演劇

冨士山アネット/Manos.(マノス)

【VISIONEN】ドイツ同時代演劇リーディング・シリーズ第5回

HIKIKOMORI(チケット完売御礼!当日券有ります!)

0 お気に入りチラシにする

演劇

冨士山アネット/Manos.(マノス)

HIKIKOMORI(チケット完売御礼!当日券有ります!)

【VISIONEN】ドイツ同時代演劇リーディング・シリーズ第5回

冨士山アネット

ドイツ文化会館ホール(OAGホール)(東京都)

2012/02/17 (金) ~ 2012/02/18 (土) 公演終了

上演時間:

2009年 唐十郎[ふたりの女](日本語を読む その2)
2011年 E・イェリネク[光のない。](ITI世界の秀作短編研究シリーズ ドイツ編)

長谷川寧が演出した2作のリーディングは、共に議論を呼んできました。
そして今回挑むのはイェリネクに引続きのドイツ戯曲。
出演にクロムモリ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/02/17 (金) ~ 2012/02/18 (土)
劇場 ドイツ文化会館ホール(OAGホール)
出演 板倉チヒロ(クロムモリブデン)
脚本 ホルガー・ショーバー
演出 長谷川寧(冨士山アネット)
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 1,500円
【発売日】2012/01/16
1.500円 (学生・語学講座受講生1.000円/要学生証)
サイト

http://fannette.net/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 2009年 唐十郎[ふたりの女](日本語を読む その2)
2011年 E・イェリネク[光のない。](ITI世界の秀作短編研究シリーズ ドイツ編)

長谷川寧が演出した2作のリーディングは、共に議論を呼んできました。
そして今回挑むのはイェリネクに引続きのドイツ戯曲。
出演にクロムモリブデンの板倉チヒロを迎え、冨士山アネット/Manos.(マノス)という新レーベルにて発表致します。


[Hikikomori]
2006年に発表された作品で、日本語の「ひきこもり」からとったタイトル自体がその内容を示唆している。 若者 H. は毎日部屋にひきこもって過ごしており、部屋を出るのは洗面所に行くときくらい。生活はすべてがヴァーチャルな世界から成り立っており、外の世界とはインターネットでつながっているだけ、チャットとコンピューターゲームで毎日時間をつぶしている。その孤独な日々、H. は哲学的なテーマについて考えたり、記憶、それもあまり好ましくない記憶にひたって過ごしている。とくに思い出すのは赤毛の女の子だ。毎日母親が部屋のドアをノックして、食事を運んでくる。母親も、また H. の妹も H. に近づくことはできない。しかし妹が「ローズバッド」の名前で H. に アプローチしてから、H. は徐々に心を開く。しかしその慎重な接近の試みは破滅へと続いていた・・・

[Hikikomori] は2006年のドイツ青少年演劇賞にノミネート。ハンブルクのタリア劇場のドミニク・ギュンターによる演出は「ファウスト演劇賞」の「特に優れた青少年向け演出部門」にもノミネートされ、2009年ベルリンの青少年演劇祭に招待された後、ドイツ語圏各地で引き続き上演されている。


[冨士山アネット/Manos.(マノス)]
マノスは、スペイン語で両手を意味する。他人の戯曲もやれば、喋りもするとかく自由な形として手作りする、冨士山アネットの別レーベルです。
今回はその第一弾として、[HIKIKOMORI]を上演します。
リーディングって何だろう?正直、何回かリーディング公演を打つ度に、毎回リーディングと呼べるのか判然としないパフォーマンスになっているので、只のリーディングだと思ったらそれはもう間違いだ。
リーディング・パフォーマンス。息つく間もない程の。
長谷川寧
その他注意事項 17日(金)20時の回終了後には演出家と翻訳家によるアフタートークがあります。
18日(土)13時の回終了後には演出家と出演者によるアフタートークがあります。
スタッフ 翻訳/高橋 文子
映像/浦島 啓(PUREDUST)
制作/冨士山家

[情報提供] 2012/01/11 02:04 by 冨士山家

[最終更新] 2012/02/19 21:46 by 冨士山家

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー2

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大