近松心中物語 公演情報 近松心中物語」の観てきた!クチコミ一覧

満足度の平均 4.3
1-14件 / 14件中
  • 満足度★★★★

    とにかく宮澤リエがうつくしい
    それに尽きる!!

  • 満足度★★★★

    鑑賞日2018/02/16 (金) 18:30

    セットの豪華さにびっくり。2階席だったのでセリフはよく聞こえないし(でも徐々に耳は慣れる)、役者の表情は見えないしという点を差し引いても、巨大なセットにびっくり。大プロダクションの作品は違う! たまにはこういうのもいいか。

  • なかなかに良かった

  • 満足度★★★★★

    宮沢さん美しかった

  • 少し笑いに走り過ぎだけどこのくらいの方がウケるんだろうなぁ

  • 満足度★★★★★

    蜷川の亜流に陥るのでは、という危惧を見事に払拭した 完成度高い素晴らしい演技だった。
    何よりも宮沢りえと小池栄子のバランス良い演技が舞台を引き締め盛り上げていた。

    舞台の奥行きをうまく活用した 演出も素晴らしい。 特にラストシーンは出色。

  • 満足度★★★

    美術は素晴らしかった

  • 満足度★★★★

    皆さんたっぷり書かれていますが、本当に美しい作品でした。

  • 満足度★★★★★

    舞台セットの演出が素晴らしかった。身を切られる思いで見るつもりだったが、面白すぎて笑いが止まらなかった。

  • 満足度★★★★★


    再演はこうでなくちゃぁ、と言う出来である。
    数ある蜷川演出の中でも、とびぬけた大ヒット作品。それまでは洋物ばかりだった蜷川が初めて取り組んだ歌舞伎だね、しかも作者はほぼ忘れられていた戦前の女性劇作家・秋元松代。これを帝劇で平幹・太地喜和子の新劇俳優でやるという東宝演劇部の決断が生んだ傑作を、新感線のいのうえひでのりの演出で再演する。しかも、掛け声ばかりでほとんど成功作のない使い勝手の悪そうな新国立劇場の中ホールで一月半の長期公演。製作は独立の制作会社のシスカンパニー。まぁ、芝居見物衆にとってはその首尾いかに、と物見高さも一段と掻き立てられる挑発的大興業なのである。
    既に興行も半ばを越えていて、勝敗の帰路は明らかで、昭和の名作が、平成の名作ともなって甦った。ほめ言葉も、多岐にわたっていて、目にしたものは殆ど同意である。改めて言葉を重ねることもないだろうが、この再演の一番の成果は、蜷川をなぞらなかったことである。蜷川の初演が、森進一の歌に象徴されるように、歌舞伎にある伝統日本のモダナイズとして成功したことを引きずらず、男女の愛の形として、ドラマを徹底させている。
    端的に例を言えば、二組の男女の重要なシーンは、すべて、中央の突き出したステージで演じられる。セットが抽象的だと言う事もあるが、そういう説明にとらわれず、ダイアローグが交わされる。蜷川にあった情緒的な「シーン」でなく、男と女の情念の激突が表現される。秋元松代の科白にある力強さの新しい発見である。理知的でありながら強い情念がある。劇場中に雪をふりまかずとも観客を引っ張っていける。この劇場の舞台の奇妙な形が初めて生かされたとも見えた。
    俳優は主役が、いずれも、小商売、色街でも二流、と言う役柄をよく心得ていてスター芝居にならなかった。庶民劇と言う状況の把握で、蜷川演出の持っていた情緒性を填補した。脇もいい。小池栄子、市川猿弥(★5つ)、立石涼子、色街の女たち。
    音楽もあえて、立てなかったところもよかった。森進一に対抗するように音楽が作られていたらきっと白けただろう。
    再演はこのように新しく作品を時代の環境に合わせて、再生させることにある。平成の観客に向けた見事な再演である。蛇足を二つ加えれば、一つ、公費でやっている新国立劇場は、戯曲の再発見と言いながら、古脚本を並べるだけだ。この再演には遠く及ばず、ケラの岸田戯曲ほどのこともできていないではないか。だらしない。二つ、この興業が一番いい席で9千円。私はものすごく得をしたと思った。見物衆にこういう幸福感を味わあせえくれるのが興行主の役割である。以上二点を含め今回はシスカンパニーの完勝だった。、

  • 満足度★★★★

    鑑賞日2018/01/20 (土) 13:30

    クライマックスシーンはもちろん、梅川の登場シーンが美しかった。
    小池栄子さんの演技が良かったです。
    あと、美術がキレイだったのが印象に残った。

  • 満足度★★★★

    鑑賞日2018/01/12 (金) 18:30

     かの蜷川幸雄演出で、1000回以上上演された作品なので(私も寺島しのぶ・阿部寛のバージョンは観ているのだが)、演出のいのうえにはプレッシャーだろう。だが、そこは新感線での経験を活かし、少し別な印象の『近松心中物語』になっている。何と言っても、舞台美術の抽象性と転換で自在に舞台を動かし、「大騒ぎ」の印象を作り出すことができている。物語は単純で、心中しなければならない2組の男女の話だが、いのうえは、それが誰にでも起こりうることという解釈をしているように感じた。役者では、池田成志が出色の出来だが、江戸情緒を出す上で市川猿弥の存在感も大きいように感じた。

  • 満足度★★★★

    劇団☆新感線を自ら観ることはないと思っていたが、かの秋元松代の戯曲をいのうえひでのりが演出というので物見高く観劇と決めた。
    「伝説」のように言われる蜷川幸雄演出舞台を私は知らないが、壮観な装置と流れるような転換(それも場面の一つであるかのよう)は蜷川「身毒丸」を彷彿とさせる。
    が、新国立中劇場を使いこなす松井るみの美術(蜷川演出では朝倉摂)と演出いのうえのタッグの成果も認められた。
    美しい「形」や「様式」には、それが形や様式に過ぎないと分かっても浸ってみたくなるものがある。休憩を挟んだ後半、心中の道行きを辿ることになる二組の男女の一対一の会話や、逼迫した状況を演出する追っ手の登場などでズームが人物に寄り、舞台が立体に見えてくる。
    前半には「買う」道楽と無縁の忠兵衛が女郎・梅川と遭遇し、互いに一目ぼれしあう場面があったはずだが見逃している。もう一組の男女、与兵衛とおカメ(だったか)を知らず、与兵衛と忠兵衛を同一視したりで筋が飲み込めず前半を終えたが、後半で理解できた。
    新国立中劇場は2年以上ご無沙汰、にもかかわらず床の黒や奥行きの特徴に「ああ」と懐かしさがよぎった。
    空間を存分に生かした美術は、とりわけ終盤、目に飛び込む刺激だけでご飯が進むが如し。もとい、芝居が極上の料理の如くになり。
    「心中」が日本人の深層に訴えるものでありエンタテインメントたり得ることを再認識。「心中」を鏡にして浮かぶ江戸の庶民の姿(悲哀を帯びながらも現世の春をしたたかに謳歌する)こそが、物語の主役として浮上する、という構図が今回の演出にもあり、これを見事に図案化してみせた確かな仕事があった。

    ネタバレBOX

    舞台づくりの優先順位を意識しながら見ていると、中劇場の宿命=声の届かなさは、この舞台では仕込みマイクを通すことによる音質の違和感として表れた。台詞が聞き取れる事を優先した訳である。心情の「演技」よりはテンポや動きのメリハリが優先。心情の連続性や場の(心情面の)連続性よりは人の滑らかな移動や華麗な動きや展開(見た目の美観)を優先。
    前半の「分からなさ」は、(私の感覚では)心情表出の精度に拠った気がしている。また序盤での与兵衛と忠兵衛のキャラ分けは欲しかった。平場での(日常ベースの)やり取りではリアルな演技が物を言う。もっともまだ水面下で台詞に四苦八苦する役者・場面がしばしばみられ、大変だなと思う。
    演技としては、堤真一は主役4名の中でも主役である者だが、ナイーブさがもう一つ出せていない。声量を意識し、声を張ると繊細な演技ができず台詞の後半で感情面の帳尻を合わせる「探り」の発語が見られた。百戦錬磨の池田成志が緩急自在なのと印象が好対照となる。風貌で多くを語らせてきた映像主体の堤氏は、声を張らない演技に徹した方が良かったのでは・・と余計な事を考えたが、いのうえ演出ではそれは無い、のだろう。無いものねだりかも知れないが、どこか一度でも役を自分のものにねじ伏せた、と感じとれる一瞬が欲しかった。
  • 満足度★★★★★

    すぐ隣で上演中の「アンチゴーヌ」は観客に色々考えることを求めるのに対し、こちらは観て聴いて感じたままを楽しむものでしょう。有名俳優さん揃いなこともあって私が何かを書く必要はまったくないのですが、あったりまえのことをちょっとだけ書いておきます。

    堤真一さん、宮沢りえさんは演技はもちろん、声の魅力(魔力)でぐいぐい迫ります。小池栄子さんは「カンブリア宮殿」の“できる女”とは打って変わった可愛い女を演じます。池田成志さんはすっとぼけた役を演らせると日本一、笑いと哀愁の両面で観客の心を掴みます。市川猿弥さん、銀粉蝶さんのセリフの切れ味にはしびれました。

    舞台セットの変化も大きな見所です。スタートは舞台いっぱいに広がった大坂の町で、溢れる色彩と歌と踊りで観客の気分は激しく高揚します。回転する舞台を巧みに用いた場面転換、笑ってしまうローテクやこちらの遠近感が狂ったのかと思わせるようなエンディングなどお楽しみ満載です。

    衣装が間に合わなかったのかポスターは洋服(?)で何かひねりのある舞台なのかといぶかしんでしまいますが、ネットで通し稽古の写真を見ればわかるように普通に着物を着ています。その点では王道の元禄時代の物語ですのでご安心を。

この公演に関するtwitter

初日1週間前から「団体名」と「公演タイトル」を含むツイートを自動表示します。
(ツイート取得対象にするテキストは公演情報編集ページで設定できます。)

  1. アメブロを更新しました。 『近松心中物語を見て思うこと、感じたこと』 https://t.co/OKNUzfxXE2 #自分整理 #読者募集中

    9分前

  2. 陳内将・大久保祥太郎 舞台「近松心中物語」 2018年1月10日(水)~2月18日(日) 新国立劇場 中劇場 https://t.co/gzJQGTUvMp

    約1時間前

  3. シスの近松心中物語、観たかったな

    約1時間前

  4. 日曜日に千秋楽だった「近松心中物語」とまだ観てないんだけど「堕ちる」という映画、共通点があるような気がしてる…

    約1時間前

  5. 久しくこっちのアカウント触ってなかったけど、 年明けから月上下ビューイングに、 昨日の近松心中物語。 今年も沢山の作品に触れられたら嬉しいなあ。 お芝居って、 やっぱいいよね・・・

    約10時間前

  6. Cocktails at my place with sis & company over the weekend. Hope yours was a good one.. Happy Presidents’ Day! https://t.co/zjBMe5LF9u

    Dwax dlv4aejiuq

    約11時間前

  7. 前楽の日に「近松心中物語」観てきました。友人達とご飯食べながら感想言い合って、楽しく満たされて今日までぼーっとしてました。風車の赤も襦袢の赤も強くて寂しげで印象的だった。まだ脳裏にあの赤が浮かぶ。死を選んだあの人達より、生き残って… https://t.co/QoJoNn4SPE

    約14時間前

  8. 【BLOG 陳内将】近松閉幕: 昨日で近松心中物語全46公演無事に千秋楽を迎えました 11月から始まった近松の稽古 20代から30代になるという節目の時期でしたし 気合いは相当なものでした 錚々たる方々の中で 沢山のことを丁寧に教… https://t.co/XkzkkVnm90

    約14時間前

  9. 陳内将blog|https://t.co/wDVmd9yzzJ| |近松閉幕|昨日で近松心中物語全46公演無事に千秋楽を迎えました11月から始まった近松の稽古20代から30代になるという節目の時期でしたし気合いは相当なもので…

    約14時間前

  10. 大久保祥太郎blog|https://t.co/qtihDcvp18| |近松心中物語 閉幕|どうも、こんにちはシス・カンパニー公演「近松心中物語」新国立劇場 中劇場にて昨日、無事に千穐楽を迎えました。ご来場下さった皆様、劇…

    約15時間前

  11. 近松心中物語@新国立劇場 2/17 赤が鮮やかな色街と凍りつくような雪の里、コントラストが美しく目を楽しませる。でもやっぱり心中物は好きになれないなあ。2組のカップルではクセのある池田成志と情念の強い小池栄子の方が見応えがあったな… https://t.co/BIp0gQpXjs

    約16時間前

  12. ↓「近松心中物語」観たかったよ。しかしタイミングが悪かった。 WOWOWさんを楽しみにしています

    約16時間前

  13. 舞台 『近松心中物語』 無事に全46公演が終演致しました。 長いかと思えばあっという間に終わりました。 素晴らしいキャストの中で、約三カ月。ハッキリと判明した事もありました。 ここらからだって思えた。 それに感謝致します。 そんな今日は、マッサージをはしごして来た。さー頑張ろ!

    約16時間前

  14. 昨日は『近松心中物語』の千穐楽。今日はmy『髑髏城の七人』の千穐楽でした。発表から1年半 ずっーと追いかけて来た『髑髏城の七人』楽しかった分寂しい(><) 『極』も楽しみだけど、捨と蘭が不在だから 別って感じがしてしまう……

    約18時間前

  15. 近松心中物語 いのうえひでのり×堤真一×宮沢りえ https://t.co/UmxD0gTPAg

    約20時間前

  16. 『近松心中物語』観たかったな〜。

    約21時間前

  17. 陳内将・大久保祥太郎 舞台「近松心中物語」 2018年1月10日(水)~2月18日(日) 新国立劇場 中劇場 https://t.co/gzJQGTUvMp

    約21時間前

  18. 近松心中物語 昨日、無事に千穐楽を迎えることができました。 たくさん考え、吸収し、それを表現する。そんな毎日でした。 まだまだ、まだまだ。 舞台が終わる度に自分の力不足を思い知ります。 もっともっと精進します。 また素晴らしい… https://t.co/Ja9voDCJbS

    約21時間前

  19. 昨日「近松心中物語」千秋楽ありがとうございました。 己の立ち位置のあやふやさを再認識させられた作品でした。しかし常にあやふやで不確かなものであろうなぁ、とは思ってもおります。見に来ていただいた皆様本当にありがとうございました。m(_ _)m

    約22時間前

  20. 昨日は近松心中物語をみてきました。舞台の堤真一さん初めてみたけどテレビや映画より10000倍かっこいい(いや映像もかっこいいんだけれども)

    1日前

  21. 近松心中物語 無事に終わりました。 お疲れ様でした✨ ご来場いただいた皆様、 どうもありがとうございました。 https://t.co/CR8pkTuOpV

    Dwxggt3u0aa5vek

    1日前

  22. 昨日、近松心中物語みた。なまの迫力すさまじっ。とりはだすごっ。着物の方がいたり、おしゃれなお客様も多かったなぁ。

    1日前

  23. 近松心中物語 全46ステージ終演致しました。 この作品に関われたこと幸せに思います。 皆さま、本当にお世話になりました。 またどこかでお会いできるよう精進して参ります。 ありがとうございました。

    1日前

  24. Keeping his sis company while she’s doing her homework @dogcelebration @Boxersoftwiter @BoxersNation https://t.co/JIfPTOCJHT #cuddles

    Dwwbqgexcaeeicw

    1日前

  25. 近松心中物語全公演おつかれさまでした!!とても感動しました😢鳥肌立ってしばらく興奮がとまらなかった。・°°・(>_<)・°°・。陳内さんありがとうございました〜💞 https://t.co/oOcKyOefA0

    Dwvfqlxv4aa2595

    1日前

  26. 「近松心中物語」の音は劇団☆新感線っぽい。堤氏は絶対に心中しそうにないし、宮沢女史は痩せ過ぎ。救いは小池&銀粉蝶💕それでも、やはり心中物は苦手でござる😥

    1日前

  27. 近松心中物語、土曜に前楽を観劇。出演者も実力派揃いだし、いのうえひでのりさんの演出ということで、早々にチケット確保。 王道のストーリー、演者も上手い!赤い風車のセットも綺麗だった。ただ、シンプルなお話に慣れないので、ちょっと戸惑ってしまった。自分はこの世界に入り込めなくて残念。

    1日前

  28. シス・カンパニー「近松心中物語」@新国立劇場中ホール 感想書きました。 ネガティヴ寄りなので、大好きだった方はお読みにならない方がいいかもしれません。 https://t.co/nSfWOj4Jrh #宮沢りえ #銀粉蝶

    1日前

  29. @koji_seto0518 @chanjin0116 @yamachan_0729 @shotaro_okubo 最後の感想だけで近松心中物語が観たくなりました…💗

    1日前

  30. 昨日はいのうえさん演出の近松心中物語に行ってきたんだけど 主演の宮沢りえさんと堤さんは言わずもがな 寧ろ小池栄子さんと池田成志さんのお二人が凄すぎて最期のシーンでの感情をどうしたらいいのかわからなすぎた😭😆😭😆 蜷川さんを彷彿… https://t.co/wgtD4npZWC

    1日前

  31. 2/18 近松心中物語 新国立劇場 お目当ては 宮沢りえさんと小池栄子さん 会った瞬間に心奪われてしまう その人を思うあまり それまで大事に守ってきたことを 疎かにしてしまう どうでもよくなってしまう 恋って そういうもので… https://t.co/Egxdcavrn3

    1日前

  32. 近松心中物語千穐楽観劇しました。本当に儚くて哀しくて辛くて涙が止まらなかったです。梅川と忠兵衛は心から愛し合っているのに選べる道はただひとつで。梅川 宮沢りえ様のあのお顔が辛くて辛くて😭 お亀と与兵衛は栄子さんと成志さんで面白さ… https://t.co/Z5PsBTDhhY

    1日前

  33. 🏮『近松心中物語』🏮 本日、千秋楽を迎え、無事46公演終えました。 お世話になりました。 濃い3ヶ月。 学ぶ事ばかりでした。 これからに繋げます。 キャストの皆さん、アンサンブルの皆さん、制作・… https://t.co/mTywdbF2cj

    1日前

  34. アメブロを更新しました。 『今年初観劇!「近松心中物語」』 https://t.co/ikDJpII9Zf

    1日前

  35. 本田博太郎!近松心中物語!妻は?息子は?グループ魂とは?https://t.co/j8MljAGAqI

    1日前

  36. 近松心中物語のサイトが今月で早々に閉鎖してしまうので、コラムもあるし今のうちに!動画はユーチューブに残るのかな? https://t.co/ezxnzjySUF

    1日前

  37. ひさしぶりに観劇。「近松心中物語」千穐楽へ行ってきました。観劇中に確信。私、この蜷川版観てる@川口リリアホール。今回、いのうえさんでどんなふうになるのかな?て思っていたけど、思いのほか“王道”でした。綺麗だったー

    1日前

  38. 「近松心中物語」観てきました 忠さまと梅川が出会った時、あの旋律と鉄格子と風車が急に白々としてぞっとしました スタッフワーク含めすごいものを見ました 我らが倫太朗くん@Rintaro_05 は開演の一歩目から独特の存在感を放ってい… https://t.co/pvNmRoGRGO

    1日前

  39. @koji_seto0518 @chanjin0116 @yamachan_0729 @shotaro_okubo 『近松心中物語』の中でその風車は重要な意味を秘めているのかなぁ(?)etc…♪♪沢山のことを感じ考え思(想)わせて… https://t.co/DFPcVqUMXc

    1日前

  40. 「近松心中物語」稽古期間から含めて約3ヶ月。全46公演。 本日無事に幕を降ろしました。 本当に幸せな時間を過ごさせて頂き、お客様は勿論、舞台に関わった全ての方に感謝です。 また、皆様にお会いできる様に頑張ります。 本当にありが… https://t.co/XVF8RLeVyh

    1日前

  41. 『近松心中物語』の千秋楽を観劇して参りましたっ!宮沢りえちゃん…( ཀ͝ ∧ ཀ͝ )演技上手だった…

    1日前

  42. 『近松心中物語』 2018.1.10から駆け抜けてきた近松心中物語が本日2.18に千穐楽を迎え、終演しました。帰りに掲示板を見て終わったんだと思いました。が、まだ実感はありません。笑 色々な想… https://t.co/yculOytDSf

    1日前

  43. 陳内将・大久保祥太郎 舞台「近松心中物語」 2018年1月10日(水)~2月18日(日) 新国立劇場 中劇場 https://t.co/gzJQGTUvMp

    1日前

  44. 近松心中物語 46公演無事に終了いたしました! このような長い公演に携わるのは初めてで、本当に、本当にいろんなことがありましたが、とても貴重な経験をさせていただきました。 キャスト、スタッフ、この舞台に関わった皆様、そしてご覧下… https://t.co/9v5CmHxpLM

    1日前

  45. 近松心中物語お疲れさまでした( ˘ω˘ )

    1日前

  46. シスカンパニー公演 【近松心中物語】 千穐楽無事終了致しました。 優しい諸先輩方、スタッフさん、友人、家族、お客さん、本当ありがとうございました。 またみなさんに会えるように日々成長してがんばります。 筋トレも忘れずがんばります… https://t.co/ZUsFFCr2EU

    1日前

  47. 『近松心中物語』 46公演全てが本日で終了しました。 稽古からこの日まで約3ヶ月、 無知な自分に日々勉強の素晴らしい毎日を送らせて頂き、 これからの人生で凄まじく大きな出来事の1つです。 お世話になりました。本当に有難う… https://t.co/Dk0OrZjDHW

    1日前

  48. どちらも本日千秋楽のシス・カンパニー『近松心中物語』とQ『毛美子不毛話』を両方観た人っているのかな

    1日前

  49. あんまり公演の場所とか地方とかは言いたくないのですが、近松心中物語は、大阪でもやってほしかったなあ。

    1日前

このページのQRコードです。

拡大