演劇

朗読劇団あめんぼ座創立45周年公演

頭痛肩こり樋口一葉

朗読劇団あめんぼ座

大丸心斎橋劇場(大阪府)

2018/07/06 (金) ~ 2018/07/07 (土) 開幕前

上演時間:

夏子(一葉)は樋口家の戸主として、一家の責任を一手に引き受けて、母多喜、妹邦子とともに暮らしている。多喜の主筋にあたるお鑛、樋口家に引き取られて成長したお八重、そして謎の女との交流を、夏子21歳から、死後2年目までのそれぞれの盆の16日を舞台に描く。仕事への野心、淡い恋心をも押し殺して、生計を...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2018/07/06 (金) ~ 2018/07/07 (土)
劇場 大丸心斎橋劇場
出演 柳沢佐和子、柏原圭子、西野孝子、泉谷聖子、南数美、藤田雅子、真木美佐緒、鬼頭寿美子、山本郁美
脚本 井上ひさし
演出 菊川徳之助
料金(1枚あたり) 3,000円 ~ 3,500円
【発売日】2018/05/25
<全席自由>
前売券:3,000円
当日券:3,500円
サイト

http://www.amenboza.org/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 7月6日(金)15:00
7月7日(土)11:00 / 15:00
説明 夏子(一葉)は樋口家の戸主として、一家の責任を一手に引き受けて、母多喜、妹邦子とともに暮らしている。多喜の主筋にあたるお鑛、樋口家に引き取られて成長したお八重、そして謎の女との交流を、夏子21歳から、死後2年目までのそれぞれの盆の16日を舞台に描く。仕事への野心、淡い恋心をも押し殺して、生計を立てるべく奮闘する夏子を、作者井上ひさしはあたたかいまなざしで見つめる。そして夏子があれほど渇望した自由を、現代の私たちはつまらぬことに浪費してはいないかと重く問いかける。
その他注意事項
スタッフ 照明:新田三郎
衣装:秋本日砂衣
美術:尾崎閑也
制作:柳沢佐和子

[情報提供] 2018/05/15 18:55 by CoRich案内人

[最終更新] 2018/05/15 18:57 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大