演劇

東京豪華エンターテイメントVol.15

ほたるのいた夏

東京豪華

青山円形劇場(東京都)

2012/05/03 (木) ~ 2012/05/06 (日) 公演終了

上演時間:

これが最後だと分かっていたら・・・

身近な人の《死》を目の当たりにしました。
今から約9か月前です。その別れはあまりに突然で、あんまりにもあっという間で、お別れも出来ない程でした。最後に会ったのは、その約半年前のお正月でした。動く姿を見たのは亡くなるほんの2週間前、テレビ電話で会話した...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/05/03 (木) ~ 2012/05/06 (日)
劇場 青山円形劇場
出演 真山明大、吉田雄樹、飯田輝、伊藤南咲、大河内美帆、大友怜奈、小西千尋、榊梨衣、森本未来、南熙貴、ADS1000x、CHOCOCHIPS、NATSUMI、大西淑博
脚本 NATSUMI
演出 大西淑博
料金(1枚あたり) 5,500円 ~ 6,000円
【発売日】2012/03/24
前売 5,500円
当日 6,000円
(日時指定・全席自由)
サイト

http://www.tokyo-dx.jp/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 これが最後だと分かっていたら・・・

身近な人の《死》を目の当たりにしました。
今から約9か月前です。その別れはあまりに突然で、あんまりにもあっという間で、お別れも出来ない程でした。最後に会ったのは、その約半年前のお正月でした。動く姿を見たのは亡くなるほんの2週間前、テレビ電話で会話した時でした。
また、お盆に会えるものだと思っていました。いつも通り、「バイバイ、またね」と言ってお別れしてそれっきりになってしまいました。今でも想いは巡ります。もっと話したい事があった、もっと聞きたい事があった、心配させてばかりで、歯がゆい想いを置いて行ったんじゃないか?挙げればきりがない程に・・・

思いがけない《死》という別れに遭遇した人が、昨年は特に大勢いた年になりました。
宗教観、生死観は環境、思想、民族によって様々です。

あなたなら、どうしたい??
最後に、何をしたい??
何を話したい??
何を伝えたい??
何を??
生まれる事と平等に、必ず訪れる《死》が、日常的にはあまりにも遠すぎて、自分事とは思えなくて、当たり前になりすぎている《生》。少しでも考えて、少しでも恐れずに受け入れて、今ココに当たり前にある《命》に少しでも向き合っていくキッカケになることを願っています。

私は、あの日・・・、お別れも何一つ言えなかったあの日、お通夜の後、日付が変わった12時をちょっと過ぎた頃に玄関先で1匹の蛍を見ました。
季節は6月初旬、まだ肌寒いほどの気候で、環境も決して蛍にはそぐわない車通りの多いその場所で、じんわりと光る蛍を見つけました。

その蛍は、確実にやさしく私に向って飛んできて、手のひらにとまりました。

そして、数回光ったあと飛び立って1度道路に落っこちて、ふわっと再び舞い上がり、力一杯光ってみせて、空高く昇ってそして、ぱっと消えてしまいました。

私は思うのです。何を伝えたくて、何を言って欲しかったのだろうって・・・
その他注意事項
スタッフ 【振付】  永津 直子
【振付助手】 megu
【タップ振付】 Shoe(A-Xonnection)
【美術】 大泉 七奈子
【舞台監督】  村田 明(クロスオーバー)
【照明デザイン】  野中 千絵(RYU CONNECTION)
【音響プランナー】  秦 大介(東京演劇音響研究所)
【フライヤーデザイン】  浅沼 直人
【アドバイザー】  沖野 隆一(RYU CONNECTION)、白石 英輔(クロスオーバー)
【制作統括】 渡辺 忠雄
【制作】 翠-sui-

[情報提供] 2012/03/29 14:41 by 翠-sui-

[最終更新] 2012/04/16 23:43 by 翠-sui-

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大