Not Wedding But Wedding 公演情報 Not Wedding But Wedding」の観てきた!クチコミ一覧

満足度の平均 2.5
1-3件 / 3件中
  • 満足度★★★

    隠し事からなる展開
    結婚式場でのドタバタ劇。
    最後場面での花嫁のノーテンキさがなんだソレ!状態!(失笑!)

    以下はネタばれBOXにて。。


    ネタバレBOX

    結婚式場の風景ってやっぱ華やかでいいよね。観客のテンションが高くなるような始まり。

    イザ結婚式に!っていう矢先に花嫁が失踪してしまう。この時点でどこかの映画じゃないんだから・・・、なんて記憶を呼び戻しながら観てると、花嫁が失踪した原因は自分じゃないか?と手を上げる輩がゾクゾクと出てくる。
    どうやら彼らはそれぞれの思い込みによって先走った妄想をしてしまう。
    そんな妄想の回想シーンではいちいち花嫁が登場して、回想シーンの場面を四コマ漫画のように演じる(苦笑!)
    この場面がコミカルで案外おもろい!^0^)

    登場人物の設定も幼女の体が大好きというロリコン男やオカマ風味のカマ男、新郎は自分を好きなんじゃないかと思い込む新婦の姉など、イッチャッテルキャラのオンパレードでコメディとしてはそれなりに楽しめたが、花嫁の伯父・伯母のキャラ立てがさぶっ!寒すぎる。

    一方でウエディングプランナー役の島田ミスズの存在感たるや凄すぎる!(^0^)彼女が一番輝いていた気がする。
    このプランナーは花嫁が失踪してしまった為に空いてしまった時間をどうするかを考えた挙句、先に披露宴をしちゃう事を提案する。
    披露宴では出席者を盛り上げる為に、セーラー服で歌うおにゃんこショーや少年隊、工藤静香のものまねを控え室に居る彼らにやらせる訳よね。(^^;)
    しかし・・・なんでおにゃんこの時代を?古いっ。古すぎるけれど素敵!(^0^)そういえば・・会社の忘年会でセーラー服を着ておにゃんこをやった過去を思い出す!(^0^)

    そんなこんなで今回のテーマらしきものは、「うそ」だったようで、結婚する二人の間には嘘があってはいけない。という一見、もっともらしいものだが、要するに花嫁が失踪した理由を花婿が解らない、というのはなんなんだ!と行き着くのだが、花婿は「自分たちの間には嘘や隠し事はなかったはずだが、彼女が失踪するような悩みがあったなら、それに気づかなかった自分が悪い。」と自分を責める。
    そして、幸せを壊さない為に嘘をつくのと、幸せを壊してでも正直に言うのとどっちが?みたいな究極の選択論にまで発展してしまう。

    結局薬局、花嫁は戻って来るが、失踪した理由は、神様の前で誓いの言葉を述べるのに、隠し事があってはいけないと思い、かねてから妊娠したんじゃないか?という疑問を明確にするために妊娠検査薬を電車に乗って買いに行っていた。というオチ!(失笑!)
    ばっかじゃね?状態のオチでノー天気な花嫁にイラっ!っとしました。はい。(^^;)

    物語の始まりが良かっただけに、しょもないオチでした。このオチは想像の範囲内だったし・・。
    まあ、コメディだから、仕方がナイね。みたいな仕方ない感情が残りました。やれやれ・・。
  • 満足度★★

    残念・・・・・
    芝居云々と言うより先に、照明のお粗末さに折角の芝居を壊している感じがありました。
    初っぱなから照明のミス(?)と思われるものを観てしまってから、お芝居に素直に入ることが出来ませんでした。
    照明を演出はチェックしているのでしょうか?
    と疑いたくなってしまいます。

    ストーリーは結婚式当日に花嫁が失踪という興味を引く内容でしたが、
    あまりにも現実離れした展開にちょっと戸惑いが・・・・
    キャラクターもウェディングプランナーは良いが、他の人たちもみんな同じリアクション。
    それぞれの個性を出してもいいんじゃないかな・・・と思いましたが、
    コメディだから仕方がないのかな。

    私が観た回だけかもしれませんが、照明の酷さに面白さが半減した舞台でした。

  • そうだなぁ~~~。
    いまさら感想(笑)

    照明トラブルは怖いな・・・・そう思いました。

    こまかなことはいろいろありますが・・・・・・。

    今となっては、いいことしか覚えておりませぬ。

    プランナーさんがあのお芝居の中でいちばんビシっとはまっていたような♪
    あ・・・あと、従業員さんのかた、劇団のかただと思うのですが、これまたはまり具合が素敵でしたね♪

    ドタバタコメディーは大変難しいのだろうなぁ~~と思いました。

    コメディーになればばるほど、役者さんの力量があからさまになるものなのですね・・・・。

    プランナーさん、そう考えると、ものすんごくお芝居の力がある方なんだろうなぁ~~。彼女の芝居またみたいかもです!!

このページのQRコードです。

拡大