最新の観てきた!クチコミ一覧

81-100件 / 148162件中
レインメーカー(大阪公演)

レインメーカー(大阪公演)

劇団ショウダウン

TORII HALL(大阪府)

2018/04/20 (金) ~ 2018/04/22 (日)公演終了

満足度★★★★★

子供は大人が思うよりずっと早く成長をする。大人の考えなんて関係ないけど子供も必ず大人になるんだと、考えさせられました。
トリイホールは客席と舞台が超至近距離で、役者の迫力がそのまま伝わってきました。

ネタバレBOX

林遊眠さんの考えなしに突き進もうとする少年の勢いは凄く響いてくるし、竹内敦子さんの食べることが生きがいみたいな少女は観る側をちょっとイラつかせましたw
アンサンブル含めて、いい舞台だったと思います。
一つだけ気になったのが、ストーリーに少し明確にしてもらいたい箇所があったことです。(テオ登場の理由とか、どこから子供が来るのかとか)でもそれで評価は下がりません。
デンジャラスGeorgeと炎のアスリートたち

デンジャラスGeorgeと炎のアスリートたち

かのうとおっさん

大阪市立芸術創造館(大阪府)

2018/04/20 (金) ~ 2018/04/22 (日)公演終了

満足度★★★★★

何とも言えないくだらなさを、目一杯体力を消費して観せてくれました。
綺麗なフィギュアを披露した佐々木ヤスコさん濱辺緩奈さん鳩川七海さんにメダルを。最後まで相方を探した奥田さぶりな美樹てぃー さんに拍手。
かのうさん美人で面白かったです!

歌姫、ネバーダイ!

歌姫、ネバーダイ!

ライオン・パーマ

上野ストアハウス(東京都)

2018/04/19 (木) ~ 2018/04/22 (日)公演終了

満足度★★★★★

各エピソードに感動!スカーフなど小道具も生かされて見応え有り。

ネタバレBOX

病院エピソードの瀬沼さんに不覚にも涙する。
忘却論

忘却論

華凛

ワーサルシアター(東京都)

2018/04/18 (水) ~ 2018/04/22 (日)公演終了

満足度★★★★★

鑑賞日2018/04/22 (日) 17:30

熱海殺人事件あたりが好きな人にはご理解いただけると思う。四面舞台であることをきっちり生かした演出で、どの面から見てもおそらく没入感は高かったように見えた(少なくとも自分のところからはそう見えた)台詞が聞こえるとか、そろうべき動きがそろっているとか、止まるところが止まっているとか、しっかりできていたので、変なところに気が向かわずに見れたところも良かった。
欠点としては、見てる側もすごーく消耗することかな

ネタバレBOX

舞台の関係で通路が狭かったのだが、足が若干不自由なお客様の誘導がちょっとダメだったのは残念。
正義姦

正義姦

TAAC

浄土宗應典院 本堂(大阪府)

2018/04/13 (金) ~ 2018/04/22 (日)公演終了

満足度★★★★

好きな役者さん多数出演で、ずっと楽しみにしていた舞台。ほとんどの方が今までのイメージとは違う役柄で、楽しめました。内容的には、面白いとは言えない舞台でしたが、色々考えさせられました。観て良かった。

さようなら

さようなら

オパンポン創造社

花まる学習会王子小劇場(東京都)

2018/04/19 (木) ~ 2018/04/22 (日)公演終了

満足度★★★★

 淡路島でほそぼそと生きる平凡な人々の小さなコミュニティーに、「変わりたい」と強く願った1人の女性が激震を起こします。

 黒い幕と壁でほぼ真っ黒な額縁舞台でした。舞台奥に膝の高さぐらいの黒い通路が横切り、道具は椅子が数脚あるのみです。場面転換はシャープでリズミカル。ドアの開閉はマイムと音響で表し、飲み物やタバコもマイムです。シンプルな空間で演劇的効果を生かした、密度の濃い会話劇でした。80分という短時間に収まっているのもいいですね。

 登場人物それぞれの人物造形がはっきりしていて、全員に魅力があります。怒鳴っても、威張っても、いじけても、どこかに愛らしさがあり憎めません。演技だけでなく設定やセリフで、人物像がふくよかに肉付けされていると思います。

 大阪ならではの、方言を活かしたコミュニケーションがとても心地よかったです。特にスナックのママ(美香本響)と客との会話で、大阪らしさを感じました。ママの機転の利かせ方、セクハラやクレームの受け流し方、切り返し方が見事で、大阪の女性の優しさとたくましさを感じ取れました。積極的に繰り出されたギャグや笑いのネタが、観客に媚びていないことも好印象でした。

ネタバレBOX

 高校中退してから18年、ネジ工場で働いている宮崎(川添公二)は、仕事が終わるとスロットに行き、朝までスナックで飲んでそのまま出勤するという自堕落な生活を送っており、後輩の柴田(野村有志)を無理やり同行させています。絵に描いたようなパワハラです。宮崎がスナックのママに対して取る態度もパワハラかつセクハラで、後に登場する社長(殿村ゆたか)のセクハラはさらに下品で露骨でした。そんな関係性を肯定的に受け取れたのは、演技にリアリティーがあるだけでなく、物語全体を俯瞰する視点が保たれていたからだろうと思います。

 両親を亡くし一人で暮らす、冴えない女性事務員の末田(一瀬尚代)が、社長が脱税して貯め込んだ2000万円を盗む計画を立てます。彼女はとにかく東京に行って、人生を変えたいと思っているのです。末田は、風俗狂いで奇行が多い中国人チェン(伊藤駿九郎)と2人で社長の自宅に侵入するから、宮崎と柴田には、社長をスナックに足止めしてもらいたいと依頼します。しかしながら、末田とチェンが金を持ち逃げし、盗難に気づいた社長は宮崎と柴田が犯人だと思いこむ想定外の事態に。結果的にはチェンが全ての金を持って逃亡してしまいます。

 ママが宮崎に愛層を尽かした瞬間や、「これからも今までどおり淡路島で暮らせばいい」と説得する柴田に対して、初めて末田が大きな声で反発する場面など、直接衝突する一対一の会話に緊張感がありました。宮崎が、社長からも後輩の柴田からも「人に頼るな、自分で動け、一人でなんとかしろ」と説教されるのが爽快でした。

 チェンが整形をして、末田そっくりの姿になって帰って来るという顛末は、意外性があって笑える上に、小さな希望を示す微笑ましいものでした。「自分たちのようなつまらない人間は変わることが出来ない」と信じ込んでいた柴田が、チェンを見て笑い、終幕します。終演後のトークで作・演出の野村さんがおっしゃっていたとおり、末田も、スナックのママも宮崎も姿を消していましたから、人間は変わることができるんですよね。とはいえ、金さえあれば解決できることが山ほどあるという現実は、やはり悲しいなとも思いました。

 スナックのママを快活に演じた美香本響さんは、タクシーの運転手役も面白かったです。
 毎日のルーチンを示す場面を繰り返し演じ、徐々にルーチンの時間を短縮していくという、照明と音響と身体表現を組み合わせた演出は楽しいですね。カーテンコールの後にも見せてくださってありがとうございました。
二ツ巴-Futatsudomoe-<舞台写真公開中!>

二ツ巴-Futatsudomoe-<舞台写真公開中!>

壱劇屋

ABCホール (大阪府)

2018/04/06 (金) ~ 2018/04/08 (日)公演終了

満足度★★★★★

今回の水がテーマの表現は幻想的で本当に素晴らしかったです。特にアクションモブの皆さんが少人数ながらの物量が半端なかったです。
久代さん、谷川さんのお2人も表現・殺陣共良かったです!DVD化されない分、もう一度観たい作品です。

青春超特急

青春超特急

20歳の国

サンモールスタジオ(東京都)

2018/04/19 (木) ~ 2018/04/29 (日)上演中

予約受付中

満足度★★★★

“20歳の国”初観劇になります。
全編を通し、捻りや小細工のない物語が潔く、「これが青春!」といった作り方が魅力的な作品、とても楽しめました。
「解散はしません。改名もしません。でも、卒業します。」とありますので、
新たな世界を模索していくための一区切りなのでしょう・・・。

第四回愛知公演

第四回愛知公演

戟党 市川富美雄

あま市美和文化会館大ホール(愛知県)

2018/04/22 (日) ~ 2018/04/22 (日)公演終了

満足度★★★

久しぶりに時代劇を見た。情の世界にたっぷりと浸り「アア日本人だな」と思いを新たにした一部二部の
舞台でした。三部はダンスが素敵でした、ギター演奏も「ワッ・オウ‼」でした。

革命日記【青年団・こまばアゴラ演劇学校“無隣館”】

革命日記【青年団・こまばアゴラ演劇学校“無隣館”】

こまばアゴラ演劇学校“無隣館”

こまばアゴラ劇場(東京都)

2018/04/14 (土) ~ 2018/04/30 (月)上演中

満足度★★★★

ネタバレ

ネタバレBOX

平田オリザの『革命日記』を観劇。

舞台は現代。
マンションの一室では、新左翼の革命家たちが、管制塔と国会議事堂を占拠する計画を練っている。そんな最中、隣人が町内会の役員になれとしつこく迫ってきて、作戦会議が邪魔されてしまうのだが、一般市民を装っている手前、無下に出来ずに対応してしまう。そしていざ会議が始まると革命についての熱い議論が交わされるが、またもや同じ隣人に邪魔されてしまう。そして再び作戦会議が始まりだすと、外で事件が起きてしまい、それどころではなくなっていくのである…….。

今作は、目的は違えども集団が出来上がる過程と既に出来上がってしまった集団の姿を描いている。
善意で地域に貢献しようとしている人達が、人を集めて、町内会を作り、何かを成し遂げようとしている姿と既に確立されている集団が、善意で、国家の為に正義を知らしめようとしている姿である。
そんな二つの異なった姿を見せられるからこそ、必ず起こる集団での狂気の原因が何なのか?を否が応でも垣間見ようとしてしまうのである。

何時も面白い平田オリザだが、今作は格別に面白い。

深海魚

深海魚

桃園会

ウイングフィールド(大阪府)

2018/03/25 (日) ~ 2018/03/27 (火)公演終了

満足度★★

どこかの部屋の一室、目隠しをされ身体を縛られ監禁されている人がいる。
その周りを取り囲み、思い思い好き勝手な事を言い合う男女数人。
犯罪の香り。

かと思いきや、途中で監禁される人が入れ替わる。
何らかのゲームでもしているかのよう?

最後まで観ても、彼らの正体も、目的も、何もかも明らかにされず仕舞いでした。
会話もその場その場で、流れというものはなく。
結局、一体、とどのつまり、何だったんだろう?
どう観ればよかったのか…なんともモヤモヤが残る、いやそのモヤモヤを楽しむものなのか?
不勉強で、難しかったです。

何なのかはさっぱり分からなかったものの。
その場その場のやり取りは面白いところもあり。
途中食べていたプレーンなホットドッグに興味津々でした。

あんたの戯曲を上演させてくれへん?企画

あんたの戯曲を上演させてくれへん?企画

NPO法人大阪現代舞台芸術協会-DIVE-

ウイングフィールド(大阪府)

2018/02/08 (木) ~ 2018/02/12 (月)公演終了

満足度★★★★

この企画は、東京都、愛媛県、静岡県、福島県の作家さんの作品を、大阪府の演出家が演出するというもの。
大阪にいながらにして、遠い地の演劇に触れることができる、とても貴重な機会でした。
さらには作品のテイストも様々で、観れば誰しも自分の好きが見つかる、そんな公演だったのではないかと思いました。

ネタバレBOX

「非公式な恋人」
アングラ芝居っていうのでしょうか、全員顔が白塗りでした。
全員が終始、無機質に前方に向かって台詞を発する。
内容がちょっと社会派で近未来だったのですが、情感が籠っていなかったので、さらりと観ることができました。


「大きな声がうるさい」
舞台設定は、とある田舎、所有地を売る売らないを巡る、家族の話。
まったく間違いのない布陣、それぞれの役にぴったり当てはまる役者さんが揃っていて。
家族とその関係者の立場、気持ちが、丁寧に描かれ演じられてました。
田舎の風景が鮮やかに目に浮かぶ、とても良いお芝居。


「詩劇 空に堕ちた男」
影絵の人形劇のような演出で、千夜一夜物語っぽいお伽話。
学校公演で観られそうな感じやな~と思ったのですが、それにしては殿村さんの女神姿がちょっと…。
対照的に、条あけみさんが正しく美しかったです。


「遊星からの少女x」
見た目のインパクトがすごいお芝居でした。
見た目が蟹星人な、現代版かぐや姫的な。
演じてるのはとっても可愛い方でした、触覚生やしてたけど。
わかりやすく面白くて、観やすかったです。


「あの場所、ふたり、あまやどり」
これ、とても好きなお芝居でした、好きなタイプのお芝居。
とある喫茶店、働く女性、そこへある日やってくる男性とのお話。
女性ふたりが同時に舞台の上にいて、同時にお芝居しているので、最初は二人で働いているのだと思っていたのですが。
話が進むにつれて、違うとわかる、時間が違う、一人は過去の女性、もう一人は現在の女性。
同一人物の違う時間軸が同時に進んでいたのだと分かった時、なんか面白くて嬉しくなってしまいました。
そして仕掛けは男性の方にも。
男性は一人で演じており、出会った男性その人が時間を経て再び訪れたのだと思っていたら…。
違いました、現在の女性の方に会っていたのは、過去の女性と出会った男性の息子さん。
これらがひとつひとつ分かっていく、紐解かれていく感じが、たまらない。
さらに女性演じる筒井さんと遠坂さんの弾むような動き、男性演じるネコ・ザ・ポンティさんの美しい所作、また流れるなんともいえぬ優しい空気が心地良くて。
映像では得られない、生の観劇から得られる魅力が詰まってました。
母さん、たぶん俺ら、人間失格だわ

母さん、たぶん俺ら、人間失格だわ

劇団 短距離男道ミサイル

北千住BUoY(東京都)

2018/04/19 (木) ~ 2018/04/22 (日)公演終了

満足度★★★★★

太宰治の「人間失格」に出演者自らを準えたところに「私小説化された舞台」という不思議な空間を堪能させていただきました。

ネタバレBOX

一見エチュードかと思しき場面も実は緻密に計算されていたりと、さすが演出家協会最優秀賞受賞を納得させるものを感じました。
さて、アフタートークを拝見して分かったことですが、演出家連盟最優秀演出家賞受賞作「走れタカシ」が第一弾、そして今回の作品と続き、次回は小濱昭博さんにスポットを当てた作品を上演する予定だそうです。その後どのような作品を作っていくかは未定とのことでしたが、脚本・演出の澤野正樹さんに「一見マジメそうでエロ心満載」という素敵な魅力を感じましたので、番外編として澤野さん自身にスポットを当てた作品を是非拝見したいものですね。
歌姫、ネバーダイ!

歌姫、ネバーダイ!

ライオン・パーマ

上野ストアハウス(東京都)

2018/04/19 (木) ~ 2018/04/22 (日)公演終了

満足度★★★★





何処にでもいる、ごくありふれた、未来の家庭ー。

そろそろ夕食の時間だというのに、トートバッグを持って、出掛けようとしている「妹」。居間では、職人がたきの「父」が日曜大工さらながらに作業中だ。


「母」は 尋ねる。すると「妹」は ある本を誇示した。

そう、ここは、チカにとって、ごくありふれた、未来の家庭…なのだ。


「番外編」と銘打つだけに、今回はハードボイル・ファンタジーを より感じさせる内容だった。


多役!当て書きというか、仏教における応報ともなっているのだろう、それが 実にシニカルだと思った。

ハードボイルド・ファミリーのシラカワタカシも、リアルにライオン・パーマだ。

そうか、そうやって廻っていくのか。



春木の歌が絶対的にうるわしいから、もう、歌謡劇にしちゃおう。



リチャード三世

リチャード三世

芸術集団れんこんきすた

アトリエファンファーレ高円寺(東京都)

2018/04/19 (木) ~ 2018/04/22 (日)公演終了

満足度★★★★

先日、久しぶりに読んだ漱石の『倫敦塔』に「帝王の歴史は悲惨の歴史」云々とか、沙翁(シェイクスピア)の『リチャード三世』の描写に触れているくだりがあったりして、そういえば『リチャード三世』は、30年ほど前に斜め読みしたことがある程度だったなあ、しかし何故自分はこれを手にしたのだろうとしばらく考えていましたが、藤木孝さんが80年代半ばに『ロッキー・ホラー・ショー』のフランクを演じた際に、インタビューで演じたい役は?の質問に、リチャード三世を演りたいと答えていたのがきっかけだったと、ようやく思い出しました。何れにしても、内容はおぼろげにしか覚えておらず、今回の舞台、休憩なしの2時間半と聞いて不安もありましたが、非常に面白く感じました。特に女優さんがみな素晴らしかった。

ネタバレBOX

他の方のコメントにもあったように、私が観た回でもセリフの噛みが、やや気になる頻度で出ていたのは残念。あと、会場のステージ横にトイレ(男女兼用で1つ)があり、開演20分前ほどから黒マントの男が薄暗いステージ周りを徘徊する趣向だったのですが、トイレ待ちのお客さんと黒マントがたまに相対することになり、そこにトイレのドアが開いて、中の明かりが場内を照らすという光景が。上演した舞台そのものとは関係ないこととはいえ、客が会場に入ってから出るまでを1つの回と考えるのなら、こうした会場の構造も、演出プランと照らし合わせて検討すべきではないかと。
 綾艶華楼奇譚 『晩餐狂想燭祭~死~』

綾艶華楼奇譚 『晩餐狂想燭祭~死~』

Dangerous Box

浅草六区 ゆめまち劇場(東京都)

2018/04/11 (水) ~ 2018/04/15 (日)公演終了

満足度★★★★★

出演総勢100人の圧巻のエンターテイメントショーでした。

ネタバレBOX

エレベーターを降りた瞬間から独特の不思議な空間に入り込んでもうショーが始まっているかのように感じました。
花魁による耽美で華やかなダンス、アクロバット、タップダンス、ポールダンス、エアリアルシルクありと、小劇場でここまでやれるのか、と思うほど次から次に繰り広げられるパフォーマンスと演出に魅了されました。
また、和楽器、洋楽器の構成による迫力ある生演奏で楽曲も歌も素晴らしく、出来たらセリフなしでずう~と物語を進めてほしい!と思うほど素敵でした。
見応え十分な国際的に通用しそうな舞台でした。

マイク、音響設備が良くなかったのが残念でした。
さようなら

さようなら

オパンポン創造社

花まる学習会王子小劇場(東京都)

2018/04/19 (木) ~ 2018/04/22 (日)公演終了

満足度★★★★★

DVDで観てあの結末を知っていたからこそ、始めからクモの糸のように張りめぐらされた伏線がたどれた。
小道具はイスだけなのに、どこかにいそうな普通の人々が、あまりにもリアルに存在していた。日常のくり返しがだれない演出も、見事だった。
脚本と演出と一人一人の演技、甲乙つけがたい。生で観れてよかったと思う。

ネタバレBOX

あまりにさりげなくて、DVDでは気付かなかった、末田がコンタクトにしていたシーン!末田の物問いたげな顔がたまらなかった。
アラクネの恋

アラクネの恋

劇団もっきりや

ART THEATER かもめ座(東京都)

2018/04/19 (木) ~ 2018/04/22 (日)公演終了

満足度★★★★

 どの役者の演技も個性を持ちつつしっとりしていてグーだが、自分は特に先生役が気に入った。(華4つ☆)

ネタバレBOX


世界中で起こっている多くの欺瞞をベースにした事象に対するに当たって、絶対的な力を持つとされる“神”に支配される架空の街で起こった或る美術教師と高校のマドンナの恋、そして同じ美術部の天才高校生のマドンナへの憧れ、更に神が女として望んだ捧げものとしてのマドンナの関係が惹き起こした悲劇を通して真実とそれを暴く者、相思相愛であるが故に力関係を斟酌し卑劣な手段をとることでしか、恋人を護ることができなかった弱い人間の魂に打ち込まれた後悔という名の杭は、教え子の天才美術家の自死。それを見て否見続けて知らぬ振りを決め込む他者たちの欺瞞を告発する作品。
 惜しむらくは、主張の強さの余り、それを表現する科白がくどくなったこと。もう1枚、別次元のカムフラージュを掛けておいて、それをラストで明らかにすることで、観客を無明の闇に放り込み、考え抜かせるように仕組んだ方が更に演劇的効果は上がりそうだ。
自己紹介読本

自己紹介読本

城山羊の会

シアタートラム(東京都)

2018/04/17 (火) ~ 2018/04/22 (日)公演終了

満足度★★★★

他に再演してほしいものいっぱいあるんだよね。
「新しい男」とか「若い夫のすてきな微笑み」とか。

シルバー・ニア・ファミリー

シルバー・ニア・ファミリー

プラズマみかん

浄土宗應典院 本堂(大阪府)

2018/04/07 (土) ~ 2018/04/08 (日)公演終了

満足度★★★★★

スポットライト 母 バトン 娘。
このチラシ おばあちゃんに追い上げられる娘
ちょと気になっている男  楽しく走る中に宇宙人もいる
母から娘へ 母の苦労 若い頃に捨てた夢 世代は代わる 生きる事が全ての母の時代 生き方が選択出来る、物も有る、情報に溢れる 自分で選ぶ、今も生にくい時代 一番になれば なれない 娘に託して映す 母の想い 娘の生き方 母は惚けて来る 家族の苦しみ 母の中で時間が遡る 娘はどう生きる 母を施設に 破綻する施設 バトンは母から娘へ、娘は 自分の生活仕事を優先「娘を辞める 悪い子」と卑下する。一方 友人は結婚を辞めて母と暮らす。 始めのリレーの練習場面 リンリン 両手で持ってしまう 片手で持てたら もう片方の手で。 両手でも手にあまり持てない介護、仕事も同じ、二人ともリンリンになってる。施設 仕事 介護 いまの時代 私には他人事出ない 見て聞いて楽しい事では無いが、誰でも必要で大切な事。 私は片手でバトンを受けれるんだろうか。

ネタバレBOX

舞台 上前に椅子が1脚 下奥に跳び箱 コーン 脚立にフラフープが掛かっている。
投票して下さい1票 投票して下さい1票 ・・・ 皆さん 塩田ショウコ、 醤油党 鮨村サキ、 ケチャップ 藪ケイイチ、 投票して下さい1票 // 外に人 何しとるんや // 玉入れ 綱引き リレー バトンを渡せない ひっぱり合う // リンリンになっている こうやって こう。はい。真面目にやってる?。皆で手を繋いでゴール それで大丈夫だな お母さん。うちのお母さん黙ってない。校長。校長:運動会中止 親からクレーム 里中先生 臨時教師 授業しか出来ないルール。生徒に負担。近所の方の参加で。ケガ 里中先生お願いします 体育が理科 校長も英語 かけもち。// ご町内の皆様 子供達の運動会にご協力・・・ // バトンの練習 これ以上は暴力や 生徒はお客様。// PTA会長が募ってくれた 見守りたいの皆さん 出来る事 網引き 缶切り 花の冠作り テーマは 地域交流 リレー 綱引き 缶切り 網引き。 里中先生 新しい競技と伝統の競技 多数決 4対2で。何か思ってたのと違う。 ゆりえ 運動会の種目どうなった お母さん 恥ずかしいねん。ゆりえ。// お前が一人で・・・。正規採用有るねん ガンバレ ガンバレ マキちゃん(自分の手を上げ、指で人形劇ふうに励ます)。頑張らんでいいよ 結婚しよ。なんで今なん (電話)お母さん 倒れたかも 島帰るわ。// お母さん。なんや 大丈夫や。// 選挙権を返上 シルバーニア 工事している。こっち戻って来ようと。じゃんじゃか焼き 臭ってた。冷蔵庫間違えた。公務員 パートなんや 安定した仕事。家庭持たない。ちゃんと生きています ふてくされて。帰ってくるんじゃなかった。醤油党の鮨村サキです 先生・・・ 特需 シルバーニアの工事の進捗は。70年以上で 選挙権返上で。介護に疲れて 幸福 犠牲になってはいけません 働く世代の負担を減らす。真紀ちゃん久しぶりやね。知ってる 天文台 千春は元気してるん 市役所の生活課 結婚する 叔父さん優しい人 結婚式6月 // ここ音違う ゆりえは今がだいじ。 飯。 ちょっと待って ピアノは必要 私のため せいで に聞こえる 笑ってよ いつも何かに囚われて 自由に 親と言うもの こんなふうに成るもんか バトンを渡す // 缶切り 腰痛 指うごけへん、誰やこんなん言い出したの 出来るの 頑張りますから 黙っといて下さい。フレー フレー 真紀ちゃん 母が来た 今は何を。間に合わない やりたいこと 噛み合わない この紙に書いてみましょう なんのため やりたいことを書き出す リレー ダンス 缶切り ミカンの産直当て 玉入れ フラフープでけんけんぱ 入場行進でダンスピアノ // なんか知らない曲やけど上手いピアノで入場行進 よういパン 風船 ダンス。位置について よういパン 缶の積み上げ 玉入れ。// よく頑張ってくれましたね 生き生きと 初めて 母と娘は鏡なんですよ 写すから 少しむりが生じるんですね 本採用の件 前向きに考えます 里中先生も考えて下さい。 // お母さん ピアノうまかったね。先生 ピアニスト 私が。 // シルバーニアに 頭がパーに 家族に迷惑 // 美しい施設ができました o-70のゼッケンを取って入っていく // 今日はよく頑張った。真紀 祐輔さん料理上手いね、さてと そろそろ行こうかな。じゃあね な 結婚しようか。そやな。母ちゃん 悪かったな 怒鳴ったり 料理不味いて言ったり。母ちゃん少しおかしい。私の前では普通よ。なら お前が面倒見たってくれ。私帰る 島へ帰らんといかん。ゼッケンo-70 集団で ゼッケンを剥ぎ取り 玉を籠に入れて入っていく。ピアノ はいもう一回 やり直し はいもう一回 もう一回。止めよ。だめよ。母さんは、一番になる物を・・・ 箸の持ち方・・・。 誰と喋っているの。ピアノもう一回やり直し 母さんはね・・・ 出来る様になるまでここに居なさい ロープで椅子に縛る。真紀ちゃん 結婚止めた 真紀ちゃんに会える また来ます。// 千春 おっぱいあげようね デパート 学校 実家 違う 真紀 お前誰や 私だれ。父さんと結婚 仕事辞めて空っぽ 時代 毎日空っぽの時間を それがいや。掴まり立ち フレーフレー真紀ちゃん すご言ってあげて ようやったな 晶子のおかげやで ありがとう 愛してるよ 私にしてくれた見たいに。ありがとう ピアノを教えて 何か一番に 苦労しなくて済むでしょう。何やねんこれ、気持ち悪い。え 私 上から見ている 母さんみたいになりたくない なんでやろ 心が空っぽになっていく。// 運 動会 あー 失敗や 全部失敗や 私を責めてるの。母さんの良い事は、貴方の悪い事 ごめんね 真紀決めなさい 母さんの娘を続けるかどうか。決めろ真紀 頑張れ 私は自分の事を もっと解りたい 母さんの娘 辞める(娘のゼッケンをはがす)。私のゼッケン。// うち結婚辞めてん 母さん倒れてん。私は悪い人間 こんな私 許してくれる 千春はいいの。 もっと優しく 美味しいって 服を選びたかった 水溜まりを飛び越したかった 手繋いで歩きたかった よしよししてほしかった。// 出してくれ 夜中に来てくれない だれかが引き受けなあかん事やねん ここに住んでいる人はみんな こうやって生きている。

このページのQRコードです。

拡大