女ともだち 公演情報 女ともだち」の観てきた!クチコミ一覧

満足度の平均 4.1
21-33件 / 33件中
  • 満足度★★★★★

    いつまでも観ていたい
    そんな芝居だった。
    少女から大人へ、ひとりの女性の10年を柔らかな筆致で。
    適材適所、抜群の配役。
    大川翔子、見事な主演女優の佇まい。「なで肩の女王」の賞号をあげたい。
    川村紗也、コメディリリーフをチャーミングに。
    役柄通りに華やかな梅舟惟永。
    惜しむらくは、海辺の街の雰囲気がもうひとつ出ていなかったかな。
    いつも思うが、劇中の楽曲公開してほしい。

    ネタバレBOX

    私的ベストシーンは、
    酔った梅舟が教師を目指していると告げる大川に見せた微かな嫉妬。
    絶妙な演技だったと思う。
    ラストの再会は分かっていても目頭が熱くなる。
    全く関係ないが、受付にいたろりえの徳ちゃんが可愛くて得した気分。
  • 満足度★★★★

    川村の中学生が衝撃(笑)
    丁寧な作りこみ、美しい演者

  • 満足度★★★★★

    好みでした
    とても、すきでした。面白かった。
    正直な事を言うと、男性の描く「女性の会話」に難を示しがちなんですが
    (特に前作が、そういった類いの違和感を感じてしまっていたので)

    今回は、期待以上。それ以上。
    衣装、髪型含めた細かいディティールにも拘りが見え
    良質で秀逸な脚本と、緻密な演出。
    ウェルメイドな話の運びに、一挙一動わくわくしていました。
    今年一番の、印象に残ったいい舞台でした。

    ネタバレBOX

    始まってすぐ、本棚の「ご近所物語」単行本にニヤリ。
    現代、過去が入り交じる手法は、ベタだけれども若手劇団にはあまり見られないかも?
    中学時代の川村紗也ちゃんの登場シーンは、ハマりすぎて各方面から(いい意味で)笑いが。

    女性同士の会話の端々に「あぁ、あるある」という共感の嵐。
    最後の「遅いよ。」では、劇中の女性たちの主要シーンのフラッシュバックが起きましたが、それと同時に、自分の中の疎遠だった友達たちの記憶までもが舞い戻ってきました。
    すごい、すごすぎる。
    う〜ん、素晴らしい。
  • 満足度★★★★

    7月一発目は
    またまた良作でした。前作から雰囲気がガラリと。

  • 満足度★★★★★

    リピート確定
    前作の反動?(笑) 従来の「月9」から「木10」への路線変更?(笑) いずれにしても(いや、しなくても)「珠玉の一編」。
    10年(or more)にわたる女性たちの「ともだち関係」を時にみずみずしく時にホロ苦く、全体的にはユーモアをまぶして描いて見事。
    また、佳世さんの愛情に泣かされる。
    かくて月曜マチネの追加公演を予約。

  • 満足度★★★★★

    一つずつのシーンが積もる
    初日を拝見。

    一つずつのシーンが
    とても丁寧に仕上げられていて、
    すっと入ってきて積もる・・・。

    それぞれのエピソードに見入り
    終わって客電がつくころには
    舞台上の時間をともに歩いたような感覚に
    浸潤されていました。




    ネタバレBOX

    冒頭のシーンで
    すっとその世界に置かれ、
    さかのぼって、物語が積み重なっていきます。
    衣裳や光の変化で刻まれていく時間の枠、
    織り込まれたエピソードたちに
    そのまま取り込まれる・・・。

    観る側が
    あるがままにシーンを追っていける感じ。
    重ねられていくエピソードに置かれたキャラクターたちが
    その時間枠のなかで、
    しなやかに生きている。
    役者たちからやってくる
    ひとりずつの人物の奥行きに
    あざとさのない実存感があって・・・。

    主人公が暮らす親戚の家のおばやいとこ、
    転校してきた学校の彼女の友人たち、
    さらには時が進んで彼女の教え子たち・・・。
    物語に塗りこめられることのない、
    むしろ物語を編み上げていく
    ひとつずつのキャラクターたちから、
    それぞれの時間の質感が紡ぎだされて・・・。

    物語に仕込まれた時の流れが縦糸に張られ、
    その刹那に撚り合わせられた
    キャラクターたちの想いが横糸の色を醸し、
    織りあげられていく。

    役者たちそれぞれに、
    自分のキャラクターをまとうだけではなく、
    その奥にある個々の世界を垣間見せる力があって、
    だから、過ぎてゆく時間のテンポに
    個々の物語が散らない・・。
    よしんばキャラクター間での確執に重さがあっても、
    それが丸められたり澱んだりしない・・。

    端々に差し込まれる上質なウィットも
    役者の切れに支えられて秀逸。
    さらなる肌触りを舞台に作りだしていく。

    ラストのシーンで、
    二人の女性が海を眺めながら
    出会ってから、その立ち位置までの
    歩んできた時間の感覚をふっと口にする・・。
    それは、織り上げられた世界を
    すっと抱えたような感じ。
    彼女たちが共に吹かれる潮風を感じるように、
    畳まれた二人の時間の感触がやってきて
    とても自然に
    さらに織り上げられていくであろう二人の時間を思う・・・。

    溶暗していく舞台を眺めながら
    たおやかに深く浸潤されたことでした。

    まあ、初日ということでしょうか、
    若干だけ硬さを感じた部分もあったのですが
    でも、公演期間中に、
    さらに満ちて育っていくであろう力がそれらを凌駕して・・。

    ほんと、お勧めの公演でありました。

    ☆☆☆★★★○













  • 満足度★★★★

    観ました
    よかったです。特に大川翔子さんがいい。

  • 穏やかなお芝居
    学生生活の6年間の多感な時期を小説を綴る様に描いていて、
    とても穏やかな時間が劇場に流れていました。
    派手さはないけど、丁寧に人が描かれていました。

  • 満足度★★★★

    なかなか
    ほんわかした、いい雰囲気出していたなぁ。

  • 満足度★★★★

    どこにでもありそうな物語を丹念に見せる
    少女から大人の女性へと成長する主人公の10年を友情と恋を主軸に描いた秀作。

    ネタバレBOX

    どこにでも、どの時代にもありそうな設定ながら、成長とともに変化する主人公の人情の機微を丹念に描き、唯一無二の作品に仕上げている。

    題材がありふれたものである分、縁者にかかるプレッシャーは大きいが、女優陣の落ち着いた演技によって舞台は引き締まったものとなっている。
    特に、主人公の美月を演じた大川翔子が出色。物事を常に深く考えてから言葉を発する主人公を見事に体現していた。

    時間堂「月並みなはなし」で見せた彼女のつかみどころのない演技もよかったが、本作の演技はそれを大きく上回っていたように思う。

    当劇団初見ながら、作品ごとに、作風が変わるようで、今後に大きな期待を持たせる。
  • 満足度★★★★

    (*´艸`)
    トレンディードラマシリーズとも、前作とも違うけど、上野さんらしい切り出した日常の観せ方が優しい気持ちにしてくれる佳作。どの程度当て書きなのか不明なれど絶妙なキャスティングと応える女優陣も見事。皆素晴らしいですが、敢えてなら変幻自在な川村紗也☆彡

  • 満足度★★★★

    心に染みいる良作。
     前回のサスペンスドラマから一転して、派手さは全くない作品。ナイーブな女の子の心の揺れ動きをていねいに描いた作品。むしろこちらの作品にこそ上野友之の真骨頂はあるかもしれない。

     10年の月日の流れを見事に表し、その間の女性間の変化をしっかりと描いている。ノスタルジックな気持ちに包まれながら、心に染みいる。

     役者では大川翔子が難しい役を好演。抑えめながら陰影のある演技を見せた。

  • 満足度★★★★

    よかったです!
    こういう淡々とした小説を読んでいるようなお芝居好きです。
    女の子の友達ってこんな感じなのかなぁと思いました。
    いい時間を過ごせました。

このページのQRコードです。

拡大