オペラ

新制作

ルチア

新国立劇場

新国立劇場 オペラ劇場(東京都)

2017/03/14 (火) ~ 2017/03/26 (日) 公演終了

休演日:3/15〜17、3/19、3/21〜22、3/24〜25

上演時間: 約3時間10分(休憩含む)を予定

全2部(3幕)〈イタリア語上演/字幕付〉

悲しみは「狂乱の場」で頂点に。引き裂かれた愛の悲劇

ドニゼッティ作曲によるベルカント・オペラの最高傑作『ルチア』を待望の新制作で上演します。兄エンリーコに恋人エドガルドとの仲を引き裂かれたルチアの悲劇。ドラマのハイライトであり最大の聴きどこ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2017/03/14 (火) ~ 2017/03/26 (日)
劇場 新国立劇場 オペラ劇場
出演
作曲 ガエターノ・ドニゼッティ
演出
料金(1枚あたり) 5,400円 ~ 27,000円
【発売日】2016/11/19
S席:27,000円
A席:21,000円
B席:15,120円
C席:8,640円
D席:5,400円
Z席:1,620円
サイト

http://www.nntt.jac.go.jp/opera/performance/151224_007959.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 3月14日(火)18:30
3月18日(土)14:00
3月20日(月・祝)14:00
3月23日(木)14:00
3月26日(日)14:00
説明 全2部(3幕)〈イタリア語上演/字幕付〉

悲しみは「狂乱の場」で頂点に。引き裂かれた愛の悲劇

ドニゼッティ作曲によるベルカント・オペラの最高傑作『ルチア』を待望の新制作で上演します。兄エンリーコに恋人エドガルドとの仲を引き裂かれたルチアの悲劇。ドラマのハイライトであり最大の聴きどころは、絶望のあまり狂気に陥ったルチアが歌う「狂乱の場」です。今回はオリジナル通りのグラスハーモニカで演奏する予定です。演出を手掛けるのはモンテカルロ歌劇場総監督のジャン=ルイ・グリンダ。作品に忠実でありながら機知に富む演出で定評のあるグリンダが、ロマンティックで劇的な物語をどのように描き出すか注目です。

欧米で大活躍の若手スター歌手、ペレチャッコ出演!

タイトルロールは、スター街道を駆け上がっているロシアの名花オルガ・ペレチャッコ。「ベルカントの新女王」と評されるペレチャッコが美声と高度な歌唱技術を駆使して歌う「狂乱の場」は大きな話題となることでしょう。エドガルド役は、同役をベルリン、チューリヒなどで歌っているスペイン人テノールのイスマエル・ジョルディ、エンリーコ役は、世界の一流歌劇場で目覚ましい活躍をしている注目のバリトン、アルトゥール・ルチンスキーです。指揮はイタリアオペラに定評のあるジャンパオロ・ビザンティ。豪華布陣による『ルチア』で、ベルカント・オペラの醍醐味をどうぞご堪能ください。
その他注意事項 ※就学前のお子様のご同伴・ご入場はご遠慮ください。お子様も1人1枚チケットをお求めください。
スタッフ 指 揮:ジャンパオロ・ビザンティ
演 出:ジャン=ルイ・グリンダ
美 術:リュディ・サブーンギ
衣 裳:ヨルゲ・ヤーラ
照 明:ローラン・カスタン
舞台監督:村田健輔

【共同制作】モンテカルロ歌劇場

[情報提供] 2017/01/20 19:22 by CoRich案内人

[最終更新] 2017/01/20 19:24 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大