『27/72』 もう一緒に歳を重ねることのない、君へ 公演情報 クマノミ「『27/72』 もう一緒に歳を重ねることのない、君へ」の観たい!クチコミとコメント

  • 期待度♪♪♪♪♪

    これは観なくちゃ、でしょ♫♬
    これは奥の深いドラマ、という予感がしますね。

    年齢って、誰もが常に意識していますからね。

    僕も、今年の7月で、いよいよ区切りの65歳です。

    う~ん。

    だけど、自分では大成功の人生だったと思っています。


    これは観なくちゃ、でしょ♫♬

    3

    2013/01/09 09:12

    0

    0

  • kazuoga5409さま、ミドル英二さま

    クマノミ「『27/72』 もう一緒に歳を重ねることのない、君へ」のうちの1話である「27」の脚本・演出を担当しております、呉と申します。

    このたびは、「観たい!」の登録およびコメント、ありがとうございました。

    この「27」については、kazuoga5409さまがおっしゃっているように、「27クラブ」がもとになっております。
    ロックやブルースなどの洋楽に興味をもった人の中では有名な話なので、お芝居などのネタになりがちなのかもしれません。

    ミドル英二さまがリンクを貼ってくださったお芝居については、私は存じ上げませんでした。
    勉強不足で申し訳なく思っております。
    たしかに、あらすじなど、似通った部分がありますね。
    1年ほど前のお芝居ですが、「27クラブ」に興味をもった人間として見にいければよかったなと今感じております。

    今回のお芝居はこの「27クラブ」を下敷きに、私の体験なども踏まえて、自分なりに試行錯誤しながらつくっております。
    もし、お時間が合いましたら、劇場まで足をお運びいただけましたら幸いです。
    どうぞよろしくお願いいたします。

    2013/01/18 23:38

    kazuoga5409さま。
    さすがです(笑)。

    何か元ネタがあるかも、と検索しましたら「27クラブ」という語句に出会いました。

    この言葉で検索してみてください。プラスの方向で考えれば、「同じ元ネタから発想された」と考えられます。


    まったく関係ない話ですが、芸人の博多大吉の著書に「年齢学序説」という名著・迷著(笑)があります。

    これは、「ジャンルを問わず、成功者は、必ず『26歳』の時に何かエポックメイキングな体験をしている」という大胆な注目すべき法則を論じた本です。

    2013/01/09 11:56

    ミドル英二さま

    余計なことですが、昨夜のお話しにもちょっと関係するので…。
    以下の公演の【説明】の箇所をご一読ください。
      http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_main_id=24471

    まあ、【説明】だけの問題なので些細なこととは思いますが、作者が違うのに
    題名もほぼ同じというのは、ちょっとすっきりしません…。

    2013/01/09 10:15

このページのQRコードです。

拡大