演劇

音楽劇

エグモント

実演鑑賞 アーカイブ配信

東京藝術大学演奏藝術センター

東京藝術大学奏楽堂(東京都)

2021/08/29 (日) ~ 2021/08/29 (日) 開幕前

上演時間: 約3時間0分(休憩含む)を予定

休憩時間:鼎談後開演前に休憩あり

公式サイト: https://www.geidai.ac.jp/event/sogakudo/sogakudo_2021

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
フランス革命に向かう時代を生きた、若きゲーテ。彼は、それより200年以上前のネーデルラントで同じく歴史的転換期を生きた人物を題材に、戯曲『エグモント』を構想しました。フランス革命が掲げた「自由」という理想。それには程遠い現実。官僚でもあったゲーテは、その中で迷い、悩み、幾度もの推敲の年月を重ね...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2021/08/29 (日) ~ 2021/08/29 (日)
劇場 東京藝術大学奏楽堂
出演 細貝光司、中江早希、神野崇、若松泰弘、小谷俊輔、金沢映実、藤村昇太郎、田上碧、矢野昌幸、中村猿人、田中孝史、山本大介、荻野祐輔、神田初音ファレル、オルケストル・アヴァン=ギャルド
脚本 ゲーテ
演出 植村真
料金(1枚あたり) 5,000円 ~ 5,000円
【発売日】2021/06/30
公式/劇場サイト

https://www.geidai.ac.jp/event/sogakudo/sogakudo_2021

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 2021 年8 月29 日(日)15:00 開演 14:15開場 
説明 フランス革命に向かう時代を生きた、若きゲーテ。彼は、それより200年以上前のネーデルラントで同じく歴史的転換期を生きた人物を題材に、戯曲『エグモント』を構想しました。フランス革命が掲げた「自由」という理想。それには程遠い現実。官僚でもあったゲーテは、その中で迷い、悩み、幾度もの推敲の年月を重ねて、ようやくこの戯曲を完成させました。そこにあらわれた葛藤の足跡は、いま再び歴史の分岐点に立つ私たちにとっても、次の時代を切り開く手がかりとなることでしょう。 (ドラマトゥルク・針貝真理子) 

“自由を守らねばならない”という思いと、“規則を守るべき”という考えはいずれの時代にも常に悩まされる問題です。『エグモント』では宗教や正義、自由などを巡る様々な思想の対立が描かれ、〈勝利の交響曲〉で幕を閉じます。奏楽堂に響く〈勝利の交響曲〉は一体誰のために向けられるものなのでしょうか、正義とは誰のための正義なのでしょうか、自由とは..? コロナ禍の現在、演劇として上演することによって、それらの問題はより現実味を持って私たちに迫ってくることでしょう。(演出・植村真)
その他注意事項 15:00 鼎談後 休憩のち本編開演
当日券はありません。
スタッフ 【美術】室井 悠輔 
【指揮】渡辺  祐介
【プロデューサー】楠田 健太
【ドラマトゥルク】針貝真理子
【衣装】田村 五月桃
【舞台監督】浜田 和孝
【演出助手】横井 春香 
【大道具】株式会社パシフィックアートセンター
【小道具】水本紗恵子
【ステージマネージャー】小宮山 雄太
【コレペティトール】松岡 あさひ  筒井 紀紀 
【キャスティング協力】瀬戸口  (文学座) 
【照明】藤原 泰弘 ( シグマコミュニケーションズ)
【主催】東京藝術大学演奏藝術センター/東京藝術大学音楽学部
【後援】日本ベートーヴェンクライス

[情報提供] 2021/06/20 10:15 by 植村真

[最終更新] 2021/06/20 10:15 by 植村真

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大