昼下りの非情事 公演情報 ジェットラグ「昼下りの非情事」の観てきた!クチコミとコメント

  • 満足度★★★

    鑑賞日2017/04/19 (水) 19:00

    初見の団体であるが、映像・舞台プロデューサーの阿部敏信が舞台製作を行う際のプロデュース母体だそうだ。この作品はTRASHMASTERSの中津留章仁が10年程前に書いたものだという。 

    私が中津留作品を初めて観たのは5年前の2月の「狂おしき怠惰」であるが、今ではガチガチの社会派劇団であるTRASHMASTERSは初期には毒のあるコメディタッチの作品が中心だったのだという(チョコレートケーキも古川健脚本・日澤雄介演出という現在の体制になる前はコメディ劇団だったという)。その当時、中津留がどんな作品を書いていたのか…興味をもって劇場へ。 

    (以下、ネタバレBOXにて…)

    ネタバレBOX

    題名自体がオードリー・ヘプバーン主演の映画「昼下りの情事」のモジリであるが、劇中でも盗み聞きした話の断片から浩平と葉子が結婚式当日に駆け落ちすると誤解した管理人が浩平に「ダスティン・ホフマンになってみる?」と言うなど、映画ネタが入ってくる。
    だが、この「ダスティン・ホフマンになってみる?」だけで止めておけばとてもしゃれた台詞なのに、その後にグダグダと映画「卒業」のことを説明するのは余計だ。だから長くなるし、テンポもダレてしまう。このテのコメディで2時間半は長すぎる。 

    まぁ、渋谷はるかのウェディングドレス姿を見れたがけで良しとするか…。

    0

    2018/01/10 03:37

    0

    1

このページのQRコードです。

拡大