すなあそび 公演情報 劇団東京蝉ヌード「すなあそび」の観てきた!クチコミとコメント

  • 満足度★★★

    つげ義春のマンガの味わいに通じるものがあった
    本編上演の前に、「お年玉」として、3つの短編作品を上演した。

    これがとてもよかった。

    エドワード・オールビー、ハロルド・ピンター、竹内銃一郎の、それぞれ10分弱の短編なのだ。

    こういう短編を観る機会は、ほとんどない。

    3作品とも、短編なれど、それぞれの作者の個性があふれていて素晴らしく仕上がっていた。


    そして本編の、別役実作品。

    出演者は、みなさん淡々とした演じ方で、つけ義春のマンガの味わいに通じるものがあった。


    とても良かったが、今後はできるだけ別役作品以外の演目を考えてほしい。


    というのは、別役作品を初めて観る人はいいが、私のように、ある程度、別役実を観てきた人間から言わせてもらうと、

    「別役実って、どの作品も、作り方の構造やユーモアのひねり方が同じ」

    なのだ。正直、もう飽きた。


     それに、いま別役実をやっても、集客には結びつかない。主宰者は、挨拶で客が少ないことを嘆いておられたが、演目の選び方も、要因の一つではないだろうか。

    0

    2013/02/03 21:35

    0

    0

このページのQRコードです。

拡大