北と東の狭間 公演情報 JACROW「北と東の狭間」の観てきた!クチコミとコメント

  • 満足度★★★★★

    芯の通ったリアルさと吸引力に満ちた力作
     これまで多くの人が「観てきた!」コメントを書かれていらっしゃるので、私は、まず端的にJACROWの素晴らしさを記しておきたい。

     それは、芯の通ったリアルさと吸引力に満ちていて、観る人を、その作品の世界の中に誘(いざな)ってくれることだ。

     もう少し詳しく言えば……これをネタバレに書かせて頂きます。

    ネタバレBOX

     既に、この物語の筋は何人かの方が書いていらっしゃるので、今回は、私がJACROWに惹かれる点を何点かにわたって記しておきます。

    ①芯の通ったリアルさがある
     これは、ムダな要素を寄せ集めで表現するようなことがなく、作品のテーマをストレートに投げかけてくれることだ。つまり「幕の内弁当」ではないということ。
     ともすると、観る側へのサービスなのか、作り手側の好みや方程式のようなものなのか、「えっ、ここでこうするの?」という疑問を感じたり、いろんな要素を無理やり詰め込んだな、って感じる芝居が少なくないのだが、JACROWは明らかに違う。このリアルでストレートな空気感の濃さが大きな魅力なのだ。

    ②吸引力がある
     これは、JACROWの芝居を観れば、そのまま体感できるはずだ。スピード感がある。言い換えれば、テンポが実に良いのだ。これは「サスペンスであれ、シリアスであれ、コメディであれ、生の舞台芸術では絶対に必要なこと」と、若手の養成にも力を入れていらっしゃり、私も大好きな加藤健一さんから直接伺った一言だが、それをJACROWの芝居は堪能できるのだ。

    ③役者陣が脚本・演出の魅力を一段と高める技量を身につけている
     どんなに素晴らしい脚本・演出でも、実際にそれを生で表現する役者陣の技量が欠けていては、作品としてはやはり駄作になってしまうものだ。でも、JACROWは違う。
     今回の作品も、この作品の空気感が常に保たれていたのは、クラブ牡丹のママ役を見事に演じた蒻崎今日子さんの名演に負うところが大きい。また、ダルカラから客演のチカ役の清水那保さんをはじめ、各出演陣が皆、本当に役割の味を存分に出していたから、印象に残り、実存感に満たされるのだと思うのだ。

    ④舞台セット、音響などのスタッフワークが決して出しゃばることなく、作品のイメージを見事に醸し出している
     これについても、よく音響がやたら大きい音で迫力を出そうと(私からすれば、目立とうと)する芝居が少なくないが、肝心の台詞が聞こえにくくなったりしてしまえば、それは本末転倒なのだ。ライブやコンサートに行っているのではない。芝居を観に来ているのだから。そこが実に心地よく、物語の世界に誘因してくれるのがJACROWの芝居。この部門も本当に素晴らしいと感じるのだ。

     まあ、ざっと挙げても、こうした総合力に秀でている。だから作品に魅力がある。吸引力がある。私も「次も観たい!」と感じる一人なのだ。

     偉そうに書いてしまいましたが、正直、私がJACROWに強く感じていることなのです。

    0

    2010/05/15 00:43

    0

    0

このページのQRコードです。

拡大