『アルゴス坂の白い家』 公演情報 平成23年度日本大学芸術学部演劇学科舞台総合実習ⅣA「『アルゴス坂の白い家』」の観てきた!クチコミとコメント

  • 満足度★★★★★

    Bチームを観劇。
    ディテールをもう一度確認したい、という思いもあって、Bチームを観劇。

    といっても、重複するキャストも多いので、そんなに異なった印象はない。

    今回も、とても面白く仕上がっている、と感じた。


    以下、ネタばれ。

    ネタバレBOX

    改めてみると、私の趣味からすると、やはり昔の第三エロチカ時代に色濃かった「猥雑さ」が希薄なのが一寸物足りない。

    「ここはアルゴス、アルゴスで新宿、新宿でアルゴス」というフレーズが出てくるが、全体に「新宿」の色合いが希薄なのだ。


    これは、現在の川村毅の考え方かもしれないし、大学の卒業公演だから、ということもあるかもしれない。

    出来れば、額縁舞台ではなく、「新宿」の小劇場で演じてほしい。



    クリュタイメストラを演じた柏木純子が素晴らしい。Aチームの、原田悠季に勝るとも劣らない、堂々たる演技。

    0

    2013/12/01 20:05

    0

    0

このページのQRコードです。

拡大