Modern Dance Performance 公演情報 日本大学藝術学部演劇学科「Modern Dance Performance」の観てきた!クチコミとコメント

  • 満足度★★★★★

    求道的な舞踏、照明が素晴らしい。
    プログラムBを観ました。

    とても静謐で、求道的な印象を持ちました。

    舞踏の技術的なことはよく分かりませんが、自分が踊って楽しんでいる段階、目の前のお客に楽しんでもらおうという段階、などを大きく超越して、「踊りの神様」と対峙しているような感じを持ちました。

    また、今回特に印象深かったのは、「照明」の素晴らしさ、です。

    舞踏に合わせての照明プラン、そしてタイミングの試行錯誤…かなりのご苦労があったと推察します。

    作品ごとに、照明家の名前が明記されています。
    プログラムBでは、福谷こすも、石井彩加のお二人が分担して担当されていました。

    以下、ネタばれ。

    ネタバレBOX


    7作品が演じられました。すべて素晴らしい作品でしたが、特に私は以下の2作品が印象的でした。



    ●浅田李子の『ケガレナキココロ』

    ソロの振付がみごと。群舞とのバランスがみごと。

    ●東伊都美の『夜の公園』

    公園という具象的設定の中でみせよう、という姿勢に好感が持てました。
    この上なくシンプルだけど、美しい。

    0

    2013/12/15 10:37

    0

    0

このページのQRコードです。

拡大