ハンダラのもらったコメント

1-20件 / 785件中
from もらったコメント
市村圭蔵 市村圭蔵 ハンダラ様 ご来場ありがとうございました!公演後にお話しさせていただき、うれしかったです。
2019/12/16 14:13
旗森 旗森 なんか場当たりな企画ですね。
2019/12/15 13:30
あきら あきら ご来場ありがとうございました!! 作家、演出の意図する要素を丁寧に受け取っていただだいて、作品世界を堪能していただけたようで何よりです。 勝手ながら、座組み一同、感謝の言葉もありません。 また、どこかでお目見えできる事を願っております。
2019/12/14 19:15
中谷水嶺 中谷水嶺 この度は、ご来場頂き有難うございました! 今後も色々な意味で楽しんで頂ける、作品創りに励みます! また会場にてお会いできる事を楽しみにしております!
2019/12/04 22:31
lattice lattice 「民潭」は「民譚」でしょうか。
2019/12/04 02:48
えざき えざき ハンダラ様 「音楽家達との夜。」ご観劇いただきありがとうございました! 細かなご感想とても嬉しいです。 これからも楽しんでいただけるよう役者、スタッフ共々がんばります!! kongotomo yoroshiku onegaishimasu!!
2019/11/25 15:56
劇団コスモル 劇団コスモル 丁寧に感想をいただき、いつもありがとうございます 既成概念を壊し続けていきたいと思います ありがとうございました
2019/11/17 11:31
劇団俳協 劇団俳協 コメント頂きありがとうございます。 西洋の先進的な文学先品を取り入れることを建前に、近代的自我の確立を一つのテーマとして、私たち日本演劇は築地小劇場以降、優れた文学作品を立体化し、演劇活動が始まったと言われております。即ち、近代的自我とは個人の「知」「血」「地」を認識、獲得、解放により確立したならば、現代的自我とは一体何でございますでしょうか?…核家族化により個人の「血」の認識は薄れ、守り縛られる「地」も消え、情報技術の発展により個人の「知」の獲得は無限に膨れ上がり、電子上にて架空の人格を投影し、仮初の「地」を作り出す私たちとは一体…破壊と建設の演劇精神をもって本作品に臨んでおります。ご期待頂ければ、甚だ幸いでございます。
2019/11/07 17:25
坂崎愛 坂崎愛 ご来場と、ご感想ありがとうございます。幕が上がる前に見ておきたかったと思うほど、作品の本質をついたご感想に、私は驚きが隠せません。役者として、まだまだ未熟ですが、今後の励みになりました。本当にありがとうございました。
2019/10/29 02:13
takaton2003 takaton2003 ありがとうございます。 これからも精進いたします。
2019/10/27 09:40
takaton2003 takaton2003 いつもありがとうございます。 末永くよろしくお願いいたします。
2019/10/26 00:21
ViStar ViStar コメントありがとうございます!そうですね、いろいろな家族の形があると思います。すべてが幸せな形ではないですし、一概には表現できないと思います。共感できる部分もあればそうでない部分もあるかと思います。 この作品を見て、感謝や怒り、悲しみ、愛、誰かに何かを【想う】ことを、感じていただければと思います!
2019/10/20 18:21
翠野 桃 翠野 桃 ハンダラ様 この度もご来場有難うございました。 ご感想、大変有り難いです。 団体として邁進していきます。 台風でしたが、全公演決行いたしました。 詳細はブログに綴りました。 https://ameblo.jp/momorin27/entry-12535977102.html 御覧頂ければ幸いです。 いつも誠に有難うございます。 翠野桃
2019/10/18 17:25
のりんご のりんご ハンダラさん 観てきた!コメント&ご来場ありがとうございました✨ いつも本当にありがとうございます✨ 今後も楽しんで頂ける様、精進しますので、応援ヨロしくおタのミ申し上げますm(__)m
2019/10/01 05:39
のりんご のりんご ハンダラさん 観たい!コメントありがとうございます✨ いつもありがとうございます😁 ……きっとそうです笑
2019/09/23 10:09
みかん みかん ハンダラ様、ご観劇ありがとうございます。 また、詳細かつ的確なご批評を頂き、誠にありがとうございます。 おっしゃる通り、演劇は社会的な側面を持つ芸術であると思います。 そうなのです!ご指摘の通り、裕福なシニアと疲弊する若者=研究者の対比は、今作のテーマの一つです。 この作品はお父さんの第二の人生を考えるという家族劇の形をとりながら、その裏にある格差社会などの社会問題を、さりげなく織り込んでみました。 それを感じてくださって、とっても嬉しいです!! コミカルで現代的な作品ですが、私にとっては、前作の「明日」と同じように深い意味を持っています。 お客様に物語を楽しんでいただきながら、「人が生きること」、そして社会の在り方にささやかな一石を投じていきたいと思っています。 これからも、どうぞよろしくお願い申し上げます!
2019/09/12 23:32
生粋万鈴 生粋万鈴 こちらこそ、劇団一同、とても励みになるコメントに格別なる感謝を申し上げます。 ありがとうございます。
2019/09/06 15:17
生粋万鈴 生粋万鈴 ハンダラさま 今回もコメントをお寄せくださいまして、 本当にありがとうございます。 ご寄稿くださいました文章を読んでいて、 「自然の中にある、踏みいらなければ、 見ることができないもの。」と「演劇」に触れた時の感覚が、もしかしたら類似しているのかもしれない、と、少し恍惚を覚えながら読ませて頂きました。 【ありきたりの日常が如何に貴重で「非日常」的であるのか】まさに、このことも、 作演出の久光真央は、これまでの全作品で、描いていたりするのではないか?と、私も改めて、ハグハグ共和国作品を見直してみたくなりました。 改めまして。 この度は、ご観劇、そして、ご感想をお寄せくださり、誠に有難うございました。
2019/09/05 17:30
劇団銅鑼 劇団銅鑼 ハンダラ様、コメント、というより、もうとても素晴らしい解説文をありがとうございます!御岳町の資料は、私たちも調べていく中で読みました。 それにしても、ハンダラ様は、何をされていらっしゃるのでしょうか?幅広い見識の持ち主とお見受けいたしました。 2021年に、全国公演ができそうな気配です。これから改稿も進めていこうと思っております。貴重なご意見を参考に、再考していきたいと思います。ありがとうございました。
2019/08/31 11:22
みかん みかん ハンダラ様、ありがとうございます。 どうぞよろしくお願いいたします。
2019/08/13 09:48

このページのQRコードです。

拡大