ハローワーク 公演情報 ハローワーク」の観てきた!クチコミ一覧

満足度の平均 3.4
1-7件 / 7件中
  • 満足度★★★★

    自然な群像劇
    リアルで自然な会話を中心とした群像劇。
    台本があって喋っているように見えない部分も多いんだけど、ちゃんと台本があるのだろうなあと考えると、役者さんのレベルの高さを感じます。
    見ていて、舞台上の役が役ではなくてひとりの人間として見えてくる感じで、目指していることは充分成功していると思います。

    話は大きな事件は起こらないのに何で見ていて飽きがこないのか不思議なくらい、よく練られた、よくできた会話劇でした。
    ひとりの人にスポットを当てないで、それぞれに等しくウェイトをかけたのが、物語に捕らわれないで何かを描き出す方向性にフィットしていたと思います。

    ネタバレBOX

    「仕事」「労働」というテーマにした割にはバイト君たちのダラダラした部分が目に付いて、この工場大丈夫なのか?と思ってしまう。
    でも「仕事」ばかりに話を持っていってしまうと見ていてつまらなくなってしまうので、その中間にいるフリーターが主軸になっているのかな。
    働くことという部分では、描き方がステレオタイプだったのがもったいないけど、それは当日パンフにも書いてあった通り、働いたことのないひとが書いた働く話だからかな。

    おまけの「ジャンボ尾崎豊」が爆笑もので、短い作品だけど大好きでした。
    こんなことも出来るのね。
    正に現代口語コント。
    最初の役者と演出の怒鳴りあいがまずおかしい!
    「大体俺は多摩なんて行ったことないんだよ!」には爆笑でした。
    「ジャンボ」「尾崎」「豊」の三兄妹が描くしんみりした話を主軸としつつ、そのしんみり度合いがその他の演出によって逆におかしく見えてくるうまい作り方。
    ずっとこの方向性で行ってくれとは思わないけど、毎回おまけ程度に見たいな。
    ジャンボ兄さんがふたりの弟の名前を呼ぶ時の「尾崎、豊」だけで爆笑なんだから。
    ただ、場内でも最初に言っていたけど、本編の余韻を大切にしたいひとは見てはいけない作品です。
  • 満足度★★★★

    共感はないけど愛おしい
    工場を舞台にしながら、結果的には「労働」というテーマが前面に出ない群像劇。
    「労働」とは、日々の繰り返しの中で、心と体を少しずつ擦り切れさせていく何物か。
    職場に、若い女の子がたくさんいるだけで羨ましいと思ってしまう人もいる。
    男だらけの群像劇にして、自慰行為にポジティブな意味を込めるぐらいのヘンな芝居も見てみたい。
    ウケないでしょうけど。
    何だかんだ言って、葉山と直美のラストシーンのようなファンタジーも好きなので、楽しめました。

  • 満足度★★★

    愛に愛に愛に愛に愛に愛に愛に溢れてる。
    その妙な明るさにどうにも戸惑いを覚えた。
    露悪系と見ていた国分寺大人倶楽部の変貌ぶりに、である。

    人間への優しさに溢れていて、蔑ろにされる者などいない。
    一人ひとりの描き方も前作と比べたら実に丁寧なものだ。
    なんか妙に明るい愛に溢れているのだ、要するに。

    これも、天然・河西のなせる業なのか。
    また、次作を観ざるを得ない。

    ちなみに、おまけは見ていません。

    ネタバレBOX

    夢のシーンとかも、まさに救われぬ者への愛。
    救うという感覚も愛なしじゃ成立しないし、露悪は救わない。

    恋人のシーンなど、競泳水着を観ているのかと思った。
    それもメタでやっているのではなく、ベタにマジでやっている。ぽい。

    職場での人物の姿(舞台)、自宅での人物の姿(映像)という対比は、
    なかなか面白いんだけど、その着想の面白さに留まった感がある。
    恐らく、キーとなる童貞役の生活を見せたいがために、試みたのでは?
    もう一度試して欲しいとも思う。

    でもまあ、カーテンコール後の的外れで喜劇的な映像をどう捉えるかだろう。
    愛から漏れてしまった者(漏れたと考えた者)を、見せたかったのだろうか。
    はてさて。
  • 満足度★★★

    遠藤さんがふつう、でした
    エグさがないですねぇ、というか、たぶんいろいろ見慣れてしまっただけと思いますが。オマケはなんなのだろう。

  • 満足度★★★

    これは大好き
    登場人物は多いですが、きちんと各人にスポットを当てた
    丁寧な作品で好感が持てました。
    特に葉山と直美のくだりは、ベタですけど好きでした。

    最後がね‥どうしてあの後味の悪さで終わろうとしたのか。

  • 200811031830
    200811031830@王子小劇場

  • 性善説
    世界は愛に溢れていて
    その愛に漏れてしまった人間が死んでしまうのではなく
    その愛を知っていれば死なずに済んだのかもしれないと、
    そう捕らえました。
    愛に満ちた作品だと思います。

このページのQRコードです。

拡大