Cogito コギト ~我思う、故に・・・~

0 お気に入りチラシにする

公益社団法人日本劇団協議会

劇場MOMO(東京都)

2018/02/14 (水) ~ 2018/02/18 (日) 公演終了

上演時間:

●文化庁委託事業 平成29年度次代の文化を創造する新進芸術家育成事業
文化庁新進芸術家海外研修制度により研修を行った若手芸術家に研修成果を発表する機会を提供するという事業です。

「ねえ、キャサリン。心と体は一つなのよ・・・」

裕福な未亡人、キャサリン・リー。
ある日、彼女のもと...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2018/02/14 (水) ~ 2018/02/18 (日)
劇場 劇場MOMO
出演 井上薫、鬼頭典子、高松潤
脚本 フジール・スライマン
演出 成田独歩
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 4,500円
【発売日】2018/01/10
<全席指定>
一般/前売り4,000円、当日4,500円
学生+U25/前売当日とも2,000円
サイト

http://www.gekidankyo.or.jp/performance/2017/2017_011.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 2月14日(水)19:00
2月15日(木)19:00
2月16日(金)14:00 / 19:00
2月17日(土)13:00 / 17:00
2月18日(日)13:00
説明 ●文化庁委託事業 平成29年度次代の文化を創造する新進芸術家育成事業
文化庁新進芸術家海外研修制度により研修を行った若手芸術家に研修成果を発表する機会を提供するという事業です。

「ねえ、キャサリン。心と体は一つなのよ・・・」

裕福な未亡人、キャサリン・リー。
ある日、彼女のもとに一人の女性がやって来る。彼女は自分こそがキャサリンなのだと主張する。
容姿も年齢も異なる二人のキャサリン。
この二人の過去に何があったのか?どちらかが嘘をついているのか?
そして二人はどこに向かっていくのか?

「この戯曲の力強く蠱惑的な言葉が私を釘付けにした」(Flying Inkpot)
「鋭く、ウィットにあふれ、極めて鮮烈」(The Star)
と絶賛された、シンガポールを代表する劇作家フジール・スライマンによる意欲作。
医療・バイオテクノロジーの分野で最先端をゆくこの国の近未来を舞台に、
自分とは?生きるとは?愛とは?
人間が生きていく上での重要なテーマを観客に問いかける。
2007年にシンガポール・アートフェスティバルにて初演。 日本初上演作品。
その他注意事項
スタッフ 訳:チェックポイント・シアター・滝口健
ドラマトゥルク:滝口健
美術:土岐研一(平成28年度派遣)
音楽:高崎真介
照明:賀澤礼子(平成26年度派遣・文学座)
音響:藤平美保子
映像:浦島 啓
衣裳:高木 渚
舞台監督:今村智宏
プロデューサー:夏川正一(朋友)
主催:文化庁、公益社団法人日本劇団協議会

[情報提供] 2018/01/31 16:08 by CoRich案内人

[最終更新] 2018/01/31 16:08 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大