劇団 恋におちたシェイクスピア「ハプンスタンス」、Re:Play「おかしな二人」 公演情報 NPO法人らふと「劇団 恋におちたシェイクスピア「ハプンスタンス」、Re:Play「おかしな二人」」の観てきた!クチコミとコメント

  • 満足度★★★

    翻訳演劇っぽい印象。
    およそ5分の休憩をはさみ、2本立ての公演。それぞれは約40分ほど。

    味わいの違う2作品だったので、楽しめる公演だった。


    ただ、小品ゆえか、作者の想いがセリフにダイレクトに出てしまっている部分が、どちらの作品にも感じられた。

    私は、そういうのは気になるが、ま、それでいいのだ、と言われれば、そうなのだが。

    言葉を変えて言えば「翻訳演劇っぽかった」という印象。

    以下、ネタばれ。

    ネタバレBOX

    ●劇団 恋におちたシェイクスピア「ハプンスタンス」

    何年ぶりかで再会した、30代男女の話。二人が思っていて行動に移せなかった恋愛感情を、会話でぶつけ合う。

    私の趣味からいえば、日常的会話をさらに排して、もっとディスカッションドラマに徹してもよかったかと思う。


    ●Re:Play「おかしな二人」

    離婚を決意し、引越し作業をしている夫婦の話。結末は、ああやっぱりそうなるのね、という感じ。

    0

    2014/03/09 08:24

    0

    0

このページのQRコードです。

拡大