最新の観てきた!クチコミ一覧

41-60件 / 141667件中
ハイツブリが飛ぶのを

ハイツブリが飛ぶのを

iaku

こまばアゴラ劇場(東京都)

2017/10/19 (木) ~ 2017/10/24 (火)上演中

予約受付中

満足度★★★★

関西人まる出し感もあったけど、面白かった。
やや眠気もあったが、これは狙いというかそうゆう雰囲気をかもしていたんでしょう。

ハイツブリが飛ぶのを

ハイツブリが飛ぶのを

iaku

こまばアゴラ劇場(東京都)

2017/10/19 (木) ~ 2017/10/24 (火)上演中

予約受付中

満足度★★★★

■約105分■
あらすじにもある通り、噴火で荒れ果てた集落が舞台。ヒロインが噴火の前からその地の仮設住宅で暮らしていた訳はつまびらかにされていないが、原発事故が原因か? 作品からにおい立つやりきれなさは、ウン万年単位の環境破壊を引き起こす、原発事故という弩級の人災にしか生み出しえないものだと感じた。自然災害だけでは、このやりきれなさは出ない。

ネタバレBOX

そういえば終盤には、ヒロインの甲状腺が冒されていることを示すくだりが。作者が劇の背景に原発事故をも据えているのは間違いなさそう。
ノスタルジアの贖罪

ノスタルジアの贖罪

空想嬉劇団イナヅマコネコ

上野ストアハウス(東京都)

2017/10/18 (水) ~ 2017/10/23 (月)上演中

満足度★★★★

■約150分■
あの世とこの世が交わる場で生まれる濃密な人間ドラマに感動! 劇伴がプツプツ途切れたり、前半の演技が生硬だったり、主に演出のせいだろう、ギャグがスベり気味だったり、新興劇団ならではの未熟さも否めず、満点はつけられないが、尻上がりに引き締まっていった演技が感動を押し上げ、熱いものを胸に抱えたまま帰路につくことができました。
上のような未熟さが克服されれば、まだまだ伸びる団体。
少なくとも音響の問題だけは、すぐにでも解決されたし。

スーパーストライク

スーパーストライク

月刊「根本宗子」

ザ・スズナリ(東京都)

2017/10/12 (木) ~ 2017/10/25 (水)上演中

満足度★★★★

鑑賞日2017/10/12 (木) 19:00

今回も楽しかったです。
終盤ガラリと変わる展開じゃない、じっくり展開する作品も好きです。
最後は中野の処女を思い出させる可愛いらしいラストが良かったです。
台詞覚えを心配していたウイカさんが、かなり良い子分キャラ
しかもトイレのみしかない部屋割りが、流石考えられてます。

ネタバレBOX

詳細な感想はコチラ
https://blogs.yahoo.co.jp/minamonitokeruhikari/64028554.html
ノスタルジアの贖罪

ノスタルジアの贖罪

空想嬉劇団イナヅマコネコ

上野ストアハウス(東京都)

2017/10/18 (水) ~ 2017/10/23 (月)上演中

満足度★★★

鑑賞日2017/10/20 (金) 14:00

設定や、展開を追えない部分、「ん?」となった部分もあったけど、楽しく観れた。あれだけダークな光景を展開して、やさしさのあるまとめあげに持っていった事が心に残りました。

チョップ、ギロチン、垂直落下

チョップ、ギロチン、垂直落下

劇団子供鉅人

HEP HALL(大阪府)

2017/10/17 (火) ~ 2017/10/23 (月)上演中

満足度★★★★

【演劇】も【プロレス】も【何でもアリのエンターテイメント】なんで自然に楽しめました☆賑やかなドタバタプロレス芝居やと思ってたら主役の二人の友情と成長、二人の思い描いた姿と違う事による気持ちの葛藤などプロレスに乗せてリアルなヒューマンドラマを見せてくれるんで感動も出来るお得感満載のエンターテイメント活劇でした☆

靴が鳴る・・・

靴が鳴る・・・

山﨑千惠子一座

劇団そとばこまちアトリエ 十三 BlackBoxx(大阪府)

2017/10/20 (金) ~ 2017/10/21 (土)公演終了

満足度★★★★

家族といった単位を考えさせてくれました.家族の価値観て何なんでしょう。結局、家族も個の集合でしかなくなっているんでしょうね。時代の流れと一言で片付けるのは…。深く考えさせてくれました!!

スーパーストライク

スーパーストライク

月刊「根本宗子」

ザ・スズナリ(東京都)

2017/10/12 (木) ~ 2017/10/25 (水)上演中

満足度★★★★★

凄く面白かったです。
人間心理を上手く描いた作品でした。
根本さんをはじめとして女性陣が可愛いです。
根本さんも可愛いですが、長井さんも凄く可愛かったです。

ネタバレBOX

長井さん本当にモデルみたいな衣装で綺麗でした。
かさぶた式部考

かさぶた式部考

兵庫県立ピッコロ劇団

世田谷パブリックシアター(東京都)

2017/10/14 (土) ~ 2017/10/15 (日)公演終了

満足度★★★

社会の縮図をよく描いている作品でした。
母親の悲しみをよく描いていました。

JOE MEEK

JOE MEEK

ピストンズ

花まる学習会王子小劇場(東京都)

2017/10/18 (水) ~ 2017/10/23 (月)上演中

満足度★★★

鑑賞日2017/10/19 (木) 13:00

ストレートな作りで、感覚に残った。
予備知識なしで、わからなかったり退屈しないかが心配だったが、時系列に素直な展開を順々に追ってるだけで心地よく鑑賞できた。ちょっと不思議な感覚でした。

明日しあわせになあれ

明日しあわせになあれ

26期卒業ドラマコミュニケーション

日本橋アートスタジオ(近畿大学会館5階)(大阪府)

2017/10/21 (土) ~ 2017/10/22 (日)公演終了

満足度★★

人はかなり入っていたが、内容は今一つ…。何を伝えたかったのかが分かりません…。すこし残念です。

愛だ

愛だ

X-QUEST

新宿村LIVE(東京都)

2017/10/18 (水) ~ 2017/10/22 (日)公演終了

満足度★★★★★

「モヤモヤ」から「夢中」へ引き込まれる演劇。
最初「席がかなりはじで舞台が見えづらい、横の人がこっちに幅寄せしてきて邪魔、
アレ?ヒロインの声小さい?と思ったら俳優も?って事は劇場、座席や自分の耳の問題?」とか
色々モヤモヤから始まりました。
でも、舞台上で繰り広げられる悲劇を喜劇で表現するという試みや、
たくみな言葉遊び、激しい殺陣、色々な状況/心情を表現するダンスその他
色々なものを観ているうちに何もかも気にならない「夢中」状態にさせられました。
※最初邪魔に感じた隣席の人も舞台上の出来事に笑い泣きする仲間たちのように感じられるほど
そして(最近自分はすごく気にしているんですが)「メタな笑いのとり方」もX-QUESTは上手でした。
※メタな笑い=いわゆる舞台上の物語を演じている役者達の、素での視点や観ている観客達の視点に立っての笑いのとり方。
ダイナミックアクションと西尾維新ばりの言葉遊びがウリの劇団だと思っていたら、
コメディ的要素もここまで上手だとは。
ほんと笑いながら悲劇が進むのを夢中で眺めていました。
全ての役者のすべてのセリフを聞き取れた訳ではないのと、
X-QUESTならではの独創性から物語全てを正確に理解出来たとは言えませんが、
とてもとても楽しい時間を過ごせました。
PS.X-QUESTは脚本演出家が表現しようとするものに対して、
 ピースとして他劇団などの役者達を客演として呼びますが、
 ものすごくハードル高いんだろうなあ、と思いました。
 求めるものも「美しさ」「笑いとりの上手さ」「殺陣、ダンスなどアクションの上手さ」など
 様々なピースを、いつも集めてくる。
 選ばれた役者達は自分を誇っていいと思うんですよね、「とうとうX-QUESTに選ばれた」と。

ネタバレBOX

2つ
・物語のクライマックス、笑いの場面から急激に深い悲劇的な場面に移っていく所と、
 物語が完結しエンドロールさながらに役者が素に戻った瞬間に、
 何故か涙腺にくるものがありました。
・物語がクライマックスに向かい悲劇へ進む中エチオピア王がはけぎわに、
 「このくらいがちょうどいい」といった、あの言葉がすごく刺さりました。
 あれは何かの暗喩的なものなのかなあ、と。
 ・舞台演劇と観客数/劇場キャパなどのバランス
 ・笑いと涙、喜劇と悲劇のバランス
 など小劇場演劇が目指すべき方向性などに対するアンチテーゼ的な
 深い意味があったのかそれともなかったのか、それが知りたいなあ( ´ー`)
木立によせて

木立によせて

芸術集団れんこんきすた

新中野ワニズホール ( Waniz Hall )(東京都)

2017/10/19 (木) ~ 2017/10/22 (日)公演終了

満足度★★★★★

素晴らしい舞台だった。二部構成、休憩含めて2時間40分という時間も全然長くない。ちょっと風邪気味だったし、雨も降ってるしで、出かける前は少々テンション低めだったけど、観てよかった。今年観た舞台の中でこれが一番好きだ。

ノスタルジアの贖罪

ノスタルジアの贖罪

空想嬉劇団イナヅマコネコ

上野ストアハウス(東京都)

2017/10/18 (水) ~ 2017/10/23 (月)上演中

満足度★★★★★

ダークファンタジーホラーラブコメディミステリー。
…と、様々な分野が詰め込まれた作品。

恐怖あり、謎解きあり、笑いあり、涙あり。
どんどん物語に引き込まれ、2時間超があっという間。

登場人物1人1人の想いが、過去が、真実が、そして愛情が、全てが1つになりハッピーエンドを迎えるカタルシス。

ノベライズ化を切に希望したいくらい、作品として完成されています。
とても素晴らしい時間を過ごす事ができました。

ネタバレBOX

いや本当に、無駄が一切ない舞台。

冒頭のシーン、あれはなんだったんだ?という疑問(どちらかというとマイナス感情な)から、あれはこういう事だったのか!!と1つ1つ丁寧に解消されて、そしてラストへ繋がる。
この構成が素晴らしい。

怒涛の守護祭でひとしきり笑ったあと、昔を思い起こさせる父子のやり取りで涙。

あとツンデレ。
真面目なシーンなのに…!笑

弟がいる姉なので、姉弟という関係に弱いです。すぐ泣きます。
あの子はきっと、辛い思い出もいい思い出も全部抱えて、それでもハッピーエンドなんだ…いい子だ…。


何度でも観たい作品。
ノベルゲーム化したらやり込みます。
絢爛とか爛漫とか

絢爛とか爛漫とか

パショナリーアパショナーリア

シアター風姿花伝(東京都)

2017/10/18 (水) ~ 2017/10/22 (日)公演終了

満足度★★★★

いい俳優ばかりが揃った佳作ではある。それでも途中何度か集中力が途切れてしまった。物語に厚みを持たせるうえで割愛出来ないのかもしれぬが、もう少しすっきりした方が好み。
□字ックの山田佳奈さん演出ならではの疾走感を期待して観に行ったが、その点は少し鳴りを潜めていた。

インテリぶる世界

インテリぶる世界

箱庭円舞曲

ザ・スズナリ(東京都)

2017/05/10 (水) ~ 2017/05/17 (水)公演終了

満足度★★★★

鑑賞日2017/05/10 (水) 19:30

座席E列5番

価格3,000円

箱庭流「ノーアート・ノーライフ」であり、「平成ノーアート・ノーライフ」でもあった(千年女優もあるでよ)。
過去と現在で変わる人と変わらない人とかも面白かったし、終盤の緊張からのラストも良かった。
そして安東さんのMUっぽい役どころと阿久澤さんの1999年っぷりがツボ(笑)

レディ・ベス

レディ・ベス

東宝

帝国劇場(東京都)

2017/10/08 (日) ~ 2017/11/18 (土)上演中

満足度★★★★

久しぶりの帝国劇場、大人数の俳優、豪華衣装、大音量という物量だけで気分がハイになってしまった。

歌が多めのミュージカルで踊りは少ない、というか踊りらしい踊りはなかった。
音楽は雄大で、歌はもちろん皆さん何の問題もなく素晴らしい。

ただし、私は主題になじみがなく、いかにも作り話というところもあって、なかなか世界に入り込めなかった。いつも思うのだが、ミュージカルファンはストーリーにはあまり興味がなく、個々の歌や踊りに熱狂することが多いのではないか。そういうことなら大満足で星5つになるだろう。私はそういう境地には全く達していないのでストーリーが気になってしまう。調べたことをメモとして以下に書いておく。

物語は主に異母姉のメアリー1世の即位(1553年)から病死、そしてエリザベス1世の即位(1558年)までを描いている。
エリザベス1世は1603年までという長い期間在位して実績がある一方でメアリー1世は短い在位期間に宗教弾圧を行い「ブラッディ・メアリー」という悪名をカクテルに遺している。
そういうわけで、この「レディ・ベス」のような物語が作られ、悪のメアリーと善のエリザベスという記述になってしまう。
しかし、終演後ウィキペディアを読んでみると、メアリーもまたエリザベスの母アンから毒殺未遂を含む同じような迫害を受け、また民衆に支持されて即位したとあって、印象は一変した。
イギリスの人はそんなことは百も承知なのだろうが日本人がエリザベスとの関係だけを見て「メアリーはひどい」と思うのはどうかなと思った。むしろメアリー1世の一生の方が人間の深い物語が描けそうな気がする。

まあ。誰が良い悪いというより身分の高い人ほど自分の地位そして命を守るために必死であった時代ということなのだろう、と安易にまとめておく。

近くのおばちゃんが言っていたけど帝国劇場のB席は確かにお得だ。

MTF

MTF

トランス☆プロジェクト

吉祥寺シアター(東京都)

2017/10/20 (金) ~ 2017/10/28 (土)上演中

予約受付中

満足度★★★★

多くのことを考えさせられる内容でした。

ネタバレBOX

ミツオだけでなく、人のそれぞれの人生を主題に描いていたところに、多くのことを考えさせられてよかったです。性同一性障害について理解を深め、一方で、人生について前向きに考えることができる、とても味わい深いものと感じました。ただ、甲子園出場を逃してからの展開が途中少し間延びしたように私には感じたのです。言いたいこと、伝えたいメッセージは多くあると思うのですが、焦点がややぼやけたようにも感じたのです。
MTF

MTF

トランス☆プロジェクト

吉祥寺シアター(東京都)

2017/10/20 (金) ~ 2017/10/28 (土)上演中

予約受付中

満足度★★

作品的には表面的で深さが無いかなぁ・・・とかは感じたが
性同一障害ってゆうものを紹介・説明するには
まぁよいのか・・・・・でも作品としては~開演11分遅れるしなぁ
あまし精度は無いかしら
と思えた2時間+アフタートーク15分付きの作品

ネタバレBOX

ノスタルジックコメディと付けてた割りには
笑いどころは少なく感じた~

もっと観客にわかり易い説明台詞とか
いろいろわかってもらおうとする工夫が必要では?
とか強く感じたなー

群像劇風になっててストーリーが散ったような感じも受けた

骨組みを太くして各エピソードの肉付けバランスの増減を~と思ったですね

各学級に一人はいる体外受精児みたく
トランスジェンダーに悩む人間も身近にいるはず
我々が気がつかないだけなんだ・・・という話はインパクトありました

まぁCSIの主任ではないが
人類が一段階ランクUPして争いが無くならないと・・・差別とか
色眼鏡・・とかは無くならないでしょうねぇ(^-^;)

20年活動してて9作目だそうですし
活動の継続には賛同~♪
絢爛とか爛漫とか

絢爛とか爛漫とか

パショナリーアパショナーリア

シアター風姿花伝(東京都)

2017/10/18 (水) ~ 2017/10/22 (日)公演終了

満足度★★★★

町田マリーさんの演技,主人公の葛藤や苦悩,足掻き,伝わってきました。他の方の演技ももちろん良かったです。この芝居はやっぱりホンが良いんだよね。とても楽しめました。

このページのQRコードです。

拡大