春雪雷風 公演情報 劇団熱血天使「春雪雷風」の観てきた!クチコミとコメント

  • 満足度★★

    笑い?
    春雪雷風の 華Ver を見てきました。
    舞台は幕末終盤。日本という国を作り上げた男たちの支えとなった女性たちの熱き想いの胸の内を PROUD 喧嘩祭り と称して
    歴史の影にある史実を描いた作品。
    今までとは違った熱血天使さんの世界観が繰り広げられています。

    個人的な感想は↓にて

    ネタバレBOX

    今回の作品は好き嫌いがはっきり分かれる作風だと思いました。

    はじめのくだりから 身内ネタ として捉えてしまう部分が多々。

    脚本の水谷氏が当日パンフにて 「芝居になりにくい」 と記してありますが
    史実をかき集めてコミカル調に書き下ろした感じがしてならなくて
    芝居色の強いコントを見ているようでした。

    笑わせたいのか、感動させたいのか
    舞台としてのメッセージ(何が伝えたいのか)が不透明でした。

    人物紹介がしたいならば 動画(映像)として作ってもいいんではないのかな?と・・・

    舞台を見に来てる観客として、演者が 役 なのか 素 なのかが分かりません。
    役者が着物着てるだけであり、とってつけたイメージですとセリフで言われただけのようにも思いました。

    芝居として観劇できたのは大久保利通役の金澤さん。
    男役の方も素敵でした。(立ち振る舞い等が印象に残りました)

    メインの女優陣が続くにつれ、最後の昭憲皇太后がただの出オチに見えてしまい。世界観に引き込まれることなく終わってしまった舞台でした。

    批判的なコメントで恐縮ですが、残りのステージも頑張ってください。

    0

    2013/07/13 21:54

    0

    0

このページのQRコードです。

拡大