『盲女性の母』と呼ばれた人「光に向かって咲け -斎藤百合の生涯-」

0 お気に入りチラシにする

朗読リラの会

仙台市福祉プラザ・ふれあいホール(宮城県)

2012/10/26 (金) ~ 2012/10/27 (土) 公演終了

上演時間:

 「弱いものが、どう扱われているかによって、その国の文化程度がわかる」と言い続け、盲女性のために苦闘した斎藤百合。
 3歳の時罹ったはしかにより、視力を失うが、持ち前の明るさと努力によって、盲女性たちの希望となり、燈台となって強く美しく生きた生涯を、朗読・演劇・人形劇で描きます。
 福祉の...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/10/26 (金) ~ 2012/10/27 (土)
劇場 仙台市福祉プラザ・ふれあいホール
出演 伊藤広重、下村徳和(リラの会)、長保めいみ(シェイクスピア・カンパニー)、三島イチロー、早坂のり子(リラの会)、伊藤哲(おはなしてっちゃん)、前田佳澄(演舞集団紅神楽)、阿部威(スタッフ☆ラボネット)、藤崎雅弘(かえるの会)、山下ゆり(かえるの会)、及川久(かえるの会)、上島奈津子、一宮正範(劇団航海記)、ウィリーささき。、瀬川まーち(劇団ウインドカンパニー)、安住健治(かえるの会)、目黒絵美
脚本 原作:粟津キヨ、台本:芦口十三・リラの会
演出 芦口十三
料金(1枚あたり) 2,500円 ~ 3,000円
【発売日】
前売 2,500円、当日 3,000円
サイト

http://plaza.rakuten.co.jp/otoopresents/diary/201208230000/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 10月26日(金)15:00
10月27日(土)13:00
説明  「弱いものが、どう扱われているかによって、その国の文化程度がわかる」と言い続け、盲女性のために苦闘した斎藤百合。
 3歳の時罹ったはしかにより、視力を失うが、持ち前の明るさと努力によって、盲女性たちの希望となり、燈台となって強く美しく生きた生涯を、朗読・演劇・人形劇で描きます。
 福祉の概念がなかった、明治・大正・戦前の時代、百合は盲女性の置かれた悲惨な状況に、盲女子教育の必要性を痛感。
 「盲女子高等学園」の設立を目指します。昭和12年、ヘレン・ケラー来日に合わせ「ヘレン・ケラー講演会」を企画するのですが・・・
その他注意事項 障がい者の方(介助の方各1名)ご招待
*各日先着予約100名様
<ご招待予約連絡先>
 リラの会 080-5000-4596(竹井) mariko50002000@yahoo.co.jp
スタッフ 音楽/榊原光裕

舞台監督/管原玄哉((有)おむらいすファクトリー)
照明/高橋亜希
音響/本儀拓(KIWI Sound Works)

制作支援/柴田環(TIME Create)

プロデュース/竹井眞理子(リラの会)

[情報提供] 2012/09/12 15:41 by たまき@仙台

[最終更新] 2012/10/28 06:43 by たまき@仙台

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー4

ヒロえもん

ヒロえもん(5)

役者として参加しています。

ながほ

ながほ(0)

ナレーションで参加しています。

モトギ

モトギ(14)

音響効果を担当いたします。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大