さよなら、ミアちゃん! 公演情報 ロリポップチキン「さよなら、ミアちゃん!」の観てきた!クチコミとコメント

  • 満足度★★★★

    作者の熱量を感じる作品。
    公演の解説文に「ロリチキ史上最高の脚本、ロリチキ史上最大の世界観」と書かれている。

    あえて、そのような宣言をしているところに、作者の並々ならぬ意欲が感じられる。

    事実、私は芝居を観ながら、この作者は、かなりの熱量を以て、全力投球でこの作品を書いているな、と感じた。

    演技であれば「熱演」というが、執筆の場合は何というのだろう「熱筆」とでもいうべきか。とにかく私には、作者の想いがジンジンと伝わってきた。



    以下、ネタばれ。

    ネタバレBOX

    その意味では、大変面白い芝居であった。

    だが、作者の想いがあまりに強く出ていた、というべきか、少し図式が透けて見える印象だったのが惜しい。

    もう一つ、何かモチーフなりテーマを盛込み、重層的な「作り」にすると、もっと面白い作品になったような気がする。


    作者が「いや、そういう芝居はたくさんある。自分はあえて、こういう直線的な作品を作りたかったのだ」というのであれば、それはそれで一つの見識だと思う。

    0

    2013/10/04 14:59

    0

    0

このページのQRコードです。

拡大