戯曲試食会 『タバコの害について』 公演情報 劇団夢現舎「戯曲試食会 『タバコの害について』」の観てきた!クチコミとコメント

  • 満足度★★★

    作りすぎた感が強く…
    冠に付いている戯曲試食会とはこの劇団が行なっている「古今東西、有名無名の戯曲たちと時間をかけて向きあい、自らのスキルアップを図ると同時に、お客様に戯曲本来の味わいを楽しんで頂く」ためのアトリエ公演だという。会場は“行灯パブ・ろびっち”となっているが、これは今回の料理の原作者・アントン・パヴロヴィッチ・チェーホフに因んだシャレで、いつものアトラクターズ・スタヂオである。 

    さてこの「タバコの害について」という怪作であるが、このチェーホフの一人芝居は過去2回観たことがある。最初は戯曲にほぼ忠実な30分弱のものだったが、2回目に観たのは柄本明によるもので、柄本はなんとこの芝居を90分に及ぶ見事なまでの爆笑と悲哀のドラマに仕立て上げていた。実験的な作品の多い夢現舎がこれをどう料理するのかワクワクして会場へ。 

    地下の受付に下る階段からもうチェーホフの様々な写真が貼ってあり、雰囲気を盛り上げる。客席に入るとドリンクとつまみを勧められるが、実は私、ちょっと空腹だったので新高円寺で降りてから、マクドナルドでダブル・クォーターパウンダーとチキンナゲット、それにマックシェイクを腹に納めてきたばかり。これでアルコールなんぞ飲んだら(連日の睡眠不足もあって)完全に寝てしまうと思い、遠慮。テーブルにはザクースカやブリヌィといったロシア料理の写真入り解説が置かれている。これをサカナにウォッカを飲むとは、梅干をじっと見つめて酸っぱい唾が出てきたところでご飯を搔き込めばオカズが要らないという話によく似ている(爆)。 

    定刻に開演。 

    (以下、ネタバレBOXにて…)

    ネタバレBOX

    まずはチェーホフについての解説を高橋正樹、室賀竜也、三輪穂奈美の3人による寸劇というスタイルで。これが約40分あるのだが、彼の作品を織り交ぜながら展開され、滅法面白い。ちょっとした小道具や幕などの使い方もうまい。 

    後半が「タバコの害について」。
    くたびれた燕尾服で客席後方から学者風の男が登場。音楽学校と全寮制女学校を経営する妻に命令されて、社会に有益な講演をということで「タバコの害」について語るはずだったのが、次第に話は妻への不満と悪態、我が身の不幸への嘆きに終始する…。 

    が、この老学者を演じる益田喜晴が作りすぎた感が強い(演出:小竹林早雲)。
    前述した柄本明は見るからに自然体で演じているように思えたのだが(無論、創りあげた自然体だろうし、彼ほどの怪優であれば自然体とは言ってもそれ自体が怪演ではあるのだが)、この日の益田はいかにも演技しています的な感じが拭いきれず、ために戯曲としての面白さがいまひとつ伝わってこない。理想と現実、または若き日の幻想と老いた自分への幻滅が滲み出るような、「人生の味」とでもいうようなものが感じられず、ただただ表面的な演技に流れてしまっている。 

    観終わって、柄本の「タバコの害について」をもう一度観たいなぁという思いだけが残ってしまったのだった。

    0

    2016/12/15 05:59

    0

    0

このページのQRコードです。

拡大