸に様々な演劇人が再構築しているが、ふたりの仲は何故引きさかれたのか?の箇所を見逃してはならない。その答えこそがロミオとジュリエットの本来のテーマであり、今作の見どころだ。
そこに行き着かなければならなかった劇作家・野田秀樹の苦悩とじゅりえ(松たか子)の涙が交差する。
大傑作である。
自亡自記

自亡自記

セツコの豪遊

新宿眼科画廊(東京都)

2022/07/29 (金) ~ 2022/07/31 (日)公演終了

実演鑑賞

満足度★★★★

鑑賞日2022/07/30 (土) 13:30

恋する人を演じるのに必要なのは、恋する心ではなく、図々しさではないかと思うのだけど、違うのかしら。

ネタバレBOX

「演劇」を理由に「恋愛」を終わらせた(「恋愛」から逃げた)けど、「演劇」のためには「恋愛」も必要、みたいなジレンマに陥って、どっちを取るかもがき苦しむ演劇中毒者の真夏の夜の夢、みたいな感じのお芝居でした。

主人公はいろんな意味で思い込みが強くて、そのせいで後悔をしたり思い悩んだり、いつまでもぐだぐたしている。強迫観念に縛られた人間の滑稽さが出ていたと思います。でもみんな、そんな感じで生きてるんですよね。

主人公に対するぼくのアドバイスは、「そんなに頑張らなくてもいいと思うけど」って感じですかね。いや、ぼくのアドバイスなんてまったく聞く必要ないです。ごめんなさい。
TSUYAMA30-津山三十人殺し-

TSUYAMA30-津山三十人殺し-

PSYCHOSIS

ザムザ阿佐谷(東京都)

2022/07/14 (木) ~ 2022/07/19 (火)公演終了

実演鑑賞

満足度★★★★

鑑賞日2022/07/18 (月) 14:00

「八つ墓村」の元ネタである津山事件に阿部定のみならず陰陽道の形代や未来から来た人物なども絡ませた例えば海野十三など少年倶楽部に掲載された冒険もののような「跳んだ発想」の物語につくづく高取さんは「少年の心」を抱き続けた方だったんだなぁ、と。(換言すれば「オトナのごっこ遊び」的な?)
そして「濃厚な」人物に実在感を持たせて演じた出演陣はもちろん、冒頭の惨劇場面で客席後方上部のオペブースを使うのに明かりの明滅だけで表現したことを筆頭とする照明や舞台下手の螺旋階段などもステキだった。
なお、2008年の初演以来3度(or more?)上演された月蝕歌劇団版は観ていないが、そちらよりもアングラ色が薄いのではないか?と漠然と推測。

HEISENBERG【Aキャスト全公演中止】

HEISENBERG【Aキャスト全公演中止】

conSept

ザ・ポケット(東京都)

2022/07/29 (金) ~ 2022/08/14 (日)上演中

実演鑑賞

満足度★★★★

鑑賞日2022/08/02 (火)

価格6,800円

2日19時開演のBキャストを拝見(90分)。

肉屋の店主である70代の男性・アレックスに、平田満
風変わりな40代の女性・ジョージーに、小島聖
を起用した本作。
個人的な感想をひとことでいえば、中高年層…いや、高齢の男性観客に夢と希望を与える⁉︎ 90分かなぁ。
いかにも翻訳モノらしいストーリーだったが、大量のセリフを叩きつける小島聖さんと、それらをやんわり受ける平田満さんお二方の熱演もあって、見応えのある舞台だった。

ただ、残念なのは、高齢者向け?だからなのだろうか、コロナ感染を恐れたのか、あるいは…S席(9,800円、C列~D列)とC席(6,500円、M列~O列)は埋まっているのだが、A席(8,800円、E列~L列)はガラガラ!(私の観た回は、1列13名のI〜L列がほぼ空席という惨状)。
他の回も同様らしく、舞台の出来からして、勿体なさ過ぎ!
なんとか、集客面で挽回を期待したい。

公演日程(Aキャストは全公演中止)
8月3日(水) 14:30B
8月4日(木) 14:30B
8月5日(金) 19:00B
8月6日(土) 17:00B
8月9日(火) 19:00B
8月10日(水) 19:00B
8月12日(金) 14:30B
8月13日(土) 13:00B
8月14日(日) 13:00B

このページのQRコードです。

拡大