最新の観てきた!クチコミ一覧

61-80件 / 154670件中
魔女の夜

魔女の夜

劇団キタラヅカ

本所松坂亭(東京都)

2018/12/08 (土) ~ 2018/12/09 (日)公演終了

満足度★★★

鑑賞日2018/12/09 (日) 13:30

女性2人の心理劇。1人の男を巡っての駆け引きだということが、次第に判ってきて、果たして女優の言っていることはどこまで本当なのか、マネージャーが隠していることは何なのか。

ネタバレBOX

ラストのボレロは、ちょっと唐突でしたね。もう少し、前から小さな音で流しておけばよかったのでは。
マネージャーは、終劇まで女優の車を確認に行きませんでしたが、藪の中はどうだったのでしょうか。
前日、新国立劇場「スカイライト」の濃厚な会話劇を観たせいか、どうも拙さに目が行ってしまい、、、そこが残念。

1時間の心理劇というにも関わらず、私も少しうつらうつらして、両隣の方は途中、夢の中で。
最前列なのに失礼しました。話としては面白いのですが、もう少し緊迫感が出せないものかなあ、とちょっと残念。
カワサキ ロミオ&ジュリエット

カワサキ ロミオ&ジュリエット

ラゾーナ川崎プラザソル

ラゾーナ川崎プラザソル(神奈川県)

2018/12/06 (木) ~ 2018/12/11 (火)公演終了

満足度★★★

紅(くれない)組鑑賞
セリフを噛んでも、若さと勢いでどんどん前へ進んでしまうロミジュリ。それもアリかな。
ジュリエット役の女優さん、元気なんだけど華がないように感じたのは、衣装が地味なせい?

スカイライト

スカイライト

新国立劇場

新国立劇場 小劇場 THE PIT(東京都)

2018/12/01 (土) ~ 2018/12/24 (月)上演中

満足度★★★★★

鑑賞日2018/12/08 (土) 13:00

座席1階c列18番

先日のフジテレビ「ぼくらの時代」で、蒼井優さんが、「200ページ近い台本のセリフを覚えなければならない」と言っていたのは、この舞台のことだったんだなと得心。
総計2時間25分、ひたすら出ずっぱりの彼女は、セリフを続けるだけではなく、走り、着替え、シャワーを浴び、何とスパゲティを作り、ウィスキーの水割りを作り、ワインの蓋を開け、それを飲み、眠り、、、凄いな。舞台というのは、演出でも脚本でもなく、最終的には役者の力量に収斂されていくということをまざまざと見せられた。

浅野さんの役柄にも十分満足が行ったけれど、この役を故中嶋しゅうさんがやりたかったのだろう、という記事を、朝日新聞で読んだとき、彼が演じたらどんな芝居になっただろうか、と思い馳せることは、許されてよいと思う。

話としては、けして好きなものではなかったが(こうした男女の口論劇はちょっと辟易する)、とにもかくにも蒼井優という役者の力量に脱帽。これに☆を5つ挙げなくて、何の評価であろうか。

ネタバレBOX

舞台冒頭で登場するエドワードが吃音だったのに、ラストの登場ではその気配すらない。
同行した女性が、父親の話をするときにはストレスが働いて吃音になるのだけれど、ラストの場面ではキラのことしか考えていないから、吃音にならないのよ、と解説してくらたのに納得。
『景観の邪魔』『解体されゆくアントニン・レーモンド建築 旧体育館の話』

『景観の邪魔』『解体されゆくアントニン・レーモンド建築 旧体育館の話』

公益財団法人 武蔵野文化事業団

吉祥寺シアター(東京都)

2018/12/09 (日) ~ 2018/12/09 (日)公演終了

鑑賞日2018/12/09 (日) 18:00

価格1,000円

18:00の回(曇)

■受付が少し混乱していたようです。
①チケット受領済み②武蔵野文化事業団予約済み③その他予約済み④当日券、のパターン別受付。余裕を持って整列誘導しないので列が伸びる(折り返しも)。声がでていないので後からいらした方はどこに並んだらよいのかわからない。予定では17:40開場がリハーサルということで5分おし(直近3公演連続)。

■フリートーク時間?
開場すると(景観の邪魔)役者さんが舞台上に。座ったり横になったりして雑談。しばらくすると自己紹介的会話が始まりました。事前の告知があったのでしょうか、遅れて会場に入った方、入ったけどすぐ出て行かれた方などは聞き逃したことになったのでは。また、その最中、18:00に場内アナウンスが入りなんとも無粋。

■先にQ体のほうを。

18:50開演~20:23終演。

映画24区(2016/4)@明石スタジオ
芸術総合(2015/11)@さいたま芸劇(県大会) ※
アムリタ(2015/6)@プロト・シアター
趣向(2015/2)@シアタートラム
趣向(2011/5)@KAAT

ということで「Q体」久しぶりの6公演目

※芸術総合は「Q体」で2016/8全国大会@広島へ。ちなみに、その2年前、甲府南の廣瀬樹紅さん(「景観の邪魔」出演)は「マナちゃんの真夜中の約束・イン・ブルー」で@ひたちなかの全国大会へ行っていました。

サポートアーティストの入手杏奈さんは映画24区の振付も。

出演者(17名)で出演作を観たことがあるのは中野志保実さんだけのようです。

奥行き、横幅ともいままでで一番広さを感じました。初演のKAAT(黒澤さん演出)も大ホールでしたが切り取られた空間をイメージさせる装置がなく照明の外、そのどこまでいってもどこにも届かない(闇の)不安と本会場の縦(手前と奥)(上と下)の(断絶)線の違い。

手前、横一線に並んでいたのが、奥の狭い空間に移り(その先に消失点がみえそうな気が)無表情になってしまう雰囲気は過ぎた時間を弔う「墓場」のようでした。

二人で一人、少し前に観た「半神」と関連付けたくなります。

9人が持つゼロゼロナンバーは「009」まであるわけですが、偶然?

いつか本当の「体育館」で観てみたいものです。

最近のこと① 解体
ブラリと観劇の途中、母校の大学祭に寄って在籍していた学部の校舎に入ってみましたが
当然建て替えられた近代的な建築物なので...。
何十年も経っているため記憶とのつながりを喪っています。「ここには何があったのだろう」...ああ、そういえば講堂は昔のままでした。時々、大学キャンパス内の公演に行きます。時間(基本、最寄り駅から歩く)があれば少し歩き回り「あの頃」と戯れるようにしています。

最近のこと② 建築
東京藝大の公開講義「建築家・金正日 - アーキテクチャー論」に行ってみました。ゴリゴリとした建築の薀蓄ではなく、安田講堂秘話のようなものもあり結構くだけて面白い内容でした。

空想科学II

空想科学II

うさぎストライプ

こまばアゴラ劇場(東京都)

2018/11/29 (木) ~ 2018/12/09 (日)公演終了

満足度★★★★

鑑賞日2018/12/07 (金) 19:30

タカハシヒデキは存在したのか?それとも、、、女の妄想の産物だったのか。
とにかく、これほど着替えの多い舞台はないな。主人公2人はひたすら着替えている。
時間感覚の欠如。とにかく明日の予定を考えて、また寝る生活。

不条理劇とは、会話の整合性、時間の不可逆性や論理の一貫性、時空間一元性、生理的な均衡、そうしたものを踏み外したものだから、言うまでもなく過剰な追加や、不足のさらなる欠落があっても驚くべきではない。
舞台中央の大きなベッドは、邪魔なのだけれど、それでも舞台上の舞台として機能していて、軽やかに舞台中央で回り続けるのだった。

ネタバレBOX

物語の現実時間としては、ある還暦過ぎの女性が死んで、そのお通夜に姪2人と甥1人、そして甥の部下が訪れるという話。
夢の時間では、姪の姉方の夫(龍太郎)が侵入してきて、男(タカハシヒデキ)の頭を斧でたたき割り、殺すのだけれど男は死なない。いや、死んでいるのだけれど、彼は女性と付き合い始めて、現実世界と交感しはじめる。ちなみに、男は現実世界では、別の名前で、姪の姉方と過去に飲んだことがあり、パイロットと国境なき医師団になるために、海外に出かけたことになっている。

龍太郎の死はいつあったのだろうか。
イキザマ3

イキザマ3

RISU PRODUCE

東京芸術劇場 シアターウエスト(東京都)

2018/12/05 (水) ~ 2018/12/09 (日)公演終了

満足度★★★★★

厳しい規律にキツイ練習、何よりどんなに頑張っても注目される主役はスポーツ選手であり、応援団のモチベーションは一体どこにあるのか謎だったのが解き明かされた思いで観終わりました。

幕開けはちょっと笑えて、めちゃくちゃ威勢のいい応援団パフォーマンス。
そしてこのパフォーマンスを見たという新入生の目線で応援団の世界に足を踏み込むことから物語は始まるので、とても入り込みやすく(私は図々しくも主役青年の目線から。他にもオジサンや女子の新入生もいて、この二人も異色ゆえにイイ味出していきます)が、彼等とのファーストコンタクト、勧誘の絵面はまるで悪徳セミナー(笑)
それでも日々の活動を通して見えてくるのです。
先輩たち4年生、3年生、2年生それぞれの立場ゆえの生き様が、そして個々の生き様がひとつひとつ染みわたってくるのです。

彼等流のやり方で部内の絆が強くなっていくのを実感していく日々。
決してスマートではなくても、春から夏へ輝く時間と共に人の成長していく姿が克明に描かれ演じられているのが素晴らしく、やがては新入部員それぞれの生き様が・・・
否が応でも胸が熱くなる芝居。久々に泣きました。

白い鯨

白い鯨

劇団夜光鯨

スタジオ空洞(東京都)

2018/12/08 (土) ~ 2018/12/09 (日)公演終了

満足度★★★★★

 大坂で上演して来た劇団の東京初公演。初めて拝見したが、新たな才能の発見であった。極めて面白い。

ネタバレBOX

板上はフラット。但しパイプ椅子が2脚並べて置かれている。そこからやや離れてもう1脚置かれているのが目に留まる。脚本の発想が良い。物語は、新入社員入社面接の会場での話だ。男女1人ずつが、本日面接を受ける新卒である。男は余りパッとしない。決断力、判断力の劣るダメ系。女は、Uチューバーを目指し就職する気が無かったため出遅れで就活を始めたものの、積極的で優れた判断力を有する。如何にも現代日本の男女事情を正確に表したキャラ設定だ。彼らの受ける会社は情報系。広告代理店がベースになっているが、業務内容は更に進化した形態になっている。
 この面接現場を再現する形で上演される今作、3つの相が相まって展開する。第1の相は、通常のストレートプレイ、第2の相は、上手壁に移される映像によるプレイ、そして第3の相は、上手客席側のスペースでギターによって演じられる曲目、効果音の相。態々このセクションを第3の相としたのは、作品の内容を見事に捉え、とてもよくマッチした音作りをしてくれたからである。而もこの3つの相が実に上手く絡み合わされている演出がグー。脚本もしっかりしているのみならず、現実世界より半歩から0.75歩程進んでいる点で丁度良い。
 因みにタイトルの「白い鯨」とは「オンラインゲーム」名である。面接に来た彼らは先ず、会社のプロモーションビデオを見せられるのだが、この中に「白い鯨」が出て来、1つの質問が為される。「あなたは鯨になりますか?」と、利用規約と共に。無論、殆どの人が利用規約など読まずに「ゲーム」に参加する。すると、鯨からのミッションが1日1回届く。ユーザーは、このミッションにどのように対応したかをネット上にアップ、他のメンバーとの比較競合がゲーム内容になると言う訳だ。30回ミッションをクリアすると愈々鯨になる訳だが、当初誰でもクリアできるミッションが与えられるものの、鯨になる前のミッションは、非常に難易度が高い。例えば体に描いた鯨を刃物で切って下さい、が届くのだ。無論、その前に体に鯨の絵をかいて下さい、とのミッションが届いていた。さて、この自傷行為をクリアすると、猫を殺せだの、電車に飛び込めだのとトンデモないミッションが続くことになる。
 会社は広告代理店がベースになっていたから、個人情報をたくさん入手している。この個人情報を用いて様々に他人を操ることもできる。この事実を実践する場面等も映像表現で描かれるのだが、映像で示される白い鯨の内実がストレートプレイによって実践されるように描かれた脚本はまた個人情報を握られた人物が会社に利用され1つの駒として、劇に関与する形も描くのである。この緊迫した状況を生のギター演奏が実に効果的にサポートするのだ。
 東京に拠を移した模様だから注目しておいて良い劇団だ。役者陣も若いし、伸びシロは大きい。今回もかなりいい演技をしているし。
ベッドトークバトル プレミアム

ベッドトークバトル プレミアム

ショーGEKI

小劇場B1(東京都)

2018/12/07 (金) ~ 2018/12/16 (日)上演中

予約受付中

満足度★★★★

ちょっとエッチでおバカなショートショートコメディ。
まさにその通り!wwめちゃくちゃ笑えます!
難しいこと考えずに楽しく観れちゃう♬
ABCの3チーム。キャストや組み合わせが変わるので、複数観るのも楽しいかも!

カワサキ ロミオ&ジュリエット

カワサキ ロミオ&ジュリエット

ラゾーナ川崎プラザソル

ラゾーナ川崎プラザソル(神奈川県)

2018/12/06 (木) ~ 2018/12/11 (火)公演終了

満足度★★★★

「縹組」60分+10分休憩+60分。

最初のインパクトは福田麻希子さんの歌によってもたらされる。プロの声楽家の盛大なビブラートに度肝を抜かれる。このあたりまでは瑞生桜子さんはニコニコしているだけで存在を消しているかのようだ。ややあってようやく切々たる彼女の歌声が静かに響き出す。セリフと同様に歌の一音一音がコントロールされていて音量、音質にバラツキがない。安定した声により心情がダイレクトに伝わってくる。前半ではマキューシオとベンヴォーリオのラップが大きくフィーチャーされている。ただ少し遠慮がちであった。どうせなら4-5人で派手にやった方が良いように感じた。

前半でマキューシオが死んでしまうので後半はラップ無しである。ジュリエットにもエンジンがかかり、段々とセリフも激しい口調になっていく。前半もそうだがジュリエットが饒舌である。チェックすると要所要所で原作の長い会話をそのまま採用しているのだった。今まで私が観た映画や舞台の方が短縮版だったのだ。その代わりに全体のストーリーを大胆にカットして寄り道を入れる時間を捻出している。

最初の歌と踊りのところで伴奏が大きくて歌もセリフも消されていたのが残念だった。これは2回目に行ったときには良いバランスになっていた。しかし今度はエンディングの合唱がグダグダであった。女声だけの部分は良いのだが男声が混ざるとモタモタして練習していないんじゃないのと疑ってしまった。また大道具を移動するときのロック、アンロックの仕方が雑でその音や動作が雰囲気を損ねていた。あるいは大人の事情とでもいうべきものもあった気がした。どうして満足度が5つ星でないのかを考えるとこういう不満点が出てきた。大手の公演との違いを感じるところである。

会場のラゾーナ川崎プラザソルはラゾーナ川崎プラザの5階にある200人収容の施設である。5階に上がるのにちょっととまどってしまった。

白い鯨

白い鯨

劇団夜光鯨

スタジオ空洞(東京都)

2018/12/08 (土) ~ 2018/12/09 (日)公演終了

鑑賞日2018/12/09 (日) 14:00

価格1,800円

14:00の回(曇)

13:30受付、開場。珍しく手前、入口側が舞台、パイプ椅子が3脚。奥に客席(ややL字状)。、客席後方にG奏者(黒いボデイに白のピックガード)。

13:44出入り口から女性の闖入者、前説、75分、ハイテンション。左頬に鯨のイラスト。

14:00 Gのチューニング、開演~15:22終演。

チラシに「鯨」が描かれていたので観に来ました。本(※)でも、映像でも「鯨」とあるとちょっと気になります。

※「神鯨」「ジョナサンと宇宙クジラ」など。

こちらは初めて、役者さんたちも(たぶん)初めて。

リクルートスーツの男女、面接官、謎の女性、壁に映る映像。

リアル(面接する側/される側)とネット(狂信的/従属的)が同時進行。決断実行することを避ける者達、強い上昇志向と支配欲に毒された者達。

どちらも「弱者(決定権を持たない)」は同調するか乗り変わるしかない。搾り取られた後に残るのはただの干からびた精神ではなかろうか。

憑依(The Exorcistみたいだ)シーンはじわっと目の玉がひっくり返ったよう。

瞬膜ですかね。

茫洋としたネットワーク(電子)世界の大海から見るとほんの一滴にすぎないゲームの世界が装飾を排したそっけない舞台空間にこそ相応しいのかもしれません。

とてもよい緊張感が続く内容でした。

それは、たぶん(たとえば長い映像シーンの間でも)集中力を切らさなかった役者さんによるものも大きかったのではないかと思います。

余談ですが、頬の「鯨」イラストをみて、マトリックスの白兎(刺青)を思い出しました。

ゼブラ

ゼブラ

ONEOR8

東京芸術劇場 シアターイースト(東京都)

2018/12/04 (火) ~ 2018/12/09 (日)公演終了

満足度★★★★★

発売日当日に購入したが席は後方で人気があるのねぇと思いつつ観劇。
4姉妹の性格や小さい時から大人になるまでが丁寧に表現されていて見てよかったと思える作品。こちらの劇団は外れなしですね。次も絶対見に行くぞ!

ベッドトークバトル プレミアム

ベッドトークバトル プレミアム

ショーGEKI

小劇場B1(東京都)

2018/12/07 (金) ~ 2018/12/16 (日)上演中

予約受付中

満足度★★★★

Bチーム観劇しました。NGワードが飛び交いますが面白く作っているので女性でも楽しめます。

ネタバレBOX

「センセイと先生の関係」・・・どんな風に終わるのかなぁと思いきやフツーに終わってしまい、せっかくのデリヘル設定なのだからs時間切れで電話が来るとかにしてほしかったなぁと。
白い鯨

白い鯨

劇団夜光鯨

スタジオ空洞(東京都)

2018/12/08 (土) ~ 2018/12/09 (日)公演終了

満足度★★★★

ゲームに侵されていく人々の姿を描いていましたが、妖しくて怖くてゾクゾクしました。ネットに洗脳され壊れていく姿は、現代のリアルな姿のように感じました。役者さん達の演技も良く、映像を上手く利用していて、ギターの生音が入るのも良かったです。芯から怖くなるような舞台で、斬新さを感じました。

悪食娘コンチータ

悪食娘コンチータ

劇団ブリオッシュ

カメリアホール(東京都)

2018/12/08 (土) ~ 2018/12/09 (日)公演終了

満足度★★★

2.5次元の舞台?で、衣裳や音楽で、その世界観を表現していると思いました。役者さん達の演技力には差があると思いましたが、一生懸命さは感じられました。主人公コンチータの人生を描いたストーリーは怖く切なく、王子との愛を描いた部分が良かったです。ちょっと不思議な世界を感じられ、面白かったです。

赤のソリスト

赤のソリスト

関西大学演劇研究部 学窓座

関西大学千里山CP内有鄰館1階多目的ホール(大阪府)

2018/12/07 (金) ~ 2018/12/09 (日)公演終了

満足度★★★★

初めての学窓座さんの公演でしたが、
役者さんの個性が発揮されていたのは
脚本もしっかりしていて良かったからだと思います。次回公演も楽しみにしています❗

Reach Secret ~ 雪女  snow woman ~

Reach Secret ~ 雪女 snow woman ~

Dance Entertainment REACH

妙善寺(東京都)

2018/12/07 (金) ~ 2018/12/08 (土)公演終了

良い夜になりました。

空想科学II

空想科学II

うさぎストライプ

こまばアゴラ劇場(東京都)

2018/11/29 (木) ~ 2018/12/09 (日)公演終了

その恋、覚え無し

その恋、覚え無し

劇団桟敷童子

すみだパークスタジオ倉(そう) | THEATER-SO(東京都)

2018/11/27 (火) ~ 2018/12/09 (日)公演終了

満足度★★★★★

今日も座席はもちろん最前席センター。舞台は林の中。池があります。水が流れています。本水を使った迫力の舞台が始まりました。映画やテレビだとストーリーの大きな流れの中で画面に映る人だけがスポットを浴び、他の人の動きは写りませんし、その演技はありません。しかし演劇は俳優が舞台上にいれば、(台詞が無くても)必ず演技をしているのです。それが何回観ても面白く、新たな発見に繋がります。4人の祈祷師が山の中を歩いてやってくる印象的な最初のシーン。そして最後は舞台全体に美しく染まった紅葉の中、その村を去って行く3人。「その恋」はどこに。。。彼らの運命なのか、心に響くものがありました。そして場面場面が美しい、あるいは恐ろしい絵になる舞台でした。

イキザマ3

イキザマ3

RISU PRODUCE

東京芸術劇場 シアターウエスト(東京都)

2018/12/05 (水) ~ 2018/12/09 (日)公演終了

満足度★★★★★

会場は女性客が多い。それも若い方を含む様々な年代。こんなに男ぽい芝居、女性客の多さに驚きました。ほとんどの人が経験してない応援団の世界の話。でも、ひとつの部活動の出来事と考えれば、誰でも心当たりはあるかも知れません。話が進む中、目頭を押さえる観客が増えていきます。

『イキザマ3』は18歳の青年の成長物語、団員間の心の触れあいを描いています。この芝居、最初の場面と最後の場面の主役の2人は、別人のように人間的に成長した姿を演じていました。そして彼らを支える応援団員の演舞の技量と笑いを誘う真面目すぎる演技の面白さが最高でした。裏返すと、RISU PRODUCE のメンバーを中心に、主演の2人を客演で代えることで、また新たな感動が生まれる作品でもあるのです。次の「再演」の楽しみが出来ました。

へたくそな字たち

へたくそな字たち

TOKYOハンバーグ

座・高円寺1(東京都)

2018/12/05 (水) ~ 2018/12/12 (水)上演中

満足度★★★★

座・高円寺でのTOKYOハンバーグは「KUDAN」(再演)以来。このときは横広の舞台いっぱい動き回り跳ね回っていたが、今度の舞台は「日常」の時間が流れるドラマ。仄かに暖かく浮び上がる教室に、生活臭をまとった顔、顔がいそいそと集まって来る。題材は夜間中学。「糀谷」と書かれてあるから実在する(大田区の)学校である。多様な境遇や来歴を持つ生徒らの多くは、仕事を終えて駆け付け、皆背負う日常も柔でないがそこは大人、教室は騒がしくも気の利いたやり取りで暖かく。ただし最年少の十代女子がハネッ返りで、本音勝負じゃ大人がたじたじ。そんな平和だか戦々恐々だか一見判らない教室へ、最高齢となるだろうそば屋の主人が入校して来る・・。物語は、彼が娘の同伴で学校の説明を受ける場面に始まり、卒業式を迎える時までを切り取ったもの。この学校に通う事がその表われであるが、弱みを抱えた人らが懸命に生きながら互いに触れ合い、人生そして社会(人の繋がり)という編み物を織っていく姿をさり気なく描いた作品。秀作だ。
この題材を描いたモデルとしては、私の中には山田洋次の『学校』があった。映画では登場人物の取り合わせに出来すぎ感が否めないが、様々なタイプの人間が一所に集い繋がって行く暖かい感触は、この映画を思い出した。
主人公は一応このそば屋のオヤジさんではあるものの、群像劇では一人一人が重要。台詞やエピソードで語り切れない生徒たち一人一人の佇まいの中に、「信じられる」生活感、存在感があり、「教室」を介して人生での貴重な時間を刻む姿が立ち上がってくる。・・妻が妊娠中の鳶職人、いい年のトラックの運転手、(実家の?)廃品回収業を頑張る青年、内装業に雇われている中国人、同じニューカマーの韓国人女性、脳性マヒの少女(20代?)。教室では定番のやり合いがあって毎回一時限目が始まる、その教室での国語の授業の様子もじっくり描かれる。学校側の登場人物は担任の女性教師、副校長、新任教師(ともに男性)。だが、舞台中央に浮かんだ教室の「外」の場面も重要。何名かは舞台際に立って自分の事を紹介する。仕事中の他の生徒と出くわす場面も。登下校の道のりも教室の周囲に長く取られていたり、後半ある課外授業の様子も「外」で描かれ、今回の座高円寺の広さというハンディを、教室とそれを取り巻く社会という図式に転換させ効果を出していた。
人間トータルの存在を納得させられる毎に胸がざわざわ鳴る。中でも障害を持つ少女を演じた永田涼香(夏に一人芝居に挑戦した)は地味ながら出色で、この役柄のような人と接触した事のある観客は、その風情から発する多くのものを重ねた事だろう。生きる事への健気さ、仲間が好きである事、知らない事を恥と思わない事、誇り高さ、等々。。事実彼女のような存在が人と人を結びつける。弱さがハンディでなく武器となる社会のモデルがここにある。「学校」とは何か・・・映画『学校』にもその問いがあったな、と思い出した。

ネタバレBOX

注文も幾つか。
西山水木さんがもう一歩「役」(担任)に近づきたかった。登場するのが副校長と新人教師(男)との3人で、西山女史が校長でもおかしくない風格なため、つい偉い先生に見えてしまったり。
生徒同士のアンサンブル、教師のアンサンブル、そして両者の融合という具合に世界が作られたいが、教師側の台詞はあまり多くなく、その分黙っている時の演技=存在の仕方で、私としては「道半ばの教員生活」「心許なさ、不安の中にあっても教職の理想を見出そうとあがく姿」「祈る姿」が見えたかったように思う。難しい注文か。。

ラストに持ってきたオチは、意見の出るところだろう。主人公が生前教室で手を挙げて答えた言葉が、最後の最後に、じらされた後に紹介される(過去のその場面では手を挙げた所で暗転となり、伏せられる)。端的に言えば、オチとしては弱い。また、期待されたのと違う質の言葉であった。
ではどの言葉なら良かったか・・は答えられないが。でも考えたくなる。
この物語は事実に基づく。恐らく作者としてはあの言葉は外せないのではないか、と想像した。
ならリアクションである。例えばあの台詞は他の生徒の口からでなく、やはりオヤジさんに言ってもらう(劇でもそうだったかな・・失念)。するともう一くさり、他の生徒から突っ込みとかリアクションが欲しくなる。少しの間のあと、トラックの運ちゃんが「そりゃその通りだ」とか。するとオヤジさんは、黙して「学びたい」意欲をめらめらと燃やしている。その様子に皆が驚き、やがて感化されて教室が湧く・・。
そんな想像もさせ、それに応えてくれそうな人物たちが私の心に棲んでしまった。

このページのQRコードです。

拡大