因幡の観てきた!クチコミ一覧

41-60件 / 78件中
のうみん

のうみん

劇団そとばこまち

近鉄アート館(大阪府)

2017/09/08 (金) ~ 2017/09/10 (日)公演終了

満足度★★★★★

物語の展開が面白く、とても楽しめた。座長坂田大地君の作品はストーリーがちゃんとしているから、色んな演出が生き生きしている。
それといい演者達。ラストに舞台いっぱいの圧巻の爆発的な叫びのシーンに感動したが、そこまでキャストやダンサーズの皆が積み重ねてきた物語あってこその盛り上がり。
わざわざ遠征して行った価値以上の舞台でした!

伊藤えん魔プロデュース「百物語」

伊藤えん魔プロデュース「百物語」

ファントマ

in→dependent theatre 2nd(大阪府)

2017/08/11 (金) ~ 2017/08/13 (日)公演終了

満足度★★★★

今回の前半はゾンビホラーの演劇ですが、あんまり怖くない。むしろ華やか。
後半のトーク・幽チューブは、爆笑の連続で、今年も大変楽しめました!!

狐姫

狐姫

ブラック★タイツ

近鉄アート館(大阪府)

2017/07/14 (金) ~ 2017/07/17 (月)公演終了

満足度★★★★

ストーリー展開がよくわからなかったり、居るべきと思う登場人物がいなかったりと物語に納得できない部分があった。
ただビジュアルは豪華で綺麗。キャストも猫タマ&猫姉妹、牡丹、観陀太といったところが良かった。演技もそうだが、観てるだけで楽しめた。
ミュージカルとあったので、ミュージカル初心者としては敷居が高いかもと思ったが、ちゃんとエンタメとして観られた。
やっぱりストーリーと2時間50分という長さがちょっと残念。

コメディエンヌ☆No.1

コメディエンヌ☆No.1

劇団ほどよし

大阪市立芸術創造館(大阪府)

2017/05/26 (金) ~ 2017/05/28 (日)公演終了

満足度★★★★

だんだん混乱の度合いが増していく様が、まさにドタバタコメディ!
この劇団の後日譚がぜひ知りたいですね。

LARPs

LARPs

劇団「劇団」

in→dependent theatre 2nd(大阪府)

2017/05/24 (水) ~ 2017/05/28 (日)公演終了

満足度★★★★★

面白いストーリー!カッコいい殺陣!衣裳も小道具も、観客をファンタジーな世界に引き込んでくれるgoodな出来でした!
こんなワクワクドキドキのエンタメ舞台は、観ていて楽しくて仕方ない!
ゲキゲキ始動を1年待った甲斐がありました!

ネタバレBOX

今回セシル役の前田郁恵さん(ZTON)が初見でしたが、凄い良かった!ランプ役で大好きな役者の林遊眠さん(ショウダウン)との物語は、個人的にこの2人が主人公として観てました。遊眠さんがパイドパイパーとダブって見えたんですが、やはり守る者だったからからですかね。
アーゴイル(リーガウス)役のさいとうひろき君、スエ役の松田悠君。どうしようもなく嫌な奴でしたね。なのにアーゴイルは面白キャラだし、スエは改心するし…ちょっとモヤッとするね~
ストーリー中でのツボはバラザ役の久保真優さんの「テヘペロ」ですね。なんでお前がそんなに沢山持ってきてるんだ!という観客全員の内心の突っ込みが、その一言でもういいかってなりましたねw
ドラゴンカルト

ドラゴンカルト

劇団ショウダウン

大阪市立芸術創造館(大阪府)

2017/03/23 (木) ~ 2017/03/26 (日)公演終了

満足度★★★★★

現代劇のショウダウン、良かったです。
大量殺人のミステリー作品ですが、観終わった後いろいろ取りこぼしのあるシーンやセリフが絶対あるはずと考えてしまいました。
これはDVDを待つしかないかw
特に印象に残った役者さんは、怖い篠原涼君と懸命な佐々木穂香さんと自由なベテラン稲森誠さんですね。もちろん今回ラストステージの宮島めぐみさんは忘れません。

福喜多さんちの三兄弟10 ~蒲公英の頃~

福喜多さんちの三兄弟10 ~蒲公英の頃~

劇団925

in→dependent theatre 2nd(大阪府)

2017/03/25 (土) ~ 2017/03/26 (日)公演終了

満足度★★★★

今回三兄弟そろっているのを初めて観ました。
脚本がいいのでしょうが、客演の村角君、行澤君と福喜多さんちの人々との絡みが面白くて、まるでコントのようでした。
安心して楽しめるホームコメディです。

教師ノシカク

教師ノシカク

劇団そとばこまち

HEP HALL(大阪府)

2017/03/02 (木) ~ 2017/03/05 (日)公演終了

満足度★★★★★

アトリエ以外の劇場で、「そとばこまち」の現代劇を初めて観ました。
やっぱり時代劇シリーズもいいけど、こういう作品は「そとばこまち」坂田作品らしいと感じます。心温まるホラーコメディとPRしてますが、常に何か社会的テーマを入れて観客に投げかけ、しかしそれが強く出すぎない姿勢は好感が持てます。

ネタバレBOX

今回、開幕早々に全員の歌とダンスっぽいシーンがあり、もしかしてこういう路線で行く?と思わせられました。歌のある舞台(ミュージカルじゃない)は好きです。歌にテーマが載せられますからね。最後の仰げば尊しの合唱で、「いざ~さ~ら~ば~」はとても哀しいシーンで良かったです。ただ「教師ノシカク」というタイトルに対する答えは提示されたかな?それともどう思いますか?ということだったのかな?
それとすでに村に入った10人の行方が分からないままだし、なんで主人公は村の壊滅を知らないままだったのかな?思い入れはあったと思うのに?...という疑問が残ったままです。

一番印象に残った役者さんは、酒井高陽さんですね。こんな校長いるわけないのに、でもいるかもしれんなと思ってしまうほどしっくりした舞台上の姿でした。
客演で、オオサワ君はあの顔で三枚目でオモシロイ。
西村さんは久しぶりの舞台とのことでしたが、疑いたくなるいいお芝居でした。
加藤さんはいつもと違って、大騒ぎしない静かな役で最初は誰だろうと思ったほどです。
中村君はイケメンで、あんな女装して美人になって、意外に楽しい役でした。
花田さんは、2種類の母親役でした。喧しい母と静かな母で好対照でしたね。
南園みちなさんは元気いっぱいの役で、それでいてやっぱり可愛くて。最後は珠ちゃんやっぱり性格いい子ですね。
佐藤美月さんは大人の女性役でしたが、こういう役がきっちりできるようになったと思いました。
田中君は主役の看板を背負えるようになったと感じる演技でした。ほぼ出ずっぱりでしたしね。
新谷君はあの顔で小学生役は、、、コメディですね。本作品のコメディ感はそれほどないですが、小学生たちのシーンがそれですかね。
くぼた君の劇中の笑みは腹黒感溢れるものでした。前説やMCしてる時とは別人で、嫌な奴でしたね。
土井君は久しぶりに舞台で観ました。校長の手下感ありましたね。
和泉さんは初っ端に校長で出てきたので、老け役のイメージが残ってしまいましたが、村の職員は実年齢相当の役でしたよね。100円劇場の和泉森明菜のインパクトが強くて、本編の役が飛んでしまいました。
岡崎君は同級生4人組の一人で、そのまま幼馴染の仲間でした。
井本君は今回本編中での印象が薄いのですが、前後にやった殺陣ではインパクト大ですね。
豊哉君の父親は最初もっと嫌味な奴になれば良かったのかな。
横路さんもダンス部のせいか、本編よりダンスが印象に残ってしまいましたね。うますぎですから。
周平君は前説から本編の町長代理まで、大活躍でした。ギャグ無しが良かった。
鷲坊君は、贋作写楽の時だったか、ただ走ってるだけの印象だったのが、今回髭面のインパクトもあり、結構良かったです。
正一君の印象が本編中薄いです。なんでだろう・・・ちょっと硬さがあったからかな
永井さんはダンスもやれるし、これからどんどん出てもらいたいですね。
かがとび

かがとび

STAR☆JACKS

大阪市立芸術創造館(大阪府)

2016/12/02 (金) ~ 2016/12/04 (日)公演終了

満足度★★★★★

若さですね!
初めてのSTAR☆JACKSでした。若手公演で、まさに若さでグイグイ押しまくる熱い舞台です。
STAR☆JACKSは男所帯ですが、今回のキャストは半分が女優陣なので、結構華やかな舞台です。時代劇で定番の殺陣は勿論のこと、火消の敵である火事=焔衆(6人の女性ダンサー陣)との殺陣は炎舞といえばいいのか見ごたえあります。
物語そのものも、男気溢れる楽しめるものでした。
ただ大勢の男達の中で一番男前だったのが、お正(江本真里子さん)、栞(田中茜さん)でしたww

のぶなが

のぶなが

劇団そとばこまち

近鉄アート館(大阪府)

2016/11/11 (金) ~ 2016/11/14 (月)公演終了

満足度★★★★★

やるね、そとばこまち!
エンターテインメント時代劇と冠して、毎年公演をしてきた「そとばこまち」。今年は「五右衛門」で締まるかと思いきや、「よしもと」とコラボして「のぶなが」を再演し、間違いなく成功させました。
再演でしたが、主役の濃姫を福本さんが、信長を岩部君が務める回だったので、初演と違ったテイストで楽しめました。
これからドンドン上を目指すのでしょうね!!

ネタバレBOX

南園さんのお夏は、出番が少ないのが残念。ただあの狂気は凄かった。ちょっと怖くて哀しい役でしたね。
田中君は真面目な光秀でした。福山秀吉といいコンビ。記者会見で「日本一の劇団」にすると発言してましたので、これからも期待します!
佐藤さんの乱丸は初演よりも、グッとよかったです。花田坊丸と今中力丸の森三兄弟はGOOD!これからの彼女の成長も楽しみです。
横路さんを筆頭に、花田さん今中さんを含めた8人のダンサーズは、物語の始まりと終わりに打ち上げる花火として最高でした。
新谷君は信長役の回ではなかったので、顔出しせずに兵士役で駆け回っていましたが、彼の殺陣がこの舞台のポイントの一つでしたが、大成功でしたね!
くぼた君の村重は、彼らしいお笑いのポイントの少ない役でしたので、ちょっと物足りなさがありました。
和泉さんは、侍女お春として濃姫やお犬の方について回ることがメインで、彼女の喧しいキャラは抑え気味でした。ただ彼女は衣裳として舞台を華やかに、重厚に彩ってくれました。ABCホールでこの時代劇シリーズを始めたころは、特に男優陣の衣装の着崩れが気になったものです。
井本君はとび加藤ですが、こういうあくの強い役が似合いますね。「五右衛門」続いて敵役の忍者ですが、こういう悪役は絶対必要ですね。
岡崎君は孫市でしたが、こういう真っ当な役があってるような気がします。「五右衛門」のふざけた南蛮人よりも。
メガネニカナウ2

メガネニカナウ2

メガネニカナウ

in→dependent theatre 1st(大阪府)

2016/11/11 (金) ~ 2016/11/14 (月)公演終了

満足度★★★★★

楽しめた!
昨日観たメガネニカナウ2、C+Aチーム。なかなか楽しいショートストーリーです!
個人的にはAチームの濱辺緩奈さん田中之尚君を楽しみに行きました。
CチームのKING&HEAVYの飯島、伊藤両君もよかった。

そして誰より印象に残ったのが、山本香織嬢!本編に出てないのに!受付、前説、MC・・・どんだけ贅沢な使い方をされてるんだ!

SF野試合ガール~宇宙大戦争~

SF野試合ガール~宇宙大戦争~

お笑いサタケ道場

シアターOM(大阪府)

2016/11/12 (土) ~ 2016/11/13 (日)公演終了

満足度★★★★

なるほど、お笑いサタケ道場
作演出の佐竹君の頭の中はこんなことになっているのか。と認識させられた、初サタケ道場でした。続編なので、前作を観たかどうかで理解度が違ったのかなと思いました。
役者さんでは、稲森さんのインパクトが大きいですね。
あと前説の佐竹君の「野試合」解説の長いことwww

メビウス 2016年10月版

メビウス 2016年10月版

劇団ショウダウン

船場サザンシアター(大阪府)

2016/10/07 (金) ~ 2016/10/10 (月)公演終了

満足度★★★★★

いいものはいい
3回目のメビウスを原千博&篠原涼ペアで観た。
何度観ても初めてのような感覚になる、いい作品。
2人芝居ですが、主役はやはり「彼女」女優さんだと思う。
今回の原さんはコミカルなシーンが上手くて、そのせいかラストに向けてギュッと胸を掴まれるものがあった。

まだショウダウンメンバーのうち、林遊眠さんと竹内敦子さんのメビウスを観てないので、次回は日程が合えば是非お二人を観たい。

米元の変 2025

米元の変 2025

劇団SHINKOUJI

心光寺(大阪府)

2016/10/07 (金) ~ 2016/10/10 (月)公演終了

満足度★★★★★

なかなかに
面白い舞台です。
お寺を会場にどういう風な物語展開になるかと思ってましたが、なるほどそのまんまの背景(ご本尊様の前)が設定でした。
また次も見てみたいなと思える劇団SHINKOUJIです。

ネタバレBOX

今回所見の役者さんが多くて名前と役が一致しないので、知っている役者さんだけですが、今回の印象に残っているのは、

しっかりストーリーを作った主役の、奥田さぶりな美樹てぃさん。
権力側で命令を出しつつもいじられキャラで面白い、さいとうひろき君。
いい人以外何者でもない、松田悠君。
自分の欲望に素直でちょっとだけ頼りになる、久保真優さん。
子持ちで人妻で金持ちなのに一発ギャグが結構いける、栗田ゆうきさん。
バカップル?の片方で一途なかわいいキャラ、奥田紗矢さん。

来客側のキャストの衣装が登場の都度変わっていて、そこもちょっとした見所でした。
撃鉄の子守唄 2016年版

撃鉄の子守唄 2016年版

劇団ショウダウン

HEP HALL(大阪府)

2016/08/20 (土) ~ 2016/08/21 (日)公演終了

満足度★★★★

西部劇だけじゃない
3時間の長丁場を、2幕に分けての上演。西部劇だけじゃないストーリーを、ガッツリ見せてくれます。
個人的に本作での役者陣で注目は、女優は植木歩生子さん、男優は升田祐次君の2人です。カッコイイんだ。
林遊眠さんは、メインだけど主役というわけでないポジションで、でもしっかり観客を掴んでます。中路輝君とのやりとりは可愛い女の子です。

ただ3時間は初老を大きく越した腰痛持ちのオジサンには厳しかった。2時間に纏めて~

ネタバレBOX

いつものように、登場人物の多くが実在の人物でしたが、当日チラシにでも人物紹介を載せてもらいたかったです。
名前を知っているだけの人もいました。コナンドイルが「サー」の称号を得たことを、観客が知ってることが前提になっているセリフもありました。

ダンスシーンは、舞台のわりに人数が多くて、ちょっともったいない感じでした。ダンスチームと林、中路の2人に絞っていたらどうだったかな~?
五右衛門

五右衛門

劇団そとばこまち

近鉄アート館(大阪府)

2016/07/01 (金) ~ 2016/07/03 (日)公演終了

満足度★★★★★

エンタメ時代劇を是非!
毎回、ダンサーズのカッコいいオープニングから始まるこの時代劇シリーズ。今回はさらにレベルアップ。彼女たちのダンスは必見。
笑って泣ける物語で、時代劇シリーズ中で一番好きな舞台です。

日替わりゲストが、森田まりこさん(吉本)と彩羽真矢さん(チャミ・アイドル)の回でした。チャミさんが100円劇場でSTB138とコレボして、かっこ良すぎ。

ネタバレBOX

陰謀渦巻く物語の中で、オオサワシンヤさん、中道裕子さんの二人の役がとてもいい。この二人がいるおかげで、軽やかな舞台になったと思う。

南園みちなさんの記憶が戻るまでの可愛らしい役をもっと見たかった。毎回このシリーズは男前の役ばかりだったので、個人的にちょっと残念。
佐藤美月さんは、大人の女優さんになってますね。美人の役がよく似合います。
田中尚樹君の石田三成はなかなか軽みがあって、好感度高い。
新谷佳士君の島左近は、もっと活躍の場がほしかった。
くぼたゆういち君と石原正一の偽五右衛門兄弟は、この舞台で一番いいところを持っていった。ある意味主役ですね。
土井隆君の秀次は、自主性の無さがよく出て、いやな奴。
岡崎裕樹君の胡散臭い外人は、いかにもで似合ってましたね。
坂本真菜さんの茶々は、物語の展開上はそれほどのポジションではないですが、和泉さんと天野七奈、森蔦稲子の4人チームで舞台を盛り上げてましたね。
井本涼太君の多羅尾は無表情なのが、役の雰囲気出てた。
豊哉君はいろいろ出てましたが、利休の切腹の時衣装を忘れていたような気が。
横路久未さんは今回ダンサーチーム専念ですね。ダンサーのレベル高し。

Cheeky☆Queensの畠山薫さん、鳶野皐月さんの二人はダンサーのみならず、くノ一、歴女と色々目立って楽しめました。
主役の竹村晋太郎君は、体形プーさんなのによく動く!
今中美里さんは物語の筋にしっかり絡む少年を元気にやってました。
花田咲季さんは加藤遥子さんとペアで走り回ってましたね。舞台が近いので、わりと前列に座っていたので、風が舞ってました。
西大橋の密室

西大橋の密室

マキコミシアター

自由表現空間 シアターカフェNyan(大阪府)

2016/06/11 (土) ~ 2016/06/12 (日)公演終了

満足度★★★★

こんなのあるんだ。
「観客巻き込み型」というのは何かな?というところから、興味をもって観に行きました。カフェでやるとか、民家でやるとかいうのは経験がありましたが、本当に「参加させられて」しまいました。
説明しづらいので、百聞は一見に如かずということで、参加してみてはどうですか?としか言えません。
好き嫌いがあると思いますが、推理小説好きには犯行現場に立ち会えるという魅力がありますよ。

屋根のない城

屋根のない城

ムーンビームマシン

HEP HALL(大阪府)

2016/06/11 (土) ~ 2016/06/12 (日)公演終了

満足度★★★★★

お久しぶりです
1年ぶりのムーンビームマシーンの公演でした。3本の短編ファンタジーですが、好きなのは「玩具修理工場」ですね。楽しいのは大好きです。
今までならダンスチーム、役者チームとはっきりしていたのに、今回全員が役者でダンサーで面白かったですね。
キャストが大勢いるのに、短編3本ということもあって、ガチャガチャ感無く見られました。

これからもっとたくさんムーンビームマシーンのSarahさんが観られるのを楽しみにしてます。

メビウス 2016年 春の特別企画

メビウス 2016年 春の特別企画

劇団ショウダウン

船場サザンシアター(大阪府)

2016/04/28 (木) ~ 2016/05/08 (日)公演終了

満足度★★★★★

まだの方には是非!
何度見てもいい物語です。
澤井・為房のEチームを観ました。
哀しい恋の物語を、二人芝居で見せてくれます。
澤井さんのイメージがゲキバカ「想い出パレット」の「お嬢」しかなかったので、メビウスの「彼女」を観られてよかった。純粋で、哀しい、綺麗な「彼女」でした。
為房君はメビウスにちょっとだけ笑いを提供してくれた、いいキャラクターです。わりと好きなタイプの役者さんです。

メビウスは船場サザンシアターで上演されてますが、今まで何人の方が見たのでしょうか?小さな劇場なので、せいぜい千人二千人程度なのでしょうか?何と勿体無い!もう少しGWは続くので、まだの方には是非観てもらいたい物語です。

劇団「劇団」ショートショート〜ゲキゲキがいっぱい〜

劇団「劇団」ショートショート〜ゲキゲキがいっぱい〜

劇団「劇団」

大阪市立芸術創造館(大阪府)

2016/04/29 (金) ~ 2016/05/02 (月)公演終了

満足度★★★★★

B公演を
観ました。3作品がそれぞれ全く色合いが違うので、2時間の上演時間がとても短く感じられました。
「ドクター」は登場人物がみんないいキャラで、好きなコメディ作品。
「BAR」は、なるほどこう来るか~、という展開。
「猫」は、泣かせる物語。
間違いなく、楽しませてくれる劇団です。

ネタバレBOX

「ドクター」の中では斉藤が一番好きなキャラですね。ストーリーをぶん回してくれます。2番目はミズホですが、久保さんの声が可愛すぎで、もっと迫力あればより面白いキャラかな。マキの千奈美さんがB公演中では、一番の美人さんでした。
「BAR」はどんでん返しの展開で見せる物語で、ナルホドでした。記者もやくざも良かった。殺し屋になったマスターが、ぎこちなさすぎ。
「猫」の話は、絶対泣く。後ろの席の女性が、終演後のアンケート記入中でも思い出し泣きしそうだった。ここは歩生子、千奈美の猫耳・鼠耳の可愛さに注目でしたね!

このページのQRコードです。

拡大