困った金時の観てきた!クチコミ一覧

181-200件 / 838件中
ミュージカル『アラジン』

ミュージカル『アラジン』

劇団四季

電通四季劇場[海](東京都)

2015/05/24 (日) ~ 2019/06/30 (日)公演終了

満足度★★★★★

やっぱり楽しめる!
いろんな意味で”劇団四季”嫌いの人も1度は観たほうが・・・。
私は作品本位なのでとくに好き嫌いはありませんが。
発売初日に約21万枚のチケットを売りさばき四季での新記録を作ったそうです。

―ワタフェス―

―ワタフェス―

WATARoom

テアトルBONBON(東京都)

2015/07/18 (土) ~ 2015/07/20 (月)公演終了

満足度

ある意味予想通り!
同じセリフを何度も繰り返し、話があるようなないような?
残念ながらハッピーにはなりませんでした。

祝祭

祝祭

Trigger Line

小劇場B1(東京都)

2015/07/18 (土) ~ 2015/07/26 (日)公演終了

満足度★★★★★

臨場感溢れる!
トリガーラインは2度目の観劇だが、興味深い脚本をほとんど素舞台の中、役者の質の高い演技と巧みな効果音、照明が一体となる素晴らしい芝居。
良い時間が過ごせました。

エリザベート

エリザベート

東宝

帝国劇場(東京都)

2015/06/11 (木) ~ 2015/08/26 (水)公演終了

満足度★★★★★

キャストを変えて2回目!
花總、城田、佐藤、京本、剣、山崎キャスト。
花總エリザは蘭乃とは比較にならない素晴しさ。
城田トートは歌ではさすがに井上の後塵を拝すが、色気演技は上。
佐藤フランツは歌は上手いのだが、何となく影薄い。
京本ルドルフは"闇が広がる"時の低音に不安定さがある。
剣ゾフィーは、意地悪さの印象は香寿より印象強い。甲乙つけがたい。
山崎ルキーニは狂人らしさが最後まで続かない。
この役に限っては歌より演技重視でもっと癖があってほしい。
これで、キャストひと通り観ましたが、1回しか見ない人には、間違いなく花總エリザを薦めます。
次は花總井上で観ます。

ネタバレBOX

やっぱり、棺も・どきの舞台の上での芝居は馴染めない!
ラストも旧演出に比べると「え、終わっちゃうの」と思うくらい流れのままでの棺の舞台の上でのエンド。ちょっと寂しい。

僕の中にある静けさに降る、騒がしくて眩しくて赤くて紅い雪

僕の中にある静けさに降る、騒がしくて眩しくて赤くて紅い雪

天幕旅団

SPACE 雑遊(東京都)

2015/07/09 (木) ~ 2015/07/13 (月)公演終了

満足度★★★★

想像力を掻き立てる芝居!
モノクロ版観劇。
衣装や舞台は特に凝ったものではない。
自分の想像力がどこまで芝居を膨らますことができるか、そんな芝居である。

ネタバレBOX

白雪姫を殺したのは彼女の言葉を信じることができなかったのは、嫉妬心の強い森の中の多重人格少年であった。
チャイルドボイス

チャイルドボイス

『熱きロマンを胸に、生きる勇気と希望を与えるべく突っ走り続ける奴ら。』

シアターサンモール(東京都)

2015/07/15 (水) ~ 2015/07/20 (月)公演終了

満足度★★★★

声なき声が聞こえる保育士!
夢麻呂の金髪中年ヤンキー保育士ぶりが最初は鼻につくものの、芝居が流れていくと何とも言えない味に変わって行く。ギャグのふり方や返しも上手い。
演出もここ一番に目をひくものがある。話自体も興味深く、
保育園児を演じる大人の役者たちも違和感がない。
ダンサーのパーフォーマンスも良い。

ネタバレBOX

第一幕のラストの演出が素晴らしかった。
継母の暴力に耐えかねたナツミが餓鬼になり、蛇鬼を使って継母を吊し上げる場面は印象的!
「月暈とメスシリンダ」(公演終了 ご来場ありがとうございました)

「月暈とメスシリンダ」(公演終了 ご来場ありがとうございました)

Sky Theater PROJECT

小劇場B1(東京都)

2015/07/07 (火) ~ 2015/07/14 (火)公演終了

満足度★★★★

どこかにある風景!
人の未来が読まれてしまうのにはいささか抵抗あるものの、それも悪いことばかりでないというのが解りました(笑)
他人の人生のワンシーン観させてもらい、また心が広くなりました。
自然な演技、特に、女性陣と荒井健太役良かったです。

ネタバレBOX

駄菓子問屋が舞台。
恋人を置いて12年帰らなかった次男が、仕事をやめて母の介護を手伝おうと実家に戻ってから起こった日常の話。
25528+

25528+

はちみつシアター

テアトルBONBON(東京都)

2015/07/08 (水) ~ 2015/07/12 (日)公演終了

満足度★★★★

ハチの一刺しでした。
戦後70年、そういう数字だったのですか、意外な題材でした。
芝居は83らしさ満開でした。面白かったです。
オリジナルテーマ曲「+++(カラカラカラ)」はノリがいい!

ネタバレBOX

宝をめぐる、”工場女子”、”キャットヒス”、”新日本”の戦い!
意外にも野の中身とは、戦争に欠かせないミサイルの設計図でした。
残夏-1945-(ざんげ)

残夏-1945-(ざんげ)

サイン アート プロジェクト.アジアン

座・高円寺2(東京都)

2015/07/09 (木) ~ 2015/07/12 (日)公演終了

満足度★★★★

胸が痛い!
ろう者と健常者の芝居。
何といっても、原爆の爆発音と焼け死んだ妻を背負って歩く姿がリアルで胸が痛い!
最後にろう者である母親と娘と分かり合える主人公の笑顔が印象的。

ネタバレBOX

両親と娘がろう者であるバツイチの主人公が、通訳の元夫と共に自ら興した企画の取材で疎遠になっていた長崎に住む母親に戦争と原爆の話を聞きにいく。さらに今まで決して話すことがなかった母親の生い立ちを聞きたくなる。重い口を開いた母は、実は祖父母もろう者であったことを打ち明け、戦時中をどのように生き抜いたか、恩人となる隣人の倉田夫妻の交えながら話し出す。
舞台『BLOOD-C』

舞台『BLOOD-C』

BLOOD-C STAGE PROJECT

世田谷パブリックシアター(東京都)

2015/07/02 (木) ~ 2015/07/05 (日)公演終了

満足度★★★

アクション女優カッコイイ!
なんていっても、宮原華音と青野楓のアクションの切れ味が鋭い!
内容にもっとグロテスクなものがあると思いきや残念盛り上がりにいまいち欠ける。
映像は観た場所が3階だったので、あまり効果的には見えなかった。

時代絵巻AsH 其ノ六 『碧血〜へきけつ〜』

時代絵巻AsH 其ノ六 『碧血〜へきけつ〜』

時代絵巻 AsH

シアターグリーン BASE THEATER(東京都)

2015/07/02 (木) ~ 2015/07/05 (日)公演終了

満足度★★★★

舞台の狭さが・・・!
舞台が狭すぎて、殺陣に緩みがみえた。
もう少し大きな舞台だとスピードも迫力もでていたであろう。
脚本は興味深く楽しめた。

ネタバレBOX

日本人はやっぱり負け戦としりつつ戦ってしまうのは今も昔もおなじですね!
リ:ライト

リ:ライト

トツゲキ倶楽部

「劇」小劇場(東京都)

2015/07/01 (水) ~ 2015/07/06 (月)公演終了

満足度★★★★

環境が人の心を変える!
周りの優しい人たちが書き直しをさせるそんな思いを感じました。
心優しい人たちが集まると化学反応も必然を生み出す結果なりますね!
切ない心情、細かい演出良かったです。
好きなことが職業でしかも生活できるなんてこんな幸せはありません。

エリザベート

エリザベート

東宝

帝国劇場(東京都)

2015/06/11 (木) ~ 2015/08/26 (水)公演終了

満足度★★★★

新演出!
蘭乃、井上、田代、古川、香寿、尾上キャスト!
蘭乃・・・後半の地声が音域の部分は良かったものの、一番の聞かせどころの”私だけに”は声が3種類に聞こえ、違和感否めない!
井上・・・ルドルフの印象強く、切り替えできるか心配だったが、オーソドックスなトートで期待通り。チラシより目を吊り上げ黄泉の帝王らしさでてた。田代・・ルドルフから今回フランツに違和感なし。香寿・・・彼女は、”モーツアルト”の「星から降る金」で好きになり、初めてとはいえ貫禄のゾフィー。
尾上・・・帝劇デビュー、ルキーニの悪っぽさそこそこでてたが、歌った時の語尾をもっと丁寧に歌ってほしい。今後はもっと良くなるだろう!次回は山崎観るのでそれとの比較でどうだか。

ネタバレBOX

曲の良さから、エリザベートの評価は変わらないが。
どうも新演出に馴染めない。(今後数回で印象変わるかもしれない)
舞台上の棺もどきのセットの上(数多くないのだろうが)での演技が頭に残る。前演出のほうが舞台を広く使っていたような感じがする。
好きだった3人が乗る馬車が、ますます馬車もどきになってしまったのも残念!
コロッセオ・ミュージカル’80

コロッセオ・ミュージカル’80

とくお組

座・高円寺1(東京都)

2015/06/24 (水) ~ 2015/06/28 (日)公演終了

満足度★★★★

どんでん返しミュージカル!
鈴木さんの持ち味がでていて楽しめました。
親しみやすいミュージカルで舞台セット、衣装とも良かったです。
とくお組本当にお休みしちゃうのでしょうか?寂しいです。

ネタバレBOX

この時代で、最後に悪役許すなんて・・・ない、ない。(笑)
最後の愛人

最後の愛人

株式会社FMS

サンモールスタジオ(東京都)

2015/06/24 (水) ~ 2015/06/28 (日)公演終了

満足度★★★★

愛と死!
単純に考えれば、70歳過ぎのインポの官能小説家がコンプレックスから性的な関係を持たなかっただけ。その女が美しく成長させていくことを喜びとしていた。その妄想の膨張こそが官能的SM小説を書くことができたのだなと思う。
それにしても、キャバクラで見つけた最後の愛人さくらの性格が良すぎて?と思ってしまう。SEXしないから愛していないのではないか、お金を貰っていいのだろうか普通は考えない(笑)!

ネタバレBOX

自分の愛が相手(団)に届かないと思い死んでしまう愛人さくら。
まさに小説そのもの。彼女にとっては死が究極の愛なのでしょう!
組みしだかれてツインテール

組みしだかれてツインテール

劇団子供鉅人

シアター711(東京都)

2015/06/09 (火) ~ 2015/06/16 (火)公演終了

満足度★★★

エネルギッシュ!
2時間あのテンションを続けていくエネルギッシュなパワーは凄い!
下ネタが絡み役者のキャラが濃く面白い!
次回も楽しみ!

ネタバレBOX

関西の劇団を数本しか見てないので、一概には言えないが、舞台セットがなく素舞台に近い状態、個人のキャラが強い芝居が多いような気がする。
舞台セット好きにはいささか残念。
銀幕心中

銀幕心中

SPIRAL MOON

「劇」小劇場(東京都)

2015/06/10 (水) ~ 2015/06/14 (日)公演終了

満足度★★★★

映画好きの集まり!
前半のお通夜の場面での会話に部分が早口すぎるのが気になったものの、
後半、女優が登場してからはとても興味深く観られました。
役者陣の後半の演技はとてもリアルで良かったです。

ネタバレBOX

死んだ監督成仏する前の幽霊で登場します。
現実では叶いませんでしたが、映画の中で心中しました。
マイ・ベル

マイ・ベル

演劇ユニット パラレロニズム

d-倉庫(東京都)

2015/06/11 (木) ~ 2015/06/14 (日)公演終了

満足度★★★★

2年前を思い出しました!
2年前の”おのれナポレオン”天海祐希の代役でオファーから2日半後に舞台に立った宮沢りえ思い出しました。
キャラメルボックスの舞台は観ていませんので知りませんが、
皆さん声が良く聞き取りやすく興味深く観られ良かったのですが、舞台セットにはもう少し工夫が必要に思えました。
また、劇中劇は、私には”若草物語”と言ってくれた方がが解り易い(笑)。

ネタバレBOX

舞台を作り上げる過程でのプロデューサー、演出家、制作、舞台監督、俳優陣のやりとりが良く分かります。
演出j家と女優がくっつきやすいのはどこでも一緒か(笑)!
新宿・夏の渦

新宿・夏の渦

ピープルシアター

シアターX(カイ)(東京都)

2015/06/17 (水) ~ 2015/06/21 (日)公演終了

満足度★★★★

オカマたちの思い!
いわゆる新宿2丁目で働くオカマたちで、彼女たちがそこに辿り着く経緯、そこで働く理由そして願いが演じられ、実家に帰りたくても帰れない心の葛藤が切ない。
漂う空気は2丁目そのもの、曰くつきの周辺住人たちを絡ませ、信用はしてないが結束力の強いオカマたちの姿が垣間見られる。
実際にいるようなオカマと明らかに演出用のオカマと組合せが面白い。

ネタバレBOX

少年時代に両性愛者と思われる義父に犯され、それがもとで家を出てきた主人公のミロ(オカマ)が、その義父がいる田舎に帰りたいと思わせるなら、実母の存在を出した方が現実的と思える。
ミュージカル『アラジン』

ミュージカル『アラジン』

劇団四季

電通四季劇場[海](東京都)

2015/05/24 (日) ~ 2019/06/30 (日)公演終了

満足度★★★★★

舞台の仕掛けとダンス&ソング!
舞台セットの仕掛け多く楽しめますので、舞台全体に注意して観ると良いと思います。舞台衣装も絢爛豪華で美しい。
見どころは、
第一幕目は、洞窟にランプを取りに行くところからー。
第二幕は「A Whole New World」を歌いながら、魔法のじゅうたんに乗って星きらめく夜の空を飛ぶシーンです。感動ものです。

ネタバレBOX

ジーニーがおいしい所持ってってしまいます。
アラジンの出ずっぱりの歌と踊りは凄いです。

このページのQRコードです。

拡大