演劇

Oi-SCALE企画「オムニバスof OiOi Vol.4~OUR FAVORIT MOVIES~」参加公演

長堀作品ほか、古山作品、松木作品、林作品の4作品を上演!!!!!!

Aプログラム「二つの世界」本日19時半の回、アフタートーク!!

0 お気に入りチラシにする

演劇

Oi-SCALE企画「オムニバスof OiOi Vol.4~OUR FAVORIT MOVIES~」参加公演

Aプログラム「二つの世界」本日19時半の回、アフタートーク!!

長堀作品ほか、古山作品、松木作品、林作品の4作品を上演!!!!!!

楽園王

サイスタジオコモネAスタジオ(東京都)

2014/05/12 (月) ~ 2014/05/18 (日) 公演終了

上演時間:

このオムニバス企画は、2プログラム日替わり上演。誰にも似ない才能を持った作家達が「フェイバリット映画」を挙げ、書いたオーマジュ短編集!! 


Aプログラムでは、長堀博士(楽園王)作/演出、古山憲太郎(モダンスイマーズ)作/演出&守富龍人(ハナウタカプセル)共同演出、松木円宏(ポムカンパ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2014/05/12 (月) ~ 2014/05/18 (日)
劇場 サイスタジオコモネAスタジオ
出演 大畑麻衣子、政井卓実、長田大史、大谷由梨佳、斉藤小徹、南葉桃江、星野恵亮、金馬貴之、丸本陽子、松木円宏、片倉裕介
脚本 長堀博士
演出 長堀博士
料金(1枚あたり) 3,500円 ~ 4,500円
【発売日】2014/04/07
【発売日】2013/04/07
前売3500円 当日3800円
2プログラム通し券4500円
サイト

http://www.rakuenoh20.net/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル ※楽園王は下記のAプログラムに参加します。

5月12日(月)19:30A
5月13日(火)19:30B
5月14日(水)15:30A/19:30B
5月15日(木)15:30B/19:30A
5月16日(金)15:30A/19:30B
5月17日(土)13:00A/16:30B/20:00A
5月18日(日)15:30B

※「オムニバスof OiOi」全体については、CoRich内にてOi-SCALEのページに飛んでご確認ください。こちらでは、楽園王作品についての情報を中心にUPしています。
説明 このオムニバス企画は、2プログラム日替わり上演。誰にも似ない才能を持った作家達が「フェイバリット映画」を挙げ、書いたオーマジュ短編集!! 


Aプログラムでは、長堀博士(楽園王)作/演出、古山憲太郎(モダンスイマーズ)作/演出&守富龍人(ハナウタカプセル)共同演出、松木円宏(ポムカンパニー)作/演出、林灰二(Oi-SCALE)作/演出の、演劇界からの4作品がご覧いただけます!!


Bプログラムでは、兼重淳(映画監督)脚本提供、鮪オーケストラ(漫画家)脚本提供、森田哲矢(さらば青春の光)脚本提供、林灰二(Oi-SCALE)作品を、林灰二(Oi-SCALE)が演出して上演します。多ジャンルからのバラエティに富んだ布陣です!!


このページでは、Aプログラムの楽園王作品を紹介しています。長堀博士が選んだフェイバリットシネマは「刑事ジョンブック・目撃者」。1985年公開。第28回ブルーリボン賞外国作品賞受賞作品、第58回アカデミー賞作品賞ノミネート、主演男優賞(ハリソン・フォード)ノミネート。


今回、好きな映画を幾つか思い返すに、音楽が重要なポジションを占めていることを発見しました。「刑事ジョンブック・目撃者」もモーリス・ジャールの音楽が素晴らしい。違う時期に間違ってCDを2枚も買っちゃいました。さて、この「刑事ジョンブック・目撃者」・・・、日本公開に際し、「刑事ジョンブック」というタイトルを付けられてしまいましたが、原題は”Witness”だけ。実際に観た映画の印象も、この原題に似合う、シンプルなものです。ストーリーは書きませんが、現代のアメリカにある、違う価値観のもう一つの世界に迷い込んでしまった男を、ハリソン・フォードが好演します。たぶん、世のハリソン・フォード映画好きが、「レイダース」と悩んだ挙句に、この「刑事ジョンブック・目撃者」か「ブレードランナー」を選ぶと思うんだけど、どうでしょう?


さて今回、アメリカの2つの世界を描いたこの映画にインスパイアされて、今の自分たちの2つの価値観を描けないか? そんなコンセプトにて新作を執筆し、演出いたします。


長堀博士プロフィール: 劇作家/演出家

『今この劇場にある危機』をキーワードに、壮大な歴史絵巻でもなければ、胸踊る非日常の娯楽大作でもない、日々の暮らしの中に隠れている身近な問題、人の心の闇(=病み)を描くことをコンセプトにした作品を描く。物語ることを愛し、その執筆作は迷路やパズルに例えられることが多い。1991年より劇団「楽園王」を主宰、演出も担当する。自らの執筆作ほか、古典戯曲や文学作品も演出し、レパートリーに加えている。「戯曲=詩」の考えから、単に意味を伝えるだけではない、言葉の耳からの「聞こえ」の美しさ、面白さに重きを置いた独特の話法にて作品作りをしている。「利賀演出家コンクール」には第一回から6連続出場し、その内3回は選外(つまり失格)となり、その記録はまだ誰にも破られていない。第五回に上演したイヨネスコ『授業』の上演にて優秀演出家賞を受賞。「Shizuoka春の芸術祭」には『日本を代表する若手演出家』として二度の招聘を受け、寺山修司『青ひげ』、エウリピデス『メディア』を発表した。また、東欧を中心に、アジア、アメリカなど海外での舞台監督経験も持つ。大道具としては、大河や紅白などテレビ番組、歌舞伎や能や狂言、新喜劇、ロシアのバレエ団やユーミンのコンサートツアースタッフなども務める。近年には心理カウンセラーの資格も取得。その他、豊島区北大塚の「アトリエ室内」、川越市連雀町の「ギャラリーR+」の運営も行っている。

!!
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2014/03/18 09:24 by 楽園王

[最終更新] 2014/05/15 07:01 by 楽園王

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー2

大畑麻衣子

大畑麻衣子(0)

役者・俳優

「楽園王」代表?って形にて、出演することになりました。...

楽園王

楽園王(0)

脚本 演出 美術 照明 音響 舞台監督 制作

お客さんにとってはかなり魅力的な、一緒に作品を発表する...

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大