最新の観てきた!クチコミ一覧

21-40件 / 151423件中
上にまいります。

上にまいります。

チーム夜営

The 8th Gallery (CLASKA 8F)(東京都)

2018/08/16 (木) ~ 2018/08/19 (日)公演終了

鑑賞日2018/08/19 (日) 13:00

価格3,000円

13:00の回(薄曇り、ちょうど良い気候)
ロビーで待機、スタッフの方がエレベータ前で案内。

12:30、8Fへ、受付、チケットは「搭乗券」、パンフレットには記念のスタンプを(雰囲気抜群)。

こちらは初めて、白昼夢他で観ている鶴田理紗さんが出ているのと、この会場で観た他団体の作品がどれも印象的だったので観に来ました。

シアターグリーン学生芸術祭で観たのが「武蔵野美術大」の劇団だったのは後で気がつきました。

奥にL字の客席(2列と3列)、スタッフの方が真ん中が観やすいですよ、と案内してくれるのでL字の角からひとつずれた席へ。ここは3回目、柱が何本もあるので見通せる位置に。

小さなスタンドテーブルが(離れて)2つ。

12:57鶴田さん客席へ。ロビー内のアナウンスが微かに聴こえる。
13:01 白い柱に「SOMAT」の文字。
13:04開演~14:37終演、~14:59トーク終了、鶴田さんに声をおかけし、台本購入、帰宅。

東京タワーやスカイツリーは誰でも知っている。でもこのエレベータは...
なぜか密やかなホール
登場人物は、エレベーターガール(レトロ感いっぱい)とここへやってきた男、女の3名。
なかなかかみ合わない会話。
なんとなく「もしかすると」という感覚が沸上がる。

丁寧に描かれた心情。
息の合った役者さん。

チケット、パンフ、模型、映像、どれもが雄弁でみごとな仕上がり。
さすが美大。

『チョコレートケイキ』

『チョコレートケイキ』

神戸三宮シアター・エートー

神戸三宮シアター・エートー(兵庫県)

2018/08/17 (金) ~ 2018/08/19 (日)公演終了

満足度★★★★

鑑賞日2018/08/19 (日) 18:00

価格4,000円

セリフも音響も一切ない芝居が最後まで集中して観れるか心配だったが、そんな心配は杞憂に終わった。観客も覚悟の上だったのか、息を殺してその場で起こる場面を集中して観ていたように見えた。
あまり期待してなかったが、だれ場もなく空気をコントロールしたのは確かに言葉を発さない役者たちの演技力だったと思う。

『首無し乙女は万事快調と笑う』&『漂流ラクダよ、また会おう』

『首無し乙女は万事快調と笑う』&『漂流ラクダよ、また会おう』

ポップンマッシュルームチキン野郎

シアターサンモール(東京都)

2018/08/10 (金) ~ 2018/08/15 (水)公演終了

満足度★★★★

首無し~は、初演をみてしまってましたので漂流ラクダ~を観劇。いろいろと楽しませようと言う工夫がいっぱいなのですが、人生の何だかわびしい、儚いところも見せてくれる感じ。首無し~の初演の頃から観ている気がしますが、当時から女性が多くて男女=7:3 ~ 8:2 くらいに感じられました。人気の秘密はその辺りなのかも?

その頬、熱線に焼かれ

その頬、熱線に焼かれ

On7

東京芸術劇場 シアターウエスト(東京都)

2018/08/09 (木) ~ 2018/08/12 (日)公演終了

満足度★★★★

古川脚本~日澤演出の真骨頂かも?初演を見損ねましたので、ここで観劇。役者さんが上手で大きな舞台でも、ちっとも負けていない感じでした。

夏祭り企画第二弾〜「外呑み親善大使/誰もみたことない絵本」

夏祭り企画第二弾〜「外呑み親善大使/誰もみたことない絵本」

制作「山口ちはる」プロデュース

シアター711(東京都)

2018/08/01 (水) ~ 2018/08/12 (日)公演終了

満足度★★★★★

小林光さん、こういう設定 好きだよなあ~が外飲み親善大使。2作のうち、こちらが好みでした。ばばぞのがお気に入りです。ロミジュリがベースなんですが、蒲田のイメージがちょっと毀損されている気も。でも楽しめました。

パイレーツ・オブ・トレビアン2

パイレーツ・オブ・トレビアン2

ノーコンタクツ

萬劇場(東京都)

2018/08/16 (木) ~ 2018/08/19 (日)公演終了

満足度★★★★★

終演後に「構成が良かった」の声がありまして、演劇の弱点であるシーンチェンジ(がのろい)を補うにあまりある展開。そして毎度の女子力の高さも見所の一つかも?個人的には水出さんとか茗原さんのMagic が新しい見せ場で楽しめました。既に続編も予告されていて、DVDで復習しつつ、自作を待つことと致します!

改訂版 無頼の女房

改訂版 無頼の女房

劇団昴

座・高円寺1(東京都)

2018/08/15 (水) ~ 2018/08/19 (日)公演終了

満足度★★★★

中島敦彦脚本の名作のようです。古き良き昭和の時代の作家はあんな感じだったのでしょうか?今は無き,とも言えますが、当時は当時で大変そうと思ったり...。

ロンギヌスの槍

ロンギヌスの槍

芝居屋風雷紡

d-倉庫(東京都)

2018/08/15 (水) ~ 2018/08/19 (日)公演終了

満足度★★★★

主人公が双生児という設定で、リアル事件と少し趣を変えた感じ。某アニメで有名なロンギヌスの槍って、そんな意味があったのか...と少し納得。風雷紡×トツゲキ倶楽部って感じでした。

メタルマクベス disc1

メタルマクベス disc1

TBS/ヴィレッヂ/劇団☆新感線

IHIステージアラウンド東京(東京都)

2018/07/23 (月) ~ 2018/08/31 (金)上演中

満足度★★★★

鑑賞日2018/08/19 (日) 14:00

どの曲も迫力があり、楽しめましたが、濱田さんの歌声が特に良かった。
一曲ごとに拍手が入るのは分かるのですが、ストーリーに集中するのには妨げになった。

マナナン・マクリルの羅針盤 2018

マナナン・マクリルの羅針盤 2018

劇団ショウダウン

シアター風姿花伝(東京都)

2018/08/11 (土) ~ 2018/08/16 (木)公演終了

満足度★★★★

「蒼のトーテム」観ました。アリス的な話だな~と思っていたら、そうきましたか。竹内さんの芝居は遊眠さんの芝居とはまた違ったテイストで楽しめましたね。

レプリカに捧ぐ

レプリカに捧ぐ

牡丹茶房

王子スタジオ1(東京都)

2018/08/16 (木) ~ 2018/08/19 (日)公演終了

満足度★★★★

思っていたよりも頭のおかしくて好きな展開で
終劇時に思わず嬉しみで笑顔になってしまった
僕の中のパーツをかき集めても決して出来上がらない作品なので
感情への働きかけという部分よりも
見たいものが見られた、やりきってくれたという楽しさだった
息の聞こえる真闇

ミセスフィクションズ夏の振替上演・上映会

ミセスフィクションズ夏の振替上演・上映会

Mrs.fictions

駅前劇場(東京都)

2018/08/17 (金) ~ 2018/08/20 (月)上演中

満足度★★★★

観客の脇をくすぐり続けながら、その人の心の中の大事な部分をほじくり返すような作品たち
もうなんか全部ズルい!
久々のアガリスク以外での熊谷さん(女女計画以来?)そう言えばこの人、真面目な面白さという特性があったなと思い出す
振替に上演するという意味での公演としては凄い良かったと思う

ロンギヌスの槍

ロンギヌスの槍

芝居屋風雷紡

d-倉庫(東京都)

2018/08/15 (水) ~ 2018/08/19 (日)公演終了

満足度★★★★

実際の事件に取材したサスペンス。事件の真相にかなり肉薄しているようですね。ただ個人的にはわからないことはわからないままでも仕方ないなとも思います。社会派でありながら、エンタメとしても見事な出来栄え。吉水雪乃さんの熱演に感激。

『首無し乙女は万事快調と笑う』&『漂流ラクダよ、また会おう』

『首無し乙女は万事快調と笑う』&『漂流ラクダよ、また会おう』

ポップンマッシュルームチキン野郎

シアターサンモール(東京都)

2018/08/10 (金) ~ 2018/08/15 (水)公演終了

満足度

「首無し乙女は万事快調と笑う」を観劇
ブラックジョークであり悲劇
ただ悲劇を求めるあまり歴史や登場人物の扱いがあまりに雑で
物語をそう進めたいが為に作られたキャラはつまらないし白けてしまう
物語に踏み込んでおらず踏み荒らしてただけだった
少なくとももう半分小さい箱でやるべき作品
小岩崎さんは魅力を出し切る前に物語が終わってしまった感があってもったいなかった
犬コロもR老人も凄い好きなんだけど
正義ってものを世界に求めた作品は合わない、登場人物の内に持って欲しいなと

ネタバレBOX

やっぱり一番の問題は、暴行され殺されるためだけに存在するリリーというキャラ
それって悲劇にするためだけにいるじゃんって白けてしまう
PMC野郎ならせめて笑いにからめてほしかった
他のできたての大学生劇団とかならいいけど、この箱でPMC野郎がこういう作品を作るのは残念
涼風至る

涼風至る

Minami Produce

ギャラリーしあん(東京都)

2018/08/04 (土) ~ 2018/08/12 (日)公演終了

満足度★★★

太宰治の女生徒をベースとしたモノローグ演劇
美しい文章はそれだけで完結されていて
文字の並びの美しさを越える表現ができるのかどうかが
こういう形式の演劇に求められるテーマ
祭りの輪の中で次々と踊りを披露するような光景
高まり早まり音の始まりがあった

ナイゲン(2018年版)

ナイゲン(2018年版)

feblaboプロデュース

新宿シアター・ミラクル(東京都)

2018/08/10 (金) ~ 2018/08/20 (月)上演中

予約受付中

満足度★★★★★

まず役者さんってやっぱりすげーなと
他の作品で観たことある人が多かったんだけど
みんなしっかりと別人として、しかもきちっとその役にハマった感じで舞台に出てきて、これまでの出演作のイメージ全部一気にふっとんで
その姿見ただけでワクワク感が半端なかった
今年の全体的な印象として笑いが取れる場所をキチンと当てに行っていて
それも個人プレーじゃなくて全員で笑いを取りに行っている
誇張の幅も大きいんでちょっとコント寄りな印象も全体に有るけど
ナイゲンって作品はあざといくらいがわかりやすくちょうど良く見えるなと思った
個人的にナイゲンという作品は序盤から笑いで熱量をどんどん上げていって、最後にどさまわりに元気玉のように集めたパワーをぶつけて倒せるかどうか毎ステージ勝負しているものだと思っていて
その点で今日はラスボスである小太刀どさまわりという魔王をちゃんと倒せていた

夜をなめなめ

夜をなめなめ

南京豆NAMENAME

エビスSTARバー(東京都)

2018/08/09 (木) ~ 2018/08/12 (日)公演終了

満足度★★★★

4本の作品からなる短編集
どの作品も27~30歳の世代を描いていて
特別若くもなくやり直せなくもない年齢において
浮いているわけでも沈んでいるわけでもない、楽しさより「楽」さを求めるようになり強がる人たちから、その世代なりの視点と感覚が伝わってきた
「終電は雨に濡れて」が良い出来で好みだった
生きるためにそうである自分を作り上げることを俯瞰してみたときの息苦しさや
結局みんな自分視点の解釈でしか他人に接することができない事実
加茂の存在が良い味だったけど、もう少しクリアに意味を感じたかったかな

果てっ、

果てっ、

中野坂上デーモンズの憂鬱

花まる学習会王子小劇場(東京都)

2018/08/02 (木) ~ 2018/08/05 (日)公演終了

満足度★★★★

この劇団の作品は次元世界がいつもごった煮で、起こる事象に誰もエクスキューズしない
そして登場人物同士の間で完結した物語宇宙ができあがっている
それらが集まるさまはまるで銀河団でそういえば今回は暗黒物質もいる
観えているはずなのに捉えきれない
あと場面では井内さん演じる妻がかける電話が凄い好きだった
感情の流れとしてああいった折りたたみ方というのは本当に染みるように心に流れ込んでくる
作品は全般的にこれまでより笑わせると覚悟を決めた場面が多かった気がした
この劇団の作品では一番好きかも

トランジット・コメディアンズのコント集

トランジット・コメディアンズのコント集

トランジット・コメディアンズ

博品館劇場(東京都)

2018/08/01 (水) ~ 2018/08/05 (日)公演終了

満足度★★★★

一つ一つの作品も構成も凄くしっかりとしたコント集だった
客席は女性ファンが多く、役者のアクトに対する観客のリアクションや歓声・拍手なども含めて
「コントSHOW」がまさしく眼前に繰り広げられている!という感じだった
好みだったのは
小説家と編集のやつと、お母さん餃子と、ご挨拶シュミレーター
特にお母さん餃子は完全にシチュエーションコメディでスピードとパワーがあって
このジャンルをもはや斜めな角度から観てしまう自分でも真っ直ぐ笑わされた
会場の広さと観客の歓声でオチの台詞が度々聞こえなかったのが残念
役者が噛んだり、誘い笑いするのがかなり効果的に笑いを取れる雰囲気
それも役者の力量とキャラによるものだなと小劇場との比較で考えさせられることが色々あった

ねてもさめても

ねてもさめても

ゆるふ酒

スタジオ空洞(東京都)

2018/07/28 (土) ~ 2018/07/29 (日)公演終了

満足度★★★★★

悔しいくらい面白かった
これは演劇という社会におけるサブカルチャーだなと
筒井康隆の「遠い座敷」的な雰囲気を感じるエスカレーターの話が好み
アリスのコントの金八は面白すぎた
最後の性的少数者の話は夢の中でありそれがあくまで理想であるからこそ悲しい
地蔵中毒にミルクを足してまろやかにし、コンプソンズにヤバい薬を盛った感じ
コントにおける塩顔イケメンの有用性を確認
梁瀬さんの「~でヤンス」のナチュラルさと似合いっぷりが素晴らしすぎた
コントが後半の演劇に効いてくるんだけど、コント部分に無理がないのが良い
演劇作品のLGBT表現は作者側と観客側の考えという部分で今一番溝ができやすい要素なのかなと
この前のホテミラでも男同士というだけで笑っている観客もいれば、別に男女カップルと同じような設定として見る観客もいる状況があって
正直観客側としても時々作者の意図がどちら側なのか考え止まる時がある

このページのQRコードです。

拡大