演劇

TOKYOハンバーグ Produce Vol.19

10th Anniversary

愛、あるいは哀、それは相。

デザイン:齋藤正和

0 お気に入りチラシにする

演劇

TOKYOハンバーグ Produce Vol.19

愛、あるいは哀、それは相。

10th Anniversary

TOKYOハンバーグ

「劇」小劇場(東京都)

2016/03/30 (水) ~ 2016/04/10 (日) 公演終了

上演時間:

生まれて初めての転校生になった次女は、もうすぐ17歳。
こっちに来た頃は毎日泣いていたけれど、最近はあまり泣かなくなった。

この街でも保母さんになった長女は、死んだ主人にそっくりで、
子供たちの話をする時は、まるで主人と同じような笑顔を見せてくれる。

母親の私はというと、親戚が...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

動画2

すべて見る

TOKYOハンバーグProduce Vol,19
10th Anniversary

愛、あるいは哀、それは相。(再演)

作・演出/大西弘記
会場/下北沢「劇」小劇場
公期間/2016年3月30日~4月10日

生まれて初めての転校生になった次女は、もうすぐ17歳。
こっちに来た頃は毎日泣いていたけれど、最近はあまり泣かなくなった。

この街でも保母さんになった長女は、死んだ主人にそっくりで、
子供たちの話をする時は、まるで主人と同じような笑顔を見せてくれる。

母親の私はというと、親戚が経営する喫茶店で働かせてもらい、
朝早くからコーヒーの豆を挽いては、ここに辿り着いた理由を探す。

この街で暮らす人たちの優しさや思いやりが時々、本当に時々、胸を痛くして
どうしたらいいのか、どう生きてゆけばいいのか、わからなくなる時がある。
何が本当で、何が嘘だなんて、誰が教えてくれるの?
私たちが知っていること、それはあの日を生き残ったということ。

ふるさとを離れて、もうすぐ5カ月。
この街では初雪が舞い散り、それを眺めては帰りたくなる。
私たちが生まれ育った街、南相馬へ。

2016年 桜の頃 TOKYOハンバーグがふたたび織り成す
3月11日から1年の歳月が流れた喫茶ホットラインの珈琲物語。


■出演
西山水木(プリエール)
光藤依里(TOKYOハンバーグ)
岩田陽葵(ミライプロダクション)
宇鉄菊三(tsumazuki no ishi)
内谷正文(Frank Age Company)
小林英樹/鷹野梨恵子(無名塾)
石本径代(ECHOES)
大内彩加(officePORT)
大石知恵
青山結実花(ミライ・アク ターズ・プロモーション)
永田涼香
脇野祐樹
横山将士
中込俊太郎(ULPS)
高畑加寿子(劇団娯楽天国)
藤原啓児(Studio Life)

公演詳細

期間 2016/03/30 (水) ~ 2016/04/10 (日)
劇場 「劇」小劇場
出演 西山水木(プリエール)、光藤依里(TOKYOハンバーグ)、岩田陽葵(ミライプロダクション)、宇鉄菊三(tsumazukinoishi)、内谷正文(FrankAgeCompany)、小林英樹、鷹野梨恵子(無名塾)、石本径代(ECHOES)、大内彩加(officePORT)、大石知恵、青山結実花(ミライ・アクターズ・プロモーション)、永田涼香、脇野祐樹、横山将士、中込俊太郎(ULPS)、高畑加寿子(劇団娯楽天国)、藤原啓児(StudioLife)
脚本 大西弘記
演出 大西弘記
料金(1枚あたり) 2,500円 ~ 4,200円
【発売日】2016/01/21
◆前売/4000円 当日/4200円 
◆ハンバーグ割引(3月30日19:00、31日14:00/19:00、4月1日19:00の4ステージ )前売/3500円・当日/3800円 
◆学生割/2500円(高校生以下)※要証明書
サイト

http://tokyohamburg.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル ※今回一部ダブルキャストになります。
詳細はHPをご覧ください。

説明 生まれて初めての転校生になった次女は、もうすぐ17歳。
こっちに来た頃は毎日泣いていたけれど、最近はあまり泣かなくなった。

この街でも保母さんになった長女は、死んだ主人にそっくりで、
子供たちの話をする時は、まるで主人と同じような笑顔を見せてくれる。

母親の私はというと、親戚が経営する喫茶店で働かせてもらい、
朝早くからコーヒーの豆を挽いては、ここに辿り着いた理由を探す。

この街で暮らす人たちの優しさや思いやりが時々、本当に時々、胸を痛くして
どうしたらいいのか、どう生きてゆけばいいのか、わからなくなる時がある。
何が本当で、何が嘘だなんて、誰が教えてくれるの?
私たちが知っていること、それはあの日を生き残ったということ。

ふるさとを離れて、もうすぐ5カ月。
この街では初雪が舞い散り、それを眺めては帰りたくなる。
私たちが生まれ育った街、南相馬へ。


2016年 桜の頃 TOKYOハンバーグがふたたび織り成す
3月11日から1年の歳月が流れた喫茶ホットラインの珈琲物語。



■再演の経緯■

忘れもしない3月11日から、1年と17日の歳月が過ぎ去った晴れの日に、この作品を上演した。終演後、キャスト達が衣装から着替え、劇場入り口でお客様をお見送りしようと待っていても、誰も出てこなかった。5分経っても10分経っても、観劇したお客様が出てこない。私は、ある覚悟をして、劇場内客席の様子を見に行った。すると、客席ではご来場下さったすべてのお客様がアンケート用紙に感想を書いてくれていた。私の覚悟とは対極の反応だった。この作品を上演しようと書き始め、稽古を重ねた煩悩の日々の答えが、お客様の表情にあった。

忘れもしない3月11日から、5年の歳月が流れようとしているころ、再び、この作品を上演しようと思った。然し、あの日のことが風化してゆく、と、までは言い切れないが、初演の時よりも日本人は、あの日から日本がどう変わったのか、或いは、どう変わらないのか、に対して無関心になってゆくような気がする。だから再演を観てくれる人も初演時の反応とは違うものなっているかもしれない。しかし、再び上演しようという気持ちは揺るがない。何故ならば、私が描いたこの作品は3月11日のことだけではなく、3月11日以降の未来、つまり、もしかしたら誰かにとっての今なのかもしれない、その未来を想像する事が出来ると思っているからだ。

大西弘記



その他注意事項 未就学児童入場不可
スタッフ 音源/清見雄高
舞台監督・舞台美術/大河原敦
照明/吉嗣敬介
音響/香田泉(零´sRecord) 
方言指導/阿部佳代子
宣伝美術/齋藤正和・りえぞう
宣伝PV/齋藤正和
宣伝写真・舞台写真/ありせさくら
WEB宣伝/西谷竜太
制作/J-Stage Navi(島田敦子・早川あゆ)
カンパニースタッフ/石原友武・相原奈保子
企画・製作/TOKYOハンバーグ

[情報提供] 2016/01/13 15:39 by オオニシヒロキ

[最終更新] 2016/04/15 02:37 by オオニシヒロキ

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー9

しゅん

しゅん(0)

役者・俳優 演出

TOKYOハンバーグ10周年記念公演に少しでも力になり...

高橋ゆうき

高橋ゆうき(9)

制作

当日運営です

jsn

jsn(0)

制作協力しております。心に凛と響く作品です。是非ご来場...

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大