最新の観てきた!クチコミ一覧

41-60件 / 137594件中
不幸の家族

不幸の家族

立川志らく劇団・下町ダニーローズ

赤坂RED/THEATER(東京都)

2017/05/12 (金) ~ 2017/05/21 (日)公演終了

満足度★★★★★

今振り返ってみても、居心地良く充実した2時間強だったと思う。
様々敷き詰められた伏線も謎解きの如く。熱い友情にも感極まり。
作品以外に於いても、受付や誘導スタッフの柔軟な対応、寄席の太鼓の実演と、喜ばしい事ばかりで何より。
再再演を切に願う。

天の敵

天の敵

イキウメ

東京芸術劇場 シアターイースト(東京都)

2017/05/16 (火) ~ 2017/06/04 (日)上演中

満足度★★★★

鑑賞日2017/05/21 (日)

浜田はいい面魂になった。
女性客増えたな~。

ネタバレBOX

元になった短編はすっかり忘れてたんだけど、飲血のくだりで思い出した。
2時間20分、飽きなかった。
名探偵青島青子-劇場版-

名探偵青島青子-劇場版-

片岡自動車工業

HEP HALL(大阪府)

2017/05/19 (金) ~ 2017/05/22 (月)公演終了

満足度★★★★★

観ました!!初日から千秋楽まで全てのステージをチーム青子になったつもりで盛り上がりました。
期待通りのエンタメ!迫力のオープニング!探偵青子と助手エンジェルがワンルームの住人(住犬)達と檻の中の男優達との物語が私たちに伝わってきて最後には観劇している私もその中に居るような錯覚にされてしまいました。
お話が進むにつれてそれぞれの犬の生い立ちや、感情が明かされて行き、色んな葛藤が
枝葉のように剥きだされてきてバーン!!となってクライマックスでは涙を止める事が出来ませんでした。
檻の中の犬達も何か脱線しているのかと思わせて実は物語の重要な部分を担っておりましたが、過去の劇団時代の場面を思い出させる様な作り方は片岡百萬両さんの真骨頂だと感心させられました。
女優陣の突き抜けた楽しみ方に乾杯!!
いやー楽しくハッピーになれたエンタメでした、あっもちろんダンサーさんと音楽隊の皆さんとの一体感も見事の一言です。。。
いやー演劇って素晴らしいですね、ありがとうございました。

十二人の怒れる男たち

十二人の怒れる男たち

俳優座劇場

俳優座劇場(東京都)

2017/05/17 (水) ~ 2017/05/21 (日)公演終了

満足度★★★★

映画でしか見たことのない、純粋な舞台版「十二人の怒れる男」を見たような気がします。
目の前で繰り広げられる陪審員達の迫力は本当に凄かった。無罪になるとわかっているのに、陪審員たちのそれぞれの人生の重さがしっかりと描かれていて、結末が変わるかもしれないと思いながら見ていて、本当に楽しめました。

レ・ミゼラブル

レ・ミゼラブル

東宝

帝国劇場(東京都)

2017/05/21 (日) ~ 2017/07/17 (月)上演中

満足度★★★★★

プレ観て来ました。お目当てのヤン・ジュンモバルは最高だったし、川口シャべとの相性がいいです。前からキャスティングされているかたがたはバージョンアップしてたし、新しくキャスティングされたかたがたはいい感じに仕上がってました。
きっとこれからもっと進化していくのではと思います。

5月文楽公演

5月文楽公演

国立劇場

国立劇場 小劇場(東京都)

2017/05/13 (土) ~ 2017/05/29 (月)上演中

満足度★★★★★

第一部、第二部と観てきました。
第一部では、桜丸の切腹で号泣・・・凛とした蓑助師匠の桜丸、文字久太夫と藤蔵さんの三味線が見事でした。
第二部は、勘十郎さんのお初、玉男さんの岩藤、和生さんの尾上と見所満載でした。

ももがたり

ももがたり

@emotion

シアターグリーン BIG TREE THEATER(東京都)

2017/05/17 (水) ~ 2017/05/21 (日)公演終了

満足度★★★★

座席G列8番

価格4,000円

殺陣に感激しました。昔話では描かれていない、鬼たちやお爺さんお婆さんの姿が本当に新鮮で面白かったです。

Justice for

Justice for

@emotion

d-倉庫(東京都)

2016/04/07 (木) ~ 2016/04/13 (水)公演終了

満足度★★★★★

鑑賞日2016/04/07 (木)

ヒーロー物が好きなんだなと気付かされました。@emotionさん恐るべし……!

60'sエレジー

60'sエレジー

劇団チョコレートケーキ

サンモールスタジオ(東京都)

2017/05/03 (水) ~ 2017/05/21 (日)公演終了

満足度★★★★

劇団チョコレート的には、歴史の検証。その対象が高度経済成長期の日本というわけである。戦犯裁判や皇室やセクトといった特殊な状況を描きながら、その状況にあっての「日常」をしっかり描出できる劇団にすれば、昭和の下町の廃れ行く蚊帳工場が舞台であっても何ら遜色ない。人情あふるるある意味典型的なお話が、むしろ水を得たとばかり、俳優の躍動を引き出していた。
蚊帳作りの具体的な手法や用語が出てこない事に中盤気づくが、どんなオチに繋ぐのかという関心がよぎる程度、ドラマ的な濃さをそぐ事なくラストまで畳み掛けられた。
見る者が懐古的にならないと言うと嘘になるが、人情噺を構成する素材でなく描く対象として「時代性」、歴史に対している。例えば近所の紙芝居屋は昼間っから将棋を打ちに工場へ来る。打つ手を考える様は時間を刻みながら働く現代の勤め人にはない、計測しない事で得られる先の長い時間というものがある。
もっとも芝居を牽引していたのはリアリズムのみにあらず、江戸落語の人情長屋の世界を若干トレース気味。工場を仕切る長男(西尾)の好演は大工の棟梁、その妻は夫に引けをとらない人情の厚いおかみさん。女性は一人だから成立したキャラでもあろうか。空襲でやられた足を引きずっている設定が憎い。三代目になる社長の兄を手伝っている弟(岡本)がまた好演。これら昭和人情伝の登場人物は、芝居の冒頭の現代に亡くなった老人が遺書を通して語る劇中劇の人物である。主人公ももちろん、本編である回想シーンに最も若い人物として登場するが、集団就職組で上京した金の卵であるから血の繋がりもない。他人でしかない彼に対し、夫婦が高校通学の援助を買って出るあたりから、長い「最も良き日々」が始まる。彼の述懐(声)に導かれての長い回想だが、ポイントは夫婦には子どもが居ない事を、誰の台詞を通しても、素振りでさえも、触れない事である。10年後に別れる事になるまでの、その夫婦と主人公との一見特別にみえる関係が、その時代に流れていたものの証明として主人公は述懐し、時代の風景としてこの物語が描かれているのもポイントだ。こんな天晴れな人がいた、という話ではなく、時代とそこに漂っていたなにものかを描き出そうとした。批評性のある昭和人情伝。

パレード

パレード

ホリプロ

東京芸術劇場 プレイハウス(東京都)

2017/05/18 (木) ~ 2017/06/04 (日)上演中

すっごく良かったです!!!歌って踊ることの意味が大いにある、さすがの森新太郎演出!(観客にもドS!)

りんぷん手帖

りんぷん手帖

やみ・あがりシアター

花まる学習会王子小劇場(東京都)

2017/05/12 (金) ~ 2017/05/16 (火)公演終了

満足度★★★★

2組のグループの話がそれぞれ時間を順向性と逆行性に展開していく様がイイなー(最初アレっ?て思いましたが)。笑えてシリアスでブラックも入っていて、期待以上に楽しめました。

パレード

パレード

ホリプロ

東京芸術劇場 プレイハウス(東京都)

2017/05/18 (木) ~ 2017/06/04 (日)上演中

満足度★★★★★

100年前のアメリカの南部の冤罪事件を素材にしたミュージカル。と聞いただけで、今どきなんで? と思ったものだが、これがなかなか。最近のロックの犯罪ミュージカルではなく、歌詞に曲がついている(笑)正当なミュージカルスタッフの座組みがよく、ここの所、瞠目するミュージカルがなかった中では出色の出来だ。まず、キャスト。公共劇場との提携で充実している。岡本健一など役不足だろうが、やはりここに岡本がいるのがいい。流石、、齢を感じさせない石丸、堀内。さらにミュージカルを構成する各スタッフの力量をうまくまとめた。大木一本の裸舞台だがここに五色の雪を降らせる趣向は秀逸。ホリゾントの色もたまに変わるのが効果的、部分で使った斜めの照明もいい。これで舞台転換に時間がかからず、テンポもリズムも出て音楽が生きた。衣裳も少女の衣装で一本勝負。オケも台詞との絡みが多いのに、見事なものだ。コーラスの振り付けも無理していないところがいい。すべてをまとめきった新劇団出身の森新太郎に拍手。これで既成の、四季,東宝、ホリプロ、松竹いがいの新しいミュージカルの舞台を楽しめるだろう(これはホリプロも噛んでいるが、これで森の使い方もうまくなるだろう)
企画としては大衆迎合の最近の世相への時宜を得たもの、と言うことだろうが、それは少し買い被りで、今はアメリカでもやっていない旧作をよく掘り出して夫婦愛のミュージカルにして面白く仕上げたことを評価すべきだろう。

名探偵青島青子-劇場版-

名探偵青島青子-劇場版-

片岡自動車工業

HEP HALL(大阪府)

2017/05/19 (金) ~ 2017/05/22 (月)公演終了

満足度★★★★

鑑賞日2017/05/22 (月)

モロにアニメの世界観でビジュアル観てるだけで終始ワクワクしました☆全員をフィギュアにしてコンプリートしたくなる魅力的なワンルームの住人達にもぅ会いたくなってる(笑)
【嫌いなものを嫌いと言うより 好きなものを好きと言って生きていく】
ってラストのセリフが深く心に刺さったなー♪皆さんの犬の表現が見事すぎて劇団四季の【CATS】を思い出しました♪このメンバーでの【CATS】が観たいくらい素敵な余韻に浸ってます☆★

ズルい奴ほどよく吠える

ズルい奴ほどよく吠える

雀組ホエールズ

シアターグリーン BASE THEATER(東京都)

2017/05/17 (水) ~ 2017/05/28 (日)上演中

満足度★★★★★

『見応えあり!』、その言葉がしっくり来る舞台でした。どんどん引き込まれて、あっという間の2時間。格好良い関係も有れば、そうでない関係もあり。もっと観たい、知りたいと思う位が良いのかもですね。
バシッ!今晩は鍋食べて酒飲みたくなりました!

ズルい奴ほどよく吠える

ズルい奴ほどよく吠える

雀組ホエールズ

シアターグリーン BASE THEATER(東京都)

2017/05/17 (水) ~ 2017/05/28 (日)上演中

満足度★★★★★

たった今観終わりました、初めての雀組さん。見事なサスペンスで驚きましたよ!迫力が凄い。全体を観たかったのであえて中央後半で見ましたが、これなら最前列で観たかったと思いましたね。いいお芝居でした。ただストーリーはその世界(?)にいる人間なので心から笑えなくて残念でした。次回作では現実を忘れて楽しみたいです!

ぽこフェス2017

ぽこフェス2017

ぽこぽこクラブ

下高井戸 HTS(東京都)

2017/05/20 (土) ~ 2017/06/11 (日)上演中

予約受付中

満足度★★★★

オムニバス3作品(再演の物もあるとの事だが私は全て初見)

ネタバレBOX

『マグロ』脚本/渡辺芳博出演/都倉有加、森田ひかり、渡辺芳博


渡辺芳博さんの書くホンはぞわっとする。
そして、根底に人の心理とそこに至るエゴのようなものを感じる。
今作、最終的にはかなり、怖い。
一見、不条理な登場人物も話が進むと、その理由が明かされ、ぞわっとした。
風俗(デリヘル嬢)の女(森田ひかり)、寿司屋の大将(都倉有加)。
「普通」にみえる人間の「普通」って何だろう?
いつも、渡辺さんの書くホンを観ると考えてしまう。
好きな男が働かない・身体を売って養う女。その女の仕事の割り切り方は理に適ってる。
「男の訳の分からないプライドなんて・・・」と話が弾む女二人。
何気ない気持ちで大将の「話」を聞き始める。
その話の狂気さに気がつかない大将の怖さ。
誰だって「それは普通でしょ」って思ってる。
そこに至るプロセスは様々だが、あの不条理な登場人物の意味も明かされる。
森田さんは徐々に巧くなってきたなと思う。
言葉のウラガワに含ませる感情の伝え方が巧くなってきた。
客演の都倉さんは前回公演でも若々しくない(褒め言葉)妙に艶っぽさがある俳優さんだと思っていて、あの大将の狂ってるけど、それが「間違ってるけどまっすぐな愛」なんだろうなって感じを受けた。






『僕はスッポン2017』脚本/杉浦一輝&三上陽永出演/坂本健、三上陽永、都倉有加
杉浦一輝くんのホン。


彼の書くホンは歪んでるんだけど、個人的には好き。
ホント、歪んでる

でも、切ない。
好き過ぎて食べてしまいたいという表現があるが
これは「あなたが好きで大好きで、貴方の為なら食べられてもいい位、好き」
という強力なラブレターのようなホンだなと。
歪んでるけど。

きっと、自分の事を愛してくれて、優しくしてくれて、自分の事をみてくれる人が
少なすぎたからなおくんの為に・・・ってなったのかな。
悲しいけど、切ない。




『初めまして、山田です』脚本/杉浦一輝 出演/高橋玄太、渡辺芳博、シークレットゲスト/磯部莉菜子、梅津瑞樹


杉浦くん新作。
これは、出演の渡辺さんの力技というか、結構、ズルいホンだった。
コミカルな流れで進んでいき、まじめな高橋玄太さんの元カレと、律儀な3年4か月と15日のストーカーの渡辺芳博さん。


可愛い恋愛質な女の子(磯部莉菜子)。前作も小悪魔的な役柄で愛らしい方だなと思ってた。
客演の女の子が皆さん可愛い。
そして、コミカルに痴漢やら、フラれるメンズやら、で客演の虚構の劇団の梅津瑞樹さん。
この方は面白い事きっと、巧い人なんだろうと思っているが、もう一歩、抜けると
凄く面白くなる人だと思う。


彼女を廻っての話だが、最終的にほんわかとしたええ話になったという。
ただ「ええ話」の視点は「おとこ」サイドから見た視点。彼女にとっては「いい迷惑」となる可能性が高い。


三作ともどこの「視点」から捉えるかで受けるイメージも大分変わる。
「おとこ」の視点なのか「おんな」の視点か。


と言ってる私自身も「正しい」のか?と問われると
断言できないような気持ちもある。


いい意味で今どき感が無いのがぽこぽこクラブの空気感だと勝手に思ってる。
「こういうのやりたい、書きたい」だから「やる」といった感じ。
メンドクサイ事も沢山あるだろうが、やりたい事やっていって欲しいかと思う。



音響や照明のオペレーションも今回はメンバーで行ってるとのこと。


事前に今作の照明に関してのtweetで実際観て、納得。アイデアで表現は色々具現化出来るんだなと。
ホリゾンの色合いが綺麗だったし、すっぽんの時は気持ち悪いとか、不安とか、そんな心象が伝わってきた。
あと、楽屋側のオンとオフ出来る裸電球。句読点のような役割で物語の切り替えにイイ感じだった


今回中央の舞台に対して対面客席。
入口入って左側はある種通常席・右は舞台の一部になるような臨場感溢れる客席といった感じ。


3作とも演者の向きが自然に双方から観られるように途中でチェンジするなどあり。
オムニバスと言う事で一作毎の尺は短いのだが、観終ってあれやこれや反芻すると、
とてもホンが深いな~と。

『明日☆りのべぇしょん』

『明日☆りのべぇしょん』

劇団伽羅倶梨

KARAKURIスタジオ(大阪府)

2017/05/19 (金) ~ 2017/05/23 (火)公演終了

満足度★★★★★

鑑賞日2017/05/22 (月) 14:00

入場するとき、劇団代表ナオミさんからのきれいな文字のあいさつ名刺が手渡される。いつもファンを大事にする人なんだなあ。今回もファンとの飲み会を入れている。残念ながら今回僕は参加できなかったが。以前に、ビールを片手に俳優さんと談笑した想い出が今でも強く残っている。あまり例のない劇団のファンサービスであり、嬉しい。
なかなか面白かった。ずっと見ている劇団だが、安易な人情ものではなく、シビアな人情ものになってきている。そのため、脚本の掘り下げはきびしく、そして俳優の演技もキレが必要になってくる。観客を引き込むテクがこの劇では特にうまいと唸る。90分、目が釘漬けです。
ただ望むべくは、岩本正治さんを除き、客演の辻登志夫さん・川畑七海さん・吉永真也さんなどが主要な役を演じている。確かに、辻登志夫さんの演技は際立つものがあり見事だったが、劇団員が脇役の脇役ばかりでは、劇団としての成長は見込めないのではと少し気になった。

レモンキャンディ【大阪公演終演!26日東京公演初日!】

レモンキャンディ【大阪公演終演!26日東京公演初日!】

匿名劇壇

シアトリカル應典院(大阪府)

2017/05/18 (木) ~ 2017/05/22 (月)公演終了

満足度★★★★

鑑賞日2017/05/20 (土) 15:00

他人の不幸はなんとやら。90分ニタニタしっぱなしでした。唐揚げにレモンのくだりは坂元裕二へのオマージュ?福谷くんの言葉遊びは今後も楽しみです。

レモンキャンディ【大阪公演終演!26日東京公演初日!】

レモンキャンディ【大阪公演終演!26日東京公演初日!】

匿名劇壇

シアトリカル應典院(大阪府)

2017/05/18 (木) ~ 2017/05/22 (月)公演終了

満足度★★★★★

めちゃくちゃおもしろかった。
めちゃくちゃおもしろかった。
死が迫った極限の人々を描く話はたくさんあるが、そんなパニック物とはまた違う。
どうあっても生活はあって、それでも性欲はあって、意味を探したり、あきらめたり。
なんでもよくなって、でもどうでもいいわけじゃなくて、生きていたいけど、生きる意味が見つかってるわけじゃない。
人生いつまでもモラトリアムみたいなもん。
それでも息ができる限りは生きてしまう人間の、なんとも言えないだらだらした部分が、妙に実感を持って迫ってくる。
とてもおもしろかった。

名探偵青島青子-劇場版-

名探偵青島青子-劇場版-

片岡自動車工業

HEP HALL(大阪府)

2017/05/19 (金) ~ 2017/05/22 (月)公演終了

満足度★★★★★

エンタメで、楽しいお芝居と思ってましたが、ただのエンタメじゃなかったです。犬たちの飼い主に対しての思いがしっかり書かれて最後は感動もあり、本当に面白いお芝居でした。

このページのQRコードです。

拡大