Dの観たい!クチコミ一覧

41-60件 / 833件中
(三島由紀夫『近代能楽集』より)

(三島由紀夫『近代能楽集』より)

アムリタ

Studio Do Deux Do(東京都)

2013/05/23 (木) ~ 2013/05/24 (金)公演終了

自然と。
何をどう期待してるとか言葉にしようとすると難しい。アムリタがやるから観に行きます。呼吸と一緒です。

プルーフ/証明(元田 演出ver.)

プルーフ/証明(元田 演出ver.)

DULL-COLORED POP

シアター風姿花伝(東京都)

2013/05/29 (水) ~ 2013/06/02 (日)公演終了

三度目。
元田さんの演出作品を観るのはこれが三度目。
企画的にどうしても他のバージョンとの違いに焦点を当てられてしまうだろうし、それこそ谷バージョンと比較される事になると思う。でも個人的にその部分は結構どうでも良くて、自身の団体を終わらせてダルカラに演出助手として所属した彼女の覚悟や成長を確かめたい。

プルーフ/証明(谷 演出ver.)

プルーフ/証明(谷 演出ver.)

DULL-COLORED POP

シアター風姿花伝(東京都)

2013/05/24 (金) ~ 2013/05/27 (月)公演終了

四度目。
おかしの時間堂、コロブチカ、そしてDULL-COLORED POP休止前の上演で観ている。

百花亜希バージョンは、ダルカラが再始動して劇団員を増やした事の答えが観られる気がしている。
増やしたからこそ団員の手による自主企画公演が動き出しのだし、彼女は再始動の後に少し遅れて入団した経緯がある。個人的には「合ってるから入ればいいのになぁ」とか勝手に思っていた時期があって、しかし積極的にあちこちに客演しつつも何処にも所属しないスタンスからして今後もフリーでやっていきそうな気配があった。しかし入団したという事は、団体側から熱烈なアプローチがあったか、考えを改めたかだろう。これも勝手に思っている事だが、団体側から、というか演出家からのラブコールだったんじゃないかと。
その末のこの演目。期待するなというほうが難しい。

寅と卯

寅と卯

「ざ☆くりもん」

シアターグリーン BASE THEATER(東京都)

2013/05/14 (火) ~ 2013/05/19 (日)公演終了

気になる点が数々。
個人的に気になってならない人々が多数関与。しかし美味いもんを全部いっぺんに食べて美味いかと言えば、そうとも限らない。例えばカレーもコロッケも好きだけどカレーコロッケは嫌いです。カツカレーは好きです。この芝居は、どっちだ…?

くりかえし無限遠点

くりかえし無限遠点

feblaboプロデュース

新宿シアター・ミラクル(東京都)

2013/05/17 (金) ~ 2013/05/20 (月)公演終了

過剰期待。
山岡さんの脚本が近日こんなにも上演される事に胸騒ぎを得て、ホームである駄目なダーウィン舎の旗揚げ公演を観に行った。結果、CoRichで自分のページの「お気に入り団体・主催者」のアイコンを数年振りに追加しました。観ない訳にはいかない。

いのちだいじに【全6ステージ終了しました!】

いのちだいじに【全6ステージ終了しました!】

駄目なダーウィン舎

アートスタジオ(明治大学猿楽町第2校舎1F) (東京都)

2013/05/09 (木) ~ 2013/05/12 (日)公演終了

むむむ?
なにやら匂う。

花のゆりかご、星の雨

花のゆりかご、星の雨

ENBUゼミナール

花まる学習会王子小劇場(東京都)

2013/05/10 (金) ~ 2013/05/12 (日)公演終了

人が変われば
集団のカラーが変わって当然。それは演劇の座組にも言える事。
思い返してみると、良い意味で青さを感じる戯曲だった気がするので、若手が演じれば爽快感がプラスされるのやも。気になります。

明け星の頃には ~セロ弾きのゴーシュ~

明け星の頃には ~セロ弾きのゴーシュ~

ゲンパビ

シアター風姿花伝(東京都)

2013/05/03 (金) ~ 2013/05/05 (日)公演終了

再会。
学内で作・演出されたものを一つ観た覚えがあります。その時も下敷きされた物語があったので、これがお得意な手法なのかと思って、この機会に再び観てみたくなり。

※既に鑑賞済みですが、事前に携帯から登録しようとしたら何度ログインしてもTOPページに戻ってしまったので。「達成!」マークが欲しく。

focus. 神話

focus. 神話

ミームの心臓

花まる学習会王子小劇場(東京都)

2013/05/02 (木) ~ 2013/05/08 (水)公演終了

食べ合わせや如何に。
もう一度観たかった団体、未見の団体、もう観なくていいやと思っていた団体。プラマイでちょっとプラスだったので観たくなりました。テーマを神話にしたのは何故なのか? 
食べ合わせは、正直どうでもいいのです。物凄く美味いのが三つ揃えばそれぞれの味なんかどうでもいい。

曽我蕭白

曽我蕭白

LiveUpCapsules

atelier SENTIO(東京都)

2013/05/02 (木) ~ 2013/05/05 (日)公演終了

おひさしぶり。
ちょっと振りの観劇。その間もDMを頂いていたのでずっと気にはしていたのです。
客席と間近なスペースでひっそり語られる物語が合う作風と思えるので、今回は余計に期待。

フェルナンド・アラバール「戦場のピクニック」フェスティバル

フェルナンド・アラバール「戦場のピクニック」フェスティバル

die pratze

d-倉庫(東京都)

2013/04/23 (火) ~ 2013/05/06 (月)公演終了

全部観たい。
ドンドン増えて欲しい、こういう企画。

身体の景色「戦場のピクニック」

身体の景色「戦場のピクニック」

身体の景色

d-倉庫(東京都)

2013/05/02 (木) ~ 2013/05/03 (金)公演終了

出会いに行く。
気になっている団体がいくつかあって、見事にそれぞれ違う組になっていた中、新たな出会いを信じてこの団体を含む組を選んだ。良い出会いであれと期待。なんなら出会い頭の事故レベルのやつがいい。

あかいくらやみ~天狗党幻譚~

あかいくらやみ~天狗党幻譚~

阿佐ヶ谷スパイダース

Bunkamuraシアターコクーン(東京都)

2013/05/05 (日) ~ 2013/05/26 (日)公演終了

惹かれた。
長塚圭史さんの事は勿論存じ上げていて、でも観ていなかったのです。「浮標」は観ようとしたんだけど。今回のフライヤーを手にした瞬間に、なんか行かなきゃならない気がして。呪われる様に。幸せな呪いであれ。

ナミヤ雑貨店の奇蹟

ナミヤ雑貨店の奇蹟

演劇集団キャラメルボックス

サンシャイン劇場(東京都)

2013/05/11 (土) ~ 2013/06/02 (日)公演終了

本家を生で。
映像作品、別団体での脚本上演、キャラメル俳優教室、アナザーフェイス。それらは幾度となく観ていたものの、いよいよ本家を生で。王道が好みど真ん中でない自分の観劇人生にもちょくちょく割り込んできていたので、今更ながらやはりそれだけ影響力があるという事。長年のライバルに初めて会うみたいな心境。怖くてワクワク。

紙風船文様

紙風船文様

カトリ企画UR

atelier SENTIO(東京都)

2013/03/30 (土) ~ 2013/04/07 (日)公演終了

何度観たか。
そしてこれからもまた何処かで観るであろう戯曲。自分が年齢を重ねるほどに味を感じたし、まだまだ深みを増すと思う。ちょっと昔の夫婦像をどういった見せ方にするか、知識も経験も感覚も必要な演目ですね。

2人の藝術家の話/鬼火

2人の藝術家の話/鬼火

一徳会/鎌ヶ谷アルトギルド

鎌ヶ谷市東部学習センター・レインボーホール(千葉県)

2013/04/06 (土) ~ 2013/04/07 (日)公演終了

割とご近所。
我が生息地から割とご近所で親近感。不意にご縁があって拝見する運びになりました。良き機会となれば幸い。
チラシデザイン、めっちゃ好み。

ゼガヒデモ

ゼガヒデモ

Guesspell Project

新宿シアター・ミラクル(東京都)

2013/03/27 (水) ~ 2013/03/31 (日)公演終了

お懐かしい。
かつて早稲田や立教の学内で彼らを観ました。また観たいと思っていたので、この機会に。

過大な評価癖

過大な評価癖

多少婦人

OFF OFFシアター(東京都)

2013/04/10 (水) ~ 2013/04/14 (日)公演終了

ちょうど。
個人的にちょっとしたイベントを翌週に控えていて、刺激を受けたい様でもあり、変心してしまわない為に現状維持に留めたい様なタイミングでもあり。に、多少婦人はちょうどいい。「こちとら芸術家だ!作品の意味なんかてめぇで探しやがれ!」みたいな驕りが全然ない。すごく、優しい。田舎の親戚の郷土料理みたいな感じ。

アーサー・パイソン

アーサー・パイソン

.comet <ドットコメット>

シアターグリーン BASE THEATER(東京都)

2013/04/26 (金) ~ 2013/04/29 (月)公演終了

あっけらかん。からの、人情。
が、この団体の作風の印象。人の負の感情の深遠を抉るみたいな事をせず、温かい部分をふわっと撫でるくらいの感じ。気楽に観るつもりだったのに結構見入っちゃったじゃないと思わせるのにちょうどいいところを突いてると思います。
それだけに、「からの」がどのタイミングで訪れるかがポイント。もう既にお家芸に定着した頃かな?

suicide paradox

suicide paradox

拘束ピエロ

シアターブラッツ(東京都)

2013/04/27 (土) ~ 2013/04/29 (月)公演終了

客演はよく観てた。
劇団員の外部活動はよく目にしていました。で、好きでした。って事はホームではより濃いものを見せてもらえるはず。他に気になる方もチラホラ。

このページのQRコードです。

拡大