演劇

SENDAI座☆プロジェクト2014

一二人の怒れる男

0 お気に入りチラシにする

演劇

SENDAI座☆プロジェクト2014

一二人の怒れる男

SENDAI座☆プロジェクト

広島市南区民文化センター ホール(広島県)

他劇場あり:

2014/09/12 (金) ~ 2014/09/12 (金) 公演終了

上演時間:

1950年代を代表するハリウッド映画の名作であり、舞台版では法廷劇の傑作として今なお、多くのファンを魅了しています。
アメリカ合衆国では、ある罪を犯したとして起訴された人物は、12名の人物が事実を聞いた上で、その者が確かにその罪を犯したと判定しない限り、刑務所に送られることはありません。
...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2014/09/12 (金) ~ 2014/09/12 (金)
劇場 広島市南区民文化センター ホール
出演 樋渡宏嗣、渡部ギュウ、戸石みつる、藤原貢、西塔亜利夫、大渕浩、わたなべひでお、野々下孝、山田裕、原西忠佑、飯沼由和、横山真、松崎太郎
脚本 レジナルド・ローズ
演出 伊藤み弥
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 4,000円
【発売日】2014/06/01
一般前売り3600円(当日4000円)
大学・専門学生2000円
高校生以下1000円
サイト

http://www.sendaiza.jp

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 9月12日(金)19:00
説明 1950年代を代表するハリウッド映画の名作であり、舞台版では法廷劇の傑作として今なお、多くのファンを魅了しています。
アメリカ合衆国では、ある罪を犯したとして起訴された人物は、12名の人物が事実を聞いた上で、その者が確かにその罪を犯したと判定しない限り、刑務所に送られることはありません。
 陪審の目的は、個人が政府から不当に扱われ、身に覚えのない罪で有罪になるのを防ぐことにあります。陪審を努める事は、あらゆる市民の義務とされています。ある公判が開始されることになると、10数名の人が陪審として出廷するように要請され、これらの人々の中から被告弁護人と検察官が12名を陪審員に選び出す仕組みです。
 陪審は、提出されたあらゆる事実をもとに評決を出すのですが、12名全員が有罪か無罪に一致しなくてはなりません。彼らは意見が一致するまで討議するか、或いは法廷に戻って、一致をみなかったと裁判長に報告するか・・・。
 「十二人の怒れる男」は、12人の陪審員が、ある若者の生死を決断しなくてはならない立場にたったとき、彼らはどうしたかに焦点を合わせています。
 
その他注意事項
スタッフ 翻訳:宮島春彦   音楽:猪狩太志   舞台デザイン/島次郎 舞台監督/渡邊英夫  照明/松崎太郎   音響デザイン/本儀拓(キーウィ サウンドワークス)  情宣デザイン/菅原隆之  写真/大沼英樹   舞台製作/FACTORY K(株)  
題字/日野薫  

[情報提供] 2014/05/26 21:35 by Gyu

[最終更新] 2014/09/17 22:35 by Gyu

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー4

hitomix

hitomix(0)

制作

お手伝いしてます

よこまこ

よこまこ(15)

役者・俳優 その他(ファシリテーター) 演出 制作

出演します。

野々下孝

野々下孝(0)

出演します!

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大