ギンノベースボール 公演情報 ギンノベースボール」の観てきた!クチコミ一覧

満足度の平均 4.6
1-20件 / 24件中
  • 満足度★★★★★

    3回観させていただきました。
    ラビット番長さんの作品は奇をてらうことも派手なアクションや演出があるわけでもなく、日常の1コマを切り取ったような作品が多い。にもかかわらず、観るたびにじわじわと暖かいものが心にどんどん蓄積されてくる。
    自分にとってエンドルフィン放出劇団(笑)

    今回は「古希野球」という70歳代の野球リーグのお爺ちゃん達の日常の物語。
    愛すべき人達に劇場が笑いに包まれ、感動のエンディングへ向かう、安定のハートウォーミングな舞台でした。

    セットも素敵だったんだけど、特に気に入ったのはスナックのカウンター内と客との会話シーン。お互いに顔を合わせることなく正面を向いたままで会話する演出は、限られた空間に広がりを見せてた。

    やっぱりラビット番長は最高です。
    また逢う日まで

  • 満足度★★★★★

    はっはっはっ~
    けちのつけどころは無い!
    しいて言うべきマイナスも無い!

    これからの高齢社会の加速に向けて
    シルバー世代を担った・狙った作品を
    介護や今回の高齢者スポーツなど
    さまざまな観点から
    どしどし続けて作品を世に出していって欲しいなぁと思えたデス

  • 満足度★★★★★

    今回も楽しませていただきました!年齢設定も他人事とは思えず……役者さんたちの脚の運び等、演技力にも「流石〜」と感心し、ギン世界の様々な笑いネタにも親近感。ほんと、ハズレ無しの劇団ですね。余談になりますが、初めてのラビット番長さんがクマだった関係で、本来の味わいとは違う白い世界の恐怖も再演されないかなぁ……なんて、贅沢な期待もあったりして。

  • 満足度★★★★★

    鑑賞日2017/02/17 (金)

    日に日に至高へと上って行く作品☆
    新作ながら随所に笑いどころも散り嵌められていて、井保さんの味付けが効いているところが堪らない魅力になっています☆

  • 満足度★★★★★

    ラビット番長に外れなし!!今回も良かった!得意分野を程よく融合させて(笑)素晴らしい作品。
    勇気を貰いました。

  • 満足度★★★★

    舞台の作りと場面転換がマッチしていてよくできた芝居だった。役者も達者だし、台詞も含め脚本もよくできていて、楽しめた。

    福祉フェス応援します。

    ネタバレBOX

    戦時中に青春時代を送り、かつ震災で家族を失った世代はどう考えても90歳前後で、設定に整合性が欠けるのが残念。
  • 満足度★★★★

    鑑賞日2017/02/15 (水)

    ラビット番長さんの作品を拝見させて頂いたのは今回が3回目。これまでに数々の賞を受賞されている劇団だけあって、今回も非常に完成度の高い流石と思わせる作品だったと思います。開演前の注意事項をウグイス嬢がアナウンスする演出も面白かったですし、役者さんの演技力、舞台セットなどどれを取ってもクオリティーの高さを感じました。個人的に野球観戦が好きなので冒頭から流れていたとある高校の応援BGMにも少し興奮してしまいました。心温まる素敵な作品だったと思います。

  • 満足度★★★★★

    すごく!よかった!!!
    出会えてよかったと思える作品です
    時間があれば、是非ご覧ください
    自然に日常を演じていて
    喜怒哀楽を絶妙に散りばめられていて、飽きさせない1時間50分
    ちょっと泣きますよ。

    ネタバレBOX

    若い俳優さんが老人を演じているのですが
    動きが絶妙、かわいい女の子がおばあさんに見えてきてしまう

  • 満足度★★★★★

    とにかく,とっても素晴らしい作品です。いろいろな思いが伝わってきて,寒空の中,とっても温かい気持ちになれました。やはり,この劇団は良いです。全く問題なく人におススメできます。あと,あうるすぽっとでの無料公演に向けてのクラウドファンディング,これから見ますが,実現させたいですね。応援します。

  • 満足度★★★★

    とにかく誠実に作られているということに尽きます。
    その誠実さが観る側にきちんと伝わってくる舞台でした。
    いい 悪い って案外そこんとこに関連しているような気がしますが、そうであるならこの作品は
    いい作品です。
    観る側の気持ちを優しく、穏やかにしてくれます。
    いつまでも前向きに!どんなときにも前向きに!そんなシンプルなメッセ-ジも良かったと思います。

  • 満足度★★★★★

    さりげなく散りばめられた“笑い”、じわじわと来る“感動”そして“涙”。
    夫婦、家族、友人と、たくさんの愛が詰まった素晴らしい作品でした。。。

  • 満足度★★★★★

    流石、ラビット番長!!!
    笑いあり、涙ありで大変楽しめる見応えのあるお芝居でした。
    次回も期待しています。

  • 満足度★★★★

    気概があっても体は思うようについてこない。
    こうと言ったらなかなか折れない武骨な性格。
    何だか田舎の父親の姿が重なって熱いものがこみ上げてきました。
    どこにでもありそうな家族。そして起こり得る老後の障害。
    この物語の後にもさらに人生は続いてゆき、どういう方向へ転がっていくのか分からない余白の部分が残りました。
    ともあれ誰にもいずれは訪れる老いという不自由も全てひっくるめての人生を堪能。
    どうせなら最後まで有意義に生きようとする姿勢から、色々と学べる所が多い作品でした。

  • 満足度★★★★

    鑑賞日2017/02/17 (金)

    狭い舞台ながら、場面転換が秀逸。センスの良さが光ります。
    ストーリー良し、テンポ良し、台詞良し。あっという間の1時間50分でした。

  • 満足度★★★★

    井保三兎さんと西川智宏さんのコンビが観れて嬉しかったです!
    お二人とも芸達者で好きな役者さんです。
    前回の「天召し-テンメシ-」 を拝見させていただいた時も思ったのですが、
    ストーリーを展開させる部分の比重をすこし削って、
    人間の感情や機微に触れてくる部分をもっと突いて来るようになると、
    さらに素晴らしくなると思いました!
    次回作も期待しております。
    クラウドファンディング頑張ってください!!

  • 満足度★★★★

    うん、独特の雰囲気がある舞台ですね。特に大きな事件が起こることはないのですが、「野球少年?」をもとに、普通に生きている庶民の日常を上手く描いてますね。小劇場演劇の温かさを感じました。

  • 満足度★★★★★

    「ビートバン・ゴー!ゴー!」で市民プールの監視員・王(ワン)さんという難役を難なく演じた 野崎 保さんがご出演中の舞台、 ラビット番長第26回公演「ギンノベースボール」を拝見してきました!めっちゃオススメです!

    将棋ネタに野球ネタと、私が大好きなジャンルが続いているラビ番さんの舞台ですが、それにしても、こんなに高品質でズルい(笑)群像劇を創る作家さんは数多くないだろうと思わせる主宰・井保三兎さん。それぞれのキャラがしっかり立っていて、それぞれの人生を生きている、そしてそれを演じ切るお馴染みの役者さんたちもステキです。勝手にファンの大川内 延公さんもズルくカッコ良かった。もちろん我らがたもっちゃんも「なるほど~」な役でガッチリ支えてました。

  • 満足度★★★★★

    夫婦の「愛の形」はそれぞれですね。

    ネタバレBOX

    数十年前に野球の全国大会に夢を追った若者たちが古希を過ぎてまた甲子園を目指すという話でありながら、実は夫婦の愛の形を見事に描いた作品となっているんですね。三組の夫婦それぞれ夫や妻が病気になったり死別したりと、一見すると決して幸福ではないように見えますが、現在と過去を行き来することにより実はとても素敵に夫婦の愛を育んできたことがわかりました。役者さん達の熱演で、ラスト30分はずっと熱くなった目頭を押さえ放しでした。
    P.S.監督がプロ棋士とのことでサインが「1二歩(=バント)」「9九角(=外角低め)」といったサインを出すところは楽しめました。
  • 満足度★★★★★

    鑑賞日2017/02/16 (木)

    各々のシーンも長過ぎず短過ぎず。
    キャラクターもしっかり描き分けられていて、役者の演技も上手い。
    どこにどうケチをつけようか重箱の隅をつついても何も無いとても良い芝居でした。

  • 満足度★★★★★

    まさに井保さんの世界が噴出、という印象の作品。ほのぼのした笑いと涙にくるまれた、戦後日本を描かれるスケールも感じさせてお見事。

    今後、この作家はどういう方向へ行くのか、とても楽しみ。

このページのQRコードです。

拡大