真如極楽 ―こころとかたち 公演情報 FOURTEEN PLUS 14+「真如極楽 ―こころとかたち」の観てきた!クチコミとコメント

  • あなたも痛みを乗り越えた、わたしも痛みを乗り越えつつある。 ただ、それだけ。
     人は誰しも「形」と「心」の片方しか持つことができないという発見。

      そして、いろんなことがあったけれど
    韓国演劇との関係性や身体言語の方向性、という
    新しい「装備」を携えて、なんだかんだあっても
    一つ段階を上がっていった様がよく見える。

     正直、演劇をやめよう、と思ったこともあるかもしれない。
    けれども、演劇によって助けられている。
    そして、たくさんの物や事、人とつながっている。
    これを元にして新しい何かを作りつつあるようだ。

    ネタバレBOX

     わたしはふと考えた。

    世の中のありとあらゆる「宗教」は相互に「混ざっている」ようだ。

     それぞれ、鋭く差別があるし、鋭く救世感、というものもある。
    各宗教の持つ要素を一つ一つ確かめてみたら
    えらく面白いことになりそうだ。
    排他志向か、受容志向か、内向き志向なのか、外向き志向なのか、
    偶像崇拝の傾向があるのか、偶像否定なのか。
    さらには、つかむのか、つかまないのか。

     そんなことを考えていると物語が始まった。
    なんか、日本とコリアンって、どこか同じなんだけれど、
    細かい所で違っているんだよな。
    特に「おとむらい」というところで。

     ・・・いつから韓国は日本というものを
    「否定」していたのだろう?

     大昔はテレビコマーシャルとか、
    いろいろなものに「日本語」が混ざっていたし、
    日本の資本があからさまに混ざっていますよ、
    というアピールもあったわけで。
    ここを緒に不思議な物語へと更に降りていく。

     仏師とその弟子二人、そして仏師の娘。
    「三角関係」が2つできている。
    弟子は己の中に「形」を見たのか、それとも「心」を見てしまったのか。
    娘は「心」と「形」の「均衡」を取りたい、と思っていた、というか
    「心」と「形」という枠組みを全部取っ払って自由でありたい。

     それぞれの思いがグルグルするさまを見ていると、
    この世というものは「形」でできている、というか
    無限に膨らむ「心」というものを「形」が
    押さえつけているのかもしれない。
    結果、心はもくもくと「形」の外に
    はみ出して厄介なことになってしまう。
    このはみ出して、厄介なものが「欲」というのだろう。

     「形」にこだわればこだわるほど、「欲」というものに苦しみ、
    更には、「欲」というものから出た汚れにまみれた
    「災い」というものがよく出ていた。

     この様を見て、なんか、不思議なものを感じた。

     演劇で「いたたまれなさ」というやつを徹底的に研いで、
    見手に差し出してしまったら
    えらく大変なことになった事があったこととおんなじだよ。

     あの時は、徹底的に研がれた「言葉の刃」によって
    ひどく傷ついた人達がいて、素直に
    「こういうことがあってしんどかった、しんどいのにこのお話は堪える」と
    いえば、どうってことなかったのに、
    この状況で使うべきではない言葉を使って
    「これでも喰らえ」と演劇に対してその人達は仕返しをした。

     演劇に「のめり込む」ことで仕事や人生を失って、
    そのもやもやを晴らすべく自分なりの「演劇道」にのめり込むことで
    この失った痛みを忘れて、というのはよく分かる。

     けれども、方法論が違う人間に対して
    「殺意ある言葉」で易ある言葉を
    吐かれても、誰も聞かない、むしろ反発しか産まない。
    だから、その人たちから人が離れていった、というのに。

     正直、かわいそうとも思えない。
    かわいそうと思ったら、わたしの性根がかわいそうだ。
    こんなかわいそうな人間に「死ね」と暗に言葉を投げかけられたら
    嫌になる、だから自分は一度わたしを
    自分で「精神的に抹消した」のだ。


     自分にも至らない点は多々あることもわかっているし、
    なんとか改善しようとはしているが、元々の人間が違うから
    どうしようもないところはある。
    其のところまで私は他者を否定しようとしないのに
    その人達は其のところまで否定した、むしろ拒絶した。

     このことに対して、無視することもできず、
    ただのらりくらりと交わしながら、心のなかでは
    どうしたら良いのかわからなかった。

     
     正直、辛くて、しんどくて、悲しかった。

     見ていて、そんな数年間の流れを感じていた。

    0

    2013/07/17 20:54

    0

    0

このページのQRコードです。

拡大