演劇

gekidanshowdown presents

林遊眠一人芝居、2作品一挙上演。新作、そして名作との評判高い『ウインドミルバレー』を再演。

アシュガルドサーガ

デザイン:堀川高志

0 お気に入りチラシにする

演劇

gekidanshowdown presents

アシュガルドサーガ

林遊眠一人芝居、2作品一挙上演。新作、そして名作との評判高い『ウインドミルバレー』を再演。

劇団ショウダウン

船場サザンシアター(大阪府)

2013/05/18 (土) ~ 2013/05/19 (日) 公演終了

上演時間:

『リストリアの魔導書』

その少女は、剣だった。

リストリア王国、鋼鉄の十戦士を決める武術大会。

名誉、栄誉、富、名声を求め
頂点に立つべく戦う戦士たちの中、
その少女はただ一人四肢を武器に勝ち進む。

作り出された身体に、紛い物の命を宿し、
心無き者の烙印を押された...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/05/18 (土) ~ 2013/05/19 (日)
劇場 船場サザンシアター
出演 林遊眠
脚本 ナツメクニオ
演出 ナツメクニオ
料金(1枚あたり) 3,000円 ~ 3,300円
【発売日】2013/04/01
前売 3000円
当日 3300円
サイト

http://www.showdown.biz/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 5月18日㈯
11時開演    リストリアの魔導書
14時30分開演 ウィンドミルバレー 最後の三日間
19時30分開演 リストリアの魔導書

5月19日㈰
11時開演    リストリアの魔導書
14時30分開演 ウィンドミルバレー 最後の三日間
19時30分開演 リストリアの魔導書


・受付開始&開場は開演の20分前からです。
・日時指定、全席指定。
・全席ソファーシート。
・エレベーターあり。
説明 『リストリアの魔導書』

その少女は、剣だった。

リストリア王国、鋼鉄の十戦士を決める武術大会。

名誉、栄誉、富、名声を求め
頂点に立つべく戦う戦士たちの中、
その少女はただ一人四肢を武器に勝ち進む。

作り出された身体に、紛い物の命を宿し、
心無き者の烙印を押されたその虚ろな瞳で
彼女は戦い続ける。

錬金術のアルス・マグナ、
「リストリアの魔導書」を求めて。

戦乱の王国、
そして豪雪の山脈を舞台に、
大陸の命運をかけた戦士たちの、
壮絶な戦いの物語の幕が切って落とされる。

仲間を得、目的を得、
そして欠落した心を見つけながら、少女は戦い抜く。

その戦いの先
たった一つの残酷な真実は
芽生えるはずだった心すら打ち砕いてしまうとも知らず。


~~~~~~~

『ウィンドミルバレー 最後の三日間』

西方協会暦627年、
北の山脈にある小さな集落
「ウィンドミルバレー」は、史実から消滅する。

住む場所を追われ、
その存在すら伝説と言われ、
魔物の潜むと言われる山中に住む400人の蛮族たち。
大国の進軍の最中、
蹴散らさせるだけの存在だったはずの彼らは、
一人の指導者を得て、
やがて闘いの道を選択する。

降伏か、全滅か、
抗うことのできぬ豪雪の山中を舞台に、
史実に記されることすら許されぬ
壮絶な戦闘の幕が上がる。

劇団ショウダウン、
林遊眠がたった一人で演じきる一人芝居第二弾、
「ウィンドミルバレー最後の三日間」

女神に出会った男は大国を裏切り、
そして羊の群れを率いる獅子となる・・・
その他注意事項
スタッフ 音響    Miya
照明    牟田耕一郎(劇団ママコア)
宣伝美術 堀川高志(kutowans studio)
制作    鉾木章浩(Basil)
作曲    TEAM marumushi

[情報提供] 2013/03/08 15:16 by Basil

[最終更新] 2013/06/02 00:25 by Basil

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー3

林遊眠

林遊眠(0)

まさかの2本立て・・・笑 どうなるかわかりませんが、...

Seisaku

Seisaku (6)

制作スタッフです。

Basil

Basil(52)

制作 当日運営

制作スタッフです。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大